『鹿児島大学医学部特別講義』を開催しました!

校舎長の黒木です。

9/25(日)は、鹿児島大学医学科の外科医である蔵原先生をお招きしての特別講義を開催しました。
高校からのご紹介で20名、高校教諭8名など、約90名のご参加をいただきました。

全体会後の個別相談も多く、参加者と共に日常をより良く、受験への取り組みをより良くする為の時間にできたと思います。

皆様からいただいた感想文も前向きなもので、今回の特別講義を通して、元気と勇気、希望の光を見出していただけたと確信しております。
これが継続されるよう日常のサポートを大切にして、次なる特別講義も準備します。

生徒たちが主体性を持って取り組める為に、色々なサポートを提供できるように、私たちこそ自分たちの成長にこだわり、地域の皆様からのお力添えをいただきながら取り組んでまいりたいと思います。
ご参加された皆様、蔵原先生、心より感謝申し上げます。有難うございました!

9月に入り、学校推薦選抜に向けて、志望理由書、自己推薦書などの準備をスタートしております。
志望理由書や自己推薦書、面接対策(勉強会)、小論文対策、そして出願校選定など、合格率を上げる方法は多種多様で、準備すればするほど成果が出ると考えております。

11月には、第2回医学部実力模試を実施します。
受験経験だけでなく、「出願校選定・志望理由書・自己推薦書・面接・小論文」といった総合的に具体的なサポートを差し上げることにも繋がりますので、皆様の受験を心よりお待ちしております。

【鹿児島校イベント一覧】
10/2 国公立医学部(推薦・一般)合格セミナー&面接指導
11/6 第二回医学部実力模試
11/13 医学部を目指す為の面接対策セミナー&面接指導
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

学校型推薦選抜に向けて!

校舎長の黒木です。

9/4(日)、当校舎にて、現役生を対象にした解説授業(ゼミ生は通常授業で実施)と受験生一人ひとりに成績個表の返却面談を行いました。130名を超える受験をいただきまして、この日も40名を超える受験生が解説授業を受講してくれました。年々、鹿児島県と宮崎県の高等学校からのお申込みが増えており、模試の受験、解説授業ともに緊張感のあるものになっています。特に重要だった問題の解説授業や質疑応答の時間で理解を深めることができていれば幸いです。また、成績個表を一人ひとりに返却する時間では、「今の立ち位置」、「今後の取り組み」、「志望校の情報」などについてご説明を差し上げています。11月に実施の第2回医学部実力模試の結果も踏まえて、受験生の皆さんにとって適切な受験校(国公立・私立医学科)の提案をはじめとして、1つでも多くの具体的なサポートを提供できるように心を込めて対応させていただきます。
 また国公立・私立医学科ともに学校推薦型選抜の出願の準備を始めました。一般選抜を見据えた上で、学校型推薦選抜直前の約二ヶ月で効果的な対策に取り組んでまいります。高等学校へ提出する志望理由書や出願準備のサポートは、校舎全体へ良い緊張感をもたらしてくれます。それらは、授業や質問学習、自学習にと1日1日コツコツと真面目に取り組んでくれている生徒たちの集中力を高めることにも繋がります。一人ひとりの思いや頑張りが、結果に繋がるようにと心を込めて、教職員一丸となってサポート致します。
 9/25(日)には、「鹿児島大学医学部特別講義」を開催しますし、9/30(金)は、鹿児島県と宮崎県の中学校・高等学校の教職員にご参加いただく「医学部入試研究会」、10/1(土)「ゼミ生自立講座」、10/2(日)「国公立医学部合格セミナー」、10/6(木)には鹿児島県立川内高等学校で「進路講演会」など、日々の教科指導や面接・小論文指導だけでなく、最新の情報提供や「自覚や覚悟」、「志」を高めることに繋がる機会を提供できるように努めます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

