晴天の中、「リフレッシュタイム」で気分転換♪

こんにちは。東京御茶ノ水校の島田です。
4月の開講式からまもなく1ヶ月が過ぎようとしています。東京御茶ノ水校では、校舎の近所にある小川広場にて6月末迄の期間、毎週1コマのリフレッシュタイムを設定しています。

フットサルやバスケットボール、バドミントンなどで楽しんでいます。最初はお互いが気遣いながらでしたが、プレーが始まるとすぐに打ち解けて、笑顔が溢れる時間になりました。

1時間程度の運動ですが、日々のストレスを発散し、良い気分転換となって、気持ちを切り替えて学習に臨んでいる姿が見られて、講師・職員も嬉しい限りです。

面接指導も始まり、5月28日土曜日には開講後初めての「大学入学共通テスト模試」が実施されます。

入試本番で、時間配分をどのようにするのかなど、シミュレーションをする絶好の機会です。受験勉強は、まだまだ序盤戦。しっかりとサポートしていきます!

富士ゼミ第二新学期生 入学相談会
今の塾や予備校の学習環境に満足していますか?高卒生対象『富士ゼミ中途入学生』ご相談受付を開始します。

医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。オンラインによる面談、ゼミ個人指導、転塾や再受験のご相談も随時受け付けております。

2022年度開講式が行われました

こんにちは。校舎長の奥山です。

3日ぶりに青空が広がる日となった4月17日(日)、コロナ感染予防を施し、2022年度富士ゼミ開講式を執り行いました。

開講式では各担任講師、職員からの自己紹介とそれぞれの切り口での熱いメッセージを生徒達に贈りました。その後、御茶ノ水校の講師責任者である輿水先生が過去に成功していった生徒を例にとり、“カッコつけず、自分をさらけ出して、どんどん質問に来てください”というアドバイスをいただきました。また、4年前の富士ゼミ生で、現在、千葉大学 医学部4年生で、チューターとして学院に来てくれている大門央さんからも“素直な姿勢で学んでください” “先生を好きになってどんどん質問に行ってください”というOBからの貴重なアドバイスももらいました。共通して言えることは、「能動的に学ぶ姿勢」の大切さと、「他予備校ではなく、富士学院で学ぶアドバンテージを最大限に生かす」ことだと理解しました。それをこれから始まる10か月間実践することが出来たら、必ず全員に栄冠が輝くと思います。

その後、生徒全員が自己紹介と決意表明を行いました。
以下、決意表明のいくつかをご紹介します。
“必ず東京医科大学に合格します”
“これまで心配をかけてきた両親を喜ばせたいです”
“自分を律します”
“学力だけではなく、人としても成長したいです”
“受験だけではなく、今後の糧となる1年にしていきたい”
思いは様々でしたが、それぞれが夢と希望をもって富士学院に入ってきてくれたことをとても嬉しい思いで聞かせてもらったと同時に、私たちスタッフは今日出席してくれた生徒全員に所期の目的を達成させなければならない大きな責任を担っていることを肝に銘じました。

その後、オリエンテーションを2部構成で行いましたが、1部と2部の間では、用意したお弁当での昼食会と、校舎近くのワテラス広場の芝生の上で集合写真撮影を行いました。まだ肌寒さが残っていましたが、見ごろの八重桜の前で笑顔あふれる写真撮影会となりました。春期講習を通じて既に輪のできている生徒も多くいますが、この昼食会と写真撮影会で担任講師や初めて話すゼミ生と打ち解けあい、新しい人間関係が出来た生徒も多くいたようです。

さあ、2022年度がスタートしました。明日からは早速ゼミ授業も始まります。私たち職員、講師は合格率100%を目指して今年も生徒と共に成長していく決意です。

頑張れ!とは言いません。一緒に頑張りましょう!

