大学を休学し、意を決し富士学院へ。最後まで諦めずに勝ち取った後期最終合格!

岡山校の藤井です。今年度の受験も残すは国公立後期の合格発表を残すのみとなりました。見事最終合格を勝ち取った生徒、補欠の繰り上がりを待つ生徒、そして来年度こそは合格を!と新たな気持ちでスタートを切る生徒など、それぞれの思いを胸にこの時期を過ごされていることと思います。

さて、今回は岡山校の講師及び職員全員が嬉しかった合格事例の1つをご紹介したいと思います。歯学部を休学して1年という条件での再受験で、見事金沢医科大学一般後期試験に最終合格したAさんの紹介です。

【Aさんの合格事例】
Aさんは3年間の大手予備校での受験生活を終え、某大学の歯学部に進学しました。しかしやはり医学部合格の夢を諦めきれず、大学を休学し富士学院に入学してくれました。但し、1年という期限付きの入学であること、仮に医学部に合格することが出来なければ大学に復学する予定という条件のもと、ここからAさんの富士学院での受験生活が始まりました。
ゼミ生は入学後すぐ、昨年の『生活状況』『各科目の学習状況』をシートに記入し、しっかり振り返りを行います。その後、各科目の講師と面談し、昨年の反省点を活かしながら今後の方針を相談していきます。

Aさんは振り返りの中で『わからない所をそのままにしない』という反省がありました。富士学院に入学したのも『一人一人に合った課題をもらえるので、自分の抜けている部分を埋められると思ったから。』という理由でした。その点を重視しながら自分のやるべき事をしっかり見据えてゼミがスタートしました。

また富士学院では30項目以上に及ぶ『面接ノート』を記入しています。ノートには『なぜ医師を目指すのか』『自分は医師に向いていると思うか』等、様々な質問事項があり、このノートに書き込むことで客観的に自分の現状と向き合うこともでき、目指す医師像を明確にしていきます。また実際の面接指導を通して、医師になる自覚を促し、受験勉強を乗り切るための『自ら頑張る力』を付けていきます。Aさんも早い時期からこの力を付けていきました。
6月にはチーム会議を行い、各科目の担当講師より率直な意見、指導を受けます。この会議で自分の現状を把握し、涙していたAさんを思い出します。しかしこのことがきっかけで、また気を引き締めて頑張る気持ちが湧き出ていました。
またAさんより「毎年夏までは頑張れるが、秋になるとモチベーションが下がってしまう。」という相談を事前に受けていました。やはりその傾向が表れた時期があり、講師の先生方、教務職員、岡山校全体で情報共有し、叱咤激励をする日々も懐かしく思い出されます。

いよいよ本格体な受験シーズンが始まり、受験校は国公立大学と私立大学の併願で決定しました。しかしセンター試験でも思う結果が出ず、私立大学も不合格の結果が続きました。しかしAさんは持ち前の明るさと元気さで、暗い表情を見せる事はありませんでした。プレッシャーとの闘いでしたが、毎日学院で勉強を続け、笑顔で踏ん張りながら受験を乗り越えていきました。
しかしながら国公立大学に不合格し、私立大学の前期試験もすべて不合格となり、残すは金沢医科大学一般後期試験に望みを託すことになりました。
ご存じの通り、私立大学の後期試験は本当にかなり狭き門となります。特に金沢医科大学は昨年度の実質倍率がなんと108倍、それでも最後の最後まで諦めないで勉強を続けました。

その結果、金沢医科大学の後期試験の1次合格をいただきました。本当に首の皮1枚繋がった状況で、2次試験までは講師や職員の前で、自分の思いを言葉にする練習をしっかり行いました。ただ聞かれた質問に答えるのではなく、自分の熱意を伝える事を念頭に置いて準備する日々でした。顔出しに来てくれていた学院OBにも医学生としての心得をしっかり聞き参考にしていました。

そして迎えた最終合格発表の日、『合格しました!』との嬉しい報告が!その瞬間、学院の講師、職員全員で思わず『やった!』との歓声が沸き上がりました。本人の明るく弾けた笑顔は、心に残るとても印象的な笑顔でした。心の折れる日々もありましたが、内面的にもとても成長できた1年だったのではないかと思います。
良医に向けての第1歩を踏み出したばかりですが、『熱意』『感謝』の気持ちを忘れずに成長してくれる事を心から願い、今後の活躍を期待しています。
富士学院ではこれからも一人でも多くの生徒を、講師及び職員全員で応援していきます。

合格の歓びを分かち合えることは、私たちの1番の励み

岡山校教務課の槙野です。

校舎には、国公立・私立大学の前期日程も終わり、後期の結果を待つ生徒や、来年度に向けて新たな挑戦を開始する生徒たちがいます。この時期は皆がそれぞれの気持ちを持って集まっています。

この時期は、自分を見つめ直す意味で、一年間の振り返りをする人が多いのではないでしょうか。この一年で成長したところ、まだまだ伸ばせるはずだったところ等あると思います。皆さんのこの一年間はどのような一年だったでしょうか。自分を褒められるところよりも反省点の方が多い…と感じている方もいるかもしれませんが、もし今その事を自覚しているのであれば、来年は成長の多い年にできるはずです。

富士学院の職員・講師も毎年全力で生徒のために頑張っています。そして節目節目でしっかりと自分を見つめ直し、自分自身の成長に繋げています。お互いに自分の目標を明確にして新年度を迎えていきましょう。

新しい生徒を迎える出会いが続きます。その一方で、合格を決めて学院から旅立つ姿を見送る時期でもあります。生徒それぞれのこれからの成長に期待するとともに、医師となった姿を思い描くと楽しみになります。医学部合格を決め、生徒と保護者の方にご来院頂いて歓びの声を伝えてくださることも多く、合格の歓びを分かち合えることは私たちの1番の励みです。

これからもたくさんの生徒が目標を達成できるよう、学院全員で支えていきます。

受験は個人戦ではなく団体戦

こんにちは。岡山校教務課の太田です。
現在、連日の後期試験に臨んでいる生徒の中で去年の今頃思ったような結果が出ず、自分の殻に閉じこもりがちになっている生徒がいました。後期試験にも出願せず、会話も少なくなり自信を無くしとても心配していましたが、1年間授業を教えてくださっていた先生方、そして教務職員が声かけやアドバイスを行い、「何が自分に足りなかったのか、どうしたらその点を補うことができるのか」などを一緒に考える時間を持つことで、自分だけでは気付けなかったミスや後ろ向きに考えがちな癖などを見つけることができました。
そういった時間を持つ事で少しずつ前を向けるようになり、本来の明るさを取り戻していきました。それ以降、いつにも増して勉強に取り組むようになり、授業と個人学習にとても集中して取り組みめきめきと成績を伸ばし、そして精神面でも強くなった状態で今年の入試を迎えることができました。
受験に向かう姿も去年とは全く違い、今年の受験において良い結果が出ない大学があったとしても、後ろを向くことなくただ前だけを向いて勉強をしている姿をよく目にしました。その姿に職員も安心すると共にできる限りのサポートができるよう、こまめに連絡を取り合い、「受験は個人戦ではなく団体戦」という認識で一緒に合格に向かって取り組んでいます。第一志望の大学の結果発表を心待ちにしながらも、最後の最後まで頑張り続ける生徒を職員一丸となってサポートして参ります。

富士ゼミ(高卒生対象、男女別専用寮・専用食堂完備※通学可)
入試直前指導(高3生・高卒生対象※受験前日まで個別に対応)
個人指導(中学生・高校生※1科目1コマからいつでもスタート)