広島城北高校で校内医学部入試セミナーを開催しました

こんにちは。広島校の山口です。
先日、広島城北高校で医学部入試セミナーが開催されました。その様子をご紹介いたします。
本来でしたら6月11日に開催予定だったのですが、緊急事態宣言発令もあり延期となり、先日無事に開催することができました。
医学部入学を目指す50名近くの保護者様が参加されましたが、会場は600名が収容できる大ホールでしたので、密にならず、ゆとりをもった環境で、感染症対策も万全でした。
初めに城北高校の松井校長先生より医師を目指すことについての意義をお話しいただきました。その中で用いられた「ノブリス・オブリージュ」という言葉が特に印象的でした。 直訳すると「高貴な身分に伴う義務」だそうです。「高貴な身分」という言葉は現代ではそぐわないかもしれませんが、医師という立場は高い志と責任感がなければ務まらない、というお話で胸に刺さりました。
松井校長先生に続いて、校舎統括本部長の村田からコロナ禍における状況変化や、18歳人口減少による影響などをふまえた医学部入試の実態について実際の数字を交えながら説明させていただきました。城北高校では初めてのセミナーということもあってか、保護者の方も大きくうなずかれており、医学部入試について深くご理解いただいたようでした。今回は全学年対象でしたので中学生の保護者の方も多く聴講していただきました。今回のセミナーを受けて医師になる志をさらに高めていただけたらと思います。城北高校関係者の皆様、心よりお礼申し上げます。

【現在受付中のイベント】
7/25 川崎医科大学総合型選抜個別相談会&学習相談会
8/1 第1回医学部実力模試&解説授業
9/12 国公立・私立医学部(推薦・一般)進学個別相談会
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

広島校を開校して 〜校舎への思いと広島の皆さまから感じたところ〜

教室長の奥田です。
「こんな校舎になれば」「こんな雰囲気になれば」との想いを込めながら校内のレイアウトや什器などを選びつつ、諸々の準備を整えて無事に開校を迎える事ができました。そして現在、想っていた校舎になっているかを考えると、本当に想像通りに進んでおり、想いは叶うものだと感じつつ、ここに至るまで支えて頂いた関係各位に感謝しております。

・教室については、清潔感を一番に!学院基準に準ずる指導力のある講師のもとに活気あふれる授業が行われるスペースに!
・自習室については、黙々と静まり返って、集中して勉強に励めるスペースに!
・職員、講師室については、明るく笑顔が絶えない温かみのあるスペースに!

とにかく、ここに来たいと思える、優しく厳しくメリハリある学習環境を整えたいと願って準備を整えてきましたが、想像以上に実現することができました。
特に想像を遥かに超えたのは、指導力のある講師の方々とバラエティ豊かな7名の現役医学科のチューター陣。本当に生徒一人ひとりに丁寧に向き合ってくれている事に感謝しています。自信を持って入学面談に臨むことができるのが何より有難く嬉しい限りです。
本当に、これからの生徒の成長が楽しみです。

そして、広島校で出会った方々から感じたことですが、今のところ3点。
1点目は、理科選択について物理選択者が圧倒的に多いことです。これは国立、理工系志向が高いからでしょうか??共通テストで高得点が狙えるから??なのかは分かりませんが、医学科進学後に生物のウエイトが増える事を考慮すると、もう少し生物選択者がいてもよいのではと感じています。実際に今年、富士学院全校舎でお預かりさせて頂いた既卒生では、若干、物理選択者が上回っていますが、物生選択者の割合は、ほぼ五分五分となっています。

2点目は、現役生について、休日に授業を受講するより、平日の学校帰りに受講を希望する生徒が圧倒的に多いということです。平日に精一杯頑張る生徒が非常に多く、自習室も連日訪れる現役生が数名おり本当に感心させられています。

