思いをひとつに!

センター試験が終わり、いよいよ私立医学部一般入試がスタートしました!
受験生のみなさんは、それぞれいろんな思いを胸に、まさに今、このときも闘っていることでしょう。富士学院の生徒も、必死で闘っています。と同時に、先生方も全力でサポートにあたってくださっています。

受験生のみなさんは、今まで以上に体調管理に気を付けたいものです。とは言え、この時期の体調管理は本当に難しいですね。
急激に寒くなったり、また不安や焦りなど精神的なものも当然あるかと思います。
寝る間も惜しんで勉強したい気持ちも痛いほどわかりますが、これまでの頑張りをしっかりと発揮するために、本番直前は、十分に栄養と睡眠をとって挑んでくださいね。

そして富士学院の生徒の健康を1年間支えてくださっていたのが、学院の食堂のみなさん。毎日、朝・昼・夜と栄養のあるおいしい食事をつくってくださいました。
生徒たちが1年間まっすぐ勉強に取り組めたのは、食堂のみなさんのおかげでもあります。

受験は長期戦です。学院の思いはひとつ。わたしたち教務も生徒たちと思いをひとつに、最後の最後まで生徒たちの力になれるよう、共に闘っていきます。

一日一日を大切にしながら

副校舎長の橘田です。新年明けましておめでとうございます。

センター試験まで2週間を切り、私立大学の受験初日である1月21日の愛知医科大学・国際医療福祉大学の受験まであと15日となりました。

福岡校では1月2日から授業・プレテストを開始し、多くの生徒が年末年始も学習に励みなら志望校の受験に向けて着々と準備を進めています。

受験前のこの時期、生徒の出願確認を徹底して行っています。複数の私立大学を受験しますので、書類に不備がないか、誤字はないか等、決して字が得意ではない生徒も気持ちを込めて丁寧に書いていくよう指導しています。

その中で大学の志望理由の記入を求める大学が複数あります。志望する大学に入学した姿をイメージしながら、今一度自身の原点を思い返す機会にもなっているのではないでしょうか。面接と重なる部分があると思いますが、誰かの文章や決まった答えを述べるのではなく、本人の強い気持ちをありのまま反映できるような内容であるべきと考えています。そうでないと大学側に気持ちが伝わりません。

富士学院ではその強い思いを、面接ノートを用いた面接指導やゼミ生自立講座、そして日頃のかかわりの中で一年かけて形成していきます。医師になるという強い思いと覚悟が、厳しい受験勉強を乗り切り、その自信が更に強い気持ちとなっていく。決して一人にさせないチームとしての大きなかかわりです。

受験まであとわずか。体調面と共に、一日一日を大切にしながら、最高の状態でその日を迎えてほしいと願うばかりです。

《福岡校の実施イベント》
(毎週日曜日開催)医学部受験相談会・学習相談会【全学年】