生徒一人ひとりの現状や目標に応じた
医学部を目指すための完全個人指導
圧倒的な合格力の秘訣は
『学習環境』『サポート力』

富士学院の冬期講習

冬期の期間はこの一年間で学習した内容の確認やこれまでの総復習を行う絶好の機会です。
弱点補強や、やり残している部分、まだ理解の浅い部分など、新年度に向け今年度中に
習得すべき内容や、また自身のやるべき課題等について、この機会にしっかりと取り組んでいきましょう。
また将来の医学部受験へ向けた様々な準備を行う機会としても冬期講習は活用できます。


中学生の方へ
将来の医学部現役合格を目指し、一歩先んじる。

難関の医学部合格のためには、できるだけ早い段階から“医学部受験の学習環境”の中で
勉強を始めることが合格への大きなアドバンテージとなります。
また医学部を目指す先輩達とふれあう事や、頑張っている生徒達を間近に見ることは
自身の勉強や将来へ向けての大きな意識付けにもなり、医学部現役合格に向けての第一歩を踏み出すことになります。


高1・高2生の方へ
学校の中だけでは経験できない
「医学部受験の学習環境」にできるだけ触れることが
合格を勝ち取るポイント。

苦手科目や苦手分野の克服をはじめ、医学部現役合格へ向け、生徒毎に応じた必要な早期の受験対策は、
医学部合格に向けて間違いなく大きなアドバンテージとなります。
生徒一人ひとりの現状をきちんと把握したうえで、今回の指導の目標・目的を明確にし、生徒毎のカリキュラムを作成します。
生徒一人ひとりの目標達成に向けての具体的な指導を行うことで、限られた冬休み期間を最大限有効に利用します。


高3生・高卒生の方へ
合格を目指し、生徒毎に今やるべき事、
必要な事を具体的に行います。

医学部入試は、本番でいかにして点を取るのかが勝負です。
極論を言えば、事前の偏差値はあくまで参考でしかありません。
入試本番でいかに得点を取るのか!?総合点として合格最低点を1点でも超えれば合格を果たし、
下回れば不合格となります。医学部合格に向け、限られた時間を最大限有効に活用するために、
生徒一人ひとりの現状分析と課題点を明確にし、一人ひとりに応じた必要な具体的な対策を行います。
特に大学との相性を含めた出願先の選定は合否を左右する重要なポイントとなります。
富士学院では出願先選定の相談から大学別の入試直前指導、面接・小論文対策まで行います。
ぜひご相談ください。

学院内はすべて
“医学部受験の学習環境”
この環境の中で勉強を頑張るからこそ
学力+αの力が身に付きます!


-医学部受験の学習環境とは-

  • 医学部受験に精通した講師陣による責任を持った具体的な指導ができる環境。
  • 大学毎の入試情報を含む医学部受験の最新入試情報が取得できる環境。
  • これまで蓄積された様々な医学部入試のデータやノウハウがある環境。
  • 様々な入試情報や入試データを生徒一人ひとりにしっかりと生かせる環境。
  • 生徒全員が医学部を目指す環境で、生徒同士が刺激し合い、切磋琢磨し合える環境。
  • “医学部に行く” “その為に頑張る”という生徒自身の自覚と覚悟を促していける環境。


業界トップクラス!
4段階の厳しい選考基準をクリアした富士学院講師陣

富士学院の指導理念は教育の原点である“教え育む”教育を実践していくことです。この“教え育む”教育を実践していくために富士学院の講師採用基準は業界でもトップクラスの厳しい採用基準を設けています。「高学歴」「有名講師」だから良い先生とは限りません。採用に当たっては出身大学や経歴に関わらず、全ての講師に「書類選考」「筆記試験」「模擬授業」「面接試験」の4段階の選考を設け、学力や指導力のみならず、教育者としてどうなのか、生徒をしっかりと育んでいけるかなどの様々な項目がチェックされ、全てをクリアした講師のみが、富士学院の講師として採用され、大事な生徒の指導を行うことになります。医学部に入るということは「医師」になるということです。生徒自身には”医師になる”という強い自覚と覚悟を持たせ、そのために勉強を頑張るというまさに自覚と覚悟を促していく事が必要です。強制的にやらせても、本人に自覚や覚悟がないと長続きしないし、成果も出てきません。授業外でも生徒の状況に常にアンテナを張り、声掛けを行い、元気と勇気を与えていける責任ある指導。この繰り返しが生徒自ら頑張る「自立」につながります。教え、育む富士学院の講師力、ぜひご体感ください。

4段階の厳しい選考基準をクリアしたプロの講師陣イメージ


職員の「数」や「質」も
業界トップクラス!