医学部実力模試&高校校内セミナーを開催しました。

校舎長の黒木です。

7/30(土)にゼミ生(既卒生)、31(日)に現役生(高校2・3年生)が、「第1回医学部実力模試」を受験しました。鹿児島校に在籍しているゼミ生、現役生にくわえて、鹿児島県、宮崎県の高校15校から70名を超える受験申し込みをいただいております。

9/4(日)には、現役生を対象にした解説授業(ゼミ生は通常授業で実施)を行い、受験生一人ひとりに成績個表の返却面談を行います。医学科志願者の中で自分の立ち位置を正確に把握することは、課題点の明確化に繋がります。また成績データと比較し、合格までの距離感を把握できることも魅力です。独自の成績資料や採点講評も交えて、受験生一人ひとりに具体的な取り組みのご提案を差し上げると共に、「まだまだこれから!最後までがんばるぞ!」といった「元気と勇気と希望の光」を提供できるように、心を込めて面談致します。(受験されるゼミ生、現役生、模試生の全員に行います。)

また、7/21(木)鹿児島県立加世田高等学校、7/25(月)鹿児島実業高等学校、8/2(火)れいめい中学校・高等学校、8/3(水)聖心ウルスラ学園、8/4(木)尚志館高等学校、8/5(金)宮崎県立宮崎西高等学校にて、「校内セミナー」を開催しました。

当学院校舎統括本部長の村田より、昨年度の国公立・私立医学部入試の総括、医学部入試の現状、合格のためのポイント、合否に大きく影響する面接や小論文の対策、現役生には大きなチャンスとなる学校型推薦選抜について、成績開示など具体的なデータを用いてお話しをしました。医学部セミナー、医学部面接セミナー、進路講演会や教育講演会など、様々な形での開催が増えており、心より感謝申し上げます。参加された皆様にとって有意義なお時間を提供できておりましたら幸いです。

加世田高等学校、鹿児島実業高等学校、れいめい中学校・高等学校、聖心ウルスラ学園、尚志館高等学校、宮崎西高等学校の皆様、有難うございました。

ゼミ生、現役生は、夏期講習中です。
今必要な対策を個人指導と自学習、質問対応の時間を通して徹底的に取り組んでいます。
暑い日が続いておりますので、今一度体調管理はじめ、正しい生活リズム、そして学習リズムへと繋げていけるように、教職員一丸となってサポート致します。

【鹿児島校イベント一覧】
9/18 私立医学部(推薦・一般)合格セミナー&面接指導
11/6 第二回医学部実力模試
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

「リフレッシュタイム!」

こんにちは、教務課の野村です。

4月の開講式から3ヶ月が経ちました。
ゼミ生は、朝早くから夜遅くまで目標に向けて頑張っていますが、
授業後の課題や週テスト、模試等が続く日々で少し勉強疲れが出てきている生徒もいました。

そんな毎日を過ごしている生徒のために、
今回鹿児島校では3年ぶりの開催となる「リフレッシュタイム」を実施しました!
「リフレッシュタイム」とは、勉強漬けの毎日の中で生徒一人ひとりにとって、
気分転換を図ると共に生徒同士・教職員がコミュニケーションを深めていく場としています。

今回は、鹿児島駅前の「かんまちあ」が会場でした。
しっかりストレッチを入念にした後、サッカーやバレーボール、リレーをしました!
サッカーから始まり、久しぶりの運動だったのか最初は静かな雰囲気でしたが、段々と白熱していきゴールを決めた時には生徒同士ハイタッチをする姿も見られて、普段見られない姿を見ることができました。

終了後は、学院に戻って自学習をしたり、
気分転換に外出したり、各自自由行動でゆっくりした数時間を過ごせたと思います。

また次回のリフレッシュタイムも楽しみにしている生徒が多かったので、
生徒の皆さんが気分転換できるようなリフレッシュタイムを企画していきたいです!
これからも勉強以外でも、日常生活を通して生徒一人ひとりをしっかりサポートしていきます!

