直前対策講座がスタート!

令和初めての実施となりますが最後の大学入試センター試験実施まで、いよいよ1ヶ月を切り、ここ福岡も徐々に寒さを増してきました。さて、福岡校に於いても医学部合格を掴み取るための追い込み・仕上げを行うべく本日より、直前対策講座がスタートしました。国公立、私立ともに、センター試験での高得点が必須となる医学部入試ですので、「センター試験対策講座」や大学毎で異なる独特の入試問題に向けた「大学別対策講座」、また各科目別・単元別の最終チェックを行うための「単元別対策講座」など、最新の医学部入試の出題傾向に対応するための様々な直前対策講座を、多くの受験生が受講しています。また生徒の中には科目間の得点バランスを考慮して、科目によっては個人指導を受講している者も多くいます。

講座を受講しているときの表情や自学習時間に先生方に質問している姿勢を見ると、「絶対に医学部合格を掴む!」という熱い思いがひしひしと伝わってきます。また、講師の先生方の「生徒たちを合格させるんだ!」という熱意もピークに達している様子です。
我々職員も全員で、最後の最後まで、全力で応援していきます!

《福岡校の実施イベント》
(毎週日曜日開催)医学部受験相談会・学習相談会【全学年】

本番同様の環境で行う「福岡大学医学部一般入試プレテスト」

こんにちは。学務課の松本です。

12月に入り、めっきり寒くなりましたね。受験生の皆さん、体調管理に努め、万全の態勢で受験に臨みましょう。
さて、学院では12月7日(土)8日(日)に「福岡大学医学部一般入試プレテスト」を実施しました。
富士学院の福大プレテストは入試当日と同じ時間帯、試験問題や解答用紙も本番と同様、と試験当日と同じ試験環境を経験できます。10時の試験開始から18時に小論文が終了するまで、心地よい緊張感の中、受験生の皆さんはプレテストに取り組んでいました。
このプレテストは、これまで蓄積してきた大量の入試データを基に作成しており、各科目の合格に向けてのポイントを知る絶好の機会です。このテストを通じて自身の現状と課題点を把握し、入試に向けてどのように対策していけばよいかを知ることは、合格に向けての大きなアドバンテージとなります。
もちろん、プレテスト受験後にただ解答・解説を見るだけでは、本当の弱点や課題点はわかりません。

富士学院では受験後の個別返却会で、成績表返却のみに終わらず、受験生一人一人に1科目毎順次、解答の解説を行いながら個別返却を行います。綿密なデータ分析に基づく具体的な学習アドバイスは、成績アップに役立つものとなるはずです。今回の個別返却会は12月22日(日)に実施しますが、その模様はまたブログにてお知らせしますね。
富士学院の各種イベントや医学部受験全般についてのご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。これから寒さも一層厳しくなってきますが、受験生の皆さん、志望校合格を勝ち取るために、体力・気力を充実させて頑張りましょう!

《福岡校の実施イベント》
(毎週日曜日開催)医学部受験相談会・学習相談会【全学年】

久留米大学医学部 推薦入試が実施されました。

福岡校の陣内です。
医学部受験のシーズンが今年も本格的に到来してまいりました。
11月16日(土)は、帝京大、愛知医科大、川崎医科大、久留米大、11月17日(日)には、北里大、聖マリアンナ医科大、近畿大、兵庫医科大、そして、藤田医科大、東海大の二次試験と全国の多くの私立大学医学部で推薦入試が実施されました。

富士学院福岡校に於いても、地元久留米大学医学部の試験前日となった15日(金)、講師への質問を行う生徒たちであふれ、最後まで本番直前の最終確認を行っていました。
そして迎えた久留米大学医学部の推薦入試当日、学院生徒へのお弁当配布を兼ねて、職員と学院OBの久留米大学の医学部生で、応援に行って参りました。
今年は、募集要項の一部変更にて、これまで推薦入試の受験資格外であった2浪生が受験できるようになった影響もあり、昨年の受験者92名から大幅に増え、176名、実質倍率5倍と過去最高の受験者が真剣に臨んでいました。

