感染予防に関しての対策とお願いについて
校舎内(会場内)では必ずマスクを着用し、会場入り口でのアルコール手指消毒の徹底をお願いいたします。
受付にて非接触型体温計による検温を行います。発熱があった場合は入場を控えていただきますのでご協力のほどお願いいたします。
※今後の状況次第で中止、または内容を一部変更する場合がございます。
富士学院の新型コロナウイルス感染症対策についてはこちら→ 『少人数制予備校だからこその徹底した感染症対策』
お電話からのお申込みはこちら
大阪校:0120-06-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


2021年度
医学部医学科専願者448名中
実数で249名合格(実数合格率55.5%)

今年度も生徒の2人に1人以上が
医学部医学科に進学!


大阪校1校舎からの医学部医学科専願者
48名中実数で25名合格!
(実数合格率52.1%)

2022年度私立医学部
学校推薦型・一般選抜の最新の情報
様々な合格事例を含めた合格のポイントを一挙に解説!


学校推薦型選抜
※大学により名称はそれぞれ異なります

出願資格が限定されていることから一般選抜と比べ総じて倍率も低く、合格のチャンスが広がります。


総合型選抜
※大学により名称はそれぞれ異なります

学力だけではなく総合的に人物像を見ていくため、提出書類は総じて多くなります。
まずは各大学の出願資格、選考方法をしっかり把握することが大事です。


一般選抜
※大学により名称はそれぞれ異なります

受験日程が合えば何校でも受験が可能な一般選抜。
受験日の重複が多い私立医学部入試は出願大学の選定と、受験日程の組み方も大事なポイントになります。

  • 昨年度の私立医学部入試はどのような傾向だったのか?
  • 2022年度医学部推薦・一般選抜の最新情報は?
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で2022年度入試は今後どうなる?
  • 大学毎に異なる私立医学部選抜の傾向や合格のポイントについて詳しく知りたい。


富士学院の合格セミナーでできるだけ詳しく解説します!


受験者数の減少等により
合格のチャンスが広がっている私立医学部入試

少子化等の影響で、ここ数年志願者・受験者数が減少傾向にある私立医学部入試ですが、
今年度はコロナ禍の影響もあり、一般選抜・共通テスト利用選抜は志願者・受験者数共に昨年度よりも更に大幅な減少となりました。
対して募集人員が増えた総合型・学校推薦型は志願者・受験者共に今年度も微増となりましたが、志願倍率・実質倍率は共に今年度も下がっています。この傾向は、当分の間続くと思われ、今後は更に合格のチャンスが広がってきます。合格を勝ち取るためにぜひこのセミナーをご活用ください。


総合型・学校推薦型選抜概況

年度 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 総合格者数 倍率
2021年度 596名 ※3,537名 ※5.9倍 ※3,492名 ※650名 ※5.4倍
2020年度 522名 3,272名 6.3倍 3,250名 544名 6.0倍
2019年度 482名 3,197名 6.6倍 3,145名 526名 6.0倍

※数字に若干の誤差が生じます。また総合格者数については、繰上げ合格者数が非公表の大学は正規合格者数を計上して集計しています。


一般選抜・共通テスト利用選抜概況

年度 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 総合格者数 倍率
2021年度 2,876名 91,223名 31.7倍 ※84,789名 ※6,977名 ※12.3倍
2020年度 2,936名 100,626名 34.3倍 92,922名 6,999名 13.3倍
2019年度 3,009名 102,908名 34.2倍 95,235名 6,786名 14.0倍

※数字に若干の誤差が生じます。また総合格者数については、繰上げ合格者数が非公表の大学は正規合格者数を計上して集計しています。

全国9校舎の直営校による
情報ネットワークの強みで、
どこよりも「最新」のそして「正確」な
大学毎の入試情報が把握でき、
一歩先んじた対策を取ることができます。

お電話からのお申込みはこちら
大阪校:0120-06-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


要 項

日時

8月22日(日)13:00~ 開場12:30
※ご参加は密を避けるため1 組につき2 名まででお願いいたします。
※文部科学省発表の学校における新型コロナウイルスに関する衛生管理マニュアルを引照し徹底した感染症対策を行っています。