医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。オンラインによる面談、ゼミ個人指導、転塾や再受験のご相談も随時受け付けております。

さあ、スタートです

こんにちは。校舎長の奥山です。
4月に入りました。

昨年4月に立てた目標を見事に達成した2021年度富士ゼミ生は、夢であるドクターへの第一歩を踏み出しました。入学式や各種オリエンテーションの合間を縫って、満面の笑みで学院に遊びに来てくれています。その笑顔を見るたびに、生徒たちは今年一年の苦労と努力が報われたんだなぁ、と改めて実感させられます。しかし、合格に満足することなく、“医学部合格はゴールではない、医師になるためのスタートだ”、という思いでこれから始まる6年間を充実したものにしていってもらいたい、と願っています。

一方で、残念ながら結果を出すことができず、来年度の医学部合格を目指して入学して来てくれた2022年度生の春期講習がスタートしています。新1浪生は高校時代とは全く違う授業スタイル、授業内容に最初は戸惑いながらのスタートでしたが、徐々に内容が理解でき、生活のペースもつかめてくると、「目からうろこが落ちた気分です」とか「すごくわかりやすいです」という感想を聞かせてくれて、講師たちも充実感をもって授業に向かってくれています。

2023年度入試も一人でも多くの生徒が、1校でも多くの医学部に合格できるよう学院一丸となって“教え育む”教育を実践していきます。

先んずれば即ち人を制し、後るれば則ち人の制する所と為る

富士学院東京御茶ノ水校、校舎長の奥山です。

国公立の後期日程も終わり、一部の私立を除いて最後の合格発表を待つばかりとなりました。最後の合否結果を待つ生徒、補欠の繰り上がりを待つ生徒にとってはまだまだ心落ち着かない日々が続いています。
しかし、2023年度入試を考えると、あと10か月、300日しかないという状況であることも事実です。すべての入試を終え、来年の入試に向けてスタートを切った人はもちろんですが、まだ結果待ちながら、来年に向けて気持ちを切り替えている生徒もいます。そんな生徒たちが既に富士学院の個別相談に足を運んでくれています。更には、入寮手続きを済ませ、新生活をスタートした生徒も日毎に増えてきています。この時期の富士学院では、授業はもちろんのこと、2022年度入試を振り返り、教科毎に担当講師との面談を行い、今年1年の入試戦略を練っています。

いよいよ3月21日からは本格的に春期講座もスタートします。ロケットスタートで来年度の合格を揺るぎないものにできるよう応援していきます。

最後まで諦めないこと

東京御茶ノ水校校舎長の奥山です。
2022年度入試も後期日程を残しいよいよ大詰めを迎えました。最後の一点を目指して頑張ってきた生徒たちの合格した喜びにあふれた笑顔を見るにつけ、職員も講師も毎回のように胸に熱いものがこみ上げてきます。1年で結果を出さなければいけない予備校では、本当に中身の濃い1年を生徒と一緒に走ってきますので当然といえば当然の事かもしれません。
生徒達は1年を通じて朝7:30から夜10:00まで一日のほとんどを、1年中休みなく富士学院で過ごしています。一方で、直接その姿を目にすることが出来ないだけに、陰で支えていただいている保護者の皆様のご心労いかばかりかと胸が痛むこともあります。だからこそ、お子様が志望校に合格された際のお喜びの大きさも一入なのだと思います。
富士学院では合格者からだけではなく、合格した生徒の保護者様からも喜びの声をいただいております。わずか1年、されど1年の中で感じられたこと、合格に辿り着いた喜びや身に余る感謝のお言葉をたくさんいただいております。私たちはいただいた言葉の重みをかみしめ、明日への活力とさせていただいております。受験は最後まで何が起きるかわかりません。だからこそ最後まで諦めないことが大事です。
私たちも生徒たちを最後まで応援します!

気持ちを新たに。集い始めた新年度生たち

教務課の石川です。

御茶ノ水校の生徒たちは合格を勝ち取るべく最後の最後まで努力を続けています。
各教科の講師も質問対応等に入り、最後の仕上げを行っています。

そんな中、気持ちを新たに来年の入試に向けスタートを切った新規生が御茶ノ水校に集い始めています。
講師・職員との面談を通して、今年の入試結果を振り返り、自分の現状を把握した上で、これからどのようにしていけばいいか共に考え、医師になるという自覚と覚悟を強めます。

新年度へ向かい、今後への不安を胸に御茶ノ水校の門をたたいた生徒たちが、
面談、授業を通して表情が明るくなり、意欲的に学習に取り組むようになりました。
医学部合格の先にある「医師になる」という目標に向かって前進しています。

個別面談のお申し込みは随時受け付けています。
気持ちを新たに、富士学院でいっしょに覚悟を決め医師になるための前進をしていきましょう。

《東京御茶ノ水校の実施イベント》
2/26(土) 聖マリアンナ医科大学(後期)直前対策講座
2/24(木)・2/28(月) 日本医科大学(後期)直前対策講座
/25(金)・3/3(木) 昭和大学(Ⅱ期)直前対策講座