【鹿児島校イベント一覧】
7/17 福岡大学医学部入試説明会
7/24 久留米大学医学部入試説明会及び特別講義
7/31 第一回医学部実力模試
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

卒院生が来院しました!

鹿児島校の山下です。

多くのOB、OGが、帰省する際に校舎に顔を出してくれます。

高校生の頃やゼミ生だった頃を思い出して、懐かしい気持ちになります。

富士学院鹿児島校で学べたこと、気付けたことが今の彼らを支えているといったお話を聞くと

何とも言えない嬉しい気持ちでいっぱいになります。忙しい中、いつも立ち寄ってくれて感謝!

そして、医学科合格に向けて頑張る同期や後輩たちへ心からの激励をしてくれて、感謝です!

今月からゼミ生は、「生徒・教科担当・担任・教務担当・校舎長」が一堂に会し、これまでの取り組みを振り返り、成果や弱点を共有して、科目間の指導バランスや課題の調整などを行うためにチーム会議を開催しております。そして、「チーム」として、常に生徒の状況を把握し、合格に向けて必要なことをチーム一丸となって取り組んでまいります。

現役生は、実力テストや全国模試の結果をもとに、6月、7月で個別面談を行います。

「教務担当と校舎長」との個別面談を通して、現状の共有をして、正しい自己分析に繋げます。

「志望校」、「短期目標」、「生活リズム」、「学習計画とバランス」などについて、「より良い」これからを過ごせるように取り組んでまいります。

私たちは、その都度生徒に寄り添い、向き合い、温かくも高い基準で教え、育むことを大切にしております。日頃から小まめな声掛けや面談を通して、正しい生活リズムを土台とした正しい学習リズムを構築できるように、全力でのサポートを心掛けております。

学習面では、完全個別指導の緊張感の中で高校進度の補強や苦手科目克服など、お子様の状況に応じた指導を提供致します。授業が無い日や週末の自習室での自学習の質を上げるための「質問できる環境」も整っております。受講をしていない科目の質問や学習相談まで、指導課の講師や鹿児島大学医学科のOBやOGが心を込めて対応しております。

学校での取り組みがより良くなるように、そして志望校合格を果たせるようにとの思いで、

今後も出来得る応援を全力で提供できるよう校舎一丸となって取り組んでまいります。

7月には、「入試説明会」や「医学部現役合格を目指すための生徒・保護者セミナー」を

開催致します。毎年、鹿児島県、宮崎県から多くのご参加をいただいております。定員には限りがございますので、ご希望の方はお早めにお申し込みをくださいますようお願い申し上げます。

校内セミナー開催!

校舎長の黒木です。
富士学院では、中学校・高等学校からのご依頼を受けて、医学部を目指す中学生・高校生や保護者・教職員の皆様を対象とした医学部合格のための「校内医学部入試セミナー」を実施しております。全国の多くの高等学校で実施しており、教育講演会や進学講演会としてのご依頼も増えております。鹿児島県、宮崎県におきましても、ご依頼が増えており、生徒一人ひとりに「自覚」や「覚悟」を促し、受験や進路についての様々な意識づけを行うことを目的として実施しております。

今年3月には宮崎西高等学校にて、医学科進学を志望する高校生を対象に「医学部入試セミナー」、5月には日向学院高等学校にて、医学部入試情報や合格のポイントを参考にしながら、何のために学ぶのかについて考えてもらう「進学講演会」を実施しました。

ご参加くださった皆様からは、アンケートで丁寧なメッセージをいただきました。
アンケート用紙にビッシリと書かれたものの中から、一部をご紹介致します。

「高校生になり、大学入試が心配でしたが、今回の講演会で勇気が湧きました。
私でも大学に合格して、夢を実現できるかもしれないと希望を持てました。感謝・素直・自立を大切に毎日頑張っていこうと思いました。」(高校1年生)

「勉強の意義や目的を実感できないことが悩みだが、今回の講演会で紹介された将来の就職、即ち希望のある未来も考慮に入れるという方法が、勉強意欲の維持に繋がり得ると気づき、視界が少し開けた心地がした。何気ない毎日における態度が、将来の自分を形づくるのだと気づいた。」(高校2年生)

