平成29年度
国公立医学部医学科専願者
東京医科歯科大学、京都大学、鹿児島大学他
20名中17名合格!
(合格率85%の圧倒的実績)


選抜試験なしで医学部医学科
最終合格者207名!
前年比129%の圧倒的合格実績!
※一次・補欠は一切含んでおりません。

医学部受験に向けての
“最後の追い込み・確認”
限られた時間をどう使うのかが、
合否を分ける!


毎年受験生から高い評価を得ている入試直前指導、
どういう「対策」が必要なのかは
生徒一人ひとりで全て違う!

入試直前指導は、迫る医学部受験に向け、受験生一人ひとりにとって必要な最後の追い込みを図ります。
残り少ない限られた時間の中で今やるべき事は何か!?また足りない所はどこか!?
ここからの時間の使い方がまさしく合否を分けます。
どこに出願し、どういう対策が必要なのかは生徒一人ひとりで全て違います。


出願校の選定と受験スケジュールの組み方

医学部合格のひとつの大きなポイントは、出願大学の選定です。
特に国公立医学部においては前期、後期の出願先をどこにするのか
また私立においては入試日程を踏まえて、どこの大学を受験し、
どう受験スケジュールを組んでいくのか
がとても大事になります。
また大学毎に出題の傾向が違う中で、受験する大学の対策がどのくらい具体的に取れたのか、
ここも合否の大きなポイントとなります。


最後の一点で合否が分かれる医学部入試。
合格に向けできうる最大の対策を行います!

富士学院では大学の出題傾向や配点、合格の判断基準も大学毎で違う中、
最新の入試情報を基に、出願校の選定から対策まで、受験生一人ひとりに合わせ、
合格に向けできうる最大の対策
を行います。
また併せて精神面のフォローなども行い、受験に備えます。
富士学院はこれまでにもたくさんの受験生を指導する中で、
その受験生に今必要な事をきちんと指導し、結果を出してきました。
受験生一人ひとりの今やるべき事に富士学院はしっかりと応えます。ぜひ、ご相談ください。


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
平成29年度選抜試験なしで医学部医学科最終合格者207名!
国公立医学部20名中17名合格(合格率85%)、
※補欠・一次除く最終合格者数
ポイント 2
数多くの医学部医学科合格者を輩出してきた精鋭のプロ講師陣が徹底対策!
ポイント 3
生徒個々の状況に合わせ、医学部合格に向け必須となる具体的な二次試験対策と万全な面接指導
ポイント 4
全国6校舎の直営校による最新の地域別入試情報と校舎間の連携!(東京や福岡など、受験会場近くの直営校で前日まで質問対応や自学習ができます。)
ポイント 5
自分だけのプロアドバイザーが最後の受験が終わるまで相談に乗ってくれる!

平成29年度
入試直前指導受講生から
喜びの声が多数届いています!

島根大学医学部合格(一般)
H・S君
愛光学園卒業
「やる気」+「富士学院」=「医学部合格」といっても過言ではありません

この合格体験記では私が合格した1年の浪人生活がどのようなものだったかを記し、これから医学部受験をされる受験生のみなさんの何かの参考になれば幸いです。
私は高校卒業後一浪し、別の大学の医学部に進学し中退し、その後二浪して島根大学医学部に合格したという少し風変わりな経歴をもっています。浪人は決して楽しいものではありません。大学中退後の浪人中どんな遊びをしても、自分は浪人生であるという気持ちが全てを台無しにしてきます。浪人生又は受験生なのに勉強をしていないということが苦痛をもたらすのです。そして勉強で感じる苦痛は勉強することでしかぬぐうことができません。と、偉そうなことを言いましたが、私は富士学院とは別の塾に通っていたとき、その自責はありつつも授業をサボったりフラフラ銀玉遊びに興じてみたりと、真面目とは程遠い浪人生活を送っていました。はっきり言って出席した授業中以外ほとんど勉強しておらず、二浪目のセンター試験も8割ちょっとという悲惨な結果に終わり、さすがに本腰入れないとヤバいかな、などと悠長なことを思いつつ二次試験対策のため入学したのが富士学院でした。
島根大学は2科目受験なので、英数を90分ずつ2コマ週5日で二次試験まで個別指導してもらいました。個別指導では自分の苦手な分野、また先生がそう判断した部分の集中的な指導、わからなかったところはその場で2回3回と何度でも説明してもらえ、さらに自分の理解度に応じて授業スピードを自在に変えられるので、本当に濃密で能率的な指導を受けることができました。さらに個別指導なので、サボることができなかったのも自分にとって大きな利点でした。
富士学院では大手予備校とは違い医学部合格専門の先生方、スタッフがそろっています。「やる気」+「富士学院」=「医学部合格」といっても過言ではありません。それでは私は手が疲れたのでこれにて筆を休ませてもらいます。最後までご高覧ありがとうございます。

