富士学院

医学部医学科952名、昨年度国公立73%、圧倒的合格率!

富士ゼミ

これまで蓄積された様々なノウハウを活かし、年間を通した受験指導で難関の医学部合格を目指す

  • 高卒生対象
  • 寮完備
  • 3食付き

2月1日より受付開始!

富士学院の指導方針

富士学院ではお預かりした生徒一人ひとりと真剣に向き合い、生徒自身の自覚と自立を促す指導を講師・職員間で徹底して行っています。これはやらされている限り、学力の伸びには限度があり、本当の力がつかないからです。放任でもなく、強制でもなく、本人自らに自覚をさせ、自立に導く。医学部合格のためにも、また将来医師として活躍していくためにも、この本人の“自覚と自立”は必要不可欠です。富士学院はこの大変で一番難しい事に挑戦し、ここ数年間の合格実績の伸びを見てもわかるように、しっかりと結果を出せるようになってきました。これからも生徒自身が自ら自覚し、勉強に向かい努力ができるよう、私達講師・職員一同は更なる努力を続け、今後も生徒のより良い見本となっていきます。

医学部合格を目指し年間を通した受験指導を行う「富士ゼミ」は、
これまでにのべ1,000名以上が医学部医学科に合格しています。
富士ゼミは生徒個々に合わせて選べる3つの受講形態!
『クラス授業』・『クラス授業×個人指導』・『個人指導』

富士ゼミは一人ひとりにとって一番最適な学習カリキュラムを組むことができます

少人数制クラス授業
科目別、学力別に編成した8名以下(国公立専願コースのみ10名前後)のクラスで授業を進行します。生徒一人ひとりに目を配れる少人数クラス、科目毎に同じレベルの学力編成だからこそ可能となる高密度の授業が学習の効率を上げ、圧倒的な医学部合格率を実現しています。生徒と講師の距離がとても近く、双方向対話型の授業は、授業中の質疑応答は勿論、生徒の表情や手の動きなど細部まで確認をしながら授業を行えるため、「分かったつもり」を省き、生徒一人ひとりに対ししっかりとした「理解」を追求できます。
  • 国公立医学部コース
  • 私立医学部コース
  • 国公立・私立併願コース
少人数制クラス授業 + 個人指導
富士ゼミでは、生徒一人ひとりの学力状況や目的に応じて、科目毎にクラス授業を抜けて個人指導を受講したり、クラス授業に追加をして個人指導を補講として受講するなど、生徒一人ひとリにとって最適な学習カリキュラムを組むことができます、例えば、高校時代に生物を専攻していない生徒が生物だけクラス授業ではなく個人指導で受講するケースや、英語がどうしても苦手な生徒が、通常のクラス授業に加えて、英語の個人指導を補講で行うなど、組み合わせは自由に行えます。また後期などの期が変わるタイミングで個人指導からクラス授業に変更することも可能です。

【受講事例①】
私立コースで全科目クラス授業+授業スタート時から苦手な英語を週1回補講で個人指導

【受講事例②】
私立コースで苦手な数学補強のためクラス授業を抜けて週3回数学の個人指導

【受講事例③】
国私併願コースで全科目クラス授業+授業スタート時から苦手な英語を週1回補講で個人指導

【受講事例④】
国私併願コースで苦手な数学補強のためクラス授業を抜けて週3回数学の個人指導

個人指導
富士ゼミは生徒の目標や目的、又は学力の状況に応じて、個人指導(マンツーマン)のみで受講することも可能です。クラス授業と同じく医学部受験に精通したプロ講師陣が一対一の授業で、生徒の現状や目的に合わせた具体的な指導を行います。受験する全ての科目を個人指導で受講することも可能ですし、苦手科目や特定の科目に絞り個人指導を受講することも可能です。授業の形態が個人指導となるだけで、授業以外は、クラス授業の生徒と同じように、朝テスト、夜の補習授業、各種模試や対策講座等、全て参加することができます。
  • 富士ゼミ個人指導

富士ゼミの特徴

  • プロ講師陣による質の高い授業
  • 富士学院オリジナルの強み
  • 学院全体で行うサポート体制
  • その他

業界トップクラス!
4段階の厳しい選考基準をクリアした
富士学院講師陣

富士学院の指導理念は教育の原点である“教え育む”教育を実践していくことです。この“教え育む”教育を実践していくために富士学院の講師採用基準は業界でもトップクラスの厳しい採用基準を設けています。採用に当たっては出身大学や経歴に関わらず、全ての講師に「書類選考」「筆記試験」「模擬授業」「面接試験」の4段階の選考を設け、全てをクリアした講師のみが、富士学院の講師として採用され、大事な生徒の指導を行うことになります。