生徒一人ひとりを育み、成長に導いていくためには、講師だけではなく職員の数や質も大きな要因となります。富士学院の各校舎にはアルバイトではなく職員として多くの社員が在籍し、職員の「数」や「質」も業界トップクラスだと自負しています。富士学院の職員は教育者としての自覚を持ち、生徒のより良い見本として、また生徒の良き相談相手として、様々な形で生徒一人ひとりを全力でバックアップしています。

教務担当・学務担当イメージ


現役生に大きな刺激を与える医学部受験に特化した学習環境

人は環境で大きく変わります。まずは生徒自身が勉強をしっかりと頑張れる学習環境がとても大事になってきます。その中でも特に大事なのが“医学部受験の学習環境”です。医学部入試は、他学部の入試と違い、医師になる人を選択する試験でもあり、そのために多くの大学では面接や小論文の試験が別途課せられ、合否はその評価を含めた総合判断となります。つまり、医学部入試は学力だけあっても、それがそのまま合格には直結しないということです。難関の医学部合格を勝ち取るためには、できる限り“医学部受験の学習環境”に縁をしていくことが必要であり、その縁は早ければ早いほど大きなアドバンテージを得ることにつながってきます。また富士学院には医学部合格を目指し、少しでも医学部受験の学習環境に触れるため多くの現役生(中学・高校生)が学校帰りや土日を利用して個人指導を受講したり、自学習に来ています。学院内は浪人生達が難関の医学部を目指し必死で勉強しており、その空気感や環境に多く触れる事により様々な刺激を受け、医学部を目指す上での更なる意識の向上や、やる気を高める事にも繋がっています。

学習環境イメージ


学院全体で行う生徒一人ひとりに対するサポート

富士学院の講師・職員は、お預かりした生徒一人ひとりは今後の未来を担う大事な人材であり、社会の宝物だと思っています。その宝物である生徒が、目の前にあるそれぞれの大きな壁を乗り越え、成長していけるよう、学院全体で様々なサポートを行っています。

最新医学部入試情報イメージ


冬期講習受講者は朝から夜の閉館まで
「自習室」を終日利用でき、
空いている講師には質問も可能!

富士学院は全校舎とも主要駅から徒歩数分圏内にあり、日曜日を除く毎日夜22:00まで(日曜日のみ夕方18:00)まで指導を行っていますので、いつでも空いている時間に指導を受けることができます。また、冬期受講期間中は朝から夜の閉館まで学院で勉強することができ、終日自習室を利用することも可能です。また、夜の自習監督の講師や、空いている講師には質問をすることもできますので、自学習の時間を最大限有効的に活用できます。

自習室イメージ


全校舎に学院専用食堂を完備。

遠方の方には近隣の提携ホテル又は専用寮に空きがあれば学院寮に宿泊する事も可能です。いずれも受講期間に合わせて特別料金でご利用いただけます。手続きは全て学院で行うこともできますのでご安心ください。なお、富士学院の全ての校舎には、校舎内又は校舎のすぐ近くに、学院専用食堂を完備しており、専門の栄養士が栄養管理と衛生管理に配慮した美味しい食事を、土日を含めて毎日3食提供しています。冬期講習受講者も、学院専用食堂を利用することができますので、お気軽にお問合せください。

