東京御茶ノ水校:0120-01-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
東京十条校:0120-02-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
名古屋校:0120-9816-33
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
大阪校:0120-06-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
岡山校:0120-9179-00
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
小倉校:0120-08-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
福岡校:0120-5251-22
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

2019年度の合格率85%!
国公立医学部医学科専願者
千葉大学、九州大学をはじめ39名中33名合格!
※2019年1月開校の大阪校、十条校は含まれていません。

  • 北海道大学 1名
  • 山形大学 1名
  • 福島県立医科大学 1名
  • 筑波大学 1名
  • 千葉大学 1名
  • 群馬大学 1名
  • 信州大学 2名
  • 山梨大学 2名
  • 福井大学 2名
  • 浜松医科大学 1名
  • 名古屋大学 1名
  • 名古屋市立大学 1名
  • 三重大学 1名
  • 岡山大学 1名
  • 愛媛大学 1名
  • 島根大学 3名
  • 九州大学 1名
  • 佐賀大学 4名
  • 熊本大学 1名
  • 鹿児島大学 6名

「行きたい大学」
「合格できる大学」は違う!
出願先との相性と選定
合否に大きく影響する理由

一般的には、センター試験の自己採点の結果を大手予備校などが行うリサーチ結果等で分析し、
判定に基づき出願先を検討する事になりますが、これまでも力のある受験生が出願校の選定に失敗し、
結果を出せず、1年間を棒に振るケースがよくあります。
これは、リサーチ等の分析が、本人の状況や大学の細部における入試情報を加味しておらず、
あくまでも出願を行う参考程度にしかならないために起きる現象です。
各大学で出題の形式や範囲、また出題の傾向や配点などが異なるため、
正しい出願先を選定していくためには「最新の医学部入試情報」を把握することと、
自身の現状に合った「相性の良い大学」を選定することが合格をより近づけることになります。

合格に必要なことは
「どこ」の大学に出願し、
どのような「対策」ができるか

国公立医学部の出願は、受験生一人ひとりの各科目の現状をできる限り把握し、
大学の入試情報や大学毎の合否判断基準と合わせ、検討に検討を重ね決定すべきものです。
その上で、受験する大学に向けて、できるだけ具体的な対策をとっていかないと、
いくら力があっても最難関の国公立医学部医学科の合格はおぼつきません。


高い合格率に裏付けられた信頼と実績!
富士学院のプロアドバイザーが
全力でサポート

センター試験から出願まではあまり検討する時間がありません。
だからこそどうしてもセンター試験のリサーチ結果などで決めてしまいがちですが、
合格のために必要なことは、相性を考えた正しい出願先です。

富士学院ではセンター試験の自己採点641点(900点満点)で見事国公立医学部医学科に合格した事例をはじめ、
合格のために必要なノウハウがあります。早めに自分自身の正しい分析と、正しい出願校の選定、
そして合格に向けての受験対策など一緒に考えていきませんか?
プロのアドバイザーが責任をもってしっかりとご相談をお受けしますので、ぜひこの機会をご利用ください。

過去のご相談事例(一部紹介)

  • うちの子にとってどの大学が一番合格できる可能性が高いのでしょうか。
  • 国公立医学部の出願先をどう選んだらいいのかわからない。
  • 正しい入試情報を知らないので、本当に自分にとって正しい方向性なのか不安。
  • 十分な学習時間を確保しているが、各種模試の志望校判定の結果でC~D判定のままでいる。
  • 今の塾や学校では医学部の情報が乏しい。
  • 二次試験対策と併せ、出願する大学を相談したい。
  • 成績開示の結果、面接での得点率があと少し加算できていれば合格圏内だったことが判明。
  • 面接対策について話が聞きたい。


要 項

日時

1月24日(金)~2月5日(水)の10:00~17:00の間でご家庭毎に個別面談

持参物

受験生ご本人の「センター試験自己採点の結果一覧」及び「模擬試験個人成績表」

申込方法

ご相談フォームにご希望の日時を第2希望までご入力ください。
※例:第1希望26日10:00〜 第2希望28日13:00〜

参加費

無 料

対象

2020年度国公立医学部受験生、その保護者の方

参加特典

参加者全員に国公立医学部の各種入試資料と
医学部入試に使える国公立・私立医学部入試情報「これ一冊」(非売品)を差し上げます。
※1世帯につき1セット限りとなります。


