最善を尽くす日々

教務課の伊藤です。宜しくお願いいたします。
前回の山田校舎長のブログにもありましたように、5月25日から大阪校も対面授業を開始しました。ゼミ生たちは、新型コロナウィルス感染防止に最善を尽くしながら登校し、毎日真剣に授業を受けています。また個人指導を受講している現役生たちも、オンライン個人指導から対面の個人指導に切り替えて、元気に来院しています。

富士学院には教育理念があり、その中に「身を挺して守り、成長させる」との一文があります。私たち大阪校の職員・講師は、それぞれが自分自身の感染予防は当然としながらも、生徒たちを絶対に感染させないとの覚悟を持って、日々生徒たちを迎えております。

今日は、大阪校で行っている感染予防対策を少し紹介したいと思います。
まず、夜間の自学習会場の工夫です。通常は大講義室にて1つの机を2名で使用してもらい、全員揃って自学習に取り組んでもらうのですが、生徒同士の距離を空けるため、1人で1つの机を使用できるように、大講義室を使用する生徒とゼミ教室を使用する生徒に分けて3密を避ける形で夜学習をしています。教務課職員で知恵を出し合って、生徒たちを4名以下のグループ分けをし、そのグループ単位で指定された教室を使用してもらっています。
ただ、各グループの自学習教室が日によって変わることもあるので、少し気になっていたのですが、生徒たちは理解してくれて、不平不満を言う生徒はだれ一人としておりません。将来、医療業界に進もうとしている受験生らしく、自分のことだけでなく、他の生徒のことも考えてくれて、本当に嬉しく思っています。また、日によって教室が変わる中で自学習を続けることは、環境が変わっても集中できるように成長できる効果もあるとも思っています。

次に小論文授業の会場です。対面授業開始において一番悩んだのが、最も多くの生徒が集まる小論文の授業でした。科目別学力別の少人数クラスで実施する富士ゼミですが、大阪校の場合は、ゼミ生全員を2つのグループに分けて25名ずつで小論文の授業を行います。もちろん、通常であれば大阪校の校舎内で実施できるのですが、大切な生徒たちのために、できるだけ良い環境での受講させてあげたいとの思いから、学院長にも相談し大阪校の2件隣りにある「梅田センタービル」32階の会議室を使用して小論文の授業を実施しています。いつも以上に広くて、高所にある会場での授業となり、生徒たちにとっては気分転換にもなっています。楽しそうに学院から会場に移動し、小論文受講後には笑顔で学院に戻ってきています。

コロナ対策がいつまで続くか、私にはわかりません。受験時期の環境がどのようになっているかもわかりません。今できることは、決して油断せずに感染予防に最善を尽くすこと。そして2021年度入試の準備として、当然ながら学力をつけ、将来、医師になる資質を養い、人間力を磨くこと。そして受験時期がどのような環境になっていようとも「絶対に乗り越える」と思える精神力をつけること。これが2021年度入試に向けて最善を尽くすことだと思っています。
受験日へのカウントダウンは始まっていますが、慌てることなく、自分を信じて、今日やるべきことを確実にやることです。共に健康で、必ず勝とう。

良医への新たなスタートに向けて

大阪校の校舎長の山田です。

昨年度は大阪校ゼミ生の約半数が医学部医学科へ進学を勝ち取り、良医への新たなスタートを踏み出してくれました。大阪校も2年目を迎え、多くの生徒と共に来年の合格を目指しスタートを切りましたが、新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言を受けて開講式が約1か月遅れの5月7日から授業開始となりました。
しかし感染防止の観点から対面授業ではなく、ZOOMを利用した双方向型のオンラインでのゼミ授業開始となりましたが、講師・職員が連携し、オンラインのメリットを活用しながら対面と変わらないように受講できるように取り組んできました。

そして緊急事態宣言の解除を受け、大阪校も25日(月)からようやく対面での授業開始となりました。オンライン授業への取り組みに対し、生徒や保護者の方々のご理解と講師の方々の日々の準備にあらためて感謝申し上げます。宣言解除とはいえ終息したわけではありませんので、感染防止を徹底しながら医学部合格に向けて全力で生徒をサポートして参ります。

1日でも早くスタートを切ることが大事です。

3月も半ばに入り、合格を勝ち取り大学生活を迎える為の準備をする生徒、
補欠繰り上がりを待ち机に向かっている生徒、
そして来年の入試を見据えスタートを切っている生徒、
様々な生徒が日々を過ごしています。
今年不本意な結果だった生徒たちは今年何が足りなかったか?を
しっかりと自己分析し、各教科の先生と学習相談を行い、今やるべき事を確認しながらすでに来年の受験に向けて走り始めています。一日も早くスタートを切る事が大切です。

最後に、合格を勝ち取った皆さん本当におめでとう!
努力が報われて本当に嬉しいです。
そして残念ながら不本意な結果だった皆さん、
この悔しさをバネに来年は必ず合格を勝ち取りましょう!
悔しさを知っているからこそ人は強くなれます!共に頑張りましょう!

