喜びもひとしお

教務課の園田です。

明日から早くも12月です。寒さが厳しくなってまいりましたので、体調には十分お気をつけください。

さて、推薦入試の嬉しい報告が、各校舎からあがっていますが、小倉校も先日大変嬉しい結果に、全講師・職員が沸きました。久留米大学の推薦入試の合格です!!

その生徒は、ゼミが開講してから今まで本当に努力をしてきました。遅刻や欠席もなく、こちらがやろうと伝えていることに対して、全てを全力で取り組み、先生方にもよく質問をし、『今何が自分に足りないのか』、『何をやらなければならないのか』の自己分析がしっかりとできている生徒でした。

必死に勉強をしているからこそ、悩みが尽きず、よく教務室に話をしに降りてきて、途端に大きな目から涙がこぼれ落ちることがよくあり、皆で大丈夫だよと励まし、「がんばります!」と奮起して、教室に戻っていく姿が思い出されます。

推薦入試が終わった後も疲れているにも関わらず、すぐに学院に戻ってきて、受験の報告をしてくれました。受験直後ということもあり、気持ちが高揚した様子が伺えましたが、真剣に勉強に取り組む姿勢はこれまで通り全く変わっていませんでした。

合格発表当日。緊張のせいか朝から落ち着かない彼女は、教務室の机で数学の問題を解いていました。1人で結果は見られないと、教務担当と一緒に別室に移動して時間になるのを待ちます。

【10:00】
「見れないから代わりに見てください」と言われたようで、合否照会のページで結果を教務担当が確認。『合格』の二文字が!!!!

やったねーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

この感動を1人でも多く共有できることを願って、できる限りのことを講師・職員、考えに考え抜いて、一丸となって全力で戦っていきたいと改めて決意する日となりました!!!

【小倉校 今後のイベント一覧】

12/9(土) 医学部現役合格を目指す受験生と保護者のための“知っ得”セミナー

12/10(土) 久留米大学医学部プレテスト・12/24(日) 個別添削会

12/10(日)・12/17(日) 医学部を目指す生徒・保護者のための個別相談会
(国公立・私立医学部出願相談会も同時開催)

12/17(土) 福岡大学医学部プレテスト・12/24(日) 個別添削会

校舎でのインフルエンザ予防接種

小倉校教務課の西室です。
朝晩めっきり冷え込むようになってきました。空気も乾燥し、いよいよ風邪をひきやすい季節になりましたので、体調管理には充分気をつけてお過ごしください。

11月上旬、小倉校では、毎年恒例のインフルエンザ予防接種を行いました。
小倉校にご縁のある内科医のM先生が、接種のために校舎まで来院してくださいます。
授業や模試、課題等でなかなか通院の時間が取れない生徒たちにとって、学院内で接種してもらえるこの機会は、大変ありがたいものとなっています。
私たち教職員も、わざわざ時間を作って病院まで行く必要がないので、非常に助かります。

接種してくださるM先生は、いつもにこやかに生徒たちと接してくださり、「頑張ってよ!」と励ましの言葉をかけてくださいます。
そして今年は、「あと5年後には、お世話になった私の息子が私に代わってここに接種に来るようになりますからね。」と言われていました。開業されている医院を、息子さんが継がれるご予定なのだと思います。
優しく大らかなM先生にお会いするたび、“今、医学部を目指して日々頑張っている学院の生徒たちも、いずれこんな風に、地域の様々な患者さんと優しく向かい合う医師になっていくのかな…”と想いを馳せています。

医学部の推薦入試を皮切りにスタートし、早速富士学院から合格者が出ました。嬉しい報せに心が躍ります!
これからは医学部受験もいよいよ追い込みの時期となりますが、生徒一人ひとりが体調を崩さず、更に加速をつけて受験に臨めるよう、私たちも精一杯サポートしていきたいと思います。

【小倉校 今後のイベント一覧】

11/19(日) 国公立・私立医学部面接対策セミナー

11/26(日)・12/10(日)・12/17(日) 医学部を目指す生徒・保護者のための個別相談会
(国公立・私立医学部出願相談会も同時開催)

12/9(土) 医学部現役合格を目指す受験生と保護者のための“知っ得”セミナー

12/10(土) 久留米大学医学部プレテスト・12/24(日) 個別添削会

12/17(土) 福岡大学医学部プレテスト・12/24(日) 個別添削会

「残り◯日しかない・・」ではなく「あと〇日まだやれる!」と前向きに

校舎長の満園です。

11月に入り、多くの大学で推薦入試の出願が始まりました。
小倉校でも、ゼミ生そして来院生(個人指導生)の多くが医学部受験に向けて、これまで以上に気合いを入れて頑張って取り組んでいます。

特に推薦入試を受験する生徒たちは、日々の学習に追われている中、何とか時間をひねり出して、出願の準備をできるところから少しずつ着々と進めてきました。

出願に向けて、自分の熱い思いを込めて書き上げ、持参してくれた志望理由書の一字一句を、担当の枠を超えて教務職員皆で共に確認し、受験生本人とできる限り時間を取って、どんな思い・気持ちで書いたのかを一緒に確かめながら、アドバイスをさせて頂きました。

ゼミ生・来院生を問わず、言えることではありますが頭の中で考えていることを言葉にする難しさをそれぞれが感じていました。
「医師になりたい」という気持ちを箇条書きから始めていく生徒もいます。
職員と話しながら、その中でメモを取り、思いを形にしていく生徒もいます。
生徒一人ひとりと向き合って、思いを確認し、内容を深めていきました。
そして、ありきたりの表現ではなく、自分の言葉で書いてもらいました。

抽象から具体にしていくことの大変さを乗り越えて、自分自身の志望理由書を作り上げていく経験を通じて、改めて推薦受験にかける思いを強くしたことだと思います。

自分自身の内面を深く見つめていく中で、
なぜ医師になりたいのか、
なぜその大学を選んだのか、
どのような医師になりたいのか、

というところまで深く考える機会を得たことで、顔つきや目つきも変わってきたように感じます。

夕刻登校する来院生たちのタイムカードの打刻時間を見ると、登校時間が少しずつ早くなってきています。
個人指導を終えた後も先生方へ質問する姿や、その日の復習をできる限り終わらせて自宅へ帰ろうと自習室で取り組む姿、自習室を自分の勉強部屋だと思い集中して取り組む姿が増えてきました。
それぞれの帰りのバスや電車に間に合うギリギリの時間まで、必死に取り組む姿はとてもたくましく感じます。

試験の当日までの間、あとどれだけ積み重ねられるかという足し算で考えてください。
「残り◯日」のようにカウントダウンや引き算で考えていくと、自分に無用のプレッシャーをかけてしまいます。
「あと◯日間まだまだやれる!もっと積み上げられる!私なら頑張れる!」
と前向きに考えていきましょう。
限られた時間の中で、自分のできる精一杯を出し尽くしていきましょう。
それぞれの目標に向かって日々成長し、努力し続ける皆さんを小倉校全職員・全講師で応援します。

【小倉校 今後のイベント一覧】

11/19(日) 国公立・私立医学部面接対策セミナー

11/26(日)・12/10(日)・12/17(日) 医学部を目指す生徒・保護者のための個別相談会
(国公立・私立医学部出願相談会も同時開催)

12/9(土) 医学部現役合格を目指す受験生と保護者のための“知っ得”セミナー

12/10(土) 久留米大学医学部プレテスト・12/24(日) 個別添削会

12/17(土) 福岡大学医学部プレテスト・12/24(日) 個別添削会