最後は、最新の医学部入試情報を提供できる場が少ないこともあり、私立医学部入試情報に明るくない方が本当に多いことを感じます。「医学部受験は情報戦」です。質・量ともに最新の医学部入試情報を提供できる塾や予備校を選ぶことは、医学部合格を目指す上で、とても大事になります。特に学校推薦型選抜については、公表、非公表など諸々ありますが、たとえば公表されていたとしても実際に各科目、小論文、面接などで合格に必要な点数はどれくらい必要なのか?何がどれくらい重視されているのか?そして非公表であれば、問題内容、配点、対策方法はどのように行うのか?など、これらの情報を「知っているか」、「知ってないか」で大きく違います。全校舎直営校である富士学院だからこそ、全国の各国立私立医大の様々な詳細情報を提供させていただいていますが、「こんな事が分かるのですか?」「このような物を見せて頂いてもよろしいのですか?」など非常に喜んでいただける方が多いことは本当に嬉しい限りで、私共の存在意義を大いに感じてさせていただいています。

これからも地域に寄り添い、地域の方々に喜んで頂ける校舎になっていきたく精進して参りますので、何卒、宜しくお願い申し上げます。

【現在受付中のイベント】
7/11 夏休みから始める医学部受験対策個別相談会

広島校は完全個人指導の医学部進学塾です。

こんにちは。広島校の山口です。
5月の大型連休も明け、受験生の皆さんはそろそろ4月からの疲れが見えてくるころでしょうか。5月病という言葉もあります。心身の健康あってこその受験勉強ですので、たまにはしっかりと休養を取り、しっかりとリフレッシュしてください。

さて、昨年11月に開校した広島校ですが本格的に新年度を迎え、現在20名ほどの生徒が学習に励んでいます。そのうち半数は高3生、既卒生、社会人などで実際に今年度の入試に挑むことになります。スタートの立ち位置はそれぞれ違いますが、目指すところはみな同じです。医歯薬学部進学、そしてその先の医療人としての未来を思い描き、日々学業に邁進しています。

広島校では授業は完全個人指導です。そのため、年間スケジュールやカリキュラム、時間割が他校舎と異なります。裏を返せば、一人一人の志望校、学習状況に合わせて柔軟にカリキュラム設定、時間割、スケジュール等を組み立てることが可能ということです。実際に多くの予備校では4月半ばの開校式を以って新年度の始まりとしますが、本校では4月の頭には授業が始まり、入試に向けてスタートを切っています。どこよりも早く、柔軟に対応できるのが広島校の特徴です。一方で、他校舎と同じく朝テスト、週テスト、新聞視写といった富士学院ならではの取組もおこなっており、これまで培われたノウハウもしっかりと受け継がれています。

既卒生の中には今年1年、地元を出て頑張ることを決意し、遠方から入学した生徒もいます。入学当初はなかなか学習習慣がついておらず、ノートやプリントの整理も出来ていませんでした。しかし、最近では毎日開校時間には来院し、最後まで学習に励んでいます。また、苦手としていたプリント類の整理も、自分なりに様々なアドバイスを取り入れて、できるようになってきています。まだ二か月ほどしか経っていませんがその成長ぶりに驚くとともに今後の伸びがますます楽しみです。

緊急事態宣言の延長など、まだまだ先行きの見えない世の中ですが、それでも受験は変わらず刻一刻と迫っています。時勢に流されず、これからも医学部受験に向け頑張る生徒を全力で応援していきます。

【現在受付中のイベント】
中高生、高卒生対象『医学部受験相談会・学習相談会』ご相談随時受付中!

広島校の学生寮を完備しました!

