【現役生の方へ】「富士学院」は生徒の現状を把握した上で、指導提案を生徒毎に行います。

医学部予備校富士学院トップ 富士学院東京校 富士学院名古屋校 富士学院岡山校 富士学院小倉校 富士学院福岡校 富士学院鹿児島校
現役生の方へはこちら高卒生の方へはこちら保護者の方へはこちら指導コースのご紹介はこちら合格実績はこちらよくある質問はこちら

生徒管理システムを導入することの指導メリット

医学部予備校「富士学院」トップページ > コラム > 生徒管理システムを導入することの指導メリット

生徒管理システムを導入することの指導メリット

医学部予備校で重要なポイントとなる生徒管理


医学部受験は競争率、偏差値レベルも高く、難易度が高いことで知られています。熾烈な医学部受験を勝ち抜くためには、サポートが充実した予備校で学習した方が、合格の可能性は高くなります。有名な人気カリスマ講師の授業であっても、集団授業や多くの予備校を掛け持ちしている講師では、質問も自由にできません。なるべく講師との距離が近く、質問や学習相談がいつでもできる方が、知識を確実に定着させ、学力を伸ばしていくことができます。
多くの医学部予備校は10人以下の少人数制を採用しており、学習管理が厳格で、受験生が勉強に集中できる環境を提供しています。生徒一人ひとりに指導が行きわたるように目配りすることが可能で、授業中でも疑問や質問があれば、いつでも質問できて、授業後も講師陣に質問することができます。講師陣も生徒の理解度や進捗度を見極めながら、授業を進めて行くので、生徒の状況に合わせ、臨機応変に講義を行います。
また、校内での学習だけでなく、専用自習室や直営寮完備、専用食堂で健康管理など予備校独自の設備や環境を提供している予備校なら、自己管理が苦手な生徒も、医学部受験に必要な膨大な学習量を確保することが可能です。このようにサポート体制がしっかりしている医学部予備校では、学校を挙げて教職員やスタッフが生徒の学習管理を行っています。毎日の授業の出欠確認はもとより、学習進捗度を把握し、成績管理や生活面で気づいたことなど、あらゆる面での生徒管理を徹底することで、適切な指導を行うことが可能になります。生徒一人ひとりに最適な指導を行うために、生徒管理システムを導入している医学部予備校もみられます。

生徒管理システムを導入するメリットとは


生徒管理システムを導入する大きな理由は、学校側の生徒管理の実務作業負担を減らすことです。医学部予備校に限らず、教育サービスを運営していく上で、成績や授業の出欠などの生徒情報、志望学校の情報、指導ノウハウなどの教育情報をスタッフ間で、一元管理して共有することはとても重要です。
また、システム化することで情報を共有するだけでなく、集めた情報を分析することもできます。まず、生徒情報を一元管理することで、生徒のリストに情報を集約します。氏名や住所、卒業校などの基本情報の他、成績管理、講義の受講記録を一元管理し、志望校はどこなのか、前回模試の成績などの情報をまとめて1画面に表示することができます。毎回の授業報告書に得意分野や苦手な分野を入力することで、簡単にグラフ化や分析などを仕上げることが可能です。そして、講師それぞれがストックしている指導ノウハウや志望校入試情報などを共有することができます。生徒対応で注意すること、気をつけることを他の講師との間で情報を共有することが可能です。
さらに一元管理した講師それぞれの情報データを、分析できることが重要です。さまざまな条件に合わせて簡単にグラフを作成することができるので、全体分析、個別分析などを加えた授業報告書を作成できます。そして、医学部予備校によって、オリジナルの生徒管理システムを開発することもできるというメリットもあります。

生徒管理システムによる指導面のメリット


生徒管理システムは予備校の運営上の負担や、実務作業を減らすだけでなく、生徒の指導にも生かすことができます。受講している生徒一人ひとりの学習状況や成績状況、全寮制であれば、生活状況を生徒管理システムにより、講師や予備校スタッフ全員で共有することで、担当講師や担任講師、スタッフが生活面も含めて、生徒指導や具体的な学習指導を行うことが可能になります。生徒の得意、不得意分野に合わせて、さまざまな指導経験を持つ常勤講師が、ポイントを押さえた効率的でムダのない、最適な指導やアドバイスを行うことができます。
また、医学部予備校によってはオリジナルに開発した生徒管理システムにより、登校、下校の管理や学籍簿管理、学習記録などを情報管理し、保護者向けに学習状況報告書を作成している学校もあります。各講義の出席状況だけでなく、登下校時刻や担任からのコメントも記載し、生徒の状況を保護者が常に把握できるので、不安を解消するメリットがあります。ただし、生徒管理システムはあくまでツールであり、そのシステムを生かすのは医学部予備校の指導力です。それがなければ生徒管理システムを指導に生かすことはできません。
医学部受験に精通したプロ講師が在籍している実績のある予備校だからこそ、蓄積された多くのデータやノウハウ、最新の医学部入試情報を生徒の指導にしっかり生かすことができます。生徒管理システムは医学部合格に必要なさまざまな学習環境のひとつです。医学部予備校の学習環境を選ぶ際に、生徒管理システムをどのように活用しているのかを見極めるのもポイントになります。

富士学院の指導コースのご案内はこちら

富士ゼミはこちら
個人指導はこちら
期間限定特別講習はこちら
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です
クリックして企業プロファイルを表示

現役生の方へ|医学部専門の受験予備校【富士学院】

ta name="smp-info" content="user=fujigakuin,host=shutto.com,rule=3Qukk8Y">