いよいよ本番!私立医学部入試の真っ只中で「受験力」をつける!

こんにちは。小倉校教務課の西室です。

過去最強クラスの寒波が到来し、全国各地で氷点下や数年ぶりの大雪が記録されました。
また、インフルエンザも大流行しているとのこと…。くれぐれも体調を崩されないよう、ご自愛ください。

生徒達は、センター試験が終わり、私立医学部入試の真っ只中です。
ただでさえ緊張する入試が何日も連続で続いたり、各大学の入試会場への移動もあったりと、本当に大変な毎日だと思います。移動の際には、マスクの着用を絶対に忘れないでくださいね!

福岡会場の設けられている大学の入試日には、小倉校からも職員総出で、朝も昼も駆けつけています。
朝は、試験会場に向かう生徒達に激励の言葉を掛け、笑顔で会場入りを見届けます。
お昼には、昼食時間に合わせて、福岡校と連携を取り、食堂で作って頂いたお弁当を届けます。
ゼミ生達にとっては、試験までの貴重な時間に昼食を買いに行く手間も省けますし、
午前中の試験を終えた後、馴染みの職員や机を同じくして頑張ってきた仲間たちと顔を合わせて話すことで、張り詰めた気持ちをホッと緩めることができるひとときになっていました。

入試が続く中、一次合格発表も続々と届きつつあり、嬉しい結果に、教職員一同が沸き立ちます。
ゼミ生達には開講時から何度となく面接指導を行ってきましたが、一次合格者に対しては、二次試験まで時間の許す限り、更にその大学に特化した面接指導・練習を重ねて行っていきます。
中には関東での受験が続き、東京に長期滞在しているゼミ生もいますが、東京校での対策講義や二次の面接に向けた指導を受けたり、いつも通り自習を行うことができたりすることは、校舎間で連携を取り合える直営校ならではの強みだと感じます。

実際に東京校を利用したゼミ生も、「面接の前日まで何度も面接指導をしてもらえてとても心強かった」「東京校の自習室で普段通り自習ができたのは有り難かった」「同じ医学部を目指す沢山の富士ゼミ生と一緒に取り組めて、刺激を受け、まだまだ頑張ろうと思えた」などの感想を言ってくれました。

一方で、悔しい結果に涙を呑んでいる生徒もいます。まだまだ受験は続きますし、一つひとつの受験を終え、そのときに取り組んだ入試問題にしっかりと向き合い、入試ごとに先生方と総括し、活かしていくことで必ず「受験力」がついていきます。冷静に諦めずに取り組んでいきましょう!!
みんなが満面の笑顔で春を迎えられるよう、私たちも最後まで全力でサポートしていきます!

小倉校では、下記の通り久留米大学・福岡大学の入試直前対策講座を実施致します。
また、一人ひとりの受験校に合わせた個人指導の入試直前指導、その他、医学部進学に関するご相談や学院見学等も随時受け付けておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

【小倉校 今後のイベント一覧】

~1/31(水)まで 国公立医学部出願相談会

1/30(火) 福岡大学医学部一般入試直前対策講座

1/31(水) 久留米大学医学部一般入試直前対策講座