学科試験においては、数学が記述式からマーク式へ変更、英語の大問順の入れ替えが行われる等、当日の試験問題を見て、焦りを覚えた受験生も多かったと思います。

しかし、数学は基本的な内容を問う問題が大半で、教科書レベルの問題を確実に学習して来た生徒、英語についても、過去の入試問題を中心に、しっかりと対策をとってきた生徒にとっては、力を出しやすかったのはでないでしょうか。

さて、今週末には、埼玉医科大、関西医科大、金沢医科大、福岡大の推薦入試と続いて参ります。
久留米大学の様に、入試形式の変更があってもこれまで学習して来た内容に違いありません。
医学部を目指す生徒たちが、持っている力を本番で出せる様、祈念しております。
富士学院でも様々なサポートを行っていますので、ぜひ一度ご相談ください。

《福岡校の実施イベント》
12/1 私立医学部合格セミナー・出願相談会【受験生・保護者】
12/8 12/22 福岡大学医学部一般入試プレテスト及び個別返却会【高3生・受験生 】
(毎週日曜日開催)医学部受験相談会・学習相談会【全学年】

いよいよ推薦入試・AO入試の出願が始まりました

教務課の新田です。

遅めの秋の深まりを感じながら、11月に入り推薦入試・AO入試の出願が始まりました。PCを前にインターネット出願をする生徒たちは、間違いがないか不安になる様子も窺えますが、職員のサポートのもと無事出願を完了させています。出願を終えた生徒は一気に受験モードへと切り替わっていく様子を感じています。

さて、先日10/27・11/3には第2回久留米大学・福岡大学推薦入試プレテスト・対策講座を実施いたしました。
学力テストに加え、久留米大学では、対策の難しい小論文の講義や個人面接対策、福岡大学では、グループ討論面接対策を本番同様に行いました。生徒たちは本番で力を発揮できるよう熱心に講義に耳を傾けていました。
テストや面接の出来具合に一喜一憂する姿も見られましたが、あくまでも「プレテスト」です。今の段階で一つでも自分の課題が見つかれば、修正すればよいと思います。まだ時間はあります。焦らずに頑張りましょう。

ゼミ生は一般入試の受験校を絞る三者面談も始まり、今年もいよいよ2カ月を切りました。
生活のリズムをしっかりと整え、健康管理に十分に注意をして一日一日を大切に過ごしていきましょう。

《福岡校の実施イベント》
12/1 私立医学部合格セミナー・出願相談会
12/8 福岡大学医学部一般入試プレテスト・12/22 個別返却会
医学部受験個別相談会(事前予約制、毎週日曜9:00〜18:00の間)

医師になる覚悟をいま一度確認する時期

教務課の宮川です。

10月も下旬となり、朝晩と冷え込むようになりました。体調を崩しやすい時期でもありますので、受験生の皆さんはしっかりと体調管理に努めましょう。

さて、いよいよ受験シーズンが近づいてきました。まずは推薦入試・AO入試が始まります。受験予定の生徒さんたちは出身高校へ推薦書の作成依頼など、出願の準備を着々と進めている段階です。推薦入試に限らず、出願の際には「志望理由書(志願理由書)」あるいは「自己推薦書」の提出が求められる大学もあります。皆さん、しっかりとした意思をもって、様々な経験から医学部を目指していることと思いますが、それを決められた文字数で読みやすく表現するのはなかなか難しいことです。

また、学院では現在「面接指導」を行っています。「志望理由書」を書くことまた、「面接」の練習を通して、ここで改めて「自分はどうして医学部を目指すのか」「なぜ医師になりたいのか」を考え、医師になる覚悟をいま一度確認する時期でもあるのではないでしょうか。
志望理由書にしても面接でも大切なのは「自分の言葉で自分の思いを話す」ということ。誰かのマネや本音ではない作った言葉では相手には届きません。

医学部を目指すということは当然ですが、将来の仕事にもつながります。医師となった将来の自分の姿を頭に思い浮かべながら、「絶対に医師になる!」という熱い思いをもって試験に臨めるよう、ぎりぎりになって焦ることのないように早い段階から準備を整えましょう。
私たち職員も先生方とチームになってサポートしていきます。

