医学部予備校「富士学院」の教育方針についてご紹介。

医学部予備校富士学院トップ 富士学院東京校 富士学院名古屋校 富士学院岡山校 富士学院小倉校 富士学院福岡校 富士学院鹿児島校
現役生の方へはこちら高卒生の方へはこちら保護者の方へはこちら指導コースのご紹介はこちら合格実績はこちらよくある質問はこちら
医学部予備校「富士学院」トップページ富士学院のご紹介

富士学院の詳しい紹介

医学部現役合格を目指そう!

教え育む教育を実践

今後の社会を担っていく大事な大事な宝である生徒一人ひとりが、学力の向上を含めしっかりと成長していくためには、生徒の前にまず私共自身の日々の成長が不可欠であり、生徒と共に日々頑張り、日々成長していくという強い覚悟が必要だと思っています。教育者として生徒を指導していく上で“その自覚と責任そして覚悟を持つ”事は当たり前の事ですが、この当たり前の事を富士学院は真面目に真剣に日々取り組んでいます。

医学部合格に必要な最高の学習環境

難関の医学部合格を勝ち取るためには、医学部受験の学習環境により多く触れる事が必要です。医学部受験に精通したプロ講師、これまで蓄積された数々のデータやノウハウ、最新の医学部入試情報、これらは全て医学部受験の学習環境のひとつですが、何よりも大事な事は、これらの情報やデータその他様々なノウハウが生徒にしっかりと活かせる環境がきちんとあるかどうかです。富士学院の自慢のひとつはその学習環境を含め、医学部合格に必要な“様々な環境”がしっかりと整っている事です。

 

医学部を目指す高校生や中学生がたくさん来院

富士学院は医学部受験予備校ですが、現役での医学部合格を目指し、浪人生だけでなく、たくさんの現役生(中・高校生)が学校帰りや土・日を利用して来校指導を受けています。学院内は浪人生達が医学部を目指し必死で勉強をしており、その空気感や環境に触れる事は多くの刺激を受けるだけでなく、医学部を目指す上での更なる意識とやる気を高め、学力や成績の向上に、確実につながっています。

厳選して採用した講師陣

富士学院の講師採用基準は高く教科力+指導力+αが必要です。採用には医学部受験に精通した教科力と指導力は当然ながら、指導を行う上での必要な人間力や日々成長していく意識など様々な資質が問われます。筆記試験、模擬講義、最後に行う面接試験。これらを全てクリアし採用された講師のみが現在富士学院で指導を行っています。

常勤講師や職員の数が豊富

富士学院の各校舎では、常勤で指導を行う事ができる講師をできる限り採用し、配置する事を心がけています。様々な指導経験を持つ常勤講師が数多くいる事は学習指導面のみならず生徒情報や指導方針の共有などを含め、生徒指導に大きく活かす事ができます。また常駐している講師や職員が多くいる事により、一人ひとりの生徒の状況を詳しく把握でき、即生徒の対応に活かせると共に、生徒にとっても質問や様々な相談がいつでもでき、安心して勉強に集中する事ができます。

生徒の現状を講師・職員で共有できる生徒管理システム

富士学院では、受講している一人ひとりの生徒の学習状況、成績状況、生活状況(富士ゼミ生)を把握し、分析するために必要な独自の生徒管理システムを導入しています。このシステムの導入により、担当する講師や担任講師、職員がそれぞれの生徒情報を正しく共有する事ができ、生活面を含む様々な生徒指導や具体的な学習指導に大きく活かす事ができています。

校舎は全て直営校

全国展開をしている予備校や塾などでは、FC(フランチャイズ)による校舎展開をしているところが数多くありますが、富士学院の各校舎は全て直営校として学院が運営をしています。これはFCではどうしてもビジネス的な要素が絡み、学院が大事にしている理念の共有が図りづらいという事と、富士学院としてお預かりした生徒一人ひとりに対し、学院としてしっかり責任を持って指導を行っていきたいという強い思いがあるからです。

 

 

富士学院の指導コースのご案内はこちら

富士ゼミはこちら
個人指導はこちら
期間限定特別講習はこちら
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です

 

ベリサイン社SSL