面接・小論文対策の一環である『新聞視写』

こんにちは。教務課の堤です。

富士学院では、月~金曜日の朝に新聞視写を行っています。
新聞視写とは、新聞のコラム記事を読み、共感できる箇所や執筆者が最も伝えたかったのではないかという箇所を選び、そのままノートに書き写していくことなのですが、これが学力・能力アップにとても役立ちます。

新聞は簡潔で的確な表現で書かれているので、読むだけでも情報を頭の中で整理できるようになりますが、更に新聞の文章を「書き写す」ことで、内容をより確実に理解し、それらの表現を身に着けることができるのです。
写し方にもポイントがあります。ただ一文字一文字を見ながら写すのではなく、ある程度文章や意味のまとまりを覚えてから写していきます。そうすることで、読解力や表現力が身に着くのです。

近年の医学部入試では、面接試験が重要視されるようになってきました。要点を明確にして端的に伝えることが大切な面接試験には、文章を頭の中で整理し、相手に分かりやすく伝える練習や、日本語の語彙力を鍛えることが必要です。また、漢字を間違わずに使えることは、漢字の間違いが減点対象になる小論文においても、とても大切なことです。これらは簡単に身に着くものではありません。付け焼き刃のようにはいきません。毎日やるからこそ、自分の力になるのです。

最初は誤字や脱字が多かった生徒も、毎日続けることでだんだん視写が上手になっていきます。生徒の中には、記事を読み、自分の苦手そうな漢字や難しいと思う漢字を見つけると、自分から進んでノートに練習してくる子もいます。また最初は一段落にしか挑戦しなかった生徒も、慣れてくると視写する段落を増やしたり、長い文章に挑戦するようになってきました。生徒達が自ら考え、頑張っている姿を見ると、この半年間での成長を感じ、とても嬉しく思います。

新聞視写のノートは毎日回収し、書き写した文章に誤字脱字がないかを教務課の職員や、担任の先生方で必ずチェックし、職員・先生方がコメントを書いて返します。そのコメントに対して更に返事を書いてくれる生徒もいるので、このノートがひとつのコミュニケーションにもなっています。
コメントを読む生徒達は、ニコニコしてとても嬉しそうです。そして職員や先生方ももちろん、生徒達からの返事が嬉しくてたまりません!

新聞視写は毎朝10分程度のことですし、すぐに効果が出るわけではありませんが、「視写をする意味」を考えながら、毎日コツコツやり続けることが本当に大切なことだと思います。
まさに「継続は力なり」です。新聞視写は12月のゼミ終了の日まで続きます。残り2ヶ月、最後まで一緒にやり遂げようね。これからも富士学院教職員一丸となって、医学部合格に向けて頑張る生徒達を支え、全力で応援していきます。

そしていよいよ推薦入試が始まります。小倉校では福岡大学、久留米大学医学部最後の推薦対策講座を実施しますので、ぜひこの機会をご利用ください。

【小倉校今後のイベント】

>>10/29(日) 久留米大学医学部推薦直前対策講座

>>10/29(日) 福岡大学医学部推薦直前対策講座

>>11/5(日) 久留米大学医学部推薦直前対策講座

>>11/5(日) 福岡大学医学部推薦直前対策講座

>>11/19(日) 国公立・私立医学部面接対策セミナー

>>11/26(日) 医学部を目指す生徒・保護者のための個別相談会(国公立・私立医学部出願相談会も同時開催)

チーム力で合格をサポート!

小倉校教務課の西室です。
小倉校では、ゼミ生たちのチーム会議を行っています。
前期に実施するチーム会議では生徒本人も加わりますが、三者面談を前にした今回のチーム会議は、校舎長・各科目を担当される講師の方々・担任講師・教務担当職員というメンバーで実施します。
本人の志望校調査書と、各科目講師からの相性診断を照らし合わせながら、受験戦略を分析していき、また先生方にも科目間の共通認識を持っていただくことのできる貴重な時間となります。

会議では、一人ひとりの生徒に対して、現在までの学習状況や模試の成績、得意分野や弱点等を科目ごとに洗い出し、各大学の出題傾向や難易度、方式等と併せて考慮し、この生徒はどの大学を受ければ合格の可能性が広がるかを検討していきます。
もちろん、最終的には生徒本人とご家族のご意向を最大限尊重した上で受験校は決まっていくのですが、学院側のこれまで培ってきた豊富な指導経験や大学側から得られた様々な情報、受験について積み重ねてきた知恵等を広く活かしたこの相性診断は、11月に行われる三者面談や志望校決定時に大変役立つものとなっています。
更に、現在の科目間バランスや不得手としている科目の克服、受験に向けた戦略を改めてチームとして確認していきます。そして、生徒一人ひとりの目標達成に向けた受講プランを見直していき、必要と思われる内容を提案していきます。

医学部受験にとって、志望校選定は非常に重要です。どんなに成績が良くても、相性の合わない大学だと本来の実力を発揮できません。また、受験期のスケジュールを間違えると、体力や集中力が落ちてしまったり、日程が合わずに選択の幅が狭まったりしてしまいます。
【学院講師・職員がチームとなって、生徒一人ひとりの合格のために連携し、サポートしていく】
これこそが富士学院のチーム力となり、医学部合格への大きな役割を果たしていると思います。

これからゼミ生は、校内外の模試が続きます。季節の変わり目でもあり、いよいよ近づく受験への不安やプレッシャーなどで気持ちも不安定になりがちだと思いますが、自分の頑張りを信じ、学院の教職員を信じて最後まで駆け抜けて欲しいと切に願っています。
私たちも、大きなチーム力で皆さんをしっかりと支えていきます!

【小倉校で10月開催のイベント】

>>10/15(日) 医学部現役合格を目指すための保護者セミナー
>>10/29(日) 久留米大学医学部推薦直前対策講座
>>10/29(日) 福岡大学医学部推薦直前対策講座
>>11/5(日) 久留米大学医学部推薦直前対策講座
>>11/5(日) 福岡大学医学部推薦直前対策講座