入試直前指導(受験前日まで個々に対応)対象:高3生・高卒生
高卒生対象『新年度 富士ゼミ生』入学ご相談の受付を開始します。全校舎専用食堂・男女別寮完備。※早期入学特典(1コマ50分10コマ個人指導無料など)有り
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

諦めない気持ちを持ち続け、やり抜く事が大切です。

2022年度の入試もいよいよ後半戦に突入いたしました。生徒達は忙しい受験スケジュールの合間に、時間を惜しんで学習しており、受験会場から直接学院に帰ってきては出題された問題の質問や過去問に取り組む毎日です。二次試験を控えた生徒達は学習の合間をぬって、面接に向け各大学に合わせた面接練習を行うなど、懸命に頑張っています。

今後、東京御茶ノ水校では2月15日~3月3日の間で各大学の後期直前対策講座を実施します。例年、前期試験では結果が出ず、後期対策講座に参加して合格を勝ち取り、医学部に進学している生徒達がいます。今年度も前期で結果が出ていない生徒はつらい中勉強していると思いますが、諦めない気持ちを持ち続け、やり抜く事が大切です。これから試験に向かっていく生徒全員が、最高の状態で受験できるように講師・職員一丸となってサポートを続け、最後の最後まで全力で応援していきます。

《東京御茶ノ水校の実施イベント》
2/15(火)・2/22(火)・2/26(土) 聖マリアンナ医科大学(後期)直前対策講座
2/17(木)・2/24(木)・2/28(月) 日本医科大学(後期)直前対策講座
2/18(金)・2/25(金)・3/3(木) 昭和大学(Ⅱ期)直前対策講座

入試直前指導(受験前日まで個々に対応)対象:高3生・高卒生
高卒生対象『新年度 富士ゼミ生』入学ご相談の受付を開始します。全校舎専用食堂・男女別寮完備。※早期入学特典(1コマ50分20コマ個人指導無料など)有り
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

自分を信じる

大学入学共通テストが終了し、私立医学部一般選抜がスタートしました。
そして毎日のように続く入試日程の合間に続々と一次合格の発表があっており、一次試験を突破して勢いの出る生徒もいれば、厳しい結果に心が折れそうになる生徒も出てきます。
ここ御茶ノ水校に於いても、一次合格を果たした生徒達、これからさらに二次試験、私立後期(Ⅱ期を含めて)選抜、国公立では前期選抜・後期選抜と続いていきますので、受験生にとっては体力と気力の勝負となります。

一方で、なかなか望んだ結果が出ずに悩んでいる受験生の方々も、諦めることなく自分を信じてしっかりと最後まで頑張ってください。
合否を分けるボーダー付近には、1点に10人もしくはそれ以上の受験生が並んでいます。
皆さんは、ほんのあと僅かという位置にきっといた筈です。諦めてしまったらそこで終わりになります。
決して悲観することなく、最後の最後まで全力で頑張ってください。

自分を信じる・・・とは、メンタルで負けないということになりますが、自分が一生懸命に解ききった答案に自信を持つ! ぶれない! ということではないかと思っています。
受験は不安との闘いです。思うように結果が出ていない状況であれば尚のことネガティブ思考に押しつぶされそうになってしまうかもしれませんが、将来の自分の目標に向かって進んでいるということを土台として、勇気を持って臨んでください。

今後として受験がまだ続いていく生徒の皆さん、時間はまだありますよ。
効率良く最大限に時間を使って、合格を掴み取りにいってきてください。

富士学院は、受験生一人ひとりを最後まで応援し続けています。二次対策として面接指導を受けたい、学習アドバイスをもらいたい・・・etc。医学部受験に向けて何か困っていることがあれば、遠慮なくご連絡ください。
連絡待ってます!!

ぜひ、一緒に頑張りましょう!!

【現在受付中のイベント】

国公立医学部出願相談会(1月22日(土)~2月3日(木))無料・事前予約制(ご家庭毎に個別面談)
2/15(火)・2/22(火)・2/26(土) 聖マリアンナ医科大学(後期)直前対策講座
2/17(木)・2/24(木)・2/28(月) 日本医科大学(後期)直前対策講座
2/18(金)・2/25(金)・3/3(木) 昭和大学(Ⅱ期)直前対策講座

入試直前指導(受験前日まで個々に対応)対象:高3生・高卒生
高卒生対象『新年度 富士ゼミ生』入学ご相談の受付を開始します。全校舎専用食堂・男女別寮完備。※早期入学特典(1コマ50分20コマ個人指導無料など)有り
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

入試直前ガイダンスを行いました!

