【合格体験記】生徒の合格の軌跡です。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 京都校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部進学塾富士学院 広島校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コース紹介よくある質問

2017年度合格体験記

福岡大学医学部合格

推薦

Y・C君

富士ゼミ生
志學館高等部卒業

浪人中はくだらないプライドを捨てて、先生方に言われたことを自分でちゃんと考えることが大事です。

私は高校を卒業してすぐに富士学院に入りました。きっかけは卒業前に浪人を覚悟して予備校を探してるときに、富士学院に見学に行ったことです。その時に自習室や教室、食堂を見せてもらったあと、どういうシステムかを説明してもらいました。私は体を動かすことが好きだったので、週に1回運動をするリフレッシュタイムがあるというのに興味を持ちました。私は人見知りで、あまり質問とかできないけど、富士学院は少人数制の授業だったので、質問しやすいのではないかと思い、富士学院を選びました。
私は高校のときは、定期テストの前だけ一夜漬けでなんとかするといった状況で、富士学院入学時には偏差値が50もありませんでした。しかし、早い時期から富士学院での勉強をスタートしていたので、最初のテストでは成績が急激に上がっていきました。ただ、成績は上がり続けることはなく、時には下がることもありました。そこで先生方や教務の方々、先輩にどうすればいいかを聞きました。そこからは、言われたことをしっかりやることで、自然に成績が上がっていきました。
私が富士学院に入ってよかったと思うのは、バランスのとれた美味しい食事が出てくる事と、入試の対策が徹底されていて、本番で余裕を持って受験できることです。勉強の克服法は、浪人中はくだらないプライドを捨てて先生方に言われたことを、ちゃんと自分で考えるということです。最初はつらいかもしれないですが、成績が上がれば自信もつき勉強が苦にならなくなります。
富士学院には医学部を目指している人がたくさんいるので、最初はなんとなく目指している人でも意志を固められる場所です。また自由すぎず固すぎず、とても勉強のしやすい環境なのでぜひ、富士学院で頑張ってみてください。

過去の合格体験記