学院専用食堂イメージ


全国の直営校によるネットワークで、
様々なスケールメリットを

全国展開をしている予備校や塾のほとんどは、FC(フランチャイズ)による校舎展開をしていますが、富士学院の校舎は全て直営校として運営しています。それはFCではどうしてもビジネス的要素が大きく絡み、指導理念や教育理念の共有が図りづらいという点と、お預かりした生徒一人ひとりに対し、学院としてしっかりと責任を持って指導を行っていきたいという強い思いがあるからです。直営校の最大の強みは、全国の校舎間連携による様々な情報ネットワークの共有です。全国の最新医学部入試情報を生徒個々の受験指導に活かすことができ、また受験期には地方から東京会場で受験をする際や、その逆のケースの場合にも、生徒は富士学院の各校舎がいつでも利用できます。全国の受験会場最寄りの校舎で自習や質問対応その他、面接指導を含め様々なサポートを無料で受けることができる環境。これも直営校ならではの大きなスケールメリットのひとつだと思います。

最新医学部入試情報イメージ


保護者との連携

冬期講習期間終了後、指導を行った科目等に授業の内容や理解度及び今後について詳しくまとめた授業報告書をご自宅へ送付しています。また、保護者の方からの様々なご質問や気になる点があった際のご相談にも、いつでも対応できる体制を整えており、受講生の保護者の方からは多くの信頼を頂いています。

保護者との連携イメージ


-医学部合格のポイントは-

  • 医学部合格に必要な基本的な学力の習得
  • 正しい自己分析と課題点の克服
  • 最新の大学毎の正しい入試情報の把握
  • 自身と大学との相性を含めた正しい出願先の選定
  • 出願大学の具体的な対策

富士学院の個別指導から見事合格!
合格者からの喜びの声を一部ご紹介します。

鳥取大学医学部医学科合格(一般前期)
Y・T君
個人指導生
自分一人ではなかなか気付かないような加点・減点ポイントを知ることができ、これも勝利の一因となったのではと感じます。

私が現役で落ちた原因にもちろん学力面で足りなかったのもありますが、一つに面接があったと思います。現役の時は面接を少し軽視しており、あまり入念な対策をしてきませんでした。本番の私の回答は前日にパンフレットを眺めたような浅いもので、深くつっこまれても上手く返答できませんでした。
私が富士学院に来た理由の一つとして、この面接恐怖症がありました。学院の面接対策では基本的な質問内容である医師志望理由や、その大学の志望理由といったものから、なかなか出されない変化球的なものまでじっくりと練り上げられました。結果、本番ではスラスラと、少しつっこまれもしましたがその返答をスムーズにすることができ、それも今回の入試の勝因の一つになったと思います。
また、学院の質問対応もしっかりとしており、自分ではなかなかできないような自由英作文などの添削もしてもらえました。それにおいては、自分一人ではなかなか気付かないような加点・減点ポイントを知ることができ、これも勝利の一因となったのではと感じます。
最後に、学院には本当にお世話になりました。ありがとうございました。

昭和大学医学部医学科合格(一般)
K・F君
個人指導生
先生方を信じて頼る大切さというものを学び、更に先生方も私のことを信じてくれたことは、医学部合格に大きく繋がったと思います。

私は富士学院に高校3年の10月頃に入塾しました。入試直前になって少しでも医学部に向けた勉強をしようと思ったからです。授業としてはM先生のみでしたが、その短期間で十分過ぎるほど学べたと思います。例えば模試ではほぼ毎回50点を下回っていた地理が本番のセンターで86点もとれるようになりました。これは地理の知識が無いに等しかった私に一生懸命に教えてくれ、私のことを信じてくれたM先生のおかげです。そして昭和大学の入試の直前に予想していた数学の問題が当日ほぼ同じ形で出た事にも感激しており、非常に感謝しています。
また、受験について分からないことがある時は、すぐに学院のY先生、K先生をはじめとするスタッフに積極的に聞きに行くことで完全に不安は解消されました。先生方を信じて頼る大切さというものを学び、更に先生方も私のことを信じてくれたことは、医学部合格に大きく繋がったと思います。先生方、本当にありがとう!