こんにちは。富士学院・東京御茶ノ水校の醍醐です。

東京御茶ノ水校では、大学入試共通テストを間近に控えた2022年1月12日(水)、「入試直前ガイダンス」を行いました。これは、最長で3月末の国公立大学後期日程まで続く医学部入試に臨むゼミ生を激励するもので、富士学院が一丸となって受験生を支える姿勢の表れとなるイベントです。

まず、講師の先生方から、科目ごとの具体的なアドバイスや、意識づけ・イメージの持ち方を含めた熱いエールをいただき、続いて、教務スタッフの全員が応援メッセージを述べました。緊張した時の対処法、精神力を保ち続けることの重要性、入試当日に役立つちょっとしたワンポイントアイテムなど、多彩な角度でお話しできたのではないかと思います。

最後に、教務スタッフの気持ちが込められた「お守り」と「受験票入れ」とを、校舎長の奥山からゼミ生一人ひとりに直接手渡しするとともに、ゼミ生の決意表明を聞かせてもらいました。高い意気込みを語る生徒、ユーモラスな表現で笑いを誘う生徒、緊張してしまう生徒……、それぞれにそれぞれの合格を期する思いがあふれていました。

締めは、ゼミ生代表による「勝鬨」です。生徒・講師・教務スタッフ全員で「エイ、エイ、オー!」を三唱し、散会しました。

富士学院では、生徒たちの合格のさらに先を見据えながら、ご縁をいただいた皆さんをこれからも一貫してサポートしていきます。

【東京御茶ノ水校 現在受付中のイベント】
入試直前指導
国公立出願相談会
聖マリアンナ医科大学(後期)・日本医科大学(後期)・昭和大学(Ⅱ期)直前対策講座
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。

年頭にあたって

明けましておめでとうございます。校舎長の奥山です。令和4年の年頭に当たり、謹んで新年のご挨拶を申しあげます。

思い返してみると、昨年もコロナ禍により3度にわたる緊急事態宣言の発令があり、感染予防に気を抜くことができない1年でした。しかし、一昨年と違い、リモートでの授業は全くなく、すべてが対面での授業を予定通り行うことができました。特に、御茶ノ水校ではコロナ第1波から一人の感染者を出すことなくここまで来られたことは、校舎挙げての感染予防対策を行ったこと、特に生徒全員がそれぞれの自覚のもとに感染予防に徹底協力してくれた賜物だと感謝しています。また、医師でいらっしゃる保護者の方々からはアルコール消毒剤やマスクから抗原検査キットに至るまで、惜しみない援助とご協力をいただきました。この場をお借りして心よりお礼申し上げます。オミクロン株という新たな脅威も迫ってきていますが、生徒全員がメンタル、フィジカルの両面で万全の体調で受験に臨むことができるよう、引き続き細心の注意と指導を続けて参ります。。

さて、生徒諸君にとっては様々な不安や悩みを乗り越えてきたこの1年でしたが、あと2週間弱で大学入学共通テスト、18日からは私立医学部入試のスタートを迎えようとしています。最後の最後まで生徒を全力で応援することがモットーの富士学院は、お正月も返上して直前対策を行っています。生徒も集団授業だけではなく個人指導も積極的に取り、総仕上げに余念がありません。

昨年は1月7日に発令された第2回緊急事態宣言下での入試でした。そのため各大学が過敏なまでの感染予防策を行ったため、入試の実施方法も例年と異なるケースが多く見られました。例えば聖マリアンナ医科大学は、例年、英語・数学が各90分で独立した時間割でしたが、昨年度は英語・数学を同一時間帯、150分で2教科を行うという形に変更となりましたが、しかし、今年は例年の形に戻しています。現在、新規感染者数は低く抑えられているとはいえ、まだまだマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保等受験生にとっては窮屈な思いをする受験であることに違いはありませんが、それはどの受験生も全く同じ条件です。環境を嘆くのではなく、与えられた環境下で最大限のパフォーマンスを発揮するという強い心で臨み、合格を勝ち取ってもらいたいと願っています。

最後の受験校の結果が出るまでが受験勉強です。生徒諸君が積み重ねてきた努力は決して裏切りません。努力の花が開くことを信じて一緒に走り抜けましょう。

You can make it!

