【合格体験記】生徒の合格の軌跡です。

医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 京都校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部進学塾富士学院 広島校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コース紹介よくある質問

2017年度合格体験記

藤田保健衛生大学合格

一般

K・T君

富士ゼミ生
本郷高校卒業

どうして医師になりたいのか、本気でなりたいのかを再確認し、夢に向かってひたすら努力してください

私は1年目には大手予備校に通っていました。しかし、大人数での授業のため、受け身になってしまったり、質問になかなか行くことが出来なかったりしてしまい、受験も失敗してしまいました。そこで、2年目は少人数制の授業を謳っている、いわゆる医学部専門予備校に通うことに決めました。色々と悩んだ結果、新聞の広告欄に載っていた富士学院に話を聞いてみて、通うことに決めました。実際に通ってみると、先生と生徒との距離が近く、いつでもどんな些細なことでも気軽に質問することができ、また先生も担当生徒のことは把握してくれているので、授業を受け身にならずに受けることが出来ました。
また、富士学院では他の予備校ではない、リフレッシュタイムが前期だけですが設けられています。その時間を使って友達と一緒に主に体を動かすことが出来て、勉強ばかりで精神的に疲れているところにほどよい気分転換をすることが出来ました。このリフレッシュタイムの存在もこの一年頑張れた一つの要因であると思いました。
最後に、皆さんへのアドバイスとして。まずは決して安くはない授業料を出してくれる親御さんに感謝をすることだと思います。自分は何のために予備校に、誰のおかげで通うことが出来ているのかということを考えることが重要です。また、自分はどうして医者になりたいのか、本気でなりたいのか、ということを再確認することです。キレイごとではありますが、これらのことを考えることが1年間頑張るためのキーです。そして自分の夢に向かってひたすら努力を。努力は他人が代わりには出来ず、自分にしか出来ません。どんなに辛くても確固とした自己を持って、来年の春から笑って大学に通っている自分を想像して頑張ってみてください。

過去の合格体験記