会場

富士学院 大阪校

定員

30名
※ご参加は密を避けるため1組につき2名まででお願いいたします。
※お申込は先着順でお受け致します。

参加費

無 料

対象

2022年度私立医学部受験をお考えの方、及び保護者の方
※将来私立医学部を目指す生徒・保護者の方も参加可能です。


プログラム

12:30〜 開場・受付
13:00〜 私立医学部(推薦・一般)合格セミナー
2021年度私立医学部推薦・一般選抜の総括と
2022年度選抜の概要及び合格のポイントについて
(富士学院 教務部)
14:00〜 個別相談会(希望者のみ)

私立受験セミナー イメージ画像


Q&A

Q
難関の医学部受験を突破するためにこれから何が必要でしょうか?
A.
医学部入試は情報戦です。
①まずは大学毎の正確な入試情報を知る
②自分の得意・不得意科目を含めた現状の学力をしっかり把握する。
③受験校を選択していく
④合格に向けて自身の足りない所を補いながらできる限り大学毎の対策をとることが合否の大きな決め手となります。
Q
受験生でなくても中高生の参加は可能ですか?
A.
もちろんです。難関の医学部合格を、更には医学部現役合格を目指すのであれば学校推薦型選抜を視野に入れることを含め、早い段階からの意識や準備は合格に向けての大きなアドバンテージとなります。本イベントが少しでも医学部受験への参考となり、意識を高める場になれば幸いです。

「富士学院に来て本当によかった!」
2021年度私立医学部医学科に
見事合格した大阪校在籍の生徒達
から届いた喜びの声を一部ご紹介。

2021年度
金沢医科大学 一般選抜(前期)合格
H・Mさん 平城高校
富士学院で勉強できて本当によかったです。

私は高校時代、正しい勉強方法がわからず、全然成績が上がりませんでした。特に、昔から苦手だった数学は悲惨なものでした。そのため、どの科目よりも時間をかけて毎日勉強しました。授業で習った問題をその日におさらいし、週末にまたおさらいをして、さらに一ヶ月後くらいにまたおさらいをするというやり方で、何回も同じ問題を解き直しました。そのおかげで、少しずつできる問題は増えていきましたが、やったことのある問題の解き方を忘れてしまったり、計算ミスを大量にしてしまったり、初見の問題に手も足も出なかったりと、苦労することがたくさんありました。勉強する中でいつも、「いつになったらできるようになるのかな」と思っていました。他の人に比べて、理解するのも習得するのも時間がかかっていたので、成績の伸びもとてもゆっくりでした。しんどい時期を耐え続けて毎日コツコツとやり続けたことが良い結果につながったのではないかと思います。でも、最後の最後まで数学は不安でした。本番でも、できるところだけ解いたという感じでした。本番で一番大事なことは、できなかった科目があっても引きずらないことだと思います。実際に私は、数学ができなかった大学の一次合格や最終合格をもらえたので、一教科ごとに気持ちを切り替えることがすごく大事だと思いました。それに加えて、普段の勉強で大事なことは、間隔を空けて何度も何度も復習することだということも実感しました。富士学院で過ごした二年間は、信頼できる先生や、一緒に勉強できる友達に出会えたことで、とても充実したものになりました。富士学院で勉強できて本当によかったです。

2021年度
近畿大学医学部医学科 一般選抜 合格
S・K君 四天王寺東高校
一年間死ぬ気で勉強し続けようとしても途中で耐えられなくなると私は思います。でもその手綱を上手く引く事ができるのが富士学院なのだと感じました。

私が富士学院と出会ったのは、現役の時に全落ちして浪人が決まり、現実逃避していた私に親が勧めてきたからです。実際に見学に行き、そのままの流れで入塾しました。浪人生活をはじめるにあたり、浪人した原因は自分の勉強に対する認識、態度の甘さにあると考え、自分自身を律する事を大切にしようと決意しました。しかし、初めから意気込みすぎて五月ぐらいにすぐバテてしまい、著しくモチベーションが低下してしまいました。そんな時に先生や教務の方々が話を聞いてくださり、立て直す事ができました。その後も一年の間に何度も好不調の波がありましたが、その度に同じように助けてもらい、一年間走り切る事ができました。浪人生だから死ぬ気で勉強しなければならない、確かにその通りですが、一年間死ぬ気で勉強し続けようとしても途中で耐えられなくなると私は思います。でもその手綱を上手く引く事ができるのが富士学院なのだと感じました。何も考えずに入塾しましたが、一年間富士学院で過ごせてとても良かったです。最後になりましたが、最高の目標を目指した過程で、勉強面だけでなく様々な面で私を成長させてくださった富士学院の方々、本当にありがとうございました。