《福岡校の実施イベント》
10/27・11/3 第2回久留米大学推薦入試プレテスト対策講座
10/27・11/3 第2回福岡大学推薦入試プレテスト対策講座

第2回医学部実力模試

こんにちは、教務課の安部です。

10/5(土)、6(日)で第2回医学部実力模試を実施しました。
富士学院の医学部実力模試は全8校舎で開催され、医学部を目指す多くの受験生が受けます。また、各地の高等学校からもご参加していただいており、全国の医学部受験生の中で自身の現状での正しい立ち位置や課題点が分かる模試です。さらに昨年度医学部合格者の成績データと比較し、合格までの距離感をリアルに把握することが出来ます。

医学部入試は一回だけの模試で大学との相性診断や判定が行えるような簡単なものではありません。富士ゼミ生は担任講師より、一人ひとり個人成績表が返却されます。その際に科目別、分野単元別に行った分析結果を元に今後に向けての具体的なアドバイスを行います。一般の受験生に向けては11/3(日)に各科目解説授業を実施し、模試返却会も同時に行います。
合格を勝ち取るために大事なのは、合格を目指すうえでの「現時点での正しい立ち位置」を知り、合格に向けての「課題点」を見つけ、具体的に今後に生かすことです。

ゼミ生の受験が終わった後は、生徒たちはホッとした様子でした。リフレッシュしに外出する生徒や、早くも解き直しをする生徒など様々でしたが、皆さん一先ずお疲れ様でした!!10/8(火)からは対策演習期に入り、これまで丁寧に学習してきた基礎を土台とし、応用力や実戦力を養っていきます。

いよいよ推薦入試に向けた準備が本格化してきました。福岡校では地元である久留米大学・福岡大学の第2回推薦入試プレテスト&対策講座を10/27(日)・11/3(日)に実施いたします。※両日同内容。
久留米大学は中々対策が難しい小論文の講義に加え、面接対策まで対応し、入試本番に備えます。
福岡大学は配点の割合が高いグループ面接にしっかり対応するため、対策講義後に模擬グループ面接を本番同様に行います。
両大学ともこれまで数多くの合格者を輩出してきた、精鋭のプロ講師陣が徹底的に対策しますので、是非この機会を活用してください。

朝晩の気温がだんだんと下がり、秋らしくなってきました。入試本番までの時間は少なくなりましたが、日々やるべきことをじっくりと行いましょう。自分に何が足りないのか明確にし、そこから逃げずに真正面から立ち向かいましょう。今出来ないことを嘆くよりも、これから出来るようになるためには何が必要かを考えましょう。ここからが更に伸びる時期です。支えてくれる家族や仲間に感謝の気持ちを忘れずに、講師・職員含め全員で乗り越えていきたいと思います。

《福岡校の実施イベント》
10/27・11/3 第2回久留米大学推薦入試プレテスト対策講座
10/27・11/3 第2回福岡大学推薦入試プレテスト対策講座

自然災害は隣り合わせ

教務課の友田です。
                           
甚大な被害をもたらした台風15号が去った後、今度は台風17号、今年の蒸し暑さを吹き飛ばしてくれはしましたが、ここ福岡でも進行の最中、強風のあおりで、JRをはじめ交通機関の多くが運行中止や徐行運転といった対応で市民の足に影響を与えました。筆者もローカル列車の中、行きも戻りも出来ない状態のまま3時間近くを、駅に停車中の車両で時間を過ごすことになりました。
9月21日(土)から23日(月・秋分の日)までの3日間の予定を狂わされた生徒も多かったかと思います。模擬試験など学校の行事変更もあったようです。学院では土・日を利用して来校予定の生徒達の一部に時間割の影響も出ました。

日本列島は災害列島とも言われています。今年の夏は台風被害に加え、高い気温と湿度に熱中症の注意を促すニュ-スは連日のことでした。
今季秋雨は時候というよりむしろ注意喚起の言葉とともにあります。
秋冷の候、と言いますように、受験勉強に専念できる落ち着いた気候の良い日々が続いて欲しいものです。
そして、今年の冬はどんな受験の季節として受験生に記憶されるのでしょうか。私共は受験期間中、受験生がしっかり自分の力を発揮できますように導いていきます。センター試験、また、各大学の個別試験の当日が滞りなく進行する事、また各人の受験旅行が順調に遂行され、合格を勝ち取ることを願いつつ。

受験生の皆様、様々なトラブルがいたるところで我々を襲うように、大・小問わず自然災害も隣合わせです。その渦中に入った時、落ち着いた行動がとれるように、受験準備の想定内容の一つとして、頭の片隅において欲しいものです。「備えあれば憂いなし」で、いきましょう!