「絶対に医師になる」という強い気持ち

こんにちは。教務課の石川です。

富士学院には現役高校生の個人指導生が沢山おり、毎日学校が終わると真っ直ぐ富士学院にやってきて夜遅くまで自習に励んでいます。

頑張っている生徒の中には、焦りからか時には落ち込む時もあり、そんな時は「絶対に医師になるんだ」という強い気持ちの再確認をしてもらえるよう話をしています。医師になるという強い気持ちがあるからこそ焦りや悩み、そして不安が表れます。ですがその強い気持ちがあるからこそ頑張れるのです。その気持ちの再確認さえできれば自然と自分の口から「頑張る」という力強い言葉を聞かせてくれ、私たちをほっとさせてくれます。

本日時点で大学入学共通テストまで残り18日となり、年末を迎え誰もが不安で仕方ありません。

このブログを読んでいる方も不安な気持ちなのかもしれません。

その不安を解消するにはただやみくもに勉強するのではなく、やらなければいけない事をどれだけやりぬくかです。今やっている勉強が正しいのか?遠回りではないのか?そんなことを考えながら勉強していては不安が大きくなるだけです。たとえば入試までの10日を「あと10日しかない」と捉えるか「まだ10日ある」と捉えるかで大きく違います。生徒たちがここからの残り僅かな期間をを実りある時間として過ごせるために私たち職員、講師一丸となって精一杯フォローしていきます。

もし不安に感じているならば、些細な事でも構いません。是非ご相談下さい。共に悩んで共に闘っていきましょう。

「聖マリアンナ医科大学」「東京女子医科大学」「東京医科大学」学校推薦型選抜対策講座を行いました。

東京御茶ノ水校の石栗です。

今年も「聖マリアンナ医科大学」「東京女子医科大学」「東京医科大学」の学校推薦型選抜対策講座を東京御茶ノ水校で行いました。例年のごとく多くの受験生にお集まりいただき、合格に向けて様々なアドバイスをさせていただきました。

学科試験に関しましては、今までの経験を踏まえながら各担当講師が予想問題を作成し、本試験と同じ時間で解いてもらい、その後に解説講義を行いました。推薦入試の問題は情報が少ないために、受講前はどの生徒も不安を抱えていましたが、授業を受ける事で傾向がわかり、どのような対策を取れば良いか理解できたことで、自信を持って本番に臨むことができました。

面接試験も学科試験同様に大きなウエイトを占めています。対策講座期間の3週間で面接を仕上げていくことはとても難しいですが、特に「医師志望理由」「本学志望理由」「理想の医師像」は固めておかなければなりません。最初の練習では“きっかけ”しか話せなかった生徒も、何回か練習を重ねることで何故医師でなければならないのかを、自分の言葉で明確に伝えることができるようになりました。

今年は例年以上に合格の吉報を多くいただいていますが、残念ながら合格に至らなかった生徒もこの経験を踏まえて、一般入試に向けて気持ち切り替えてもらいたいと思います。富士学院は最後まで全力でサポートしていきます。

【東京御茶ノ水校 現在受付中のイベント】
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。

「2021 未来の医療を創る君へ」オンラインセミナーに参加しました

こんにちは。校舎長の奥山です。
10月3日(日)、読売新聞教育ネットワーク事務局主催のオンラインセミナーに富士学院として参加しました。このプログラムはコロナ禍の医療現場で奮闘する医師や研究者らが高校生に現在と未来を伝えるオンラインセミナーです。全国の医療に関心のある高校生を対象に、学校単位での参加形式でZOOMにて配信されました。予備校では全国で唯一富士学院が参加を認められ、全9校舎のゼミ生、来院生が参加しました。セミナーは13時から4名の先生方が各30分、それぞれの切り口で参加者に語りかけてくれました。この日は順天堂大学の心臓血管外科/血液内科/コロナ対策チームから「心疾患、悪性リンパ腫、コロナ対策-命の現場から伝えたいこと―」というテーマでのセミナーでした。
講師とテーマは以下の通りです。

