【合格体験記】生徒の合格の軌跡です。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 京都校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部進学塾富士学院 広島校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コース紹介よくある質問

2017年度合格体験記

近畿大学医学部合格

一般

T・O君

富士ゼミ生
高知学芸高校卒業

どんなときも常にプラス思考で決して諦めず、失敗と向き合い次に生かすことが大切です

私は富士学院に二年間通っていましたが、人を笑わせる技術だけは身に付きませんでした。英語の授業中は特に、周りの人や先生を笑わせようと何度もボケたりしていたのですが、全てスルーされたり、つまらないとばっさり切り落とされました。ただ、この二年間の成績の伸び具合は、簡単に人に抜かれるようなものではない、と思っています。私が成績が伸びた要因は、大きく二つ、富士学院に来た時の成績の悪さを自覚していたことと、モチベーションを保ち続けることができたことだと考えています。一浪目に、私は全く勉強してなかったので、全科目成績は最悪で、特に英語や物理は、文法や理屈が全く頭に入ってきませんでした。このことが自覚できていたので、自分は人一倍やらないといけないと考え、よいスタートを切れたのだと思っています。モチベーションの保ち方は、人によって違うと思いますが、私の場合は、早く富士学院を出て遊びたい、富士学院は大手予備校よりも料金が高いと考えることや、適度に休むことで、モチベーションを保ってきました。
受験勉強は、単に勉強だけでなく、人間関係などでも、ストレスになっていくと思います。ストレスのケアもしっかり行い、諦めず、今年で受かろうと強く思い、日々を過ごしていけば、合格はきっと来ると思います。どうしても困ったときは、今の自分には何が足りていないか探していき、しらみつぶしにそれをすべて解消すればいいと思います。
受験本番のときは、問題が数問できなかった程度のことでくよくよせず、常にどんなことでもプラス思考で、決して諦めずに挑んでいきました。一つ一つの失敗と試験後に向き合い、次に生かすことができたのが、最終的な合格につながったと考えています。
大阪にある近畿大学に合格ということで、これから数年間で、おもしろいやつになれるよう頑張るので、皆さんも頑張ってください。

過去の合格体験記