富士学院が
選ばれる
4つの理由

ポイント 1
圧倒的な合格実績
国公立医学部医学科に強い!
私立医学部に特化した医専予備校が多い中、
富士学院は過去3年間の国公立専願者の平均合格率が86%

2019年度医学部医学科専願者39名中 九州大学をはじめ33名合格!(合格率85%)
2018年度医学部医学科専願者28名中 東京大学理科三類をはじめ25名合格!(合格率89%)
2017年度医学部医学科専願者20名中 京都大学をはじめ17名合格!(合格率85%)
ポイント 2
正しい入試情報に基づく出願校の提案
センター試験の点数だけでなく本人と大学の相性などを重層的に判断し出願校を提案できる!
偏差値だけでは計れない様々な合格事例に基づく実績が富士学院にはあります。
ポイント 3
全国8校舎直営校のスケールメリット
東京や大阪、名古屋、福岡など全国8校舎直営校による
スケールメリットを生かした最新の医学部入試情報の取得をはじめ、
様々な入試情報や入試データを生徒一人ひとりに具体的に生かせる学習環境
合格を近づけます。
ポイント 4
二次試験対策も万全
生徒個々の現状に合わせ、医学部合格に向け具体的な二次試験対策と万全な面接指導

富士学院で本当によかった!
2019年度国公立医学部医学科に見事合格を果たした
生徒達の喜びの声を一部ご紹介。

岡山大学医学部医学科一般前期合格
S・Oさん
個人指導生
センター直後は厳しい状況だった中、富士学院の個人指導で第一志望の岡山大学に合格できました。

私はセンター直後から、国公立二次試験の直前までの約一ヶ月間、富士学院で個人指導をしていただきました。私はセンター試験で目標点数を取ることができず、岡山大学合格は厳しいという状況でした。しかし、どうしても岡山大学で医学を学びたいという気持ちから、医学部受験のプロである富士学院に個人指導をお願いしました。
富士学院入学時には、志望校を変更しなければならないかもしれないことのショックから気持ちをなかなか切り替えられず、勉強に身が入らない日が続いていました。そんな時、教務の方々の励ましと、自分の弱点を分析して足りない部分を埋めてくれるような充実した授業のおかげで、第一志望である岡山大学合格に向けて前を向くことができました。数学では岡山大学の傾向から必要な対策を立てて下さり、苦手分野を集中的に勉強することができました。また、課題をたくさん出して下さったので、気持ちを落ち込ませる暇なく勉強できたのもよかったです。化学は時間不足と細かなミスが課題だったので、それらを意識した対策をしてもらいました。苦手だった物理では基礎から丁寧に教えていただき、自分が分かっていなかったことに気付いて苦手を克服することができました。英語では、自分だけでは対策が難しい英作文を見てもらい、文の流れなど、今まで意識していなかった部分を意識して書けるように指導して下さいました。また、富士学院で面接対策をしっかりしていただいたおかげで、緊張しすぎずに本番に臨むことができました。
短い間でしたが、富士学院の先生・教務の方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。

福井大学医学部医学科一般後期合格
K・A君
個人指導生 桜丘高校(愛知県)
センターで理想より30点ほど低く、第一志望を変更せざるを得ない状況の中、国公立のデータと自分の点数を比較できる資料は、受験校選定において大変役立ちました。