❏ 順天堂大学 心臓血管外科 中西啓介医局長による“医師の仕事の一端を垣間見て欲しい”
❏ 順天堂大学 安藤美樹准教授による”iPS細胞を活用して悪性リンパ腫を治療する免疫療法”
❏ 順天堂大学 松下靖志医師による”COVID-19 医療の現場から”
❏ 順天堂大学 医学部 心臓血管外科 天野篤特任教授による“これから医学・医療を目指す人たちに伝えたいこと”

セミナーでは手術現場の動画や画像を用いた臨場感あふれるトークや、ZOOMを介して参加者から投げられた質問の一つひとつに丁寧にお答えいただける内容に当初予定していた時間を大幅に超過しましたが、どの生徒も最後まで目を輝かせて参加してくれました。また最後の質問コーナーでは東京御茶ノ水校のゼミ生である西梨里子さんが天野教授に受験生として「厳しい局面を乗り越えるためにどう集中されているか」についてのアドバイスを求め、先生から「すべてのことに考えて行動はしない。勉強することに意味を考えず日常に取り入れる」というアドバイスをいただき、彼女のこれからの勉強の励みとなったようです。
また講義の内容は医学に関するものだけではなく「自分に自信が持てない人へ」というアドバイスも含まれ、コロナ禍で生徒たちに明るい光を当て、希望を持たせて頂けたと思います。
以下、参加した生徒から寄せられた感想文をご紹介します。

★浪人のこの時期のため、つい入試の勉強のことばかり考えてしまっていたが、今日の講演で医学部そして医師を目指すうえで最も大切にすべきことを改めて認識することができた。

★中西先生、安藤先生、松下先生、天野先生の今の活躍する姿を拝見し、私が進みたいと思っている道は間違ってはいなかったと確信したと共に、医療という社会活動に対する責任感の強さや誇りを先生方から感じることができた。

★天野先生のお話しの中で、今、目の前にある勉強を一生懸命に取り組んで、受験という壁を乗り越えることが大切であり、明日が受験だと思って緊張感を持って勉強していける人は強い、という言葉がすごく響きました。

★今日の講座を聞いて、自分に自信を持つために、常に前向きに自分でもがんばればできる、というように思考を転換して、今までの努力を結果として残したいと思った。

★「努力は結果を伴ったときにのみ、努力と認められる」との至言は、外科を専門とする天野先生が語る言葉として非常に重みにあるものであり、自分の現状認識や意識等がまだ甘い段階なのだな、と改めて気付かされた。

このオンラインセミナーで、改めて生徒たちが“医師になる決意と覚悟”をしてもらえた、と終わった後の表情から感じています。さあ、受験本番まで100日を切りました。受験が終わるその日まで受験勉強は続きます。一緒に駆け抜けましょう。

【東京御茶ノ水校 現在受付中のイベント】
10/24・10/31・11/7 聖マリアンナ医科大学学校推薦型選抜対策講座
11/7・11/14 東京女子医科大学学校推薦型選抜対策講座
11/14・11/21・11/28 東京医科大学学校推薦型選抜対策講座
11/7 第2回医学部実力模試&解説授業
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。

「東京医科大学・聖マリアンナ医科大学入試説明会」を開催しました!

こんにちは。東京御茶ノ水校の島田です。
毎年、富士学院では夏の受験生サポート企画として、各校舎に大学の入試ご担当者をお招きして説明会を開催しています。
東京御茶ノ水校では、8月22日(日)に「東京医科大学」「聖マリアンナ医科大学」それぞれの入試ご担当者をお迎えし2021年度入試についてのご説明をしていただきました。当日は体温測定やアルコール消毒に加え、密を避けるため距離を空け、換気を行うなど感染症対策を徹底の上実施いたしました。また、大学主催のオープンキャンパスがこのコロナ禍でオンライン中心となっているだけに、対面での入試説明会ということもあって、外部からも多くの参加者にお集まりいただきました。

説明会は第1部「東京医科大学入試説明会」、第2部「聖マリアンナ医科大学入試説明会」という流れで行い、大学の紹介や2022年度入試について(実施要項、変更点)などパンフレットだけでは伝えきれない大学内の様子も紹介していただきました。医学部受験は情報戦と言われるように、参加者の皆様がそれぞれ熱心にメモを取る姿がとても印象的で、第1部~第2部と続けて、参加いただいた方も多くいらっしゃいました。

