医学部予備校 富士学院は医学部受験に特化した個別指導を東京・名古屋・岡山・小倉・福岡・鹿児島で行っております。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へはこちら 高卒生の方へはこちら 保護者の方へはこちら 指導コースのご紹介はこちら 合格実績はこちら よくある質問はこちら

30代で医学部予備校へ通う人が増えている理由とは

医学部予備校「富士学院」トップページ > コラム > 30代で医学部予備校へ通う人が増えている理由とは

30代で医学部予備校へ通う人が増えている理由とは

医学部を受験する30代は案外多い


30代で医学部を受験するのは自分だけだろうかと悩んでいる人もいますが、医学部予備校に通う人の年齢は幅広く、30代はもちろんのこと40代、50代で通う人もいます。年齢のことが気になるのは、医学部再受験をすると若い世代の人に比べて試験で不利になる可能性があるのではないかと考えてしまうためです。たしかに再受験生に関して言うと、現役生に比べると一定の年齢を超えた再受験生の面接点数が低くなる可能性もあります。同じように受験しているのにおかしいと思うかもしれませんが、現役生に比べてより高い点が求められるため、現役のときに比べて難易度がずいぶん高くなっています。医学部のある大学の中には、面接試験がない学校や学力を重視する学校も存在します。しかし、このような学校は偏差値が高い傾向にありますので、それなりに勉強する必要があります。
医学部の再受験を考えている場合、中には編入試験を考える人も少なくありません。30歳を過ぎてから医学部2年次や3年次に入ることになるわけですが、大学によって編入試験の過程が異なります。現役生に比べて再受験は難しいと言われていますが、現役生より長く生きている分、人生経験が豊富と言えます。その経験を医学部編入試験で評価される可能性も高いです。もしもハイレベルの理系学部を卒業しているという場合、そこから研究者になった経歴を持っているのであれば、編入試験はかなり優位になるでしょう。中には栄養士、薬剤師、臨床検査技師などから学士編入する人も珍しくありません。文系の場合でも、例えば医療関係のメディア関連で仕事をしていたとなると編入試験で合格する確率が高くなります。

自分の人生設計は自分で立てよう


30代で医学部予備校に通うかどうか迷っている人は、不安を解消するために多くの情報を集めることが大切です。これまでの経験を医学の世界で役立てたいという人が目指しているのが編入試験と言われています。現役生の場合は高校を卒業したあとに医学部に入ったわけですから、30歳以上の人に比べたらまだまだ経験が浅いと言えます。経験は自分にとって大きな武器になるのです。その武器に自信があるのであれば、編入試験を受けることを検討することもおすすめです。
ただし、中にはその他の理由で不安があるという人もいます。人それぞれ悩みは違いますが、例えば結婚のことや子育てのことが不安材料になることもあります。たしかに30歳を超えると一般的には結婚を控えていたり、結婚をしてこれから子供を産んで育てたいという人もいるでしょう。まさに子育て真っただ中という人もいます。そんな中で医学部再受験を成功させることができるのか、人生設計を考えたときに気持ち的に不安が募るのも無理はありません。30歳で受験するとなると医師として現場で働けるようになるのは30歳半ばを過ぎてからになります。
だからこそ人生設計を立てることがポイントになるのです。今の状態から医師免許を取得するまで、どのタイミングでどのように学習していけばいいのかといった計画を立てれば、時間を効率よく使うことができます。時間があまりないと考えてしまうと気持ちばかりが焦ってしまい、思うようにやりたいことをやれずに時間だけが過ぎてしまいます。人生設計を立てることで気持ちを落ち着かせて、学ぶことに集中できる生活を送ることが大切です。そのためにも医学部予備校に通うことは大きなメリットになります。学ぶ場所があると気持ちの切り替えもできますし、生活にもメリハリが出るので、人生設計を立てる際には医学部予備校に通うことをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

医学部予備校に通うメリットとは


30代を迎えて医学部を目指す場合、医学部予備校に通うことがおすすめですが、その理由は多くあります。まず、独学で学ぶには限界があるのが現状なので、限られた時間を有効活用するという意味ではプロの講師に教えてもらえる環境を整えることは大切です。自分と同じように医学部を目指す人たちとの出会いもあるので、仲間と一緒に頑張れる時間は心の支えになるでしょう。また、医学部の受験に関するさまざまな情報もすぐに入手できるのも医学部予備校のメリットと言えます。
医学部予備校に通うことで、面談による不安な点などもすぐに解消できるので、モチベーションを高めることが可能ですし、計画的に勉強を進めることができるので時間も有効に使えます。その他にも、問題を解いている途中で分からないことがあったとき、その場で質問できるのも大きなメリットです。疑問をその場で解決することでより早く学べます。仲間とどんなことで悩んでいるのかを相談しあうことも可能です。さらに、医学部予備校には医学部の受験に関する情報が豊富に入ってくることも強みと言われています。医学部受験を目指すのであれば、少しでも効率アップを図るために医学部予備校に通うのはおすすめです。

医学部予備校富士学院の指導コースのご案内

  • 現役生 高卒生
  • 個人指導
  • 生徒・講師の1対1の完全マンツーマン指導で生徒の現状、
    目標・目的に合わせ最善の指導を行います
  • 詳しくはこちら
  • 高卒生
  • 富士ゼミ
  • これまで培ってきた入試データや受験ノウハウを最大限活かし、
    年間を通した受験指導で難関の医学部合格を目指します
  • 詳しくはこちら
  • 現役生 高卒生
  • 期間限定特別講習
  • 夏期・冬期講習、推薦入試対策、
    一般入試直前対策など
  • 詳しくはこちら
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です