【合格体験記】生徒の合格の軌跡です。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コースのご紹介合格実績よくある質問

2018年度合格体験記

藤田保健衛生大学合格

一般

Y・A君

富士ゼミ生
岡崎高校

医学部を目指す人には富士学院は最高の学び場になります。ありがとうございました。

高校時代は部活動を優先してしまい、勉強と部活動の両立を果たすことができませんでした。何としても医師になりたいとの思いで、富士学院に入学しました。富士学院は、講師の先生や職員の方との距離が近く、どんなことでも話を聞いてくれて、相談に乗ってくれました。またわからないところは、理解するまで付き合ってくれたので、集中して勉強に臨むことができました。私自身の苦手科目である理科2科目を、他教科とどうバランスよく学習していくかという課題にも、チーム会議で翌月までの目標を定め、学習計画を立て、修正していくリズムが出来ていきました。成績も順調に伸びてきていましたが、10月以降、伸び悩みで苦しんだ時期がありました。11月には藤田保健衛生大学のAO入試を受験しましたが、残念ながら1次試験も通りませんでした。結果に少し落ち込みましたが、すぐに担任の先生をはじめみんなで励ましてくれ、一般入試に気持ちを切り替え、より一層努力を続けて行こうと改めて決意しました。1月に入っても入試前日まで先生に質問しながら、受験校の対策を行い、入試本番を迎えました。入試本番ではAO入試での失敗を糧に落ち着いて臨むことができ、志望校であった地元の藤田保健衛生大学と愛知医科大学の両方に合格することができました。合格して改めて思うことは、富士学院には集中して何時間も勉強できる環境と同じ目標を持った切磋琢磨できる仲間、そして最後まで励まし続けてくれる先生や職員の方々がおり、医学部を目指す上で最高の環境だったということです。医学部を目指す人には富士学院は最高の学び場になります。ありがとうございました。

過去の合格体験記