講義テーマ

久留米大学医学部医学科の新カリキュラムについて

国際基準に大きく舵を切った日本の医学教育は、臨床実習の増加でカリキュラムがより過密化しています。
久留米大学でも体験実習や臨床実習を充実させた新カリキュラムがスタートしており、
今回の特別講義ではその新カリキュラムの内容について詳しくお話しをします。


2019年度
久留米大学医学部医学科
推薦入試全合格者25名中10名が富士学院生
(合格者占有率4割


2018年度
久留米大学医学部医学科
35名の合格実績!
内、推薦入試全合格者25名中10名が富士学院生
(推薦合格者のなんと4割が富士学院生)

2020年度は
久留米大学医学部の推薦入試が大きく変わる!


久留米大学のご協力を頂き、
医師になる「自覚」と「志」を高める為の
医学部の特別講義を行います。
その後の推薦・一般入試説明会では変更点と概要及び
合格を勝ち取る為のポイントについても
詳しく解説を行います。

久留米大学の推薦入試は2020年度より地域枠の定員が5名増え、2浪生まで出願が可能になりました。
また一般入試は、2019年度より前期入試と後期入試に分離することになり、新たに後期入試が新設されました。
加えて2020年度は一般前期の福岡県特別枠入試(5名)が推薦入試に移行され、
募集人員は10名の増員となり、これにより推薦入試受験生にとっては合格のチャンスが広がりました。
本説明会では久留米大学のご協力を得て2019年度医学部入試の総括と、
2020年度推薦・一般入試の変更点と概要などを詳しく解説して頂きます。
また、説明会に先立って山木教授による特別講義も行います。
その後は、富士学院より合格を勝ち取る為のポイントについても詳しく解説を行います。
希望者には終了後、山木教授との個別面談も可能ですので、この機会をぜひご利用ください。


毎年多くの参加をいただく久留米大学医学部推薦・一般入試説明会の様子


富士学院の
入試説明会は
一味違う!

ポイント 1
2019年度久留米大学医学部医学科35名の合格実績!
推薦入試合格者の約2人に1人が富士学院指導生!
2019年度35名合格(内推薦入試全合格者25名中14名が学院生(占有率4割)
2018年度31名合格(内推薦入試全合格者25名中14名が学院生(占有率4割)
ポイント 2
2019年度に新設された一般後期入試でも圧倒的な実績!
全合格者8名中3名が富士学院指導生。
ポイント 3
「情報力」が違う!
高い合格実績に裏付けられた推薦・一般入試合格のポイントについて解説!
ポイント 4
「分析力」が違う!
ベテランの学院講師陣による英語・数学の攻略法についても具体的に解説!
ポイント 5
久留米大学副学長・医学部学生委員長と直接面談が可能!
お電話からのお申込みはこちら
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


要 項

日時

7/28(日)13:00〜

定員

30名 ※お申込は先着順でお受け致します

参加費

無 料

対象

2020年度久留米大学医学部入試をお考えの方、その保護者の方
※将来受験をお考えの方も受付いたします。
※できるだけご本人も一緒にご参加ください。

参加特典

参加者全員に久留米大学2020年度大学案内パンフレット・
医学部最新入試情報「これ一冊ダイジェスト版」を差し上げます。
※1世帯につき1セット限りとなります。


プログラム

12:30〜 開場・受付
13:00〜 医学部教授による特別講義
テーマ:「久留米大学医学部医学科の新カリキュラムについて」
(久留米大学副学長・医学部学生委員長 山木宏一 教授)
13:50〜 久留米大学医学部医学科推薦・一般入試説明会
『2019年度入試の総括と2020年度推薦・一般入試の概要と変更点について』
(久留米大学副学長・医学部学生委員長 山木宏一 教授)
14:30〜 久留米大学医学部医学科推薦・一般入試
『合格を勝ち取るためのポイントについて』
『入試学科試験 英語・数学の攻略法について』
(富士学院 教務部・指導部)

15:30〜 個別相談会(希望者のみ)
久留米大学医学部学生委員長との個別相談ができます。お気軽にお申込みください。

教務部による合格のポイント解説の様子教務部による合格のポイント解説の様子


出願資格


2020年度の推薦入試はココが変わる!