2018年度合格体験記はこちら→(別ウィンドウが開きます)

保護者の方からも
お喜びの声を多数頂いています。
その一部をご紹介します。

個人指導生
昭和大学医学部医学科一般入試合格(一般)
K・F様(お母様)
富士学院様との出会いは、私達家族にとって生涯忘れることのできない貴重な宝物です。

高校3年の夏が終わり、いよいよセンター試験の足音が聴こえてきた頃、息子は一つの壁に直面していたようでした。英語、数学、物理などの理系科目はある程度目途が立ってきたのに対して、国語・地理といった文系科目、特に地理のセンター試験対策がまとまらない、という悩みです。模試でも得点が取れないまま次第に焦りを感じ始めた10月、富士学院様との出会いがありました。そこから約三ヶ月の濃厚な学習期間、息子は地理の勉強方法を徹底してご指導頂き、学力向上と共に学習の楽しさも感じられるようになったようです。その結果、センター試験本番では苦手な地理を克服することができました。さらに得意科目の英語・数学をより強化できたこともあり、志望校に無事合格することができました。これもひとえに校舎長、御担当のM先生ならびに鹿児島校御一同によるご尽力の賜物と心から感謝申し上げます。高3の秋という直前にもかかわらず息子を受け入れてくださり、彼のモチベーションを最大限に高めつつ数多くの受験テクニックをご教授頂いたこと、また志望校の選択においても細やかな進路相談で的確なご指導をいただいたこと、これら全てが相俟って今回の合格を勝ち取ることができました。富士学院様との出会いは、私達家族にとって生涯忘れることのできない貴重な宝物です。

個人指導生
福岡大学医学部医学科一般入試合格(一般)
M・Y様(お母様)
自習室重視、休日の対応、学校からの利便性などから富士学院に決めました。

三度目の医学部受験でした。ベテランと思われがちでしょうが、上の二人とは離れて暮らしていたので、何もしてあげられませんでした。今から思えば、面倒をみてくれていた年老いた両親にも大きな負担をかけてしまい、後悔した次第です。
学校は当てにはできない。学校の成績が上位でも、合格は勝ち取れない。上の子供達で痛感しました。その事もあり、この子だけはと、現役合格の思いも強く、部活の引退と同時に予備校選びが始まりました。このスタートが良かったと思います。ほっとする間もなく受験勉強に突入し、「絶対に現役で」と心に誓い、自習室重視、休日の対応、学校からの利便性などから富士学院に決めました。見学に行ったその日の午後から自習室通いが始まり、ほぼ毎日、休日は教室が開くのを待って閉塾まで。1日もいやな顔もせず、休みたいと弱音を吐くこともなく通っていました。早朝から学校で自習、放課後は学院での自習や指導。私から見ても「頭おかしくならないかな?」と、心配になるほどでした。壁には、公式はもちろん、目標点数や「絶対合格」などを貼り、モチベーションを保つ工夫をし、行き詰まった時は、先輩の医学部生の受験の体験や学校生活を聞いたりしていたようでした。年齢も近く心強い存在のように感じました。
直前には、模試で思うような結果が出ず「大丈夫かな?」と不安になったり、志望校選択に迷ったり、弱音を吐くこともありました。「今までしてきたことは裏切らないから」といい聞かせ、子供を信じることしかできませんでした。国立の壁は乗り越えられませんでしたが、現役合格できたのは、ひと言で表すなら「努力は裏切らない」これに尽きると思います。
送り迎え、食事や健康管理など大変だね?と、言われますが、私は久しぶり自分一人の時間を持て、色々な事に挑戦し、それを成し遂げられ、とても有意義な1年でした。
これからも、手は放しても目は放さず、子供の夢の実現と成長を見守っていきたいと思います。

保護者からのメッセージはこちら→(別ウィンドウが開きます)


校舎へ通える方には

  • 富士学院は、日曜日を除く毎日夜22:00まで(日曜日のみ夕方18:00まで)指導を行っておりますので、学校帰りや部活帰りにいつでも指導を受けることができます。
  • 授業が無い日でも来院して自学習を行う事ができ、空いている講師には質問も可能です。
  • ご希望により学院食堂もご利用出来ますので、食事の心配は一切いりません。
  • 受験をする大学の最寄りの校舎をいつでも利用でき、自学習や、空いている講師に質問も可能です。