鹿児島大学医学部合格(一般)
H・M君
ラ・サール高校卒業
お世話になった学院の先生方に、次会う時は立派な医師として会いたいと思います

富士学院の先生方の手厚い面接指導のおかげで、僕は鹿児島大学の面接試験に自信を持って臨むことができました。しかし、その面接指導はただの面接指導ではなく、医学部合格後の大学生活のベースとなるものでした。
直前期の時間が無い中でも、受けてよかったと感じる指導をいつも提供して頂き、自分で調べても全く分からない、面接で聞かれそうな医学界最低限の学識を教えて頂いたり、自分の意見や医師志望理由が自分の考えるままに、相手に悪い印象を持たれないように伝わっているかのチェックなどをして頂きました。その中で、医師になる事における覚悟や考えが深まり、直前期の不安定な視線状態を奮い立たせて勉強に集中することができました。お世話になった学院の先生方に、次会う時は立派な医師として会いたいと思います。

日本大学医学部合格(一般)
R・F君
青山高校卒業
同志の合格を心から喜べる。この気持ちを皆と共有できる場所

富士学院との出逢いは、説明会に参加した父から話を聞いたのが最初です。先生方の丁寧な対応とアドバイスに惹かれ、入学を決めました。当時の私は力をつけているという手応えはあるものの、それが形となって現れず悶々としていました。そんな中、校舎長に厳しいお言葉を頂くと共に、合格への戦略を親身になって練って頂きました。当時の私にとって、そういった力強い言葉は大きな励みとなりました。
その結果、いくつかの大学で一次試験を突破できました。しかし同時に、現役時には一度も二次試験を経験していなかった為、面接試験に関して不安を抱いていましたが、富士学院ではそのときも実践的な模擬面接を行って頂き、万全な対策を講じた上で本番に臨むことができました。富士学院には、仲間同士で高め合おうという雰囲気がみなぎっています。話したことはなくても、一緒に面接対策に打ち込んだ人の良い結果を心待ちにする。誰かが喜んで合格を伝えに来ると、心の底から「おめでとう」と思う。こういう気持ちを皆と共有できる場所は、富士学院の他にないと思います。
最後になりましたが、校舎長を始め、その他スタッフの方々や、私と関わってくれた同じ受験生の方々、本当に有難うございました。

