お電話からのお申込みはこちら
福岡校:0120-5251-22
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


2018年度
福岡大学医学部医学科
合格者28名!
推薦合格者全30名中12名が学院生。
合格者占有率が
なんと約4割の圧倒的実績!

英語・数学を同時に解く
福岡大学医学部推薦入試。
学科試験の“時間配分”を含めた
具体的な戦略
と配点割合の高い
“グループ面接対策”までしっかりと対応

福岡大学医学部の推薦入試はA方式・地域枠があり、
いずれも学科テストでは60分間で英語・数学の2科目を同時に解きます。
合格には各科目の対策に加え、英語・数学の時間配分を含めた戦略が不可欠であり、
これが合否を分ける結果につながります。
また、配点の割合が一般入試より高いグループ面接は、
当日の面接官によってグループ討論やグループ面接などの構成が異なるため、
全てに対応できる対策が必要です。

推薦対策講座では、これまで蓄積された様々なデータや多くの生徒を合格に導いてきたノウハウをもとに、
学科試験の傾向と対策、そして面接対策までをしっかりと対応し、入試本番に備えます。


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
実績が違う!毎年圧倒的な合格占有率を誇る福岡大学医学部の推薦合格実績。
2018年度推薦入試合格者の富士学院生比率約4割!(定員30名中12名が学院生)
2017年度推薦入試合格者の富士学院生比率3割超!(定員30名中10名が学院生)
ポイント 2
数多くの福岡大学医学部合格者を輩出してきた福岡校精鋭のプロ講師陣が徹底対策!
ポイント 3
対策の難しいグループ面接対策も本番さながらの実戦形式で万全に!
お電話からのお申込みはこちら
福岡校:0120-5251-22
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


要 項

日時

10月28日(日)10:30~ 開場10:00
11月4日(日)10:30~ 開場10:00
(両日共通内容)※いずれか1日の参加となります

会場

富士学院 福岡校

定員

両日各20名

参加費

面接対策・質問対応込 10,800円(税込・昼食付)

対象

2019年度
福岡大学医学部推薦入試受験生

昨年度
福岡大学医学部推薦入試の総括

難易度については、英語、数学共に昨年よりやや難化。
英語は「長文空所補充(大問1)」が、昨年の物語文から論説文に変わり、
慎重な文脈判断を要する箇所もあり、やや難化しました。
「語句整序(大問4)」は昨年並みでしたが、熟語表現として知らないと解答しづらいものもありました。
数学は手間のかかる問いがほとんどで、極小値の計算、面積を求める数値計算でも、
試験時間内に正確な値を出すには工夫が必要でした。
試験時間が短いこともあり、焦りからミスをおこす受験生も多くいただろうと思われます。


出願資格
ー抜粋ー


A方式推薦入試 出願資格
※専願制

現役生又は1浪生で、出身高等学校長が学業成績・人物ともに優秀と認めて推薦する者。
及び、全体の評定平均値3.7以上の者。合格の場合は、必ず入学する事が条件。(専願制)


地域枠推薦入試 出願資格
※専願制

九州・山口各県内の高校出身者又は出願時に本人又は保護者が九州・山口各県内に居住。
また本学が定める離島・僻地医療や地域医療に貢献するための実習、
研修及び医療従事プログラムへの参加を確約できる者。
また、現役生又は1浪生又は2浪生(更に、平成26年3月以降に高校卒業し、大学・短大に在学中か2017年3月以降に卒業した者も可)で、
出身高等学校長が学業成績・人物ともに優秀と認めて推薦する者。
及び、全体の評定平均値3.7以上の者。合格の場合は、必ず入学する事が条件。(専願制)


福岡大学
医学部医学科 A方式推薦入試結果
(過去3年間)

年度 募集人数 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
2018年度 20名 195名 190名 21名 9.0倍
2017年度 20名 179名 173名 20名 8.7倍
2016年度 20名 194名 187名 19名 9.8倍


福岡大学
医学部医学科 地域枠推薦入試結果
(過去3年間)

年度 募集人数 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
2018年度 10名 52名 52名 9名 5.8倍
2017年度 10名 64名 64名 10名 6.4倍
2016年度 10名 100名 100名 10名 10.0倍


プログラム

※10月28日・11月4日共通

10:00〜 開場
10:30〜 福岡大学医学部推薦入試の概要
10:50〜 プレテスト(英語/数学)
11:50〜 昼休憩
12:40〜 グループ面接対策講義
13:20〜 模擬グループ面接
14:50〜 プレテスト対策講義(英語)
16:00〜 プレテスト対策講義(数学)
17:00〜 質問対応

医学部受験のプロ講師陣が解説!医学部受験のプロ講師陣が解説!


合格に
向けての
参加特典!

特典内容

福岡大学医学部推薦入試プレテスト&対策講座に参加された方は、
別途2018年11月24日(土)に行う『福岡大学医学部推薦直前グループ面接対策』に
無料で参加できます。

久留米大学二次試験に向けたグループ面接対策の様子

本番さながらの模擬グループ面接

2018年度推薦入試に見事現役合格!
個人指導生の喜びの声を一部ご紹介

福岡大学医学部医学科合格(推薦)
M・Iさん
個人指導生 明治学園高校
大手予備校を転々として辿り着いた富士学院。
医学部合格は本当に富士学院のおかげだと思っています。

