鹿児島の医学部予備校 富士学院鹿児島校

医学部予備校富士学院トップ 富士学院東京校 富士学院名古屋校 富士学院岡山校 富士学院小倉校 富士学院福岡校 富士学院鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コースのご紹介合格実績よくある質問
医学部予備校「富士学院」トップページ鹿児島校
スマートフォン用ページに切り変わらない場合はこちら

クリックで画像が切り替わります。

2017年3月末、男子寮、女子寮及び専用食堂がオープン!医学部を目指す浪人生の他、高校生や中学生個人指導生も来院。地元鹿児島大学をはじめ、多くの医学部合格者を輩出しています。

富士学院鹿児島校は2013年に開校しました。現役生個人指導の他、浪人生を対象した富士ゼミ、個人指導を行う医学部総合予備校として、地元鹿児島大をはじめ、福岡大、久留米大など多数の医学部合格者を輩出しています。毎年受験者が増え、年々難化が進む医学部受験においては出来る限り早めの対策を取る事が必要であり、合格の為には本人のモチべーションを含め、医学部受験に向かう上での、周りの学習環境も大事な要因となります。鹿児島校では同じ志を持ったたくさんの生徒達が日々切磋琢磨し、勉強に励んでいます。医学部進学についてのご相談や、受講に関するご相談は随時受付けておりますので、ぜひお気軽に鹿児島校にご来校下さい。

2017年度医学科合格者207名(前年比129%)の圧倒的実績!

速報

富士学院の個人指導

鹿児島校イベント2017

富士学院 イベント・ニュース

現役個人指導生から富士ゼミ生まで喜びの声多数!

S・N君

高校2年生になり、本格的に医学部受験を目指すと決めて予備校探しをしました。大手予備校から話を聞いて回りましたが、どれも私にはしっくりきませんでした。帰宅しようとした時に、鹿児島中央駅西口にある富士学院の大きな看板が目に入りました。細やかな指導を受けられる個人指導なら自分に合うのではないかと説明を聞きに行きました。校舎の中に入ると、すべての生徒が集中して勉強していて、とても良い雰囲気でした。授業料は大手予備校と比べると高く感じましたが、それも良い意味での自分へのプレッシャーにしようと思い、入学を決めました。
当時の私は、学校の予習に追われて、復習はテスト前にまとめて行う感じでした。入学後は、毎週末に予習を終わらせて、授業がある日は、その日の復習をするというスタイルに切り替えました。富士学院は、生徒ひとり一人を尊重しており、課題についてもあまり出されないので、自分の計画通りに勉強を進められました。授業についても、同じ内容でも何度も懇切丁寧に教えてくださるおかげで、確実に自分のレベルが上がるのを感じました。早くも前期の中間試験から効果があらわれ、2年生の終わりには合格ライン近くまで上げることができました。後半は、教科書を徹底的に読み込んで、定着が浅いところをマーカーで印をつけながら、補完作業を徹底しました。その積み重ねで合格を勝ち取れたと思います。
受験期で様々な試行錯誤をしましたが、やはり大切だと言えるのは、十分な休息を取ることと昨日の自分より今日の自分の方が多くの問題を解けるという自信を持つことだと思います。最後になりましたが、私を支えて下さった富士学院のすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました。

H・M君

富士学院の先生方の手厚い面接指導のおかげで、僕は鹿児島大学の面接試験に自信を持って臨むことができました。しかし、その面接指導はただの面接指導ではなく、医学部合格後の大学生活のベースとなるものでした。 直前期の時間が無い中でも、受けてよかったと感じる指導をいつも提供して頂き、自分で調べても全く分からない、面接で聞かれそうな医学界最低限の学識を教えて頂いたり、自分の意見や医師志望理由が自分の考えるままに、相手に悪い印象を持たれないように伝わっているかのチェックなどをして頂きました。その中で、医師になる事における覚悟や考えが深まり、直前期の不安定な視線状態を奮い立たせて勉強に集中することができました。お世話になった学院の先生方に、次会う時は立派な医師として会いたいと思います。