東海大学医学部合格(一般)
Y・K君
東海高校卒業
非常に充実した環境で勉強をすることができました。

私は富士学院で入試直前の11月から3か月間個別指導で物理を指導していただきました。
富士学院に入るまで私の勉強のやり方は、自学・自習が中心で分からない部分については、参考書やネットを利用して自分で解決していました。しかし物理のコアとなる概念について自分で勉強していても、どうしてもすっきり理解できない部分がありました。それが原因でやや難度の高い参考書に手を出して、解説を読んでもその解説の内容をなかなか自分のものにできずに悩んでいました。そんな時に富士学院で1科目から個別指導をしてくれると知り、物理の苦手分野の克服を目的として入学しました。対面でじっくりとわかりやすく、かつ繰り返し苦手分野の指導をしてもらううちに、苦手分野について少しずつ霧が晴れていく感触を味わえました。この指導のおかげで本番では大崩れすることはなく、安定して点数をとれることができました。自学・自習で勉強を進めていくと自分の苦手部分についてなかなか克服できない状態に陥ることが私も多々ありました。そんな時は自分の弱点部分としっかり向き合ってくれ、かつ自分の弱い部分をしっかり指摘してくれる先生の力を借りることは、弱点克服の一つの良い手段だと感じました。授業時間以外では、常に他教科の質問もすることができたり、面接指導も徹底的にしてくださるなど、私はほんとの最後の最後でお世話になっただけですが、非常に充実した環境で勉強をすることができました。最後に試験前でナーバスになっている自分に対しても最後まで応援し続けて下さった富士学院の職員の方々や先生方にお礼を言いたいです。本当にありがとうございました。


校舎へ通える方には

  • 富士学院は、日曜日を除く毎日夜22:00まで(日曜日のみ夕方18:00まで)指導を行っておりますので、学校帰りや部活帰りにいつでも指導を受けることができます。
  • 授業が無い日でも来院して自学習を行う事ができ、空いている講師には質問も可能です。
  • ご希望により学院食堂もご利用出来ますので、食事の心配は一切いりません。
  • 受験する大学の最寄りの校舎を利用でき、自学習や、空いている講師に質問も可能です。

校舎へ通える方イメージ


遠方の方には

  • 各校舎最寄りの提携ホテル又は空いていれば学院寮に宿泊することが可能です。受講期間に合わせて特別料金でご利用頂けます。宿泊手続きは学院がすべて行いますのでご安心ください。
  • 受講期間中は、朝から夜の閉館まで学院で勉強する事が出来、終日自習室も利用する事が出来ます。また空いている講師には質問も可能です。
  • ご希望により学院食堂もご利用出来ますので、食事の心配は一切いりません。
  • 受験する大学の最寄りの校舎を利用でき、自学習や、空いている講師に質問も可能です。

