お電話からのお申込みはこちら
東京校:0120-01-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

2018年度医学部医学科の
圧倒的合格実績


最終合格者のべ244名
(前年比118%)
医学部医学科進学者実数164名
(前年比122%)の実績!
国公立医学部医学科専願者28名中
東大理科三類含む25名合格!
(合格率驚異の89%)

2019年度の国公立医学部
推薦・一般入試の概要
センター試験の自己採点641点(900点満点)で
島根大学医学部医学科に合格したY.Uさんの事例など、
その他の様々な事例も含め、国公立医学部合格の
ポイントなどを詳しく解説します。


受験者減少傾向でも
合格を競う上位層の受験者数は
減っていない国公立の現状

ここ数年、若干志願者、受験者が減少している国公立医学部入試ですが、
実際に合格を競う上位層の受験者数は減っておらず、
難度は相変わらず高いのが国公立医学部入試の現状です。
ただ最近は景気が少し上向きになり、就職状況が好転してきた影響で、
今後は国公立医学部を目指す高学力層の受験生が減少していくとの見方もあり、
国公立医学部も私立と同様、2019年度入試は合格のチャンスが少し広がる入試となりそうです。
本セミナーでは2018年度国公立医学部の推薦・一般入試の総括と
2019年度入試の概要と国公立医学部合格のポイントについて、合格事例を含め、詳しく解説を行います。
是非この機会をご利用ください。


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
2018年度国公立医学部医学科専願者28名中東大理科三類を含む25名合格!(合格率89%)
2017年度国公立医学部医学科専願者京都大学含む20名中17名合格!(合格率85%)
2016年度国公立医学部医学科専願者12名中10名合格(合格率83.3%)
国公立医学部医学科の過去3年間の平均合格率なんと86%!
ポイント 2
偏差値だけでは計れない様々な合格事例を用い、合格を勝ち取るポイントを解説!
ポイント 3
東京や名古屋など全国6校舎の直営校によるスケールメリットを活かした
最新の地域別入試情報と校舎間の連携!
お電話からのお申込みはこちら
東京校:0120-01-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


要 項

日時

8月5日(日)
午前の部 10:00~ 開場 9:30
午後の部 13:00~ 開場 12:30

会場

富士学院 東京校

定員

30名

参加費

無 料

対象

2019年度国公立医学部受験をお考えの方、及びその保護者の方
※将来国公立医学部を目指す生徒・保護者の方も参加可能です。

参加特典

参加者全員に国公立医学部の各種入試資料と
医学部入試に使える富士学院オリジナルキットを差し上げます。
※1世帯につき1セット限りとなります。


プログラム

午前の部

9:30〜 開場・受付
10:00〜 2018年度国公立医学部推薦・一般入試の総括と
2019年度入試の概要及び合格のポイントについて
(富士学院 教務部)
11:00〜 個別相談会(希望者のみ)


午後の部

12:30〜 開場・受付
13:00〜 2018年度国公立医学部推薦・一般入試の総括と
2019年度入試の概要及び合格のポイントについて
(富士学院 教務部)
14:00〜 個別相談会(希望者のみ)

国公立入試セミナー 画像


国公立大学医学部推薦・AO入試状況
(過去3年)

年度 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 総合格者数 倍率
2018年度 1,335名 5,041名 3.8倍 4,284名 1,292名 3.3倍
2017年度 1,329名 5,038名 3.8倍 4,380名 1,293名 3.4倍
2016年度 1,337名 4,947名 3.7倍 4,444名 1,278名 3.5倍


国公立大学医学部一般入試
(前期・後期)状況
(過去3年)

年度 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 総合格者数 倍率
2018年度 4,207名 26,033名 6.2倍 16,795名 4,395名 3.8倍
2017年度 4,227名 28,020名 6.6倍 18,345名 4,382名 4.2倍
2016年度 4,217名 28,415名 6.7倍 18,376名 4,423名 4.2倍


Q&A

Q
国公立医学部に合格するために何が必要ですか?
A.
合格を勝ち取る為にはまずセンター試験で高得点を取る必要があります。特に理系の生徒にとって、苦手がちな国語をどう得点するか、配点が高いだけに国語の得点力は一つのポイントになります。また国公立医学部は推薦入試(受験資格が必要)を含め、前期・後期の3回しか受験のチャンスがありません。つまり、どこの大学に出願するかが合否を分ける大事なポイントとなり、ここを間違えると、合格できる力があっても不合格となり、例年高偏差値の受験生が不合格になるのもこのためです。本合格セミナーではセンター試験得点率71.2%で国公立に合格した事例を含め、様々な合格事例を用い、学院独自のノウハウによる合格を勝ち取るポイントについても解説します。
Q
受験生でなくても中高生の参加は可能ですか?
A.
もちろんです。難関の医学部合格を、更には医学部現役合格を目指すのであれば推薦入試を視野に入れることを含め、早い段階からの意識や準備は合格に向けての大きなアドバンテージとなります。本イベントが少しでも医学部受験への参考となり、意識を高める場になれば幸いです。
Q
国公立医学部医学科の合格実績について教えてください。
A.
2018年度国公立医学部医学科の合格実績は東京大学理科三類の合格者をはじめ、国公立専願者28名中25名合格(合格率89%)と、過去最高の合格実績を出すことができました。また2017年度合格実績では京都大学をはじめ国公立医学部医学科専願者20名中17名合格(合格率85%)、2016年度合格実績では専願者12名中10名合格(合格率83.3%)、2015・2014年度ではそれぞれ8名が合格を果たしました。まだまだ国公立医学部医学科の受講生が少ない中、2013年度の合格実績では4名中3名が合格を果たし、2017、2016年度は、国公立医学部医学科専願者に対して、共に80%を超える合格率、そして2018年度はついに90%の大台に乗る勢いで合格者を輩出できています。受講者が少ない分、合格者の数はまだまだ少ないですが、この合格率は私共の大きな誇りであり、今後は更に国公立医学部の合格に力を入れ、受講生も増やしていきたいと思っています。
富士学院の合格実績について

富士学院の合格セミナーは
参加者の方から
高い評価をいただいています!

  • お陰様で、有意義な時を過ごさせていただきました。
  • 大変話もわかりやすかったです!!天候悪い中、迷いましたが来て良かったです!!
  • 今度の機会で、本人も是非参加させたいと思います。

アンケート画像

2018年度医学部医学科の
圧倒的合格実績


最終合格者のべ244名
(前年比118%)
医学部医学科進学者実数164名
(前年比122%)の実績!
国公立医学部医学科専願者28名中
東大理科三類含む25名合格!
(合格率驚異の89%)

お電話からのお申込みはこちら
東京校:0120-01-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 東京校

医学部受験予備校 富士学院 東京校

〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町2-23 菅山ビル2F・3F [ 地図 ]
JR中央線「御茶ノ水駅」聖橋口から徒歩約4分
千代田線「新御茶ノ水駅」から徒歩約3分
丸の内線「淡路町駅」から徒歩約2分
新宿線「小川町駅」から徒歩約2分
フリーダイヤル:0120-01-9179
代表番号:03-5289-9179

ページトップ