福岡校の「総力」で全生徒を勝たせてまいります!

福岡校校舎長の橘田です。
1/14(土)、1/15(火)に大学入学共通テストが実施され、ここ福岡校でも多くの生徒が受験しました。私立医学部は1/18(水)国際医療福祉大学、岩手医科大学の一次試験を皮切りに、二次試験、後期日程を含めると約2ヶ月間の日程で実施されます。

福岡校ではそのような長期にわたる受験に挑む、多くのゼミ生を激励し見送っていく直前ガイダンスを1/13(金)に実施しました。4月の開講からこの日まで朝早くから夜遅くまで学習に励む生徒の頑張りを間近で見てきた職員の一人として、会の中で一人一人の顔を見ていると胸に迫るものもあり、気持ちをぐっと引き締めながら言葉をかけさせていただきました。

その後、教務職員より受験時の注意事項、宿泊についてお話ししました。福岡会場以外で受験する生徒も一定数おり、そのような生徒は県外であっても富士学院の校舎であれば自由に自習、面接練習、直前対策講座の受講が可能となります(そのためこの期間は校舎間の連携が一年で最も活発になります)。どの校舎の生徒であっても大事な富士ゼミ生であり、全校舎で全生徒を勝たせていくという、全校舎直営だからこそ可能となる富士学院の大きな強みです。

また大学に予め許可をいただいた上で、一次試験においていくつかの福岡会場に限り、昼食時間にお弁当をお持ちします(しっかりと感染対策を講じ、お弁当をお渡しする時も会話を控えています)。食事が提供できることもそうですが、数名の職員で会場にお伺いし、試験の合間に生徒の顔が見れることは私たちにとっても生徒にとっても一息つける瞬間です。

そして最後の河合指導部長挨拶では冒頭「この道を行けばどうなるものか~」との詞の朗読から始まり全員が度肝を抜かれながらも、気持ち高まるお話しで締めていただき、ガイダンス終了後は職員、講師の応援メッセージが入った「お守り」を担任の先生からゼミ生へ手渡ししました。

この受験直前のガイダンスは開講式と並んでとても重要なイベントです。ゼミ生はもちろん、我々職員、講師も大きな区切りがついて、新たな気持ちで出発しゆく決意溢れる場となりました。

さあいよいよ受験本番です!これまでの頑張りが報われ、それぞれが納得いく受験が出来るよう、我々福岡校の「総力」で全生徒を勝たせてまいります!

みんな頑張れ!

【福岡校イベント一覧】
1/21〜 国公立出願相談会
1/23〜 富士学院の直前面接指導
1/28 久留米大学医学部前期一般選抜直前対策講座
1/29 福岡大学医学部一般選抜直前対策講座
2/23〜2/27 金沢医科大学(後期)直前対策講座
3/2〜3/6 久留米大学医学部医学科(後期)直前対策講座
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。オンラインによる面談、ゼミ個人指導、転塾や再受験のご相談も随時受け付けております。