「自分が本気になれば、周囲が本気で応援してくれる。という言葉を聞いて、中途半端な自分を変えたいと思いました。今の自分の行動や心構えが将来の世界を変えるということを心にとめて、感謝・素直・自立の面で成長していきたいです。」(高校3年生)

「医学部入試の現状について、具体的なデータに基づいて知ることができて、勉強になりました。多角的な視点を持って、机上の勉強のみならず、周囲との交わりの中で知識を構築していくことの大切さについて、生徒も理解できたのではないかと思います。ありがとうございました。」(教職員)

「みんなの成長を待っている数十万人の人がいる。という言葉が心に残りました。生徒たちの大きなモチベーションアップに繋がったと思います。聖書の一部にも「魂に火をつける」という意味合いの言葉があります。あらためて、内面からの動きの重要さに気づかされました。1つ1つへの熱い思いの込もったお話しをありがとうござました。」(教職員)

元気と勇気と希望の光を提供できるようにと心から願い、今後も地域の中学校・高等学校の皆様のお力添えをいただきながら開催してまいります。

【鹿児島校今後のイベント】
7/31 第一回医学部実力模試
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。オンラインによる面談、ゼミ個人指導、転塾や再受験のご相談も随時受け付けております。

富士ゼミ開講式

校舎長の黒木です。

4月17日(日)に「富士ゼミ開講式」を行いました。
医師になる覚悟を持ち、医学部合格というスタートをきるために富士学院を選んだ生徒たちと、全力でサポートする講師・職員が集い、この1年にかける思いを分かち合い、互いに覚悟する時間です。生徒一人ひとりから決意表明の時間がありましたが、明るく前向きで、楽しい話を交えながら大変盛り上がりました。あらためて、『大変な1年』、だからこそ『楽しみな1年』のはじまりの日となりました。私たち教職員も生徒たちも、感謝と謙虚の心を大切にして、お互いに「お陰様で」と言える毎日を過ごしたいと思います。

生徒たちの決意表明の一部をご紹介致します。

「家族と富士学院の環境に感謝して頑張ります。」
「認知症の専門医になるために、全力で頑張ります。」
「毎日同じものを着て、判断する機会を減らし、学習に没頭します。」
「昨年は成長できた1年でしたが、今年は納得のいく1年にします。」
「この1年が私の人生にとって、必要であったと言えるように頑張ります。」
「人間は死ぬ気で頑張っても死なないと聞きました。死ぬ気で頑張ります。」

何があってもあきらめない!
鹿児島校、全員合格に向けて開講しました。
今年度も教職員一同、生徒と保護者様の為に、全力で頑張ります。

今年度もよろしくお願い申し上げます。

※校舎内でのマスク着用、検温、手洗いやうがいの励行、手指消毒・机・椅子・ドアノブ・
エレベーターボタン等の消毒(90分おき)、靴裏消毒などの感染症対策を行っています。

医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。オンラインによる面談、ゼミ個人指導、転塾や再受験のご相談も随時受け付けております。

鹿児島校です!

校舎長の黒木です。

新年度選抜に向けて、3月21日(月)に春期講習を開講しております。
今年出題された問題を通して、生徒毎に今年度入試の総括を行い、一人ひとりの現状分析と今後に向けての課題や目標を明確にします。朝8時30分までに来院して閉館22時までの間、春期講習・個人指導・自学習・質問学習・講師や教務職員との面談(学習相談)など多忙な毎日を積み重ねてくれています。

私たちは、常に生徒目線で教え、育むことを大切にしており、小まめな声掛けや面談を通して、その都度生徒に関わり、寄り添い、向き合います。そして生徒の自立と自覚を促し、正しい生活リズムを土台とした正しい学習リズムを構築して、医学部合格へと向かいます。また、私たちはチーム一丸となってのサポートを心掛けております。毎日の校舎朝礼や職員会議において、生徒一人ひとりの状況を共有することで、指導課・教務課が一貫性と連続性のあるサポートを提供できるように努めています。