科目別・学力別少人数クラス授業

1クラス8名以下の(国公立コースは10名前後)、科目毎に学力が同じレベルでのクラス編成を行う事で授業の精度を高め、学習効率をアップさせます。また双方向対話型の授業は講師と生徒の距離も近く、授業中に質問や授業内容の確認などもできます。各科目の講師が一人ひとりの生徒の現状を細かく把握し、担任講師や職員と連携をとりながら学力の向上と医学部合格を目指し全力で指導を行います。

推薦入試対策も万全

推薦入試は、概ね専願制で募集に関しては大学独自の意向が強く出る入試となり、大学により試験の方式や内容が全く違うのが特徴です。また、入試には多くの大学で特定の受験資格が必要なため、その分一般入試と比べると倍率が低くなりチャンスも広がりますが、大学によっては入試問題や配点が非公表の所もあり、対策がとりづらい入試でもあります。学院では推薦入試に精通したベテランの講師陣の存在や過去の推薦入試受験者からの聞き取りをはじめ、これまで蓄積された様々なデータを分析した独自のノウハウがあり、これまで多くの生徒を推薦入試合格へと導いています。

オリジナル教材
補助プリント、週テスト

富士学院の教材は、これまで蓄積された入試データや過去問などの様々な医学部入試情報を活用し、学院が独自に監修・制作した、医学部に特化したオリジナル教材です。授業はこの教材を中心に行いますが、生徒の状況に応じては、クラス毎で講師が独自に作成したプリントなどの補助教材も使用します。また毎週土曜には週テストを行い、その週に行った授業の習得レベルを生徒毎に確認し、今後の指導に活かしていきます。

全国模試、医学部実力模試、
大学別プレテスト

私立医学部コースは概ね年6回、国公立コースや併願コースは年8回の全国模試を受けます(昨年度例)。その他、学院が独自に監修・制作をした医学部入試に特化した医学部実力模試を年2回、またそれぞれの大学の出題傾向に沿った大学別プレテストを必要に応じて実施しています。様々な試験を受ける事で、合格を目指す上での現状の立ち位置と、生徒毎のやるべき課題が確認でき、合格に向けての具体的な指導へとつなげていきます。

夜間補習と夜間添削指導

毎日の通常授業の後には、科目毎に基礎の部分や基本事項の習得を目的とした夜間補習と、過去問など様々な問題を生徒の状況に応じて解かせ、個々に添削を行う夜間添削指導を、生徒の科目毎の学習状況によって行っています。また、自分のペースで自学習を行いたい生徒には思う存分、自学習の時間も取れるようになっており、科目毎に生徒の現状に応じて行っている夜間学習は、普段の授業を最大限に生かす学院独自のカリキュラムです。

気分転換を兼ねたリフレッシュタイム

富士学院のカリキュラムの特徴の一つに、前期の期間に設けているリフレッシュタイムがあります。このリフレッシュタイムは、6月末頃までは体育の時間として、講師や職員を一緒に野球やサッカー、バレー、バドミントン等で体を動かします。また7月から前期終了までは、それぞれの校舎で様々な趣向を凝らした企画を立て、生徒のリフレッシュを図ります。朝から夜10時まで授業、そして夜間学習と勉強漬けの毎日の中で、生徒一人ひとりにとって必要な気分転換を図ると共に、生徒同士や講師・職員とのコミュニケーションを深めていく場としても利用します。

プロ講師陣と担任講師、
職員がチームで連携

授業は全て医学部受験に精通したプロの講師が指導を行います。また、生徒毎に付く担任講師が、職員と共に各科目の担当講師と細かく連携をとり、チームとして現在の学習状況を共有し、科目毎の学習バランスや課題の調整・今後の方針などを決定した上で指導を進めていきます。特に合否を大きく左右する出願先の選定には、このチームとしての機能が大きく生かされ、合格を勝ち取る要因のひとつにもなっています。