私が、富士学院のことを初めて知ったのは、三浪目の名古屋での岩手医科の試験会場でのことでした。小論文が早く終了し、途中退室してきた私に、「国公立志望でも役に立つだろうから」と受験資料を渡してくださったと同時に色々なことを教えていただいたのが、私の富士学院への入学のきっかけでした。大手予備校のサポート体制に限界を感じていた私は、四浪目の夏までを自宅浪人で過ごしたあとの選択肢の一つとして、先述の出来事を思い出し富士学院の見学に伺い、その際の対応や塾の雰囲気を見て入塾を決めました。九月からの入塾であり、初めは知り合いもおらず孤独な戦いでしたが、その内に職員の方々や先生方が話しかけてくださるようになり、ゼミ生にも知り合いが増えました。ここで、医学部入学という同じ志を持った仲間に出会えたことが、私の一番の財産であると言えると思います。精神的にしんどい時期や体調が優れないときもありましたが、職員、先生方をはじめとする手厚いサポートもあり、無事に入試を迎えることができました。
センター試験はやはりものすごく緊張しましたが、いただいたお守りなどを見ながらベストを尽くすことができました。センターの点数は理想より30点ほど低く、第一志望だった東北大学から変更せざるを得ない状況でした。そのような状況の中、国公立のデータと自分の点数を比較できる資料は、受験校選定において大変役立ちました。私は様々なデータと状況を考え、校舎長や親と検討した結果、前期は三重大学、後期は福井大学に決めました。前期試験は、数学が思うように行かず落ちてしまい、その後の気持ちの切り替えは大変でしたが、教務担当であった校舎長にも「後悔のないようにやる」という話をして、十分な面接対策をしていただいた上で福井に向かいました。
自分が受かった理由をあえて上げるとするならば、友達や先生方、校舎長をはじめとする職員の方々、そして何より母のサポートがあったからだと思います。
正直、受験には運の要素があり、実際、福井大の後期は運良く倍率が低かったです。医学部受験において、合格者と不合格者の点数の差はほんの一桁の数字であることも多々あります。その最後の数点、また運を引き寄せるために一年、必死に頑張れたことが合格に繋がったのかなと思います。「運も実力のうち」という言葉がありますが、その運を引き寄せるため、周りへの感謝を忘れず、頑張ってほしいと思っています。自分も目標であった医師のスタートラインに立つことができました。これからしっかりと、いいスタートを切り、理想とする人間、そして医師になれるよう謙虚に取り組んでいくという決意を持って、この文を締めたいと思います。

千葉大学医学部医学科一般前期合格
A・D君
富士ゼミ生 県立千葉高校(千葉県)
入学時は一からのスタートで苦しんだ時期もありましたが、富士学院で夢を叶えることができました。

私は、高校三年の夏に富士学院に入学しました。富士学院を知ったのは本当にたまたまで、父が新聞に載っていた富士学院の広告を見つけたのがきっかけです。今思うと縁があったのかなと思っています。高校では部活を第一にしており勉強にあまり時間を割いていなかった私は、医学部志望だと言えないくらいひどい成績でした。それでも任せてくださいと言っていただき、富士学院の温かい雰囲気を感じ、入学することを決めました。富士学院に入学したときは受験勉強を全くしていない状況だったので本当に一からのスタートでした。物理や化学は、範囲がすべて終わっていなかったので、知識を入れるところから始まりました。現役の時は学校もあり、なかなか塾で勉強をする時間が取れず、現役で合格するのは正直難しいと思っていましたが、諦めずに勉強を続けました。残念ながら現役では医学部に合格することはできませんでしたが、物理と化学はそこそこできるようになりました。しかし、その分英語と数学の成績が伸び悩んでいました。そこで、浪人生活では、英語と数学を重点的に勉強し、全体的な成績アップを目指しました。
浪人中には思うように成績が伸びず苦しんだ時期がありました。しかし、先生方が真剣に勉強の相談に乗って下さり、具体的な対応策を立てていただいたのでその壁を乗り越えることができました。また勉強が嫌になったときは、一緒に勉強していた友達と少し話すことでストレスを解消していました。
富士学院のいいところは本当に面倒見がいいところです。生徒と先生の距離も近いので、質問がすごくしやすく、個人的な質問にも乗ってくださいます。
先生方は本当に、授業がわかりやすいことはもちろんのこと、質問すればどこまでも詳しく教えてくださいます。尊敬できる先生方にお会いできて本当に良かったです。
今、成績があまり良くなくて医学部は厳しいかなぁと思っていても、一年間必死に勉強すれば必ず合格できるはずです。私は夢を富士学院で叶えることができました。皆さんも、先生方のご指導の下、夢をかなえるために頑張ってください。

富士学院に相談して本当によかった
保護者の方からも感謝の声をお寄せいただいています。
その一部をご紹介。

千葉大学医学部医学科一般前期合格
M・D様(お父様より)
目標としていた、第一志望校に合格することが出来て、とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。