お陰様で、今年も学校推薦型選抜で鹿児島大学4名、宮﨑大学、久留米大学、福岡大学、一般選抜では、鹿児島大学、久留米大学、福岡大学、川崎医科大学3名、愛知医科大学、藤田医科大学3名、兵庫医科大学、近畿大学、帝京大学、杏林大学、順天堂大学、金沢医科大学と合格を勝ち取ってくれております。

生徒の頑張り、保護者の皆様からのサポートを医学科合格へと繋げていけるように、チーム一丸となって全力で頑張ります。

ゼミ(既卒生対象)は、定員が迫っておりますし、個人指導につきましても、指導枠に限りがございますので、入学をご検討の方は、お早めにお問合せくださいますようお願い申し上げます。

鹿児島大学医学科合格!

教務課の長井です。

学校型推薦選抜で鹿児島大学4名、宮﨑大学、久留米大学、福岡大学、一般選抜では、鹿児島大学、久留米大学、福岡大学、川崎医科大学3名、
愛知医科大学、藤田医科大学3名、兵庫医科大学、近畿大学、帝京大学、杏林大学、順天堂大学、金沢医科大学と合格を勝ち取ってくれております。

鹿児島大学一般前期で合格を果たしてくれたMさん。大手予備校で2年がんばられてのご入学でした。国公立二次試験をはじめとした記述力と面接に不安を抱えながらも、いつも笑顔で1日1日を一生懸命に頑張ってくれました。講師席で毎日奮闘する姿が思い出されます。そして面接は、私立入試から何度も校舎長と対策していましたね。校舎長とのやり取りの中で、「お~!」と声を出して、色々な気づきに溢れんばかりの笑顔でした。これまで頑張ってきたこと、そしてこれからの将来像、志などを自分の言葉で自分らしく伝えることができたと思います。鹿児島大学医学科の合格、本当におめでとうございます!

その都度、生徒に寄り添い、向き合う「手作り」感に溢れた学習環境は、
ご来院される皆様から「アットホーム」とのお褒めの言葉をいただいております。
「生徒ひとり一人に関わる」ことが、生徒ひとり一人の自覚や覚悟を促し、学力や人間力を成長させて、合格へ繋がると確信しております。

私たちは、これからもチーム一丸となって、
一人ひとりのサポートができるように努めてまいります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

順天堂大学医学部医学科正規合格!

校舎長の黒木です。
富士ゼミ生のKさんが順天堂大学医学部医学科に正規合格しました。
本当におめでとうございます。

ゼミ開講式の決意表明では、
ゼミ生・教職員全員の前で、大粒の涙を流しながら誓った順天堂大学医学科の合格。

毎朝決まった時間に食堂で朝食をとり(よく会いましたね)、
開館から閉館まで、朝テスト・ゼミ授業・補強個人指導・添削指導・夜間学習の
リズムを崩すことなく、徹底的に計画通りの1日1日を過ごしましたね。
思いを言動に繋げる大変な1年だったと思います。本当におめでとう!

昨年11月、ゼミ生のEさんの久留米大学医学科の推薦合格が
今年度の鹿児島校に合格の空気を運んできました。

学校型推薦選抜で鹿児島大学4名をはじめ、
宮崎大学、久留米大学、福岡大学の合格者を輩出することができました。
私立一般選抜においても、久留米大学、福岡大学、川崎医科大学3名、愛知医科大学、
藤田医科大学3名、近畿大学、帝京大学、杏林大学、順天堂大学、金沢医科大学と次々に正規合格が続いています。

国公立前期試験や私立医学科後期試験に向けて頑張る生徒、補欠繰上げ合格待ちの生徒、
合格をいただけず、今年度の入試総括会を行った結果、来年度選抜に向けた勉強に切り替えている生徒もいます。全員がそれぞれの現実と向き合って緊張感のある日々を頑張ってくれています。

「受験は団体戦」
仲間の合格を心から祝福し、
仲間たちの合格に勇気と元気と希望の光を見出してもらいたいと思います。

国公立前期試験、私立医学科後期試験と続きます。
「頑張る受験生を最後まで全力応援」を合言葉に、鹿児島校一丸となって、
最後の最後まで出来得ることを全力で提供して、生徒と共に頑張ります。

合格速報!