大阪校の校舎についてご紹介します!

みなさんこんにちは!大阪校の久保です。
富士学院8校舎目の直営校として関西地区に初開校してちょうど1年となります。
医学部受験予備校も多い大阪エリアですが、富士学院は今までに培ってきた“教え育む”教育を正々堂々と実践し、この関西地区においても医学部合格を目指す受験生を全力で応援しています。

さて、大阪校は大阪北の中心、梅田に校舎がありますので、JR・私鉄・地下鉄各線からのアクセスも抜群です。学院までのルートがいくつもありますので、最初にお越しの方は、迷われる方もいらっしゃるようですので、是非、ご連絡いただければご案内いたします。大阪メトロ御堂筋梅田駅や阪急大阪梅田駅からですと徒歩約6分で校舎につきます。谷町線の中崎町駅からですと4番出口から5分かからず校舎到着できますので、通学にも便利です。また、校舎の近くには男子寮・女子寮をそれぞれ完備しておりますので、遠方にお住いの方もご安心頂けると思います。

今日は、生徒の皆さんが一日の大半を過ごす校舎の中を詳しく紹介いたします。

【1階-学院専用食堂・ラウンジ】

陽の光が差し込む明るいスペースで、明るく暖かみのある色の椅子を準備しました。
管理栄養士が日替わりで温かくて美味しい食事を毎日3食提供していきます。
給茶機や自販機も設置予定で、学院生専用食堂なので、安心して食事や休憩を取ることができます。

 

【2階-総合受付・職員室・講師室】

階段で2階に上がると職員・講師が待機しています。
おはよう!と元気に1日のスタートです。
赤本や参考書、生徒用のコピー機も2階にあり、オープンスペースで
講師への質問や職員への相談などさまざまな利用ができる場になっています。

 

【3階~5階-ゼミ室、中講義室、大講義室、個人指導室、ミーティングルーム】

クラス8名以下のゼミ教室など目的に合わせた大・小様々な教室がある
教室フロアとなっています。

大阪校では、もうすでに来期の受験に向けて来院して頑張っている生徒さんもたくさんおり、受験の総括や、自己分析を生徒といっしょに行いながら、来期に向けてのやるべき課題点などの確認を行っています。
また、「最後まで諦めない」という合言葉をモットーに2/23~2/26には「大阪医科大学後期直前対策講座」を実施します。さらに3/5~3/7は「大阪医科大学後期直前対策講座」に向けての直前対策講座も行います。国公立や1次合格者への面接指導も無料で随時行っていますので、是非、ご相談ください。

後期試験も受けたい!でも来年の準備も考えたい!そういう希望にもしっかり応えていきたいと思っています。そのような方や、すでに今年の受験が終わり、来期に向けての予備校探しをご検討されている場合には、早期入学者限定特典(1コマ100分の個人指導最大15コマ無料+後期対策講座無料+春期講習無料)などをご用意しておりますので、ぜひ資料をご請求いただくか、直接校舎にお問い合わせください。
中・高生の現役生個人指導も随時行っておりますので、医学部受験に関するご相談は富士学院大阪校までお気軽にお問い合わせ下さい。校舎見学はいつでも受付けております。皆様のご来院、講師・職員一同心からお待ちしております。

【大阪校今後のイベント】
【受験生対象】関西医科大学後期直前対策講座2/23(日)~2/26(水)
【受験生対象】大阪医科大学後期直前対策講座3/5(木)~3/7(土)
【受験生対象】入試直前対策指導(大学別に受験前日まで行う個人指導)
【高卒生対象】富士ゼミ生入学個別相談会2/16(日)神戸会場、2/23(日)京都会場他全国20会場で実施中!

本番はいまから!自分の力を信じて

新年を迎え、早くも1ヶ月が経とうとしています。
大学センター試験や私立大学医学部入試の結果を通して様々な思いを持った生徒達が、それぞれの状況と向き合いながら、次なる目標に向かって一歩ずつ歩みを進めています。

ここ大阪校に於いても私立大学医学部一次合格の吉報が続々と舞い込んできております。一次合格が出た生徒に対しては、二次試験に向けた対策で全力の応援をしております。富士学院で学ぶ中で、学力面だけでなく、精神的にも大きく成長した自分の力を信じて、胸を張って、面接試験に臨んでほしいと願っております。
最後の最後まで諦めずに粘り強く努力し続けられるように、講師・職員共に全力でサポートしていきます!