今回、富士ゼミ生として、1年間の浪人生活を送り第一志望校に合格することができました。この結果は、富士学院でお世話になったから得られたものだと確信しています。本当にありがとうございました。
最初に富士学院にお世話になったのは、部活動の夏の大会が終わった高3の夏休みからでした。息子の第一志望の大学は既に決まっていましたが、合格には、大きな学力差があることがわかっていました。大手予備校での受け身の集団授業では、合格に間に合わないことは明らかでしたので、少数精鋭で個々の学力をしっかり把握してくれ、効率的な指導をしていただけることを期待して、医学専門予備校のお世話になることを決めました。
富士学院を選んだ理由は、実績はもちろんそうですが、熱心にこちらの話を聴いてくれる姿勢、医学部入試を人間成長の機会と考えられていて、心に訴えかける血の通った説明に期待と信頼を得ることができたからでした。残念ながら現役では、国立はもちろん、私立も一次すら通りませんでした。しかし、本人は、富士学院での勉強で成長を実感しており、あと1年頑張れば合格できるとも感じておりました。そして、富士ゼミ生として、浪人1年目に突入しました。4月時点で理科は高いレベルにあるが、数学英語は全く太刀打ちできないレベルとはっきりと言われ、本人もそれを自覚し、富士学院を信じて、朝の9時から22時まで毎日休むことなく勉強を続けました。
息子は、富士学院の先生から勉強の楽しさや奥深さを教わることができたようで、「すごい先生が多くて非常に尊敬している。」といつも申しておりました。また、「塾の中で良い仲間に会えて良かった。」とも申しておりました。その他、教職員皆様の個々の状況に応じた勉強面の指導はもちろん、メンタル面や食事なども含めたトータルサポートがとても優れていました。毎日楽しく過ごせる環境を富士学院全体で提供して頂けたので、途中くじけることなく最後まで頑張ることができました。これが一番大きかったと改めて感じております。
親としては、毎月送られてくる学習レポートを楽しみにしておりました。頑張っている様子が伝えられ親としてほっとするとともに、ここまで気にかけてくれており、ありがたい気持ちにさせていただいておりました。日々の自宅での息子の様子や模試の結果が気になりメールで状況をお尋ねしたり、心配事を相談させて頂きましたが、すぐに連絡をいただき、適切な対応をいただきました。
繰り返しになりますが、目標としていた、第一志望校に合格することが出来て、とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

信州大学医学部医学科一般前期合格
M・K様(お母様より)
第1志望校に合格をいただいた喜びは、富士学院の先生、教務の方々のご指導があったからこそと思います。

現役の時は、学力もさることながら、小論文や面接に大きな不安を抱えていながら対策を怠り、合格に至りませんでした。
浪人が決定した際、生徒1人1人に目が行き届き、2次対策の指導を年間を通して行っていただける富士学院にお世話になることに決めました。栄養管理の行き届いている食堂があることも親としては安心でした。
1か月ごとの授業報告書や面談を通し、子供のことをしっかりと理解し、あたたかい目で見守って下さっていることを実感しながら過ごすことができました。また、受験校選びでは多大なる情報量をもとに、子供の学力と相性を考えて計画を立てていただいた結果、私立大で合格をいただき、国立大受験にむけて、心にゆとりを持つことができたのではないかと思います。
子供の不安要素であった面接に対しては、最後の最後まで繰り返しご指導いただき、最終的に練習したこと以外きかれなかったほどになっておりました。そして、最近嬉しかったことについての質問に「学院の先生方と仲間の支えであった」と答えてきたと聞いたとき、子供の成長を感じるとともに、1年間富士学院におまかせしてよかったと心より思いました。精神的につらい思いをしている時期もありましたが、1年間子供を支え続け、最後までご指導いただきましたことを心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