最後に第3部として、学院教務部より「医学部合格のポイント」についてのご説明をさせていただきました。ここでは、「医学部入試の現状や特徴」「面接・小論文の重要性」等、実際の成績開示を事例に挙げ、合否を分けた具体的を紹介し、面接の重要性など医学部受験の学習環境の大切さをお話しさせていただきました。

またそれぞれの説明会終了後、希望者には入試ご担当者へ直接相談ができる「個別相談会」も実施いたしました。
入試ご担当者の皆様、最後の個別相談会まで本当に長い時間ありがとうございました。この場をお借りして心より御礼申し上げます。また暑い中多くの皆様にお集まりいただき誠にありがとうございました。心から御礼を申し上げます。

医学部合格を勝ち取るポイントとして、まずは「大学ごとの正しい入試情報を知る」ことが大切です。
まもなく夏も終わり、受験シーズンが近づいてきます。
東京御茶ノ水校では、下記日程で学校推薦型対策講座を実施します。ぜひこの機会をご利用ください。

【東京御茶ノ水校 現在受付中のイベント】
9/5 国公立医学部(推薦・一般)合格セミナー
9/12 私立医学部(推薦・一般)合格セミナー
9/19・10/3 国公立・私立医学部を目指すための面接&小論文対策セミナー
10/24・10/31・11/7 聖マリアンナ医科大学学校推薦型選抜対策講座
11/7・11/14 東京女子医科大学学校推薦型選抜対策講座
11/14・11/21・11/28 東京医科大学学校推薦型選抜対策講座
11/7 第2回医学部実力模試&解説授業
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。

過去最高の数の受験生が挑んだ『第1回医学部実力模試』

こんにちは。校舎長の奥山です。

7月31日(土)~8月1日(日)にかけて第1回医学部実力模試が行われました。この模擬試験は、全国9校舎の富士ゼミ生全員が受験するだけではなく、医学部受験を目指す現役高校生や社会人の方も受験する医学部受験に特化したものです。

富士学院が主催する医学部実力は大手予備校の全国模試や大学別模試とは模試そのものの目的が大きく異なっています。富士学院の医学部実力模試は志望校の合格可能性をA~E等の評価で判定することが目的ではありません。判定結果に一喜一憂するのではなく、結果を今後に生かし、入試で医学部合格を勝ち取るためのツールとしてもらうことが目的です。だからこそ、模試受験後のサポートが違います。具体的には個人成績表は希望者を対象に、対面での「模試返却会」を実施し、今後の医学部受験の学習指針について専門のスタッフがアドバイスを行います。また、「模試返却会」当日は富士学院のプロ講師による「解説授業」行い、より理解を深めてもらいます。もちろん、遠方にお住いの受験者や、コロナ禍での外出自粛を余儀なくされている受験者のためにリモートでの在宅受講も可能としています。もちろん双方向でのリアルタイム配信なので、質問も受け付けられる仕組みです。一人でも多くの医学部受験を目指す皆さんのお手伝いができますよう、11月に行われる第2回目の医学部実力模試受験への参加を検討してみてください。

コロナ禍で、大手予備校の模擬試験は公開会場での受験が難しいこともあり、今年は在宅受験よりも富士学院の校舎受験を希望される受験者が多く、過去最高の数となりました。そのため、御茶ノ水校の校舎だけでは収容できなくなり、急遽、御茶ノ水駅近くに第2会場を設定して対応することとなりました。改めて多くの受験生がコロナ禍で模試受験に於いてでさえ苦労してる現状を目の当たりにした気がします。

東京都の新型コロナウイルス新規感染者数がとうとう5,000人を超えてしまいました。また、連日の厳しい暑さで受験生にとっては本当に過酷な夏となっています。しかし厳しい状況は全国の受験生もみな同じです。体調にはくれぐれも留意し、今自分たちができることに丁寧に取り組み、秋からの総仕上げに向けて夏を一緒に乗り切りましょう。

【東京御茶ノ水校 現在受付中のイベント】
9/5 国公立医学部(推薦・一般)合格セミナー
9/12 私立医学部(推薦・一般)合格セミナー
9/19・10/3 国公立・私立医学部を目指すための面接&小論文対策セミナー
10/24・10/31・11/7 聖マリアンナ医科大学学校推薦型選抜対策講座
11/7・11/14 東京女子医科大学学校推薦型選抜対策講座
11/14・11/21・11/28 東京医科大学学校推薦型選抜対策講座
11/7 第2回医学部実力模試&解説授業
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。