生徒面談、面接指導で生徒に
自覚と自立を促します

受験生にとっての最大の敵は相手ではなく〝自分自身〟そのものです。最後まで〝頑張る、諦めない、努力、継続〟など合格を勝ち取る為に必要なこれらのキーワードは全て自分自身の事であり、受験はまさしく自分自身との戦いです。富士学院の全ての講師、職員は、生徒一人ひとりが自分との戦いに勝ち、合格を勝ち取れるように共に最後まで頑張り戦っていきます。富士学院の生徒面談は、生徒一人ひとりと真剣に向き合い、生徒に「自覚」と「自立」を促していく大事な指導の一環として、生徒の現状に応じて随時行っていきます。また、医学部合格に大きな影響を及ぼす「面接試験」は付け焼刃的な指導ではなく、面接試験の本質をとらえた指導で生徒自身の自覚と覚悟を促していきます。

推薦入試直前対策と一般入試直前対策

推薦入試、一般入試と比べ大学の意向が強く出る入試で、問題や配点が非公表の大学もあり、対策が取りづらい入試とも言われていますが、富士学院では受験者からの聞き取りや、経験豊富なベテラン講師陣の存在もあり、入試対策そのものを十分に行うことができています。 また学院では推薦を受ける生徒にも、目標はあくまでも一般入試に置くよう指導しており、推薦で結果がでなかった生徒も、一般入試に向け気持ちを切り替え頑張れる環境もつくっています。一般入試では大学別の直前対策講義や国公立の二次対策も含め、生徒一人ひとりの最後の受験が終わるまで各校舎間で連携しながら、全力でサポートしていきます。

受験期間中も全国8校舎の直営校が情報を共有しながら
最後の最後まで全力で応援

全国展開をしている予備校や塾のほとんどは、FC(フランチャイズ)による校舎展開をしていますが、富士学院の校舎は全て直営校として運営しています。それはFCではどうしてもビジネス的要素が大きく絡み、 指導理念や教育理念の共有が図りづらいという点と、お預かりした生徒一人ひとりに対し、学院としてしっかりと責任を持って指導を行っていきたいという学院としての強い思いがあるからです。直営校の最大の強みは、8校舎の連携による様々な情報ネットワークの共有です。 また、地方から東京受験をする際や、その逆のケースの場合にも、生徒は富士学院の各校舎がいつでも利用でき、自習や質問対応その他、面接指導を含め様々なサポートを受けることができます。直営校だからこそできる入試情報を含む様々な情報の共有。受験期間中も全国の校舎で自習室を利用でき、質問や面接指導にも細かく対応できるのは富士学院の大きな強みです。

正しい入試情報と正しい自己分析が合格を勝ち取る!

合格を目指す上で、大事なポイントがいくつかあります。ひとつは正しい入試情報を収集する事。そしてもうひとつは綿密な“自己分析”です。自身の現状、弱点、苦手分野、得意分野、そして目標に到達するまでに足りない所、やるべき事、この正しい自己分析ができて、初めて受験と向き合うことができます。正しい入試情報と、正しい自己分析は正しい出願先の選定につながり、一人ひとりにとってやるべき課題が具体的に見えてくることは、着実に合格へとつながっていきます。

生徒の正しい現状を把握する
「生徒管理システム」

富士学院では生徒一人ひとりの週テストや模試の結果などの学力の現状と、出欠や遅刻、食事などの生活面の現状が一目で把握できる生徒管理システムを独自に開発。一人ひとりの生徒指導や受験指導など様々な生徒指導に大きく生かしています。この生徒管理システムがあることにより生徒面談や三者面談の状況も細かく把握でき、生徒の現状をより講師・職員がより共有できるようになり、生徒を中心としたチームとしての機能を更に高めることができています。

豊富な入試データと
最新の医学部入試情報

難化する医学部入試において、合格を勝ち取る大きなポイントのひとつは、過去の入試データや最新の正しい入試情報の取得と、その情報を生徒毎に具体的に生かせる学習環境があるかどうかです。富士学院には、これまで蓄積された数多くの入試データや最新の入試情報を含む様々な医学部受験ノウハウがあり、講師間や講師・職員間でそれらを共有し、連携していく事で、様々な受験指導に生かすことができています。

医学部合格に必要な最高の学習環境

難関の医学部合格を勝ち取るためには、医学部受験の学習環境により多く触れる事が必要です。医学部受験に精通したプロ講師、これまで蓄積された数々のデータやノウハウ、最新の医学部入試情報、これらは全て医学部受験の学習環境のひとつですが、何よりも大事な事は、これらの情報やデータその他様々なノウハウが生徒にしっかりと活かせる環境がきちんとあるかどうかです。富士学院の自慢のひとつはその学習環境を含め、医学部合格に必要な“様々な環境” がしっかりと整っている事です。