受験期も始まったばかり。本番は今からですので、くれぐれも体調管理には十分気を付けてください。
最後になりますが、受験生の皆さんがこれまで努力を積み重ねて蓄えてきた実力が、本番でしっかり出せるように祈っています。

【大阪校今後のイベント】
【受験生対象】国公立医学部出願相談会(2/5水まで)
【入学希望者対象】全国20会場富士ゼミ生入学個別相談会(2/16日神戸会場、2/23日京都会場他全国20会場で実施)
【受験生対象】関西医科大学後期直前対策講座2/23(日)~2/26(水)
【受験生対象】大阪医科大学後期直前対策講座3/5(木)~3/7(土)
【受験生対象】入試直前対策指導(大学別に受験前日まで行う個人指導)

入試傾向分析会

教務課の久保です。
センター試験も終わり、いよいよ私立医学部入試が始まりました。

入試の理科においては、その年ごとによく出題される分野・流行のようなものがあります。
大阪校では、実際に出題された入試問題を生徒から聞き取り・分析を行いながら、
その年の傾向を読み解き、次の入試に備える入試傾向分析会を実施していきます。
本日は、昨日実施された愛知医科大学の問題を題材にして、入試分析会を行いました。
愛知医科大学の入試は、問題の持ち帰りができないので、
受験を終えたばかりの生徒達の記憶の新しいうちに、問題を可能な限り再現して授業を実施しました。
昨日、実際に出題された問題ということもあり、生徒達も真剣な表情で復習に取り組んでいました。

入試期間中には大阪を離れて東京の御茶ノ水校や十条校、岡山校などで入試日前日まで取り組む生徒や
逆に初めて大阪を訪れる他校舎の生徒もたくさんいます。
受験する富士学院の皆さんが安心して受験を迎えられるように、私達教職員も全力で応援していきます!

【大阪校今後のイベント】
【受験生対象】国公立医学部出願相談会(2/5水まで)
【受験生対象】入試直前対策指導(大学別に受験前日まで行う個人指導)
【入学希望者対象】全国20会場富士ゼミ生入学個別相談会(2/16日神戸会場、2/23日京都会場他全国20会場で実施)

センター試験まであと2週間を切りました。

校舎長の山田です。新年を迎えて早いもので6日です。仕事始めで通勤電車は日常に戻った以上に混雑していました。一昨日から新たに福岡大学や東海大学をはじめ出願が開始となりました。

私立大学医学部では7大学を除き全てネット出願となっています。事前に志望理由などの準備が必要な大学もあり、写真のアップロードなどミスの無いように生徒と一緒にパソコンに向き合っています。試験会場の確認や2次試験の日程などしっかり確認しながら入力しています。また、受験票の受取方法などの確認もしっかり行う必要があります。半数の大学が受験票は郵送ではなくネットからのダウンロードでの印刷となっています。受験日程を確認しながら受験票の受取もしっかり確認が必要です。センター試験まで2週間を切り、いよいよ本番です。入試が近づくにつれて、集中しながらも不安になったりと生徒の気持ちもさまざまです。しっかりと出願手続きを行い、安心して受験に臨めるように全力で応援していきます。

《大阪校の実施イベント》
(毎週日曜日開催)医学部受験相談会・学習相談会【全学年】

国公立・私立医学部(推薦・一般)面接セミナーを開催しました!

大阪校の蓮池です。
去る9月29日(日)、国公立・私立医学部(推薦・一般)面接セミナーを大阪校において開催しました。当日は、高校3年生を中心に多くの高校生とその保護者の皆さんに参加していただきました。
セミナーでは、まず始めに当学院の村田校舎統括本部長から「医学部入試の現状について」の講話と全体説明があり、休憩をはさみ、参加者を2グループに分けて模擬集団面接を、最後に模擬個人面接を行いました。

村田校舎統括本部長の講話では、医学部入試における各大学の合否に係る2次試験の重要性を、事例を用いて説明しました。医学部入試は偏差値どおりに合格しないケースが多く、これは単に科目試験の得点だけでなく、2次試験で行われる面接、小論文の評価が重要であるとの説明を参加者は興味深く聞き入ってメモを取られていました。

その後の模擬集団面接においては、グループ討議を行いました。課題文に対して「賛成」又は「反対」の自分の考えをグループで討議するという内容ですが、参加者は活発に自分の考えを発言し、また他の参加者の意見に耳を傾けていました。

