合格の歓びを分かち合えることは、私たちの1番の励み

岡山校教務課の澤本です。

校舎には、来年度に向けて新たな挑戦を開始する生徒たちが集ってきています。
この時期は、自分を見つめ直す意味で、一年間の振り返りをする人が多いのではないでしょうか。この一年で成長したところ、まだまだ伸ばせるはずだったところ等あると思います。皆さんのこの一年間はどのような一年だったでしょうか。自分を褒められるところよりも反省点の方が多い…と感じている方もいるかもしれませんが、もし今その事を自覚しているのであれば、来年は成長の多い年にできるはずです。

富士学院の職員・講師も毎年全力で生徒のために頑張っています。そして節目節目でしっかりと自分を見つめ直し、自分自身の成長に繋げています。お互いに自分の目標を明確にして新年度を迎えていきましょう。

新しい生徒を迎える出会いが続きます。その一方で、合格を決めて学院から旅立つ姿を見送る時期でもあります。生徒それぞれのこれからの成長に期待するとともに、医師となった姿を思い描くと楽しみになります。医学部合格を決め、生徒と保護者の方にご来院頂いて歓びの声を伝えてくださることも多く、合格の歓びを分かち合えることは私たちの1番の励みです。

これからもたくさんの生徒が目標を達成できるよう、学院全員で支えていきます。

たくさんのドラマが生まれ、そこにまた携われる喜び

3月も後半となり、暖かな日もあれば、寒い日もあり、体温調節が難しい時期ですね。年度末は、いろいろと忙しい時期だと思います。しっかり睡眠はとり、体調管理を怠らず日々お過ごしください。

この時期、富士学院の寮は合格を決め退寮する生徒と、新しく入寮する生徒でピークを迎えます。合格を決め退寮した生徒の部屋は、これまで必死で頑張り栄冠を勝ち取った努力の跡やその想いがひしひしと感じられ、改めてその生徒が学院で日々頑張っていた姿を思い出します。そして生徒が居なくなった部屋を見ると、合格を決めてくれて嬉しい反面、少し寂しくも感じます。

生徒と共に受験を闘い抜いた部屋の机や椅子、壁の張り紙なども今は闘いを終え、静かに休んでいるようです。

生徒が退寮した部屋では、そんな机や椅子に対し、『合格を支えてくれてありがとう』の感謝の気持ちを込めて、ひとつひとつ丁寧に清掃しています。そして新年度に向けて、『また今年も宜しくお願いします』との想いを込めて、一部屋一部屋、新しい生徒を迎え入れる準備をしています。

また今年も、ここからたくさんのドラマが生まれ、たくさんの喜びが生まれていく事だと思います。そこにまた、携われる事に喜びを感じて…

3月の富士学院

こんにちは。岡山校の澤本です。
3月も半ばにさしかかり、日中は温かく感じる日も増えはじめ春の訪れを感じます。
さて国公立大学の前期試験の発表も終わり、岡山校では合格を勝ち取り大学入学へ向けての準備を進めている生徒、補欠繰り上がりを待ちながら机に向かって勉強する生徒、そして来年度の入試に目標を定めてスタートを切っている生徒など、様々な生徒が過ごしています。

後期試験を残す国公立大学や私立大学もまだ残っており、まだまだ受験は終わっていません。後期試験を控える生徒は最後の最後まで諦めることなく努力し続けて下さい。後期試験は確かに難関ですが、最後まで努力した人が合格を勝ち取っています。たとえそれが不本意な結果になったとしても、そこで培った力は必ず次に繋がります。最後まで諦めることなく頑張って下さい。

また、今年の受験が終わった生徒は、今年の自分に何が足りなかったのかをしっかりと振り返り、各教科の先生方と学習面談を行っています。そして今やるべきことを明確にしながら来年度の受験に向けて取り組み始めています。気持ちをいち早く切り替えて一日でも早くスタートを切ることが大切です。

最後に、合格を勝ち取った皆さん本当におめでとうございます!これまでの努力が報われて本当に嬉しく思います。
悔しい思いをした生徒はこの気持ちをバネに来年こそは合格を勝ち取って下さい。