教務課の日髙です。

鹿児島校から宮崎大学推薦選抜に1名、鹿児島大学推薦選抜に4名が合格してくれました。本当におめでとうございます。

共通テストの結果が思うようにいかず、不安の大きい中、前期二次試験に向けての勉強と並行して、校舎長の面接指導に一生懸命取り組んだ皆さんの様子が思い浮かびます。

共通テストの自己採点を終えて、想像していなかった点数に落ち込んだ皆さんが校舎長との面談で気持ちを切り替えて、次へと向かう姿には、本当に感動しました。校舎長との関わりの中で、自覚を深め、成長スピードが上がっていったように思います。本当におめでとうございます。

昨年度に続き、鹿児島県、宮崎県の高等学校の先生方との協力・連携が拡がり、強いものになっているように思います。医学科選抜に関するご相談をはじめとして、ご担当の生徒さんの面談や面接指導のご依頼が増えており、鹿児島県や宮崎県の高等学校にお招きされるケースも増えております。色々な人と人との繋がりを地域で頑張る受験生のサポートに繋げたい思いで一杯です。そして、教育機関として、医学部予備校として、地域の皆様方のお役に立てるように、校舎一丸となって頑張りたいと思います。

これから国公立前後期試験、私立後期試験と続きます。
合格を目指して頑張る皆さん、仲間たちの合格を心から祝福して、励みにして、最後の最後まで頑張って、合格というスタートをしよう!
私たちも、校舎一丸となって全力でサポートします!がんばります!

2/14〜 鹿児島大学医学部医学科(前期)直前対策講座
2/23〜 金沢医科大学(後期)直前対策講座
3/2〜 久留米大学医学部医学科(後期)直前対策講座
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

全国9校舎直営校のスケールメリット!

校舎長の黒木です。
共通テストを終えて、私立医学部の一般選抜が始まりました。
福岡に試験会場がある医学部は福岡で受験する生徒が多いのですが、
受験生によっては、10日間もの間、東京に滞在して受験することになります。
鹿児島校として出来るサポートは、毎日のメールや電話、オンラインによる教科指導・
面接指導になり、いつもそばにいられないため、精神面を含めて体調が心配です。しかし、全国9校舎直営校のスケールメリットをいかして、
全校舎の生徒たちを富士学院として全力サポートを提供することができます。
今年も昨年と同様、福岡校や岡山校、東京御茶ノ水校、東京十条校を利用させてもらっており、
今後も全国の富士学院を利用できますし、校舎間で生徒状況を共有していますので、
遠方の地で不安な生徒たちも安心し、落ち着いて勉強できます。また各校舎で温かい
激励を受けて本番へ送り出せることも生徒たちが自分の力を発揮することに繋がって
いると思います。

一次合格をした生徒の面接練習についても、全国9校舎が連携して全力サポートを
しており、最後の最後まで富士学院として全校舎の生徒たちの合格を目指します。
寒い日が続いていますが、いつもこれからが大切だと思います。頑張りましょう!