そして、最後に実施した模擬個人面接では、参加者各自が実際に個人面接を体験していただきました。面接室の入り方、椅子に座るタイミングなども重要ですが、質問に対して自分の意見に自信をもって話すなどの練習を行いました。特に医師の志望動機はしっかりと説明できるようにアドバイスをさせていただきました。
各大学はアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)を定めており、その定め基づき、各種能力、意欲及び適性等の評価・判定するにあたり、学力の3要素「①知識・技能の確実な習得、②思考力、 判断力、表現力、③主体性を持って多様な人々 と協働して学ぶ態度」を踏まえて総合的に評価・判定されます。これらの能力・態度などの評価・判定は、面接や小論文が行われ、面接方法も各大学様々な方法で実施しています。面接の評価が低くて合格にならないケースもありますので、面接に向けた準備・対策をしっかり行っておくことが重要です。
参加者からは、今回のセミナーで体験した医学部受験の面接を終えて、「大変参考になった、今後もセミナーを受けてみたい」などの意見が多くありました。
医学部受験にあたり受験大学のアドミッション・ポリシーをしっかりと理解して、本日のセミナーで体験したことを参考にしていただければ、大変有意義なセミナーになったものと思います。富士学院大阪校では、今後も各種セミナーを開催いたしますので、ホームページで確認いただきお申込みいただければと思います。

《大阪校の実施イベント》

10/14 兵庫医科大学推薦入試直前対策講座
10/20 私立医学部(推薦・一般)合格セミナー
10/27 関西医科大学推薦入試直前対策講座

決起集会

大阪校の縣です。ここ数日、猛暑から一気に秋の気配を感じられるようになってきました。
大阪校でも2週間の夏期講習期間を終え、後期授業がスタートいたしました。そして後期最初のリフレッシュタイムは、大阪校ゼミ生・教職員にて医学部合格へ向けての決起集会を行いました。

第一部は、チーム対抗戦のボウリング大会を行いました。中には、初めてボウリングをする生徒もおり、最初は緊張している様子でしたがストライクを取るとチーム関係なく拍手が起こり、皆でハイタッチをするなど、喜びを分かち合うことができました。第二部は、大阪校に戻り1階の食堂にて食事会を行いました。食事会ではボウリング大会での成績発表や生徒代表からこれからの受験へ向けての力強い抱負を述べてもらいました。当日体調不良等で参加できなかった生徒もいましたが、1日を通してとても盛り上がり、また生徒と教職員が今まで以上に団結することができました。

また今回の決起会を行うにあたり食堂の方々、近隣のお店の方々にご協力して頂き、改めてたくさんの方々のサポートがあって富士学院が成り立っているのだと実感しました。今回ご協力して頂きました皆様方ありがとうございます。

今後の予定と致しまして大阪校では、9月1日(日)に私立医学部(推薦・一般)合格セミナー、9月29日(日)に国公立・私立医学部面接対策セミナーを行います。2020年度からの受験は、全ての医学部において面接試験が課せられることとなりました。新カリキュラムの導入により、これまで以上にハードな医学科での6年間をストレートに進級することができるか、これまで以上に受験生を強く見極めようとする傾向になっているため、面接対策がとても重要となっています。また医学部受験合格のために生徒一人一人に合った受験大学の選定と対策が必要です。これから受験へ向けての必要な準備を生徒と一緒に私もしっかり行っていきます。

《大阪校の実施イベント》

9/1 私立医学部(推薦・一般)合格セミナー
9/29 国公立・私立医学部面接対策セミナー
10/6 第2回医学部実力模試・10/20 解説授業

夏を制するものは受験を制す!この時期の頑張りが自信になる。

8月も中旬を過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きます。十分にご自愛ください。
さて、富士学院は夏期講習期間に入っております。
ゼミ生の夏期講習は、通常のクラス授業をあえて止め、この時期にしかできない前期の総復習をしながら穴を埋め、後期に向けての準備をしています。夏期前に生徒一人ひとりとしっかり話を行い、クラス授業を受けていた生徒達も、この期間だけ個人指導を行ったりと様々で、生徒それぞれが一番良い形で取り組めるようにしています。

現役の個人指導生は、苦手科目の克服や、もう一段階上を目指して猛勉強をしています。授業を受けるだけでは無く、ゼミ生と同じように朝から夜の10時まで頑張って励んでいます。重要なのは、皆が同じことをするのではなく、一人ひとりに合った対策を行って行くことです。

「夏を制するものは、受験を制す」
まさにその通り、今が頑張り時なのです。
まだ夏期は続きますので、最後まで頑張って欲しいと思います。

受験生達にとって、大事な時期となっています。
医師を目指し、医学部合格の為に頑張っている生徒達のサポートを日々行いながら、講師、職員一同、一緒に頑張って参ります。
何かご相談などあればご遠慮なくご連絡いただければと思います。

《大阪校の実施イベント》

8/25 近畿大学医学部推薦入試対策セミナー
9/1 私立医学部(推薦・一般)合格セミナー
10/6 第2回医学部実力模試・10/20 解説授業