【合格体験記】生徒の合格の軌跡です。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コースのご紹介合格実績よくある質問

2017年度合格体験記

愛媛大学医学部合格

推薦

H・T君

個人指導生
岡山白陵高校3年

富士学院では職員室という概念があまりなく、いつでも生徒が先生に 質問などをしていたのが特徴的だと思いました

数学が全くできなかった僕に対して、兄が通っていた富士学院を母に勧められたのが入学のきっかけでした。入学までの僕は学校から出されたハイレベルな問題が解けず、数学から自分を遠ざけていました。しかし、富士学院の授業を通じてオーソドックスな問題をしっかりと解くことの大切さを学び、苦手な数学の突破口を見つけることができました。そして授業中遠慮することなく質問することができるので、毎回疑問を残すことなく終えることができました。
夏頃になると、小論の授業を受けるようになりました。小論の授業は他の塾では中々受けることができません。最初はこの授業で自分は変われるのか半信半疑でした。しかし、文章中での言葉使い、文と文とのつなぎ方など様々なことを改善することができました。富士学院でしっかりと小論と面接を練習できた甲斐もあり、最大の難関である一次を通過することができました。この一次で合格できたことが、その後にあったセンター試験での自信にもつながり、心の支えになったと思います。
富士学院では職員室という概念があまりなく、いつでも生徒が先生に質問などをしていたのが特徴的だと思いました。学校や他の塾ではあまり先生と話しをしたいと思ったことがなかったのですが、富士学院の先生と話をするととても楽しく、受験中で苦しかった僕にとっては良い気分転換でした。
受験にとって一番大切なことは、計画を立てることだと思います。なぜなら計画を考えるとき、自分の今の実力を考えることができ、合格するビジョンを見出すことができるからです。このビジョンがあるかないかは一年間耐えなければならない受験においてとても重要です。自分だけでは難しいときは富士学院の先生と話し合って考えてみて下さい。先生方はいつでも相談に乗ってくれます。

過去の合格体験記