S・M君

僕が初めて富士学院に来たのは、現役の11月でした。当時の成績は決して良くはなく、推薦入試と一般入試は共に落ちてしまいました。富士学院で浪人するにあたって、少人数の中で授業をすることが自分に適しているのかとても不安でした。しかし、少人数だからこそ自分の良い所も悪い所も理解してくれ、だからこそ先生方に質問する度に、何が悪いかを指摘してくれ、数ヶ月して成績が一気に伸びたときに、ここは本当に素晴らしい環境だなと気づきました。
今改めてこの1年を振り返ると、長くきつかった浪人生活に対する充実感や達成感をひしひしと感じています。それは、自分が勉強を頑張れる環境を作ってくれた親や富士学院の教職員の方々への感謝と、ライバルとして切磋琢磨してきた同じゼミの仲間のおかげだと思います。 富士学院で浪人してよかった!!最高です。

M・Yさん

私は中・高校生のとき、勉強の仕方が分からず暗記することをまとめて勉強した気になっていました。その結果、すべての暗記になり、論理的思考が身についていなかったように思います。富士の先生方には一から勉強の仕方を教わりました。先生方は答えが合う、合わないよりも思考の過程を指導して下さいました。先生方の指導のおかげで勉強の効率も良くなり、改めて勉強の仕方が大事だと思いました。
浪人しているときは、周りからの指摘や意見を素直に聞き入れ行動することができず自分の世界に入ってしまいがちです。でも自分をより大きく成長させる言葉をかけてくれる人を大切にすべきだと気づきました。今まで支えてくれた家族、先生方、仲間に心から感謝します。本当にありがとうございました。

Y・Mさん

私は、高校三年生の夏頃に富士学院に入りました。きっかけは、二年生の頃から勉強を頑張っていたものの、なかなか成績が上がらず困っていたことです。特に、数学は好きな教科でしたが、偏差値も50はありませんでした。そんなときに、今の富士学院の先生方に出会いました。現役の頃は、数学と英語の二教科の基礎固めに必死で、他の教科に時間を費やせないと思い、推薦しかないと思っていたのですが、恐らく演習不足だと思いますが、不合格でした。一般でも不合格と知ったとき、必ず一年で決めてみせると覚悟しました。浪人生活中は、起きているときはほとんど、ご飯を食べながらでも勉強しました。私はこの一年、先生の言われたことを忠実にしていました。その結果、一年で合格できたのだと思います。
今の私があるのは、本当に富士学院の先生方のお陰です。この長いようで短い1年半、本当にありがとうございました。

M・Yさん

私は部活を引退してすぐ、高2の12月末に富士学院に入学しました。部活をしていた時は、テスト前しかまとまった勉強時間を取れなかったので、引退したらすぐ本格的に受験勉強に没頭したいという気持ちが強く、富士学院に見学に来てみると、自学習を重視しているというところに魅力を感じ、入学することにしました。
授業を受けてばかりだと吸収しきれず、全く自分のものになりません。なので、自学習は学力を上げるためにとても重要だと思います。私は高2の12月末から高3になるまで、いわゆる受験生0学期に自学習をたくさんしたので、受験勉強の良いスタートが切れてスムーズに勉強を進められました。今思うと、受験生0学期に差がつくというのは本当なんだと実感できます。また、親切な先生方、教務の方々、質問対応の先輩方がいるのも富士学院の魅力のひとつだと思います。富士学院には個性的ですばらしい先生方が勢揃いです。私は、授業でお世話になっている先生方にはもちろん、そうでない先生方にも質問したり、添削をお願いしました。嫌な顔ひとつせず優しく対応して下さる先生方ばかりなので、疑問があるとすぐに質問に行けました。
また、教務の方々とも気軽に話せて、毎日学院に来るのが楽しかったです。そして、私にとって最も心強かったのは質問対応に来る鹿児島大学の先輩方の存在でした。医学部受験を乗り越えてきた先輩方が教えて下さることは全て私の勇気になりました。オススメの勉強法や参考書を教えてくださり、私の馬鹿な質問にも優しく対応してくださり、私の悩みを聞き、相談に乗って下さり・・。
このような先輩方のいる良い環境の富士学院のおかげで、私は楽しく受験期を過ごせ、現役で医学部に合格できました。最後に受験勉強で最も大切なのは積極的にいくことだと思います。質問する時も、問題を解く時も、授業を受ける時も、自分から積極的にいって、頑張って下さい!