《福岡校の実施イベント》
10/6 第2回医学部実力模試・11/3 解説授業
10/27・11/3 第2回久留米大学推薦入試プレテスト対策講座
10/27・11/3 第2回福岡大学推薦入試プレテスト対策講座

久留米大学オープンキャンパスにおきまして、富士学院講師陣による入試過去問解説を行いました!

こんにちは。福岡校副校舎長の橘田です。

去る9/1(日)久留米大学オープンキャンパスにおきまして、富士学院講師陣による入試過去問解説を含む入試対策講座を行いました。
久留米大学様からの依頼で昨年に引き続きの実施となり、英語・数学の過去問解説と共に2020年度入試の概要を説明させていただき、昨年を上回る多くの方々にご参加いただきました。

当日朝方は雨模様でしたが説明会が終わる頃には空も晴れ渡り、一日を通して賑やかなオープンキャンパスでした。貴重な資料の展示から、構内を回るキャンパスツアー、テクニカルスキル体験や教授による講演等、医師を目指す多くの受験生が希望に胸を膨らませた充実の一日になったのではないでしょうか。
また個別相談会の実施やオリジナルグッズのプレゼント、食堂では名物である100円朝食の販売など、人間愛と人間尊重を基調とした久留米大学の生徒を大切にする姿勢を間近で感じました。

入試過去問解説におきましては一般入試の概要、特徴と大問毎の解説を説明した後、事前の対策・試験前日の対策・試験中の注意点にも触れながら今後どのように勉強していくべきかなど詳しくお話しさせていただきました。講義中は参加者の多くの方が真剣にメモを取り、内容を熱心に聞いておられました。
この度は暑い中、多くの皆様にご参加いただき誠にありがとうございました。今回参加いただいた受験生が全ての力を出し切り、最高の結果を得られることを心より願っております。

また今回オープンキャンパスに参加できなかった方で「解説の内容を知りたい」という方や、その他医学部受験に関するご質問など様々な相談にも全力で応じさせていただいておりますので、不明な点等ございましたらお気軽にご連絡ください。

《福岡校の実施イベント》
9/22 国公立・私立医学部面接対策セミナー
10/6 第2回医学部実力模試・11/3 解説授業

国公立医学部推薦・一般合格セミナーを開催しました。

福岡校の高嶋です。
朝夕には秋の気配を感じます。季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが、体調管理には十分気を付けていきましょう。

さて、去る8月25日(日)福岡校におきまして、国公立医学部推薦・一般合格セミナーを開催いたしました。毎年この時期に実施しており、今回も多くの保護者、生徒様にお集まりいただきました。
まず、福岡校校舎長 楠生信より「2019年度国公立医学部推薦・一般入試の総括と2020年度入試の概要及び合格のポイント」について様々なデータと具体的な事例を用いながら説明させていただきました。

大事な点として、医学部入試は自身の偏差値と大学の難易度を比較して志望校を選択していくことだけが必ずしも正攻法とは限りません。特に国公立医学部は正確な入試情報を把握し、戦略的な出願校選びが重要であり、科目毎の出題傾向と自身の現状を知った上での不得意の対策も必要です。
面接においては個人やグル―プでのパターンなど予め身に付けておかなければならない点が幾つもあります。どの大学も面接の中で医師になるという自覚と覚悟をみています。本番の面接で最も大事なポイントは「自分自身を堂々と語ること」。そのために今何をやるべきか、聴講していた受験生の皆さんもこれまで以上に真剣に考える機会になったのではないかと思います。
医学部受験は情報戦と言われるように、参加された保護者、受験生の皆様は真剣にメモを取られておりました。