校舎へ通える方イメージ


遠方の方には

  • 各校舎受講期間に合わせて最寄りの提携ホテルや専用寮に宿泊することが可能です。宿泊手続きは学院ですべて行うこともできますのでご安心ください。
  • 受講期間中は、朝から夜の閉館まで学院で勉強する事が出来、終日自習室も利用する事が出来ます。また空いている講師には質問も可能です。
  • ご希望により学院食堂もご利用出来ますので、食事の心配は一切いりません。
  • 受験をする大学の最寄りの校舎をいつでも利用でき、自学習や、空いている講師に質問も可能です。

遠方の方イメージ


受講開始までの流れ

1
状況について・ヒアリング
まずはお電話又はご面談にて、現在の状況についてお聞かせください。メールでのご相談もかまいません。ご面談の際は直近の成績や模試結果などご持参ください。なお、入試直前などで対策をお急ぎの方は直接各校舎にお電話いただけましたら柔軟に対応いたします。

2
ご提案
ご本人の現状を把握し、ご要望や条件などを踏まえ、必要に応じた指導コマ数及び授業時間(70分・100分)や期間などについてご提案いたします。
※ケースにより学習状況把握のテストを受けていただく場合があります。

3
入学意思の確認・お申込手続き
十分なご検討の上、入学となりましたら、ご自宅に「入学願書」と「受講規約」をお送りします。到着しましたら、学院宛にご郵送又はご持参ください。
※宿泊の手配を学院で行うことも可能です。

4
講師選定
指導科目やコマ数、指導の目的、生徒の成績状況などを基に、講師の選定を進めていきます。

5
初回授業日確認
講師が決定しましたら、ご自宅に「時間割」と「指導料明細書」「お振り込み用紙」を送付します。時間割の初回授業日に合わせて、いよいよ授業開始です。

6
オリエンテーション・初回授業開始
初回授業当日、施設案内のほか、担当講師や教務担当を交え、今回の指導の目的、目標の共有を図るためのオリエンテーションを行い、指導を開始します。

7
進捗状況確認
指導期間中も授業の進捗状況など、担当講師と職員が連携をとり、細かく確認しながら指導を進めていきます。また指導の途中でご不明な点や相談したいことなど、担当職員にご連絡ください。

8
授業報告書送付
科目毎の授業報告書をお届けいたします。報告書では受講内容や状況、理解度、今後の指導方針などを詳しく掲載しており、保護者の方からは「授業報告書が楽しみです」とのお声を頂いています。