こんにちは。広島校の山口です。

11月半ばに開校した広島校ですが、徐々に生徒も増えて教室内も活気づいてきました。富士学院初の個別専門の進学塾として始まった広島校は幅広い学年層の生徒が集まっていることに特徴があります。中学生、高校生、既卒生が一堂に会し、日々学習に励んでいます。中にはまだ将来について明確な目標が持てていないという生徒もいますが、医師になるという目標に向かって努力する先輩の姿を目の当たりにし、自分の将来について真剣に考えるきっかけになっているようです。

さて、今回は広島校が提携している学生寮についてご紹介いたします。
これまで広島校には他校舎と比べ学院専門の寮がありませんでしたが、この度、長期滞在の既卒生向けに食事付きの学生寮をご案内することが可能になりました。

広島校から1㎞ほどの距離にあり、徒歩はもちろんのこと、バスも通っておりアクセスは良好です。家具家電付きで入居初日から学習に取り組めます。朝夕の食事付きですので、食事の心配もいりません。
また、管理スタッフが常駐しており、緊急時のサポートも万全です。さらに、フロア別に男性、女性分かれていますので女性の方も安心して入居していただけます。
さらに今回、富士学院生のみの特典もご用意させていただいております。

→動画で寮見学ができる!学生寮の詳しくはこちらから※PDFが開きます。

広島校は、遠方の既卒生でも安心して学習に取り組める環境が整っておりますので、医学部受験を考えていらっしゃる方は富士学院広島校までお気軽にご相談ください。

広島校をご紹介します!

皆さんこんにちは。広島校の花岡です。
富士学院は、少人数制授業や個人指導を行う医学部専門の予備校として、〝教え育む〟教育を実践し、専用食堂や寮設備を完備していますが、ここ広島校では、学院直営校として初となる個人指導専門の医学部進学塾として2020年11月に開校しました。
医学部を目指し将来の良医を目指す一人ひとりの生徒のために、広島の地にしっかりと根を張って、全力で頑張って参ります。

さて、広島校は広島市の中心、基町に校舎があり、電車・アストラムライン・バス、各線からのアクセスも抜群の立地環境にあります。
どの公共交通機関を利用しても駅から徒歩5分かからずに校舎に到着できます。
大通りに面しているのでとても分かりやすいです。


今日は、生徒の皆さんが過ごす校舎の中を詳しく紹介いたします。

【受付・職員席・講師席】
入ってすぐに受付や職員席、講師席があります。こんにちは!と元気に一日のスタートです。
廊下には赤本や参考書を置いている書棚やコピー機もあり、講師の先生方への質問や職員への相談など様々な利用ができる場になっています。また給茶機もありますので勉強の合間にほっと一息休憩もできます。

【個人指導室】
広島校は個人指導専門塾なので授業はもちろん完全マンツーマンです。講師の先生に分からないところをしっかりと聞くことができます。
授業の内容や課題に関しても生徒さん一人一人に合わせて進めていきます。オンライン授業も行っていますので、自宅でも授業を受けることができます。

【自習室】
授業がある日はもちろん、授業がない日でも開校時間内(平日・土曜日は13時~22時、日曜日・祝日は9時~18時)であればいつでも利用することができます。自習をしている生徒はいつも一生懸命、自分の課題と向き合っています。

【チューターによる質問対応】
講師の先生方に加え、広島大学現役医学科の医学部受験を経験した先輩方が駐在しています。効率的な勉強法や分からない問題を教えてもらったり、悩み相談などがいつでもできます。そしてチューターも1人ではなく日替わりで5人来てくれます。チューターの中には、ふるさと枠で合格した人もおりますので、入試制度や面接内容、様々なポイントについても具体的な話を聞くことができます。

【ミーティングルーム・面談室】
面接指導を受けたり、面談をする場所です。

富士学院には医学部専門予備校として開校25年の実績とノウハウが詰まっています。
医学部受験に関するご相談や校舎見学、資料請求など、富士学院広島校までお気軽にお問い合わせください。
皆様のご来校を講師・職員一同、心からお待ちしております。

広島校ブログを開設しました!

広島校教室長の奥田です。

広島校ブログを開設しました。このブログでは富士学院広島校の色々な出来事を各職員から皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、よろしくお願い致します。