終了後は多くの方が学院職員との面談を希望され、具体的な学習のアドバイスをさせていただきながら、私立大学も含めた各大学の特徴について質問をいただくなど、大変充実した内容になったと思います。暑い中多くの皆様にお集まりいただき誠にありがとうございました。心から御礼を申し上げます。

なお、福岡校では9月8日(日)に福岡大学・久留米大学それぞれの推薦入試プレテスト&対策講座が始まります。推薦入試まで残り約2か月半、センター試験まで約4か月。大きく伸びゆく秋を制し、ますます勢いをつけていくよう我々職員、講師チーム一丸となって受験生を応援していきます!

《福岡校の実施イベント》
9/1 私立医学部(推薦・一般)合格セミナー
9/8・9/15 第1回 久留米大学医学部推薦入試プレテスト&対策講座
9/8・9/15 第1回 福岡大学医学部推薦入試プレテスト&対策講座
9/22 国公立・私立医学部面接対策セミナー
10/6 第2回医学部実力模試・11/3 解説授業

【福岡校・小倉校合同】 「医学部入試研究会」

昨年に引き続き、今年も7月12日(金)に、福岡校・小倉校合同で「医学部入試研究会」を開催いたしました。九州、山口6県から、高等学校の校長先生や教頭先生、進路指導責任者、また医進クラス担任の先生方など、26校総勢44名の先生方にご出席を賜りました。お忙しい中でのご出席を賜りました各校の先生方にはこの場を借りて改めて御礼申し上げます。

第一部の研究会では、当学院の校舎統括本部長村田より、2019年度医学部入試の総括をはじめ、2020年度入試の概要や変更点などを含む入試の展望、医学部合格のチャンスとなる推薦入試の概要、その他大学が求める人材像や医学部合格のポイントとなる面接・小論文試験の捉え方やご指導のポイントなどを成績開示例も示しながら具体的な解説を行いました。またその後に行われた情報交換会では、各高校の先生方を含めそれぞれに活発な意見交換ができ、今回も一部、二部共にとても有意義な勉強会を開催することができました。

また今後、更に医学部受験指導に注力していきたいとお考えの先生方も多く、勉強会終了後には当学院が主催している医学部を目指す受験生を対象とする医学部実力模試のお申込みや、校内での医学部受験セミナーや面接対策セミナー等のご依頼を多数いただきました。また、生徒本人だけでなく保護者の方々に対しての校内保護者セミナーの開催についてのご要望もいただきました。学院としても医学部を目指している生徒や保護者のために、今後もできる限り様々なご要望にお応えしていきたいと思っています。

いよいよ夏本番です。難関の医学部合格に向けて頑張っている生徒の皆さんを始め、ご指導される先生方や、また受験生をサポートされる保護者の方々におかれましては、ご健康にご留意いただき、是非、“実り多い夏” をお過ごしいただけます様、心よりお祈り申し上げます。

【2019医学部入試研究会(福岡会場) 参加校一覧】

■福岡県
修猷館、福岡、小倉、東筑、明善、久留米附設、明治学園、福大大濠、筑紫女学園、福岡雙葉、上智福岡、筑陽学園、八女学院、久留米信愛、東筑紫学園照曜館
■佐賀県
弘学館、早稲田佐賀、東明館
■長崎県
長崎日本大学
■熊本県
真和、熊本学園大学付属、熊本マリスト学園
■大分県
岩田
■山口県
下関西、下関中等教育、野田学園

※順不同

残り2日間の福岡大学・久留米大学医学部推薦対策日曜講座は面接対策も実施!