・地域枠の定員約15名 → 20名に変更
・地域枠の出願資格1浪まで → 2浪までに変更
福岡県特別枠(約5名)が新たに新設。

詳しくは説明会で解説します!


昨年の出願資格

※専願―合格の場合は、必ず入学することを条件とする


地域枠推薦入学試験
※昨年度のものです

1. 高等学校長が推薦する現役生又は1浪生の専願者で、全体の評定平均値が3.8以上の者。

2. 久留米大学を卒業後、福岡県及び周辺地域の臨床研修病院(久留米大学病院を含む)において
臨床研修(2年)を行い、臨床研修終了後、本学が指定する医療機関(久留米大学病院を含む)において
4年間地域医療の発展に貢献する強い意志のある者

※久留米大学医学部医学科一般推薦入試との併願は可。但し、合格はどちらか一方のみ
※出願は全国どこからでも可。


一般推薦入学試験
※昨年度のものです

1. 高等学校長が推薦する現役生又は1浪生の専願者で、全体の評定平均値が3.8以上の者。

2. 本学に学ぶことを熱望し、人物・学業ともに優秀であり、入学後の能力向上が期待できる者。

※久留米大学医学部医学科地域枠推薦入試との併願は可。但し、合格はどちらか一方のみ
※出願は全国どこからでも可。

お電話からのお申込みはこちら
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院の入試説明会は
ご参加いただいた皆様から
高い評価をいただいています!

アンケート画像

昨年度鹿児島校から見事推薦合格!
合格体験記の一部をご紹介します。

久留米大学医学部医学科合格(推薦)
R・Hさん
富士ゼミ生 神村学園高校
父と1浪までの約束で約9ヶ月間、多くの不安、焦り、悩みがありましたが、富士学院の温かい環境の中で前に進むことができたと思います。

1浪までという父との約束で入校した富士学院。高校まででやってきた勉強量より遙かに多く勉強した1年でした。勉強のことで悩む事も多く、時には教務室に逃げ込んだこともありました。そんなとき、私の話をじっくり聞いて頂き自分の気持ちをリセットすることができ、集中して勉強に取り組めました。
元々国公立志望だったので、私立のことを考えていなかった私に担任の先生が「数学が得意だからいけるかもしれない」と久留米の推薦という選択肢をあたえてくださいました。私が推薦試験を受けると決めたのは8月中旬でした。そこから英語、数学により力を入れました。
苦手だった英語は、今まで逃げてきた分やるべきことがたくさんありました。先生はそんな自分に喝を入れ、勉強の進め方を提示してくださいました。
数学に関しては、基礎の基礎から入れ直し、いつ質問に行っても丁寧に答えてくださった先生のおかげで自分の武器となるところまで伸ばすことができました。
私の浪人生活約9ヶ月間、多くの不安、焦り、悩みがありましたが富士学院のあたたかい環境の中で勉強に関しての自分がしたいことをできたから前に進むことができたと思います。
両親、共に競い合ったライバル、仲間、そして富士の先生方、1年間私を支えて下さってありがとうございました。

久留米大学医学部医学科合格(一般)
S・K君
富士ゼミ生 鶴丸高校
富士の先生方に出会えて、自分でも驚くくらい成長できました。

たくさんの方々への感謝を記そうと思います。

英語を指導して下さった先生へ
先生との授業は、毎回異なるジャンルの長文や文法事項に触れる事ができ、楽しく勉強できました。その中でも、英検準1級の勉強はきつかったですが、先生の添削と励ましのおかげでやり切れたのが一番印象に残っています。英検合格の報告をしたとき、僕よりもはしゃいで喜んでくださったのは本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

数学・生物を指導して下さった先生へ
数学は、毎授業「そんな解き方あったのか!」とびっくりしていました。僕が考えてきた解答の遥か上をいく先生の解法に感動する日々でした。生物は、人体以外に興味が持てなかった僕に面白く、分かりやすく丁寧にご指導して下さって、今では生物が1番好きな教科になりました。ありがとうございました。