入試直前指導(受験前日まで個々に対応)対象:高3生・高卒生
高卒生対象『新年度 富士ゼミ生』入学ご相談の受付を開始します。全校舎専用食堂・男女別寮完備。※早期入学特典(1コマ50分20コマ個人指導無料など)有り
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

誰よりも熱く、誰よりも冷静に「自分の可能性を信じる」

校舎長の黒木です。
いよいよ共通テスト、私立一般選抜が近づいてきました。

ここであらためて、受験に向かう皆さんにお伝えします。

物事には、本質と枝葉があると思います。
枝葉が知識や経験なら、本質は「どう生きたいのか」という志でしょうか。

この志を自分の言葉にして、いつも心や頭に整えていれば、
どこへ行って、誰と会い、何を見て、何を聞いても、恐れることはありません。

皆さんは、
「良医になる」という志を立ててこれまで頑張ってきたわけですから、
たくさんの枝葉を風に揺らしながら、「前へ前へ」と突き進んでいくだけです。

鉄は、何度も熱い火の中に入れられて、
何度も固い金槌で叩かれて、ようやく名剣に仕上がるそうです。

「難儀」の話を覚えていますか。
「難儀のある人生」=「有難い人生」、「難儀の無い人生」=「無難な人生」
素晴らしい人生の送り方も名剣が生まれるまでに似ているようですね。

これまで多くの「難儀」を乗り越えてきたと思います。
これまでに身につけてきたものすべてを発揮してくるだけです。

「不安」に心奪われないようにするためには、
あれこれと悩み考えることはせずに、これまでを信じることに集中して、
「全力を出し切りますので、あとは天命にお任せします」という心構えでいこう。

これからは、それぞれの受験ロードです。
自分の思い通りにならないこと、辛く苦しいと感じることもあるでしょう。
そんな時は、1つ1つを切り替えて、自分に出来ることに専念するだけです。

たくさんの人たちが色々な場所で、色々な形で皆さんを応援しています。
皆さんの可能性を信じて、最後まで応援する覚悟を持った人たちばかりです。
その応援は、元気や勇気を与えてくれて、持てる力を発揮させてくれるものです。

「たくさんの人たちが応援してくれている」ことに、
感謝の心を持って、元気と勇気をもらって、自分の力を発揮してきてください。

鹿児島校一丸となって、
最後の最後まで全力で応援することをお約束します。

【現在受付中のイベント】

国公立医学部出願相談会(1月22日(土)~2月3日(木))無料・事前予約制(ご家庭毎に個別面談)
2/14(月)〜2/18(金) 鹿児島大学医学部医学科(前期)直前対策講座
2/23(水)〜2/25(金) 金沢医科大学(後期)直前対策講座
3/2(水)〜3/4(金) 久留米大学医学部医学科(後期)直前対策講座

入試直前指導(受験前日まで個々に対応)対象:高3生・高卒生
高卒生対象『新年度 富士ゼミ生』入学ご相談の受付を開始します。全校舎専用食堂・男女別寮完備。※早期入学特典(1コマ50分20コマ個人指導無料など)有り
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)

学校推薦型選抜合格!

教務課の長井です。
鹿児島校のゼミ生と現役生が、久留米大学、福岡大学の学校推薦型選抜の合格を果たしてくれました。
本当によく頑張りました。おめでとうございます!

今回、残念ながら結果が出なかった受験生たちも、すでに一般選抜に切り替えて、日々意欲的に取り組めています。
悔しい思いを抱きながらも、仲間の合格を心から祝福できた皆さんには、一般選抜で合格を果たし、周囲から祝福される未来が訪れると確信しています。仲間たちと切磋琢磨して、ご家族・富士学院のサポートを受けて、全員合格しましょう!

12月中旬になり、寒い季節が本格化してきたように感じます。
受験や学校の試験を乗り越えていくには、健康的な生活リズムが大切です。
明るく元気な毎日を積み重ねていけるように、感染症対策とあわせまして、体調管理にも十分配慮して、全力でサポートしてまいります。

先月11/7(日)に、『第2回医学部実力模試の解説授業(現役生)』を開催し、高校3年生が集中して解説授業を聞き、閉館時間を過ぎるまで質問して頑張る姿が印象に残っています。昨年度に引き続き、鹿児島県、宮崎県の多くの高等学校の先生方のご紹介も多く、模試の緊張感が年々増しているように思います。有難うございます。