保護者との連携を大切にします。

富士学院では入学三者面談の他、年2回の三者面談を行っています。富士学院は行う三者面談は形式的なものではなく、生徒を指導する各科目の講師も参加し、生徒・保護者としっかり向き合いながら今後の指導方針を共有し、生徒自身が自ら頑張り、自ら前に進んでいく事ができる三者面談を目指し実践しています。また保護者には、毎月各科目の授業内容をまとめた授業報告書を、月単位でお届けしており、学習内容や進捗状況、今後の課題や目標などを細かく報告しています。難関の医学部合格に向け、保護者ともしっかりと連携をとりながら、全力で生徒を支えていきます。

富士学院の全ての校舎に専用食堂(3食提供)を完備。
月に一度のスペシャルメニューは生徒達の大きな楽しみのひとつです。

医学部合格のためには、生活リズムの確立が必要であり、3食の食事もとても大事だと考えます。富士学院では各校舎内や校舎の近くに、学院専用食堂を全ての校舎で完備しており、専門の栄養士が栄養管理と衛生管理に配慮した美味しい食事を、土日を含めて毎日3食提供しています。月に一度は料理長自慢のスペシャルメニューがあり、生徒達の大きな楽しみのひとつになっています。
※校舎にとって内容が異なります。

全校舎に男子寮・女子寮を完備。
セキュリティ面も安心です。

富士学院ではすべての校舎で学院専用寮と専用食堂を完備しており、生活面の管理やサポートを各校舎で行っています。男子寮・女子共にワンルームタイプの個室で、各部屋には生活・勉強に必要な家具や冷蔵庫、机などが一式揃っていますので、入寮後すぐに勉強をスタートできます。また防犯カメラの設置、オートロック機能付で、セキュリティ面も安心です。
※校舎によって設備が異なります。

  • プロ講師陣による質の高い授業
  • 富士学院オリジナルの強み
  • 学院全体で行うサポート体制
  • その他

富士ゼミ入学から見事医学部合格!
最後まで頑張り抜いた生徒達の合格までの軌跡を一部ご紹介します。

2018年度名古屋市立大学医学部医学科進学 R・Yさんの事例
2018年度
名古屋市立大学医学部医学科合格
R・Yさん 南山高校女子部卒業
  •  兄2人が富士ゼミ生として、それぞれ1年で名古屋市立大学医学部、藤田保健衛生大学に合格したことから、浪人するのであれは富士学院でと、国公立選抜試験を受けて入学を決めた。現役時代はセンター試験で787点(87.4%)は取れていたが、2次試験に向けた力がまだついておらず、名古屋市立大学を受験したものの不合格となった。不合格の原因はわからないことを素直に「わからない」と言うことができず、知識は曖昧なまま、解法を暗記するような勉強をしていたことにあった。特に物理の点数に取れたり取れなかったりと大きな波が見られたため、成績の安定を目指し生物に科目を変更して、ゼミ生としてのスタートを切った。夏前までは生物の知識面での不足が模試に表れていたものの、毎週行う週テストを大事にし、理解を深めていくことで、秋以降は模試でも安定して高得点を取れるようになっていった。また不合格の原因でもあった「わからないことを聞けない」という姿勢も、いつでも質問できる学習環境やチーム会議などを通して、本人の意識も変わり、暗記ではなくきちんと理解していく学習ができるようになっていった。その結果、センター試験では805点(89.4%)を取り、今年は2次力もしっかりと付けて、目標であった名古屋市立大学医学部に見事合格を果たした。
2018年度久留米大学医学部医学科進学 T・Y君の事例
2018年度
久留米大学医学部医学科合格
T・Y君 早稲田佐賀高校卒業
  •  高校3年生の10月に、富士学院が行っている久留米大学の推薦入試プレテストに参加。推薦入試では結果が出なかったため、一般入試を目指し、数学、物理を中心に、英語、化学を含め受験科目の4科目の個人指導を開始。その時点で全国模試の総合偏差値は40台という、厳しい状態からのスタートだった。個人指導では基礎力をつけていく指導を中心に、入試問題にも対応できるように進めたが、結果が出なかったため浪人することが決定。学院の環境や雰囲気が気に入ったことと、1学年先輩が富士学院で浪人をし、1年で目標である久留米大学に合格したこともあり、そのまま富士ゼミの私立医学部コースへと入学。改めて「全科目を基礎から固めていく」と決意を持って、真剣に日々の授業に臨んでいった。夜学習ではよく先生方に質問をし、また同じゼミ生ともお互いに切磋琢磨しながら勉強を頑張り、着実に力をつけていった。今年度は一般入試も見据え、理科科目も強化。
     迎えた久留米大学の推薦入試。英語、数学は手応えがあったものの、小論文でつまずき、悔しい結果となった。その後一般入試に切り替え、小論文の個人指導も受講するなど万全の体制を取ることで、見事久留米大学と福岡大学の一般入試での合格を勝ち取り、目標であった久留米大学への進学を果たした。ちなみに高校3年時と富士ゼミの1年目の模試の成績は以下の通りで、この1年で大幅に力をつけていったことが、この比較表からもうかがえる。
2018年度順天堂大学医学部医学科進学 D・T君の事例
2018年度
順天堂大学医学部医学科合格
D・T君 本郷高校卒業
  •  先進医療の研究者になることを目指し、私立大学の医療系の学部に進学。しかし、大学で学ぶうちに研究者ではなく、医師として活躍したいという思いが強くなり、医学部への再受験を検討。退路を断つ意味も含めて、8月いっぱいで思い切って大学を辞め、9月から富士学院に入学。受験にブランクがある事や、学力的にまだ多くの未熟な部分があるため、まずは個人指導で全科目の授業を行うことになった。再来年での合格を目標に授業を開始したD・Tくんだったが、勉強に対するやる気はすさまじいものがあり、持ち前の集中力で授業や自学習にも意欲的に取り組んでいった。分からないことはすぐに質問し、その都度解決していくことで、学力も急速に付き、成績も上昇していった。
    その後、本人の希望もあり富士ゼミのクラス授業へと移行。クラス授業では、周りの生徒からも多くの刺激を受け、さらに勉強に拍車がかかった。そして気が付けば再来年どころか今回の受験でも勝負ができるだけの力をつけていった。受験に向かう中で、精神的に不安になることもあったが、面談や面接指導で励ましながら、最後までモチベーションを切らさずに何とか受験を迎えることができた。
    その結果、半年で念願の医学部合格を勝ち取るという快挙を達成。入学後わずか半年で、しかも第一目標にしていた順天堂大学への合格は、まさしく本人の努力の賜物であり、さらには家族の支え、富士学院との出会いも大きかったのだと思う。

