高校生活全般が問われる“医学部受験”

12月に入り、冬の寒さが本格化してきました。
受験生の皆さんには、くれぐれも日々体調には気を配りながら受験前の追い込み学習に取り組んで欲しいものです。

さて、11月には多くの医学部で学校推薦型選抜や総合型選抜が実施されました。
また、一般選抜でも私立大学では出願が本格的に始まっています。

その中で、特に現役の高校3年生に多い事で、出願時に初めて志望理由書や自己推薦書の提出が必要な事を知り、また、記入すべき内容を知って
「こんなことを書かないといけないの?」
「もっと学校行事に積極的に参加すればよかった。」
「ボランティアやリーダーの経験があればな~。」
と言った声を聞きます。
そうなんです。自己推薦書の中には、リーダーの経験、ボランティア活動、生徒会活動、部活動などの高校生活全般を通じての活動実績や身に付けられた能力などの記載が求められる大学もあるのです。

従って、医学部入試は、高校生活全般を含めて入試と捉えた方が良いのです。
医学部受験は医師になる為の試験ですから、就職試験に近いのです。
就職試験では必ず「履歴書」を提出することになります。
採用担当者はまず履歴書を見て、その人物の過去の経歴(経験)から能力を図り、採否を決定していく訳です。

高校1年生や2年生の皆さん、今現在出願の真っ最中ですので、多くの大学で出願に必要な書類がネットで見る事ができます。ぜひ、ご自身が志望する大学の出願書類を見てみてくださいね。そして、出願書類に記載が必要だからではなく、自分のPRをしたくてたまらないという状態を受験期には作っておいて欲しいと思います。その為の第1歩は常に身近にあるはずです。体育祭や文化祭の委員会、部活の部長、クラスの係など、ぜひ積極的に立候補や参加をしてみてください。

受験生の皆さん、富士学院の面接指導では出願書類記載の内容も含めながら模擬面接を実施しています。皆さんの経験で楽しかったこと、苦しかったこと、得られた事、身に付いたスキル、感じたこと、大学でどう生かせるかなどは面接でも良く聞かれます。機会があれば、ぜひご利用ください。

【現在受付中のイベント】
1/30 福岡大学医学部一般選抜直前対策講座
1/31 久留米大学医学部一般選抜直前対策講座
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

2021年も残り1ヶ月を切りました。

福岡校教務課の山口千晴です。

早いもので2021年も残り1ヶ月を切りました。
寒さも一段と厳しくなる中で、学院に通うゼミ生や来院生は精一杯学習に取り組んでいます。

さて、11月下旬から徐々に各大学の一般選抜の出願が始まっています。ゼミ生は日々の学習に加えて、出願の準備も加わり非常に慌ただしい日々を過ごしています。4月に開講した少人数制の「富士ゼミ」も来週で終了し、再来週からは単元別や大学別の全体授業や、個別指導など、生徒一人ひとりの状況に合わせた対策に切り替わります。また、各種大学別のプレテストも予定されています。

共通テストと私立医学部入試開始までそれぞれ残り40日を切り、いよいよ入試本番が近付く中で、出願の準備や各教科の復習など多くのことに追われ、また模擬試験の結果や過去問演習の中で不安を抱いたゼミ生の相談を受けることがあります。
しかし、どんな状況のゼミ生でも、話の最後には「やるしかない」と前向きな言葉が自然と本人の口から出てきます。「医師になりたい」、「このような医療がしたい」という強い気持ちが、おのずと自身を奮い立たせてくれるのだと思います。

本気で受験と向き合っていればいるほど、沢山の壁や不安が生じるものです。そのような状況でも、自分を信じ、ひたむきに努力を続けることが大切です。不安で手が止まりそうになった時は、今一度自分の「医師を志す理由」を思い出してみてください。

また、苦しい時こそ、周囲の人を頼ってください。一人で戦うことは苦しいことかもしれませんが、誰かと分け合えばきっと軽減されるはずです。

「合格」を掴み取るその日まで、講師含め職員一同最後まで共に戦っていく所存です。

【現在受付中のイベント】
12/12 私立医学部出願相談会&面接指導
12/19 【自宅受験可】福岡大学医学部一般選抜プレテスト及び解説授業
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)