11/14(日)には、『国公立・私立医学部を目指すための面接&小論文対策セミナー』を開催し、定員を大きく上回るご参加をいただきました。校舎長黒木より小論文について、当学院本部長村田より面接についてご説明致しました。

12/11(土)には、『医学部現役合格を目指すための生徒・保護者セミナー』を開催しました。8月に続き、2度目の開催となりましたが、定員を大きく上回る50名程度のご参加をいただきました。全体会終了後に、個別相談を希望される方が多く、何か少しでもお役に立てていれば幸いです。

今年度、当校舎で予定していた全てのセミナーを無事に終了することができました。ご参加いただいた皆様、ご紹介をくださった皆様、本当に有難うございました。受験生の皆さんは直前期を迎え、より一層緊張感のある毎日を送られていると思います。
高校2年生・1年生・中学生の皆さんも、新学年に向けた大切な時期(冬休みから3月)を迎えます。それぞれに必要な対策を毎日コツコツ積み重ねることが大切だと思います。『出来得ることを全力で』をモットーに、校舎一丸となって全力サポート致します。

教科指導は勿論ですが、医学科合格に大きく影響する面接・小論文対策や出願校選定など、何かございましたら、いつでもご相談ください。心よりお待ちしております。

『高校校内セミナー』&『第2回医学部実力模試』を開催しました!

教務課の山下です。
10月14日(木)に鹿児島修学館中学校・高等学校の『木なな まなびの場』において高校校内セミナーを開催しました。

当学院校舎統括本部長村田より、昨年度の国公立・私立医学部の総括、医学部入試の現状、合格のためのポイント、大きなチャンスとなる学校推薦型選抜、合否に大きく影響する面接や小論文の対策について、成績開示など具体的なデータを用いて解説を行いました。熱心にメモを取り、説明に聞き入る生徒さんや先生方の姿が印象的でした。
鹿児島修学館中学校・高等学校の皆様、ありがとうございました。

また、11/6(土)にはゼミ生(既卒生)が、11/7(日)に現役生(高3・2生)が『第2回医学部実力模試』を受験しました。
当学院に通う受験生に加えて、鹿児島県・宮崎県の高等学校の先生方からご紹介いただいた医学科志願者の皆様も受験してくれました。
12/5(日)には現役生を対象とした解説授業(ゼミ生は通常指導の中で行います)を行い、それ以降には、全ての受験生お一人お一人に模試返却会を行います。
医学科志願者の中での自分の立ち位置を正確に把握することは、改善すべき課題点を明確にすることに繋がります。これまでの成績データと比較し、合格までの距離感をリアルに把握できることも魅力です。また、『医学部合格』というスタートを果たす為に、独自の成績資料や採点講評をお渡しし、受験生それぞれに必要な改善策や対策をご提案致します。そして、「まだまだこれから!がんばるぞ!」と前向きになれるよう全力で向き合います。自分の可能性を信じて、謙虚と感謝の心を持って最後の最後まで頑張り抜くことが大切だと心から信じます。全力での応援をお約束致します。

尚学館高等部、日向学院高等学校にお招きいただいての生徒面談(面接指導)、当校舎でご担当生徒さんの面談(面接指導)など、色々な形で受験生をサポートさせていただくことが増えております。今後も地域の皆様方に『医学部受験予備校』として、お役に立てるよう校舎一丸となって努力致します。
『第2回医学部実力模試』は、公式サイト上では7日で終了していますが、ご希望の方には11月の間、当校舎を会場に実施致しますし、ご自宅での受験も受付致しますので、まずはお気軽に鹿児島校にお問合せください。

【鹿児島校 現在受付中のイベント】
11/14 国公立・私立医学部を目指すための面接&小論文対策セミナー
12/11 医学部現役合格を目指すための生徒・保護者セミナー
医学部受験個別相談会&学習相談会(中高生・受験生対象随時。事前予約制、10:00〜17:00の間)
※平日は17:00以降でも可能です。