【合格体験記】生徒の合格の軌跡です。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コースのご紹介合格実績よくある質問

2018年度合格体験記

川崎医科大学合格

推薦

N・S君

富士ゼミ生
金光学園

富士学院は偏差値40前後の自分にも親身になってたくさんの事を教えてくれて、人間として成長できる場所です。

私は、現役生の夏からこの富士学院でずっと勉強してきました。
最初はどの教科も偏差値が40に届くか届かないかの微妙なとこで、医学部受験どころか大学に行くことさえできないのではないかというくらい悪い成績でした。
浪人1年目はまずマンツーマン授業でとにかく勉強に対する耐性をつけるのに必死でした。
どの先生も私の成績、性格を認識した状態で授業の内容、教え方を工夫して親身になって教えてくださいました。
浪人2年目は生物の成績が上がり他の教科も徐々にですが上がりました。
そして浪人3年目に私は試験に弱く普段はできても本番でうまくいかない事がありました。そのため普段から競争力を養うためにクラス授業を主体にして授業を受けてきました。その結果、合格を勝ち取ることができました。
私は、この3年半、富士学院で勉強してきて学んだ事が多くあります。
その中で私は受験など大きな事に挑むときは、自分の気持ちを強く持つ精神力が大切だということ、自分の性格や長所、短所など自分自身のことをしっかりと理解することが大切だということの2つのことが私にとって最も大きな物になり、これらの事は受験においても最も大事なことだと思います。
そしてもう1つ、私はよく周りから3浪もよくできるね、と言われました。
もし私が一人で挑んでいたら必ずくじけて諦めていたと思います。
ですが、ずっと応援してくれた友達、親がいたからこそ続けることができ合格もできました。私はみんなの支えがあったからこそ続ける事ができ、感謝の気持ちを忘れずに続けたからこそ合格できたのだと思います。

富士学院は医学部受験に最も適した場所であり、学力があろうとなかろうと先生方は親身になって勉強だけに限らずたくさんの事を教えてくれ、人間として成長できる場所です。

過去の合格体験記