こんにちは。学務課の松本です。
本日は6月より開講しています「久留米大学・福岡大学医学部推薦対策日曜講座」を紹介します。

富士学院では、毎年多くの久留米大学・福岡大学の医学部医学科推薦入試合格者が輩出しています。2019年度久留米大学医学部医学科の推薦入試全合格者25名中10名が富士学院生、福岡大学医学部医学科推薦入試では30名中14名が学院生と、合格者の2人に1人は富士学院生という合格占有率です。
「推薦対策日曜講座」では、各大学の今までの入試の傾向と最新情報に基づいて、学力テストの対策から、面接対策(久留米大学は小論文の対策も実施)まで対応しています。医学部受験は、各大学の入試傾向の把握と、合格に向けての戦略が重要です。経験豊富な講師陣と職員がしっかりと指導しますので、「推薦入試に向けて対策しないといけないけど、何から手を付ければよいのかわからない」という方も安心です。

久留米大学の医学部医学科推薦入試の受講科目は、英語・数学・小論文、福岡大学は英語・数学となっています。残す8月4日と11日の2日間の日曜講座では、合否を大きく左右する面接対策も実施しますので、この機会に是非ご検討ください。
学校や学年の垣根を越えて、同じ推薦入試受験に臨む仲間ができることも、受験生の皆さんには心強いようで、「受験会場に講座受講生がいたので緊張せずにいつもの力が出せた」という声も例年多くいただきます。

講座は学院専用食堂での昼食付ですが、昼時には講座受講生同士、仲良く昼食をとって絆を深めているようです。
スケジュールの都合で講座がご受講できない方は、「個人指導」での受講も可能です。「推薦対策日曜講座」および「個人指導」についてご興味のある方、また医学部受験全般についてのご質問等、お気軽にお問い合わせくださいませ。(※画像は昨年度のものです。)

現在受付中のイベントをご案内します。

《福岡校の実施イベント》
8/4・8/11 久留米大学医学部 推薦対策日曜講座
8/4・8/11 福岡大学医学部 推薦対策日曜講座
8/25 国公立医学部(推薦・一般)合格セミナー
9/1 私立医学部(推薦・一般)合格セミナー
9/22 国公立・私立医学部面接対策セミナー
10/6 第2回医学部実力模試・10/20 解説授業

夏の三者面談

こんにちは。
学務課の陣内です。

年間を通した医学部受験指導「富士ゼミ」が開校して早3ヶ月が経ち、夏の三者面談が始まりました。

富士学院では入学三者面談の他、年2回の三者面談を行っています。富士学院が行う三者面談は形式的なものではなく、生徒・保護者・学院職員だけでなく普段から生徒を指導している各科目の講師陣も全員参加し、生徒・保護者としっかり向き合いながら今後の指導方針を共有し、生徒自身が自ら頑張り、自らが前に進んでいく事ができる三者面談を目指しています。

富士学院では、この三者面談のほかにも、本質を見据えた「面接指導」や生徒を中心に学院職員と各科目の講師陣が細かく連携をとる「チーム会議」、現状の立ち位置などを把握する「実力模試」、週ごとに理解度を試す「週テスト」など、このほかにも「節目」となる行事を年間スケジュールの中に多数組み込んでいます。この1つひとつが生徒自身の今やるべき課題の確認から、目標や合格までの道標を共有し、そして何よりも生徒自身のやる気やモチベーションアップにもつながり、合格へと大きくつながっていきます。

今年も生徒たちが新たな決意を繰り返しながら、厳しい医学部受験を乗り越えていけるものと信じています。

現在受付中の現役生に向けて実施するイベントをご案内します。

《福岡校の実施イベント》

久留米大学医学部と福岡大学医学部の「推薦対策日曜講座」
~8月11日(日) 全5回10コマ(英語5コマ・数学5コマ)。※途中参加可能です。

7月14日(日) 医学部入試頻出分野で構成された「医学部実力模試・解説授業付き」
その他、随時個別相談や学習相談を受け付けております。いつでもお気軽にご相談ください。

医学部受験個別相談会&学習相談会(毎週日曜日開催・全学年対象)
〜8/11 福岡大学医学部推薦対策日曜講座(推薦入試受験予定の方)
〜8/11 久留米大学医学部推薦対策日曜講座(推薦入試受験予定の方)
7/14(日)医学部を勝ち取る為の医学部実力模試・7/28(日)解説授業(高3生・高卒生)
8/25(日)国公立医学部(推薦・一般)合格セミナー(受験予定の方)
9/1(日)私立医学部(推薦・一般)合格セミナー(受験予定の方)

今年も医学部入試に向けた様々なイベントを実施中!

