小倉の医学部予備校 富士学院小倉校

医学部予備校富士学院トップ 富士学院東京校 富士学院名古屋校 富士学院岡山校 富士学院小倉校 富士学院福岡校 富士学院鹿児島校
現役生の方へ 高卒生の方へ 保護者の方へ 指導コースのご紹介 合格実績 よくある質問
医学部予備校「富士学院」トップページ小倉校
スマートフォン用ページに切り変わらない場合はこちら
後期入学生受付開始!

クリックで画像が切り替わります。

富士学院唯一の男女内寮システム完備!校舎内に食堂も併設された最高の学習環境。

食堂は校舎内に完備、教室と寮が一体化した全寮システムを採用し受験勉強に集中できる学習環境と、富士学院のこれまで蓄積された様々なノウハウやデータを最大限に生かし、一人ひとりの生徒目線に立った指導を全力で行って参ります。放任でもなく強制でもなく、生徒一人ひとりの自覚と自立を促す富士学院独特の〝教え育む〟教育にぜひご期待ください。医学部進学についての様々なご相談や、富士ゼミ、個人指導などの受講に関するお問い合わせは随時受け付けておりますので、お気軽にぜひご相談ください。

2017年度医学科合格者207名(前年比129%)の圧倒的実績!

速報

富士学院の個人指導

小倉校イベント2017

現役個人指導生から富士ゼミ生まで喜びの声多数!

Y・U君

浪人生活を振り返ると、1年1年が私にとって本当に大切なものになっていることに気が付きました。勉強は未だに決して好きとは言えませんが、勉強に対する考え方はもちろん、人との接し方なども、一から見つめ直すことが出来、このことは医師を目指す上で有利に働いてくれると信じています。
浪人をするにあたって私が一番大事だと思ったことは、しっかりとした自己分析だと思います。自分の良いところ悪いところをきちんと理解していなければ勉強も人付き合いも上手くいかないと思います。
そしてもう一つとっても大切なことは、自分を支えてくれる人への感謝の気持ちです。当たり前のことだとは思いますが、自分を含め最初からこのことがしっかりできている人はそう多くないと思います。親はもちろん、学院の講師や教務職員、友人に対して、今なら本当に心から感謝の気持ちが出てきます。ありがとうございました。

S・Yさん

今年一年を振り返って、本当に富士学院で良かったと思っています。少人数制ということもあり、高校時に比べて質問もしやすく、またその対応も丁寧でわかりやすかったです。
富士学院で日々を過ごしている中で、私は今までの自分の勉強の甘さに気付かされました。特に英語に関しては、今までの考え方からは全く違った形で英語を勉強しました。もちろん覚えることも多かったです。そんな時に、周りにいる仲間が支えとなってくれました。医学部を目指して、きつい思いをしているのは、自分だけではないと知り、頑張ることが出来ました。しかし、重要なのは自分の気持ちだと思いました。逃げる事をどれだけ我慢できるか、踏ん張れるか、が勝負だと思います。
医学部に受かる事がゴールではないので、これからも精進し、頑張ります。
今まで支えて下さった方々、合格へと導いて下さった方々に心から感謝します。ありがとうございました。

N・U君

私が富士学院に入ろうと決めたのは、富士学院に話を聞きに行った際、校舎長の熱意を非常に感じ、ここなら医学部に合格できると感じたからです。
入った当初は、前年受験に失敗したゆえに自分自身の力を信じる事ができませんでした。しかし、授業が進むにつれて自分に少し自信がつき、今までやってきたことは無駄なんかではなかったと確認する事ができました。また、私は相当のひねくれ者でありますが、富士学院の先生方を100%信じていました。その信頼できる先生方に教えられているのだから、医学部合格など簡単だと思いました。
勉強のやり方についてですが、私は努力をすることが苦手だと思っています。ですので、自習時間を長くすることができませんでした。自分は自習することが苦手な分、どこで成績を上げるかを考え、授業中に授業内容を消化する事にしました。ただノートを取るだけでは全く意味が無いと思い、ノートを取ることは二の次で、頭を働かせる事に重点を置きました。考えすぎて、授業中に頭が痛くなった事さえあります。また、授業で習った事を口に出すようにしていました。そうする事で、アウトプットする力をつけようとしました。私は、知識は人より多くありませんが、アウトプットする力を伸ばした事で、成績が上がりました。
次に、気持ちの重要性です。これが私にとって一番重要かつ深刻な問題でした。日頃から努めていたのは、自分への周り全ての人に感謝の気持ちを持つことです。感謝の気持ちを持っていれば、前向きな気持ちになり、勉強も調子よく出来ました。不平不満を口にしていれば、成長できないと思っていました。富士学院での生活を通して人間として成長できたと思っています。医師となるための人間としての土台をつくることができ、富士学院に感謝しています。
最後に、私を長年支えてくれた家族、いつでも気さくに相談に乗ってくださった校舎長、親身に指導して下さった先生方、富士学院での生活を支えて下さった富士学院の方々、苦楽を共にした富士学院の仲間たちに心から感謝を伝えたいと思います。
これからの大学での生活は希望と不安がありますが、富士学院での経験を誇りに思い、医学を学んでいこうと思います。