教務の先生方へ
毎日富士学院に来るたび、明るく声を掛けて下さったり、伸び悩んでいるときにモチベーションを上げて下さったり、感謝の気持ちの大切さや医師としての自覚について熱くご指導して下さったり、先生方のおかげで受験勉強を乗り越えることができました。第1志望に合格するための指導だけでなく、医師として、また1人の大人として生きていく上で大切なことは何かを意識させて下さった先生方のご指導は本当に僕の成長に繋がりました。ありがとうございました。

両親へ
まず、この富士学院を勧めてくれてありがとう。富士の先生方に出会えて、自分でも驚くくらい成長できました。僕の意思を第1に考えてくれて、いつでも悩みを聞いてくれて、アドバイスをくれて、ありがとう。2人の子どもになれて僕は幸せです。あと6年迷惑をかけてしまうけれど、立派な医師になります。これからもよろしくお願いします。

たくさんの方々に支えられて今の自分がいます。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

保護者からの方からも
お喜びの声を多数頂いています!
その一部をご紹介します

2019年度
久留米大学医学部医学科推薦入試合格
C・H様(お母様より)
1浪での合格という約束を果たした娘を誇りに思い、合格へと導いてくださった富士学院の皆様に大変感謝しております。

富士学院との最初の出会いは高3の9月にあった入試説明会です。その際、模試の成績などを見て適切なアドバイスを頂き、個別指導を受けることを決めました。しかし、現役での合格は厳しく、1浪までという約束でそのまま富士学院にお願いすることにしました。
少人数での授業のため、分からないことがあればすぐ質問ができ、授業中に生まれた不安は授業中に取り除くことができる充実した時間を過ごせたようです。
先生方、教務の方々が娘の特性、性格、レベルに合わせたアドバイスや志望校選びをしてくださり、学習面、生活面、精神面など多くの面で娘を支えてくださいました。
その結果、今回の久留米大学の推薦入試に合格することができました。約束であった1浪での合格を果たした娘を誇りに思い、そして合格へと導いてくださった先生方、教務の方々に大変感謝しております。本当にありがとうございました。

2019年度
久留米大学医学部医学科一般入試合格
M・N様(お母様より)
次男が医師を志すようなら、又富士学院にお世話になりたいと思います

推薦入試で不合格の後、プレ模試などでお世話になっていた富士学院に相談させていただきました。苦手科目の英語、少し不安の残る物理を指導していただき、確実に学力が伸びるのを実感したようです。
また、一個人・一保護者では知り得なかった医学部受験の特徴やコツを教えていただき、それまでとは違う心構えで一般入試を受けることができました。
富士学院では現役生・既卒生の隔たりがなく、とても良い人間関係の中で充実した時間が過ごせたようです。
補欠を2校からいただいたものの期待はせず、富士ゼミ生として気持ちも新たに一年間頑張る予定でした。
勉強に没頭できる環境と確かな指導力で、一年あれば相当に学力が向上することは確信していましたが、繰り上がりで進学の運びとなりました。
このような結果をいただけたのは、先生、教務・職員の方々の指導と支援、そして一緒に頑張った仲間のおかげだと思っております。
次男が医師を志すようなら、又富士学院にお世話になりたいと思います。
どうもありがとうございました。


Q&A

Q
受験生でなくても中高生の参加は可能ですか?
A.
もちろんです。
難関の医学部合格を、更には医学部現役合格を目指すのであれば推薦入試を視野に入れることを含め、早い段階からの意識や準備は合格に向けての大きなアドバンテージとなります。本イベントが少しでも医学部受験への参考となり、意識を高める場になれば幸いです。
Q
推薦入試の出願を久留米 or 福大のどちらにすべきか迷っています
A.
英数の難易度、出題範囲、解答時間の違いや小論文の有無、面接方法などが異なりますので十分に考慮し、決定すべきです。まずはお気軽に説明会に参加し、もしよろしければ詳しい状況を一度お聞かせください。


2019年度
久留米大学医学部医学科
推薦入試全合格者25名中10名が富士学院生
(合格者占有率4割

お電話からのお申込みはこちら
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 鹿児島校

医学部受験予備校 富士学院 鹿児島校

〒890-0046
鹿児島県鹿児島市西田2-21-3 NUビル6F(総合受付)
JR「鹿児島中央駅」西口から徒歩1分
フリーダイヤル:0120-66-9179
代表番号:099-812-9179

ページトップ