富士ゼミ合格体験記

富士OB医大生からのメッセージ

富士OBドクターからのメッセージ

保護者からの感謝の声

ゼミ年間授業料

費用に関しては全て消費税別途となります。
施設管理費・運営管理費は別途となります。
詳しくはお問い合わせください。

入学金

200,000
早期入学割引あり

教材費

200,000

全科目テキスト・副教材(プリント類含む)、各種模試

国公立医学部コース

授業科目:国・社・数・理・英・小論

1,250,000

私立医学部コース

授業科目:数・理・英・小論

2,995,000

国公立・私立併願コース

授業科目:国・社・数・理・英・小論

入学時の授業料は、前期分を納めて頂き、
後期以降分については後期以降のコースが決まり次第、納めて頂きます。

前期

1,681,000

後期

1,734,000

個人指導
70分1コマ

12,600

100分1コマ

18,000

※授業料はコマ単価×コマ数の合計金額となります。
※国公立医学部コースは学科試験による選抜制となります。
※国公立・私立併願コースは後期から国公立医学部コース(636,000円)(選抜制)もしくは、
私立医学部コース(1,518,000円)への変更も可能です。7月に実施する三者面談にてご相談の上決定いたします。
※富士ゼミでは、全コースともに科目の状況に応じて、科目ごとにクラス授業(少人数クラス授業)を
個人指導(マンツーマン指導)へ切り替えたり、ゼミ授業に追加して個人指導を補講として受講する等、
最も生徒に最適な指導カリキュラムを組むことができます。詳しくはお問い合わせください。

下記の諸費用は全て無料となります。
各種テスト ・朝テスト ・週テスト ・大学別プレテスト等
各種対策指導 ・直前対策(冬期講習) ・センター試験対策 ・志望校別対策 ・苦手単元別対策 ・後期試験対策
その他 ・夜間補習授業 ・夜間個別添削指導 ・質問対応 ・面接指導 ・新聞視写
・自己推薦書/志望理由書添削指導 ・リフレッシュタイム ・レクリエーション

特待・選抜試験の詳細につきましては各校舎にお問い合わせください。

ご相談はこちら