【合格体験記】生徒の合格の軌跡です。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コースのご紹介合格実績よくある質問

2018年度合格体験記

久留米大学医学部医学科合格

一般

T・Y君

富士ゼミ生
早稲田佐賀高校

脳裏に焼き付くほど解き直した問題が実際に出題された時、「努力は人を裏切らない」ということを痛感しました。

1年間の浪人生活を振り返ってみて、富士学院は自分にとって最適な学びの場であったとしみじみ思います。
私は周りに流されやすい性格なので、他に浪人する同級生が選んだ大手の予備校ではなく、少人数でアットホームな富士学院を選びました。将来医師を志す、自分と同じ境遇の仲間と共に切磋琢磨できる環境は、医学部予備校の富士学院ならではです。また、食堂でも食事が非常においしかったので、日々の勉強の励みにも繋がりました。
現役の時は勉強に対するやりがいというものを感じず、部活ばかりに気力と体力を使ってしまい、浪人してすぐの頃は勉強法に悩んでいました。そこで、先生方から基礎を固めなさいとアドバイスをもらい、今までは目もくれていなかったような基本的な問題を解くことにしました。また、私は数学が大の苦手だったので、担当の先生に何と言われても必死に食らいついて質問をして、テキストや週テストを答えを覚えるくらい何回も解き直しました。そして入試本番、自分は脳裏に焼き付くほど解き直した問題が実際に出題された時、「努力は人を裏切らない」ということを痛感しました。
そして現役の時は感じられなかった勉強に対するやりがいを得ることもできました。
また、私は11月の久留米大学の推薦入試に落ち、挫折を味わいました。しかし、ここで落ち込んでいても何も始まらないから先に進むしかないと先生方から励まされ、気持ちを切り替えて、全身全霊を込めて勉強と向き合いました。その結果、一般入試で久留米大学と福岡大学に正規合格し、リベンジを果たすことができました。これは、自分の力だけではなく、両親や、支えてくれた富士学院の先生方のお陰だと思います。
医学部受験はつらい戦いですが、その中でしか得られない貴重な体験が数多くあります。是非富士学院で、合格への第一歩を踏み出してみて下さい。ありがとうございました。

過去の合格体験記