M・T君

今回、富士学院の合格体験記を書くことができ、本当にうれしいです。富士学院に出会わなければ、この合格はなかったと思います。
私が久留米大学医学部医学科に合格できた理由を今から述べていきたいと思います。
まず、1つ目は内容の濃い授業です。先生方はひとつひとつわかりやすい授業をしてくれ、わからなかったところも授業外にわかるまで教えてくれました。久留米大学医学部医学科に特化した授業をしていただいたおかげで、入試本番は苦手だった英語でしっかりと得点することができ、合格に繋がったと思います。また、小論文や面接の対策もしていただきました。小論文は最初、何時間かけても書けませんでしたが、本番では制限時間内に書けました。面接対策ではなぜ自分が医師になりたいのかを再確認でき、しっかりと自分の意思を伝えられるようになりました。このような対策授業は私が合格できた一因です。

2つ目は富士学院小倉校の環境です。
私は7月頃から通い始めたのですが、富士学院の職員の方々や先生方がとてもフレンドリーに接してくれて、すぐに馴染む事ができました。職員の方々や先生方と生徒の距離がとても近く、相談や質問がしやすい環境でした。そのおかげで、プレッシャーのかかる受験前でも、しっかりと目標に向かって進んでいけました。

この2つが久留米大学医学部医学科に私が合格できた要因だと思います。
これでようやく医者になるためのスタートラインに立てました。私は今まで多くの人に助けられ、支えられて生きてきました。これからはお世話になった人をはじめ、多くの人に恩返し、恩送りをしていきたいと思います。必ず良医になります。

M・K君

私が富士学院小倉校に入学してよかったと思う点は3つあります。
1つ目は、医学部受験専門の予備校ということもあり、授業や課題でしていることに全く無駄がないということです。高校生の頃はほとんど勉強をしておらず、医学部に合格するには程遠い成績でした。しかし、富士学院の先生方の言うとおりに勉強していくと、成績がどんどん伸びていき、偏差値が70を超える科目ができるようにもなりました。
2つ目は、一次の学科試験の対策だけでなく、二次の面接対策もしっかりとしてもらえることです。私は、面接が得意ではありませんでしたが、何度も面接指導をしてもらったおかげで、本番では自信をもって面接に臨むことができました。
そして3つ目は、内寮にはいったことです。授業を受ける校舎と同じ建物に寮があったため、移動などで時間を無駄にすることがなく、睡眠や食事以外の時間を全て勉強に注ぐことができるので、本当の意味で勉強だけに専念できる環境でした。
最後に、今まで私のことを支えてくれた両親、そしていつも丁寧に指導して下さった先生方や教務の方々には感謝しています。今まで本当にありがとうございました。

Y・Nさん

私は今年富士学院に入学して本当に良かったと思っています。富士学院に入ってから模試がE,D判定からA判定になり、結果医学部に何校か合格をいただくことができました。私が成績を伸ばせた要因は主に2つだと思います。まず1つは小倉校に内寮があったことです。内寮のおかげで可能な限り全ての時間を勉強に回すことができましたし、精神的にも自分を追い詰めることができました。そして2つ目は先生方に質問をわかるまでできるということです。大手予備校ではなかなか1人の先生を独占することができませんが、富士学院では本当に理解ができるまで質問することがでしました。きちんと理解をするということを積み重ねれたからこそ成績を飛躍的に伸ばせたのだと思います。
また合格を勝ち取る上で、受験校の分析と選択、戦略がいかに大事かわかりました。これらは富士学院の莫大な情報量があるからこそできることだと思います。今年一年本当に辛かったですが、家族や友人そして富士学院の方々に支えて乗り越えられました。本当にありがとうございました。

M・Kさん

私は高校時代全く勉強せず、全科目偏差値40台というのは当たり前で、物理に至ってはなんと40無いこともありました。そのような私を富士学院が変えてくれたのです。富士学院の先生方の指導に素直について行くことによって、模試の物理の偏差値は70まで上がり、秋には総合で65くらいまで上がりました。また、私は精神面で非常に支えていただきました。私はつらくなると逃げ出す癖がありましたが、校舎長や担任の先生は私を見捨てるどころか、共に悩み、解決策を考えてくださいました。ここまで面倒見の良い予備校は他には無いと思います。さらに、志望校選定の際、考えもしなかったセンター利用を勧めてくださいました。結果、私の場合、正規合格をいただけたのはセンター利用のみだったので、私の力だけでは医学部合格は無理だったと思います。指導してくださった先生方、支えてくださった教務の方々、美味しい料理を作って下さった食堂の方々、共に励まし合った友人たち、そして何も口出しせず私を見守ってくれた両親に本当に感謝の気持ちしかありません。ありがとうございました。富士学院で浪人生活を送れて良かったです。

※上記は2017年度のものです。

勉強や受験に関するご相談及び学院見学は
随時受け付けております

小倉校の特徴

小倉校の特徴7つ

医学部予備校 富士学院 小倉校新校舎の概要

住 所 〒802-0014 福岡県北九州市小倉北区砂津3-2-18
フリーダイヤル

0120-08-9179

電話番号 093-531-6360(代表)
FAX 093-531-3186 
受付時間 平日・土曜/9:00〜18:00 日曜・祝日/10:00〜18:00
最寄り駅 JR小倉駅より徒歩10分

 

医学部予備校富士学院の指導コースのご案内

富士ゼミ

個人指導

期間限定特別講習
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です