佐賀大学医学部医学科一般前期合格
S・M様(お父様より)
富士学院の先生に支えられて

二浪の末、ようやく勝ち取った医学部合格。娘は、集団の医系ではない予備校へ通っておりました。当然、医学部受験必須の面接対策は不充分で不安要素でした。そんな時、友人の誘いもあり富士学院の先生に面接対策をお願い致しました。さすがは医系予備校。情報量の多さと圧倒的な知識。モチベーションの保ち方など的確なアドバイスを、時間をかけて懇切丁寧にご指導して頂きました。そんな中、最初の受験校に失敗してしまい、メンタルの弱い娘はかなり落ち込み次の受験を諦めかけておりました。しかし、先生の力のある励ましのお言葉、支えがあり気持ちを立て直し、次の受験に向かう事ができました。結果は合格。その時の富士学院の先生の対応力の高さ、サポートがなければ私の娘の合格はなかったと思っております。心より感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。


Q&A

Q
本当に富士学院では合格できる可能性のある大学や相性がわかるのですか?
A.
はい。まずは学力の状況がわかるセンター試験自己採点結果と、できれば直近の模試結果などをご持参ください。国公立大学医学部受験に精通している職員が教科毎の状況を分析し、最適な受験校をご提案いたします。自分自身の正しい現状分析と、それに基づいた出願校の選定、現状と合格ラインの差を埋める具体的な受験対策を行う事などが合格への近道となります。富士学院ではご本人の現状に応じてしっかりと相談をお受けいたします。
Q
出願先の選定でなぜ合否が分かれるのですか?
A.
大学によって入試の傾向(科目別配点・出題形式・問題難易度・問題量・範囲・試験時間等)が全く違うからです。また大学毎にセンター試験の活用方法が異なるため、大手予備校等によるセンター試験のリサーチ結果だけで出願先を決めてしまうと、出願先の選定に失敗するケースがよくあります。医学部に特化していないリサーチの結果だけでは、大学の二次試験と本人との相性などが判断しにくいため、医学部受験のプロによるアドバイスを得ることが合格への近道です。
たとえば「センターでの得点」「2次試験問題との相性」「得意分野からの出題が多いのか、そうでないのか」など、各大学との相性は一人ひとり違います。各教科の得点力から2次の出題内容や面接試験の内容・形式、評価方法までの「相性」を総合的に判断し、出願先を決めることが肝要です。合格を掴むための最短距離となる富士学院の相談会をぜひ活用してください。
Q
偏差値や学力さえ高ければ合格できるのではないのですか?
A.
大学が求める人材は、学力だけではありません。医学部に入るということは「医師」になるということです。「学力」+医師になる資質を持ち合わせた「人間力」が求められます。そういう意味においても「面接試験」はひとつのカギとなります。合格に向けて、今からできることを具体的にお伝えし、そして心から応援したいと思っています。
Q
国公立医学部医学科の合格実績をもう少し詳しく教えてください。
A.
2019年度実績として九州大学をはじめ国公立医学部医学科専願者39名中33名合格(合格率85%)、2018年度は東京大学理科三類の合格者をはじめ、国公立専願者28名中25名合格(合格率89%)と、過去最高の合格実績を出すことができました。また2017年度合格実績では京都大学や東京医科歯科大学をはじめ国公立医学部医学科専願者20名中17名合格(合格率85%)、2016年度合格実績では専願者12名中10名合格(合格率83.3%)、2015・2014年度ではそれぞれ8名が合格を果たしました。過去3年間の平均合格率はなんと86%で毎年高い合格実績を維持しています。(富士学院の合格実績について
Q
強引な営業や勧誘などはありませんか?
A.
そのようなことは一切ありませんのでご安心ください。当学院への入学や指導が前提ではありませんのでお気軽にご相談ください。情報をどのように活かし、合格のためにどう対策すべきかのアドバイスも無料で行います。


「最後まで諦めない」
この気持ちがどれだけ大事であるのかを
毎年多くの生徒が結果で教えてくれています。
「絶対に医師になる」と覚悟すれば
自らそのための行動ができる。
もっと力がつく。だから結果が変わる。

今から受験までにできることを
一緒に考えていきましょう。

東京御茶ノ水校:0120-01-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
東京十条校:0120-02-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
名古屋校:0120-9816-33
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
大阪校:0120-06-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
岡山校:0120-9179-00
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
小倉校:0120-08-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
福岡校:0120-5251-22
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

ページトップ