こんにちは。
教務課の宮川です。

九州北部から近畿地方にかけて6月26日に梅雨入り宣言されました。平年よりも大幅に遅れ最も遅い梅雨入りとなりました。受験生の皆さんは体調管理をしっかりとし、じめじめとした季節を乗り切りましょう。
さて、福岡校では6月9日に、「久留米大学医学部医学科特別講義&推薦入試説明会」、6月16日に「福岡大学医学部推薦入試説明会」をそれぞれ開催いたしました。このイベントにはゼミ生やその保護者に加え、多くの現役生とそのご家族の方が九州各地からご参加いただきました。それぞれの大学から教授や入試担当者をお迎えして2019年推薦入試の総括と2020年度推薦入試の変更点や概要についてお話しいただきました。また学院講師陣による推薦入試合格のポイントや学科試験の攻略法についても解説を行いました。
参加された方々は頷きながら、メモを取るなど、皆真剣に聞き入っていました。大学による具体的な入試の実状を初めて耳にする現役生の皆さんや保護者の方も多かったのではないでしょうか。まずは「正しい入試情報」を知ることが合格への第一歩となります。数多くの参加者で賑わいを見せた推薦入試説明会は、今年も大盛況で終了しました。

さて、いよいよ7月に入ります。富士学院では浪人生だけではなく、たくさんの高校生が学校帰りや週末、あるいは夏休みなどの長期休暇を利用して現役での医学部合格を目指して個人指導を受講しています。苦手な科目を中心に受講する生徒さん、英語、数学、理科に加え小論文まで万遍なく受講する生徒さん、それぞれ一人一人の希望に合わせて時間割を作成し、対応しています。また高校3年生の生徒さんの中には、夏休みに学校で行われる補習授業に加えて富士学院での講義と掛け持ちで苦手科目を克服しようと計画を立てている生徒さんもいます。
富士学院ではこうして “医学部を目指して頑張る” 現役生の生徒さんにも活用していただける様々なデータやノウハウと環境を整えています。

現在受付中の現役生に向けて実施するイベントをご案内します。
久留米大学医学部と福岡大学医学部の「推薦対策日曜講座」
6月30日(日)~8月11日(日) 全5回10コマ(英語5コマ・数学5コマ)。※途中参加可能です。

7月14日(日) 医学部入試頻出分野で構成された「医学部実力模試・解説授業付き」
その他、随時個別相談や学習相談を受け付けております。いつでもお気軽にご相談ください。

医学部受験個別相談会&学習相談会(毎週日曜日開催・全学年対象)
6/30〜8/11 福岡大学医学部推薦対策日曜講座(推薦入試受験予定の方)
6/30〜8/11 久留米大学医学部推薦対策日曜講座(推薦入試受験予定の方)
7/14(日)医学部を勝ち取る為の医学部実力模試・7/28(日)解説授業(高3生・高卒生)

今年も大盛況となった「久留米大学医学部医学科特別講義&推薦入試説明会」

こんにちは。教務課の新田です。

福岡校では6/9(日)に久留米大学医学部特別講義・推薦入試説明会を開催いたしました。
当日は久留米大学副学長の山木宏一教授をお迎えし、初めに「久留米大学医学部の新カリキュラムについて」の特別講義を行っていただきました。国際基準に大きく舵を切った日本の医学教育は、臨床実習の増加でカリキュラムがより過密化しています。久留米大学でも体験実習や臨床実習を充実させた新カリキュラムがスタートしており、今回の特別講義ではその新カリキュラムの内容について詳しく、分かり易く教えていただきました。その後に行われた入試説明会では、「2020年度推薦・一般入試の概要と変更点」についてお話があり、各科目の傾向や小論文・面接のポイントなども含め細かく説明していただきました。

説明会終了後は富士学院教務部より「合格のポイント」について、また指導部の先生方からは「基礎学力テストの攻略法」について英語・数学それぞれ詳しく解説を行いました。皆さん頷きながらメモを取る姿が多く見られ、特に現役生は学校の授業だけでは中々学べないような具体的なポイントがあったようで、「とても参考になりました!」というお声をたくさんいただきました。受験に向けてさらに意識を高めていける時間となったのではないかと思います。

