【合格体験記】生徒の合格の軌跡です。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コースのご紹介合格実績よくある質問
医学部予備校「富士学院」トップページ岡山校 合格体験記

合格体験記

先生方と教務の方々の徹底したサポートこそ、富士学院の魅力だと感じました

私が医学部を目指し始めたのが高校3年生の秋頃だったということもあり、卒業した時点で、私は数IA、生物、英語しか履修していませんでした。親の勧めで富士学院を知り、卒業してすぐに授業に参加しました。何も勉強してきていない私に、先生方は勉強のやり方から丁寧に指導してくれて、教え方も私にとってとても分かりやすく、私が理解できるまで根気強くきちんと教えてくれました。そんな私の1浪目の6月のマーク模試の結果は散々なもので、本当に私は医学部を目指していいのか、そもそも何年かかるのだろうかと心配と不安で寮に帰って泣く日もありました。その頃の私にとって心の支えは教務の方々や仲間たちでした。私の担当の教務の方は本当に私のことをよく見ていてくれて、私の変化にすぐ気づいてくれ、私の気が済むまで話を聞いてくれて本当に感謝してもしきれません。この先生方と教務の方々の徹底したサポートこそ、富士学院の魅力だと感じました。 また、仲間の存在も大きく、やはり「医学部」という同じ志を持った友達が近くにいる環境は、私にとって心強いと感じると同時に、良い刺激にもなりました。この人には負けたくないという気持ちが、勉強に取り組むモチベーションにも繋がったと思います。

私が3年間の浪人生活で得たものは数え切れない程たくさんあります。私にとって大きかったのは時間の使い方を学んだことです。1年という短い期間で決着を付けなければならないので、無駄な時間は1秒もありません。そのため、私は食事やお風呂の時間を活用しました。また、計画的に勉強することも大事です。ただ闇雲に勉強するのではなく、模試ごとに目標を立てて、それに向けてどのように勉強するべきなのか考えました。3浪目になると常にプレッシャーがつきまといましたが、先生方に相談することで、プレッシャーは薄れましたし、「やるしかない」と覚悟を決めることができました。ある先生2人は、本当に父親のように私を指導してくれたり、相談を聞いてくれたりで、お陰で私は心身ともに成長することができました。富士学院は他の予備校とは違い、先生との距離も近いので、積極的に質問しに行くことをおすすめします。

最後になりますが、最初は医学部を受験できる学力レベルではなかった私が合格できたのは、"医学部に合格したい"という気持ちがあったからこそだと思います。その気持というか想いこそが最後の最後で大事になるのだなと感じました。今、医学部受験に向かって戦っている人は、今は辛いかもしれませんが、合格した時は本当に嬉しいので、自分に負けることなく辛抱強く勉強して、是非頑張って下さい。 諦めないで下さい!必ず春はきます!私は応援しています!

富士学院の指導コースのご案内はこちら

富士ゼミはこちら
個人指導はこちら
期間限定特別講習はこちら
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です