面接対策講座

初めまして、教務課の清水です。

5月の下旬から東京校の教務課の一員として加わり、3か月が経ちました。生徒達が朝早くから夜遅くまで学習に励む姿に、こちらが刺激と元気をもらう日々ですが、これからは私の方も生徒達を勇気つけられるよう成長していきたいと思っております。
先ずは、過ごしやすい日もありますがまだまだ暑い日が多く、夏の疲れが出てくるころです。生徒達は体調管理に気を付け引き続き頑張っていけるよう、教務課一同、全力で努めて参りたいと思います。

9月はゼミ生に対し、第2回目の個人面接指導を行っていきます。
それにあたり、先日のリフレッシュタイムでは村田校舎長より、医学部面接対策講座が行われました。
医学部合格を目指す上で、面接対策は非常に重要です。成績や偏差値が良いからと言って、そのまま合格に直結しないのが医学部受験です。医学部受験は、医師になるための試験であり、就職試験の意味合いも含まれています。そのため多くの大学では、面接試験や小論文試験を課し、学力試験だけでは把握できない医師を目指す上で必要な様々な資質を見ていきます。面接では、医師として活躍していけるのかどうか本質の部分が問われるのです。

個人面接指導では、形式的な練習ではなく、ひとりひとりの本質と向き合い、医師になる覚悟をさらに決めていく、生徒毎に応じた、きめ細な指導を行っていきます。
面接試験を難しく捉える必要はなく、大事なことは、「面接官の前でどれだけ堂々と自分自身を語れるか」という事です。
その為にも受験までの日々の生活が大きく影響していきます。日常生活の場が面接の練習になります。生徒達には、医師になるというしっかりとした意識を持って、志を豊かに日々取り組んでいって欲しいと思います。

東京校の校舎では、今後、数多くのセミナーを実施していきます。
9月11日(日)は私立医学部受験セミナー
9月18日(日)は受験生向けの国公立医学部受験セミナー
10月2日(日)は国公立を目指す中学生・高1生・高2生向けの医学部受験セミナー
を予定しています。
是非、この機会をご利用ください。