遠方の方イメージ


Q&A

Q
指導する講師の先生はどのような方ですか?
A.
医学部受験に精通した経験豊富なプロの講師が、責任を持って指導します。指導経験が少ない学生アルバイトは特例を除き、原則として採用していません。生徒一人ひとりの状況を把握し、生徒の学力を上げる為、目標を叶える為にはどうしたらよいかを生徒目線でしっかり考え、指導出来る講師陣です。
Q
経験豊富なプロの講師とありますが、採用基準はありますか?
A.
富士学院講師の採用は業界トップクラスの厳しい選考基準を設けています。応募資格は受験指導経験者のみで、選考方法は「書類選考」・「筆記試験」・「模擬授業」・「面接試験」の4段階あり、すべての条件をクリアし生徒目線で考えることができ、教育者としての人間力溢れる講師のみが在籍しています。さらに一人の講師に指導を丸投げせず、講師・職員間の細かなチームとしての連携を含め、日々責任を持って指導を行っています。また、学院職員の採用には適性検査の他、2段階の面接試験があります。いずれも高いスキルと教育者としての自覚と覚悟が必要であり、学院理念を理解し、生徒目線で共に成長できる事が採用条件となります。
Q
講師との相性が合わない場合、代えて頂くことはできますか?
A.
授業をスタートする前に生徒に合わせて講師を選択し、オリエンテーションを行った後に授業がスタートしますので、相性が合わないケースは少ないですが、どうしても合わない場合は、指導途中でも講師の交代を出来るだけ速やかに行います。また、その場合は講師間で引き継ぎをきちんと行いますのでご安心ください。
Q
教務担当・学務担当とはどのようなものでしょうか。
A.
教務担当は主に生徒の生活面やメンタル面の支えとなり、日常的に関わっていきます。
学務担当は生徒をお預かりする際に、まず最初に保護者・生徒にお会いし、現在の状況・志望校などの確認を含めた相談窓口として対応します。
富士学院では、お預かりした生徒一人ひとりに対して真剣に向き合い、責任を明確に持った講師・職員が幾重にも重なり関わって行く応援体制で、しっかり対応します。
Q
個人指導の授業時間は何分ですか?また受講期間などの制限はありますか?
A.
受講にあたり最低限の受講コマ数や受講期間は設けておりません。授業時間は平日・土曜・祝日は9:00~22:00、日曜日は9:00~18:00の間で1コマ70分、100分授業から選択・調整いただけます。 ご希望に合わせて「1コマだけ」、「1科目だけ」、「1日だけ」の受講も可能です。曜日や時間帯についても、ご希望を承った上で日時調整をしております。たとえばご希望の受講科目を「毎週同じ曜日・時間で週1コマ」受講しているケースも多いです。また二次対策として面接のみ、小論文のみ受講することも可能です。
Q
合格実績について教えてください
A.
富士学院では、開校22年の実績として、これまでに延べ1,319名を医学部医学科に送り出してきました。平成29年度の合格実績では延べ207名の医学部合格者を輩出しています。内、私立医学部医学科合格者は 190名(前年比126%)で、開校1年目となった東京校では選抜試験なしで私立医学部医学科専願者実数15名中9名が正規合格(合格率60%、一次合格者13名、一次合格率86%)、圧倒的ともいえる実績を打ち出すことができました。選抜制をとらずに医師になりたいと願う生徒を分け隔てなく受け入れてきた中で、確実に力をつけ、合格実績を伸ばしてきました。中には偏差値30台から医学部に合格した生徒、国公立医学部に一年で行きたいと大手予備校の特待を蹴って富士学院に入学し、見事一年で国公立合格を果たした生徒など、富士学院ならではの嬉しい結果がたくさん生まれています。
Q
国公立医学部の合格実績について教えてください。
A.
平成29年度合格実績では国公立医学部医学科専願者20名中17名合格(合格率85%)、平成28年度合格実績では専願者12名中10名合格(合格率83.3%)、平成26・27年度ではそれぞれ8名が合格を果たしました。まだまだ国公立医学部医学科の受講が少ない中、平成25年度の合格実績では4名中3名が合格を果たし、平成29年度、28年度は、国公立医学部医学科専願者に対して、共に80%を超える合格率を誇っています。受講者が少ない分、合格者は少ないですが、この合格率は私共の誇りであり、今後は更に国公立医学部にも力を入れ、受講生を増やしていきたいと思っています。(富士学院の合格実績について)
Q
現在他予備校に通っていますが、途中から入学することは可能ですか?
A.
はい。個人指導であれば年間を通していつでも可能です。多人数の一方的なクラス授業では得意な科目は問題ありませんが、少し苦手としている科目は質問もしにくいため、なかなか学力が伸びません。そこを個人指導で補う事は力をつけるための一番の早道です。その他、受験に関してや、勉強に対する相談はいつでも受付けておりますので、お気軽にご相談してください。
Q
問い合わせをした場合、強引な営業や勧誘などはありませんか?
A.
そのような行為は一切ありませんのでご安心ください。どこの予備校・塾に行くかは保護者にとって、ご本人にとって、とても大事な選択となります。その選択肢の一つとして、富士学院をしっかり理解して頂く為にも資料を見てもらったり、説明を聞いてもらいたいと思っています。そして最終的にはご本人と保護者の方が判断されるべきだと考えます。ぜひ、ご自身の目で実際の富士学院を見てご判断ください。


「最後まで諦めない」
この気持ちがどれだけ大切であるのかを
毎年多くの生徒が結果で教えてくれます。

「絶対に医師になる」
と覚悟すれば自ら行動できる。
もっと力がつく。だから結果が変わる。

今から受験までにできることを
一緒に考えることができればと思います。

東京校:0120-01-9179
9:00〜18:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)
名古屋校:0120-9816-33
9:00〜18:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)
岡山校:0120-9179-00
9:00〜18:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)
小倉校:0120-08-9179
9:00〜18:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)
福岡校:0120-5251-22
9:00〜18:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜18:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)

ページトップ