「センター試験まで200日!」

福岡校学務課の日髙己喜です。

九州では大雨が続いています。
土砂災害を受けている地域もあり、特に地震の大きな被害を受けた熊本、大分では、この大雨による更なる被害も心配です。安心して日々が送れるよう祈るばかりです。
また、気温の差も激しいので生徒たちが体調を崩したりしていないかも、気になるこの頃です。

福岡校では、毎週日曜日、医学部受験セミナーを行っています。国公立医学部、私立医学部、地元の久留米大学・福岡大学の推薦入試など、それぞれ特化したセミナーは、毎回充実した内容になっています。

現役生の場合、学校の行事や部活で忙しく保護者様だけでセミナーに参加された方から「子供に聞かせたかった!」「今度、息子を連れてきますね!」というお言葉をいただくと、私たちも励まされます。次週のセミナーにお子様を連れて来てくださった時には、本当に嬉しく思います。
実際、セミナーにお子様自身が参加されますと、医学部受験が実際にどのようなもので、どのように向き合うべきかを肌で感じて、このままではいけないとお子様が自覚されます。
親子では、なかなか伝わりにくいこともあると思いますが、学院のセミナーを通し医学部受験を客観的に受け止められ、今やるべきことに対して、気持ちがしっかりと方向づけられるきっかけになっていることを感じます。やる気に満ちた顔に変わったお子様に、私たちも喜びを感じ、全力で応援したいという気持ちが強まります。

セミナーの後に実施している個別相談会では、お困りの点や、ご心配な点など、相談される内容は様々です。最難関である医学部受験に挑む受験生の「志」を大切に、そして、最大限の応援ができる様、私自身生徒と共に成長して参ります。

お子様の状況により、アドバイスや提案は一人ひとりに違ってきます。最新の、そして正確な情報をお伝えし、合格に向けて一緒に考え、対策を練っていきます。年々確実に医学部合格実績を伸ばしている富士学院だからこそできるアドバイスや対策があります。

6月26日、校外生向けに医学部実力模試が実施されました。これまで学院内で指導を行っている内部生のみを対象に全校舎統一で実施していた学内実力模試を、今年度より校外生にも公開し、実施しました。

この模試を通し、医学部合格を目指す上での現状の把握と、医学部を目指す富士学院の内部生の中での自分の立ち位置を知る機会となるものです。

受験した校外生には、7月10日返却会を行います。
当日は、「学内実力模試個人成績表」を通し、今後の具体的なアドバイスを行います。
点数や順位の結果だけに一喜一憂せず、現状と真摯に向き合い、医学部合格に向けて今後に活かして欲しいと思います。ここで受けたアドバイスは、合格へ向けての大きな道しるべとなるでしょう。

センター試験まで、あと200日。
これからの一日一日は、これまで以上に大事になってきます。
今週末から気温が30℃を超えるとのこと。体調を整えて、熱い夏に臨みましょう!

【今後の福岡校イベント(参加無料)

7/3(日)国公立医学部推薦入試セミナー

7/24(日)関東圏の医学部を目指す受験生のための医学部受験セミナー