Q&A

Q
指導する講師の先生はどのような方ですか?
A.
富士学院の厳しい採用試験をクリアした講師で、医学部受験に精通したプロの講師が、責任を持って指導しています。指導経験が少ない学生アルバイトは、原則として採用していません。生徒一人ひとりの状況をきちんと把握し、生徒の学力を上げる為、目標を叶える為にはどうしたらよいかを生徒目線でしっかりと考え、具体的な指導が出来る富士学院自慢の講師陣です。
Q
経験豊富なプロの講師とありますが、採用基準について教えてください。
A.
富士学院講師の採用は業界トップクラスの厳しい選考基準を設けています。選考方法は「書類選考」・「筆記試験」・「模擬授業」・「面接試験」の4段階あり、すべての条件をクリアし生徒目線で指導ができ、教育者としての自覚を持った講師のみが在籍し、指導を行います。さらに一人の講師に指導を丸投げせず、講師・職員間の細かなチームとしての連携を含め、学院として責任を持って指導を行っています。また、学院職員の採用には2段階の面接試験があり、いずれも高いスキルと教育者としての自覚と覚悟が求められ、学院理念の下、生徒目線で生徒と共に成長できる事が採用条件となります。
Q
講師との相性が合わない場合、代えて頂くことはできますか?
A.
授業をスタートする前に生徒の現状に合わせて講師を選択し、講師を含めたオリエンテーションを行った後に授業をスタートさせますので、相性が合わないケースはそう多くはありませんが、どうしても相性が合わない場合には、講師と教務スタッフ、校舎長と連携をとりながら指導途中でも講師の交代を速やかに行います。また、その場合には講師間で引き継ぎをきちんと行いますのでご安心ください。
Q
個別指導の授業時間は何分ですか?また受講期間などの制限はありますか?
A.
受講にあたり最低限の受講コマ数や受講期間は設けておりません。授業時間は平日・土曜・祝日は9:00〜22:00、日曜日は9:00〜18:00の間で1コマ70分、100分授業から選択・調整を行います。 ご希望に合わせて「1コマだけ」、「1科目だけ」、「1日だけ」の受講も可能です。曜日や時間帯についても、ご希望を承った上で日時調整をしておりますので、お気軽にご相談ください。
Q
合格実績について教えてください
A.
富士学院では、開校23年の実績として、これまでに延べ1,557名を医学部医学科に送り出してきました。2018年度の合格実績では延べ244名(前年比118%)、医学部医学科進学者実数で164名を医学部医学科へと輩出しています。選抜制をとらずに“医師になりたい”と願う生徒を分け隔てなく受け入れてきた中で、生徒の「自覚」と「覚悟」を促しながら、ここまで合格実績を伸ばしてきました。中には偏差値30台から医学部に合格した生徒や10浪の生徒の合格、医学部を退学になった再受験生の合格、また国公立医学部に一年で行きたいと大手予備校の特待を蹴って富士学院に入学し、見事一年で国公立合格を果たした生徒など、富士学院ならではのすばらしい結果がたくさん生まれています。
Q
国公立医学部の合格実績について教えてください。
A.
2018年度国公立医学部医学科の合格実績は東京大学理科三類の合格者をはじめ、国公立専願者28名中25名合格(合格率89%)と、過去最高の合格実績を出すことができました。また2017年度合格実績では京都大学をはじめ国公立医学部医学科専願者20名中17名合格(合格率85%)、2016年度合格実績では専願者12名中10名合格(合格率83.3%)、2015・2014年度ではそれぞれ8名が合格を果たしました。まだまだ国公立医学部医学科の受講生が少ない中、2013年度の合格実績では4名中3名が合格を果たし、2017、2016年度は、国公立医学部医学科専願者に対して、共に80%を超える合格率、そして2018年度はついに90%の大台に乗る勢いで合格者を輩出できています。受講者が少ない分、合格者の数はまだまだ少ないですが、この合格率は私共の大きな誇りであり、今後は更に国公立医学部の合格に力を入れ、受講生も増やしていきたいと思っています。
富士学院の合格実績について
Q
学院専用食堂はアレルギー持ちでも大丈夫ですか?
A.
はい、アレルギーへの配慮は徹底して行っています。また食事チェックシートも用意しておりますので、最近食欲がない生徒などメンタル面のフォローも行っています。
Q
冬期講習のカリキュラムとコース、料金体系はどうなりますか?
A.
コースは集団授業ではなく完全個人指導となります。一人ひとりやるべき対策は違いますので期間、科目、回数等については各生徒の状況や学校のスケジュールに合わせて時間割を組みます。各校舎毎のプロ講師が生徒一人ひとりの目的や理解度に合わせてきめ細かく指導し、学力向上を図ります。また受講科目も1教科から全教科まで、受講期間もそれぞれ自由に選べますので、教科別弱点補強や、志望校別の傾向対策など、個人に合わせた学習プランでカリキュラムを作成できます。そのため事前に生徒の学力や現状を把握する為に、職員が面談を行い、ご希望や条件などを踏まえたうえでご本人の現状に合わせた受講科目や授業数をご提案いたします。料金につきましては受講科目や期間によっても違いますので、まずは最寄りの校舎にご相談ください。
Q
問い合わせをした場合、強引な営業や勧誘などはありませんか?
A.
そのような行為は一切ありませんのでご安心ください。どこの予備校・塾に行くのかは、ご本人にとって、また保護者にとって、とても大事な選択となります。その選択肢の一つとして、富士学院をしっかり理解して頂く為にぜひ詳しい説明を聞いてもらいたいと思っています。そしてその上でご本人と保護者の方が判断をされるべきで、そういう意味でも是非、ご自身の目で実際の富士学院をご覧頂きたいと思います。

さあ、
あなたも医学部受験の学習環境で
冬休みを最大限に活用し、
合格への第一歩を踏み出そう!

東京校:0120-01-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
名古屋校:0120-9816-33
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
岡山校:0120-9179-00
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
小倉校:0120-08-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
福岡校:0120-5251-22
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

ページトップ