川崎医科大学OB懇親会開催

校舎長の木村です。

富士学院には、予備校にはめずらしい「OB会」があります。富士学院を卒院した医大生と、医大卒業後のDr.を中心に発足しました。
卒院して、医大生になってからが本当のスタートという意味で、「医師になる」までできる限り応援していきたいという学院の思いや講師・職員一人ひとりの強い思いが込められています。

http://www.fujigakuin.jp/ob/   (←OB会詳細はこちら)

8月27日、岡山校では川崎医科大学に通う学生のOB懇親会を開催致しました。
今回の懇親会には、2年生~6年生まで総勢15名が参加してくれました。
中には卒院してから久しぶりに再会する学生もいて、会場に着くや否やその喜びで講師・職員との間に話の華が咲きました。

部活の先輩・後輩という繋がりの学生たちも見受けられましたが、
学年・部活の垣根を越え、それぞれの近況、富士学院での生活のこと、お世話になった先生方のこと、
参加することができなかった学生の様子など、OB会でしか味わうことのできないたくさんの話を聞かせてもらいました。

日々、学業を通して命を間近でとらえている彼らだからこそ、それぞれの成長を目に見えて感じることができ、
また、学年が上になればなるほど「医師になる」という気持ちの強さや意識の高さが自然と滲み出てくる姿に心打たれました。

あっという間に過ぎた2時間。
学生、職員・講師の溢れる笑顔で楽しい時間を過ごすことができました。

忙しい中、参加してくれたみんな、ありがとう。
自らが志した医師への道、着実にステップを登って、毎年いい報告を聞かせてください。

再会を楽しみにしています。

中学生・高校生は2学期、ゼミ生は後期がスタート!

岡山校の太田です。

約2週間の夏期講習期間が終了しました。
生徒達は、気持ちを引き締め直し、個々に高い意識を持って学習に取り組んでいます。

夏期講習期間、ゼミ生は各人に合わせた授業時間割の下で、前期の復習、弱点補強等、担任の先生や教務職員と相談をしながら、各科目をバランス良く学習できるよう取り組んできました。

来院生は、受験生だけでなく、中学生や高校生、再受験生など、幅広い層の生徒が「夏」を有効活用できるよう、授業時間だけでなく、朝早くから夜遅くまで自学習に取り組んでいました。
自学習時に生じた質問事項は、生徒の担当講師に限らず、どの講師にも質問できる環境を整えていますので、それぞれの生徒が有意義に時間を活用し、学習に励んでいました。
また、県外からこの夏の期間のみ学院寮で生活する生徒もおり、眠そうな表情ながらも、朝から来院し、学院ラウンジで食事をとり、規則正しいリズムを意識しながら、「医師を目指す」という、普段とは異なる環境で自分を奮い立たせる姿も見られました。

中学生・高校生は2学期、ゼミ生は後期がスタート。
これからは模試や推薦対策授業等が増え、センターの出願や願書記入など、様々な面での準備や仕上げの時期に差し掛かります。

夏の疲れが出やすい時期、生徒一人ひとりが体調を整え学習に向かえるよう講師、職員一同サポートしていきたいと思います。

■岡山校で受付中のイベント
9月11日(日)川崎医科大学特別推薦対策講座
9月11日(日)近畿大学医学部推薦対策講座
9月25日(日)国公立医学部受験セミナー
10月9日、23日(日)第2回医学部実力模試・模試返却会