「あしたのひと」vol.4 初夏号を刊行しました。

東京校教務課の三木です。

医学部合格へのサポート情報誌「あしたのひと」のvol.4初夏号を刊行しました。

今回の特集も大学関係各位、富士OB会、関係者の方々にたくさんのお力添えを頂き「AMDAグループ代表、菅波茂氏のインタビュー記事」をはじめ、「医学部訪問レポート」や「医学部合格のための英語基本学習法」など、充実した内容になっています。

「あしたのひと」は、医学部合格を目指して頑張っている受験生にエールを送るマガジンとしてスタートし、創刊号発刊から早いもので一年が経ちました。これまでに全国各地の医学部を目指す生徒・保護者の方々や、多くの高校進路指導担当の先生方より生徒に配布したいとのご要望で、医学部受験予定の人数分のお申込みを頂き、またここ最近では、大学様よりオープンキャンパスにて配布したいとのご要望もあり、お陰様で多方面から反響を頂いております。

無料定期購読のお申込は随時行っておりますので、医学部を目指す方、進路指導ご担当の方、また医療に従事されている方など、お気軽に当サイトよりお申込みください。

さて、富士ゼミが開講してから約2か月が経ちました。毎朝テストや毎週土曜日に週テスト、
面接指導や校外模試が実施されて生徒たちの状況は忙しくなってきていますが、
東京校の生徒たちはヘコたれることなく学習に向かっています。
今まで以上に質問スペースも活気づいてきました。

ただ、この夏に向かって暑くなってくるこの時期は、体調を壊したり、
学習意欲が落ちたりする生徒が増えてくる時期でもあります。
学院では生徒の顔色などを見ながら声かけや励ましなど行うことが日課です。
学校では経験がないくらいの学習量に戸惑ったり、焦ったり・・・。
きっと生徒たちは今まで見たこともない人生史上一番高い壁を越えようとしています。
自分と向き合うことや弱いところを見つめて進んでいかなければならないことは非常に苦しいこと・・・。
そんな状況でも前を向いて進んでいく生徒たちから私もパワーをもらっているように感じる毎日です。

なお、東京校では6月26日(日)に全校舎統一 医学部実力模試を実施します。

本実力模試は、医学部を目指す上での現状の把握と、現段階での自身の立ち位置を知る
またとない絶好の機会になります。来年度の医学部受験をお考えの方はぜひ、この機会をご活用ください。