私が医学部を合格することができたのは、本当に富士学院のおかげだと思っています。
私は富士学院に入学する前、大手予備校を転々としていました。思ったように成績が伸びずに悩んでいた高校二年生の三学期の時にたどり着いたのが富士学院です。 入学後は「もうやるしかない!」と自分を追い込みながら勉強しました。先生方はいつも生徒のことを気にかけ、声をかけて下さるので、大きな励みとなりました。私は質問をするのが苦手でしたが、富士学院では全くそのようなことはなく、ほぼ毎日自習しに通っていました。同じ医師という目標を持った人々に囲まれる環境と少人数制の授業もまた、集中して勉強ができる要因だったと思います。
受験を終え、乗り切るための方法を私なりにまとめてみました。まず一つ目は自主的になることです。いくら先生が手厚く教えて下さっても、自分が努力しなければ意味がありません。授業ごとに必ず復習し、分からないところをなくしていきましょう。そうすれば、苦手分野が分かり、より効率の良い勉強ができます。二つ目は志望校を早めに決めることです。私立医学部はそれぞれ問題の特色が違うので、志望校を早めに絞っていた方が、対策をしやすいと思いました。ただし、過去問を一気に解かないで下さい。少なくとも近年の問題を3つ残しておかないと入試直前の対策が難しくなります。三つ目はいつも本番同様に行うことです。問題を解く時は時間を計り、緊張感をもって取り組んで下さい。入試本番でも緊張が和らぐと思います。
受験当日まで先生や友達、家族などにお世話になると思います。感謝の気持ちを忘れず、充実した日々を送ることで合格へと近づくと私は考えます。上記で述べた三つの方法で勉強し、運を味方につけて合格を勝ち取って下さい。応援しています!!

高卒生の推薦入試合格体験記
一部ご紹介!

福岡大学医学部医学科合格(推薦)
H・Mさん
富士ゼミ生 青雲高校
富士学院で得た力を活かして大学でも頑張りたいと思います。

私が富士学院で学んだことは信じる事の大切さです。富士学院で学んだ約8ヶ月間、努力する自分と自分を支えてくれている周りの人達を信じました。このことが短期間で私を大きく変えました。 私は中高一貫校に高校から入学し、授業のスピードについていけず、次第に勉強から逃げるようになりました。とりあえず地元の国立大学には合格しましたが、両親が医師ということもあり、医師という夢を諦めきれず1年という約束で富士学院に入学しました。富士学院でまず驚いたのは先生方や教務、学務の方々との距離が非常に近いことです。少人数制な分、一人ひとりによく目が行き届いていて、ちゃんと見てもらえるという安心感がありました。学習面ではもちろん、体調やメンタル面までたくさん支えていただきました。
また、医師になりたいという同じ志を持った生徒が集まるというのも魅力だと思います。
自分が勉強で行き詰まった時、同じ目標を持った仲間を見ると自然と頑張ろうと思うことができました。それと同時に負けたくないという気持ちも生まれ、大好きな友人であり、良きライバルでもありました。
入学当初、50を切る事も珍しくなかった私の偏差値も、ものの数ヶ月で65近くまで上げることができました。ここまで成績を伸ばすことが出来たのは、自分の努力だけではなく、大好きな担当の先生方にしつこく質問や相談をし、心から信頼したからだと思います。
最後になりますが、学習面に限らず何事にも振り回されやすい私をいつも気にしてくださった富士学院の方々、辛い時側にいてくれた友人や先輩方、たくさん悩んで送り出してくれた家族、私を支えて下さった全ての方々に感謝申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。富士学院で得た力を活かして大学でも頑張りたいと思います。


Q&A

Q
授業を行うのはどんな講師ですか?
A.
医学部受験に精通したプロの講師です。また、例年、推薦対策講座を担当している講師で、久留米大学・福岡大学推薦入試で合格するためのノウハウが豊富です。
Q
他校でも面接指導は行われていますが、富士学院は何が違うのですか?
A.
面接試験の本質は、受験生の「スキル、考え方、人間性、これまでの生き方、今後はどうか」などその人そのものの内面や本質を見ていくものだと考えています。よく「こういう質問にはこう答えた方がいい」などのマニュアル的な答えを暗記させるようなケースがありますが、そのようなテクニックに頼ると実際の質問で面接官の意図とは微妙に違う答えになったり答えに詰まったりして、評価を大きく下げるケースがよくあります。富士学院の面接指導は「質問の意図を知る」「自分の言葉でしっかりと答える」「私はこういう人間である」というコミュニケーションの基本をしっかりと指導し、その上で受験する大学に沿った正しい面接対策を行っています。
Q
面接が苦手で本番だとどうしても緊張してしまいます。
どう対策すればいいでしょうか。
A.
面接対策を個人で行うことは困難なので、本番同様の環境で練習を行うのが最適です。また面接試験は大学によって求められるものが全く異なりますので、上記述べた事に加え、受験する大学に関する過去のデータに基づいた正しい具体的な面接の練習が必要です。富士学院では過去受験生の聞き取りや最新の情報を分析し、本番同様の環境で模擬面接を行い、一人ひとりに具体的なアドバイスを行います。その結果、本番でも全く緊張せず臨めて合格を勝ち取ることができたと受講生から喜びの声をいただいています。


2018年度
福岡大学医学部医学科
合格者28名!
推薦合格者全30名中12名が学院生。
合格者占有率が
なんと約4割の圧倒的実績!

さぁ
あなたも富士学院の推薦対策講座を受けて
合格への第一歩を踏み出そう!

お電話からのお申込みはこちら
福岡校:0120-5251-22
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 福岡校

医学部受験予備校 富士学院 福岡校

〒812-0016
福岡県福岡市博多区博多駅南3-2-1 [ 地図 ]
【JRご利用の場合】
JR博多駅筑紫口から徒歩約11分
【地下鉄ご利用の場合】
地下鉄博多駅東6番出口徒歩約9分
【西鉄バスご利用の場合】
「瑞穂」バス停目の前

フリーダイヤル:0120-5251-22
代表番号:092-412-5251

ページトップ