M・Mさん

「医学部現役合格」1年前の今頃はとても考えられませんでした。中学、高校と陸上部に所属して、学校行事も含めて、やりたいことはすべてやりました。そのため、医学部を目指す友人たちとは意識も学力も大きな差がありました。そんな時に両親の勧めで富士学院に入学しました。初めの頃は不安もありましたが、少しずつ慣れて勉強に集中できるようになりました。個人指導では、私に足りていないところだけでなく、志望校対策を中心に指導して頂きました。また、分からないところはすぐに質問できて、その日のうちに解決できたこともとても有難いことでした。面接指導は、日頃から鹿児島校で対策してもらい、福岡校では直前対策を受講しました。色々な場面を想定した中で、的確な指導を受けることができたので、自信を持って本番に臨むことができました。「医師になりたい」という私の夢のスタート地点に立てたのは、富士学院で勉強できたこと、学院の先生や職員のみなさん、そして両親の応援のおかげだと思います。心から感謝しています。

M・Kさん

一度目の大学受験は全滅でした。成人式に出たいという思いもあり、1年間で決めるのを目標に春から富士学院で取り組んできました。 高校の頃は予習や宿題に追われていましたが、今年は自分の時間を確保して復習にも力を入れられ、知らなかったことがまだこんなにあったのかと分かると同時に成績の伸びを感じました。ゼミの仲間と競い合う一方で、一緒に勉強し一人でするよりも楽しく継続的に取り組めた部分もあります。
富士学院にはプロの尊敬できる先生方がいてすぐに質問もでき、ゼミ生同士の繋がりも強く、アットホームで贅沢な設備環境で効率よく学習することができました。最後まで自信は持てませんでしたが、するべきことを着実にこなし、本番でも最後まで腐らずに諦めずに頑張れば良いことがあるんだなというのを実感しました。
終わりの見えない浪人生活から脱出でき、将来の夢に一歩近づけた事を嬉しく思います。ありがとうございました!

※上記は2017年度のものです。

勉強や受験に関するご相談及び学院見学は
随時受け付けております

鹿児島校の概要

 

住 所 〒890-0046 鹿児島県鹿児島市西田2-21-3 NUビル6階・7階
フリーダイヤル 0120-66-9179(医学部予備校)
電話番号 099-812-9179(代表)
FAX 099-812-9185
受付時間 平日・土曜/9:00〜18:00 日曜・祝日/10:00〜18:00
最寄り駅 JR鹿児島中央駅西口から徒歩1分

 

アクセスマップ

国公立医学部入試は推薦・AO入試を含めても前期・後期入試と年に3回しか受験のチャンスはありません。まずどこの大学を受験するのか、出願するのかは合否に大きく関わり、この選択を誤ると、まさしく大事な一年を棒に振る事にもなりかねません。
難関の医学部合格を勝ち取る為にはまず、国公立・私立共に各大学の最新の入試情報をしっかり取り、過去の入試データを含め、大学をしっかり把握する事が大事です。そして自分自身の現状を的確に把握し、どこの大学を狙うべきか、もしくは志望大学に合格する為に必要な事、やるべき事は何なのかを的確に把握し、その対策を出来る限り取る事が必要となります。
鹿児島校では、来春医学部を受験される方、また今後受験予定の方、その保護者の方の様々な受験相談に応じます。まずはでお気軽に御相談下さい。

富士学院の指導コースのご案内

富士ゼミ

個人指導
期間限定特別講習
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です
ベリサイン社SSL