2021年度
兵庫医科大学 一般選抜 合格
H・Mさん 白陵高校
苦手な化学は五回も同じ質問をしに行ったこともありましたが、先生は嫌な顔ひとつせず理解できるまで何度も教えて下さり苦手を克服することができました。

私は高校時代、授業にほとんどついていくことができず医学部合格には到底及ばなかったため富士学院で浪人することを決めました。富士学院に通って感じた事は先生や教務の方との距離が近いことです。高校時代は分からない問題を先生に質問できず分からない問題を放置していましたが、富士学院では先生との距離が近いため質問に行きやすかったです。苦手な化学は五回も同じ質問をしに行ったこともありましたが、先生は嫌な顔ひとつせず理解できるまで何度も教えて下さり苦手を克服することができました。また体調面や精神面も常に気にかけて下さり、万全な状態で受験に臨むことができました。富士学院じゃなかったらこの結果はなかったと思います。

最後まで諦めず頑張った結果、
見事後期で現役合格した大阪校生徒のお母様からも
お喜びの声を頂きました。
保護者メッセージを一部ご紹介。

埼玉医科大学 一般選抜(後期)現役合格
大阪校個人指導生S・K君 高槻高校3年
T・K様(お母様)からのメッセージ
浪人も覚悟をしながらも背水の陣で埼玉医科大学後期を受験し、現役で合格する事ができました。

本人の意向で医学部現役合格を目指していましたが、高2秋の駿台の英数国での模試の結果が良く、油断したのと自己流で過去問は殆ど手を付けない勉強法で、他大学の推薦入試と前期試験は突破することはできませんでした。本人も理科の圧倒的な演習不足の自覚もあり、浪人も覚悟をしながらも背水の陣で後期で埼玉医科大学を受験し、現役で合格する事ができました。富士学院では推薦入試対策で初めてお世話になり、個人指導で生物・化学を受けましたが、面接や小論文の対策や英数の質問受けもきちんと対応していただきました。息子の受験を通して富士学院は弱点を強みに変える指導、将来に繋げる教育の提供と決して諦めない気持ちを育ててくれました。試験終了時間に中々帰宅しないと思っていたら、富士学院で問題のやり直しと質問をしていたのです。次の試験会場への移動を控えており、ハラハラしました。移動中の新幹線の中でも休憩を取ればいいのにずっと問題のやり直しをしていました。面接では医師になる使命感を教えていただきました。富士学院の指導は医学部合格で終わらず、医大生そして医師になってからも役立つ心を育ててくれると感じています。埼玉医科大学の後期試験を終え、自己採点をしたら、数学と生物・化学が殆ど正解でした。もし不合格でも富士学院にお世話になろうと思い、講習も受講させてもらい、入会説明の面談の際にI先生から「受験力とは」の話と「埼玉医科大学の合格を信じているから、入会の申込書類は渡さないよ」とのお言葉をいただきました。その直後、後期合格の通知をいただきました。埼玉へ息子を送り出した後、富士学院から届いたタイムカードと指導報告書に目を通すと真剣に勉強をしていた息子の姿と成長がわかりました。その時「受験力とは」がわかりました。


2021年度
医学部医学科専願者448名中
実数で249名合格(実数合格率55.5%)

今年度も生徒の2人に1人以上が
医学部医学科に進学!


大阪校1校舎からの医学部医学科専願者
48名中実数で25名合格!
(実数合格率52.1%)

お電話からのお申込みはこちら
大阪校:0120-06-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 大阪校

医学部受験予備校 富士学院 大阪校

〒530-0015
大阪府大阪市北区中崎西2-4-41
地下鉄谷町線「中崎町」4番出口 徒歩4分
阪急電鉄「大阪梅田駅」茶屋町口 徒歩約6分
JR「大阪駅」御堂筋南口 徒歩約9分
フリーダイヤル:0120-06-9179
代表番号:06-6292-9179

ページトップ