次回は6/16(日)に「福岡大学推薦入試説明会」を開催いたします。ぜひこの機会を、これからの受験に向けた対策に活用していただければと思います。

最後に、今回の久留米大学医学部特別講義・推薦入試説明会では、九州各方面より過去最高となる総勢42組69名の方にご参加いただきました。お忙しい中お越しいただき本当にありがとうございました。また、山木教授には特別講義をはじめ、最後の個別相談会まで本当に長い時間ありがとうございました。この場をお借りして心より御礼申し上げます。

《福岡校の実施イベント》
医学部受験個別相談会&学習相談会(毎週日曜日開催・全学年対象)
6/16(日)福岡大学医学部医学科推薦入試説明会(医学部を目指すすべての方)
7/14(日)医学部を勝ち取る為の医学部実力模試・7/28(日)解説授業(高3生・高卒生)
6/30〜8/11 福岡大学医学部推薦対策日曜講座(推薦入試受験予定の方)
6/30〜8/11 久留米大学医学部推薦対策日曜講座(推薦入試受験予定の方)

万全の体制で臨んだ防災訓練

こんにちは。
教務課の安部です。

4月に今年度の富士ゼミが開講してからあっという間に1ヶ月以上が過ぎました。地元福岡に限らず遠方の他県からも多くの生徒たちがこの福岡校に集い、初めての寮生活をおくる生徒もだんだんと慣れてきた様子です。また、今週末には今年度初めての模試が実施されますので、生徒たちは緊張感が高まってきています。

さて、福岡校では5月30日(木)に防災訓練を実施いたしました。毎年恒例ではありますが、今年度の福岡校は生徒数が過去最多の為、職員も万全の態勢で臨みました。
まずは、地震が発生したとの想定で一斉に机の下に身を隠します。その後「火災が発生した」との館内放送が入り、みんなで階段を使用し一階まで降りていきます。そして点呼をとった後、避難場所である近くの公園まで歩いて向かいました。

生徒の中には、実際に災害を経験した者もおり、真剣な表情でした。生徒たちの中には、将来医師となったときに災害地に赴き、救急医療を行う者がきっと出てくると思います。実際に富士学院OB生の中には救命救急医となり、災害地で活躍しているドクターもいます。生徒たちにとって災害は他人ごとではないと、訓練を通してより理解が深まったと思います。

6月に入ると、『チーム会議』が実施されます。チーム会議とは、「教科担当講師」・「担任講師」・「校舎長」・「教務担当」が入り、生徒一人ひとりのこれまでの学習面・生活面の現状とこれからの課題について話し合う場です。チーム会議の内容を踏まえて、生徒は更に自分自身と向き合い、医師になるという強い覚悟と自覚を大きくしていきます。

そして6月は推薦入試に向けた準備も始まります。福岡校では医学部を目指す方へのサポート企画の一環として、6/9(日)には久留米大学、6/16(日)には福岡大学の方をお招きし、推薦入試説明会を実施いたします。直接大学の方とお話しできる機会もご用意しております。そして6/30(日)からは全5回で久留米大学・福岡大学推薦入試対策講座も始まります。推薦入試をご検討されている方は、是非この機会をご利用ください。

まだ5月だというのに、全国的に真夏日が観測されています。日中と夜の寒暖差で体調を崩してしまいそうです。
例年ですと、6月初めの週には九州全域梅雨時期に入ります。熱中症にはくれぐれも気を付けながら、質の良い学習が出来るよう準備していきたいと思います。

《福岡校の実施イベント》
医学部受験個別相談会&学習相談会(毎週日曜日開催・全学年対象)
6/9(日)久留米大学医学部医学科特別講義・推薦入試説明会(医学部を目指すすべての方)
6/16(日)福岡大学医学部医学科推薦入試説明会(医学部を目指すすべての方)
7/14(日)医学部を勝ち取る為の医学部実力模試・7/28(日)解説授業(高3生・高卒生)
6/30〜8/11 福岡大学医学部推薦対策日曜講座(推薦入試受験予定の方)
6/30〜8/11 久留米大学医学部推薦対策日曜講座(推薦入試受験予定の方)