5月の今日この頃

福岡校教務課の高嶋です。

5月も中旬となり、福岡もやっと暖かい日が続き始めました。本年度の富士ゼミ生達も新しい富士学院での学習・生活にも慣れ、日々の学習、スケジュールに真剣な面持ちで取り組んでいます。1浪生は高校時代と違ったハードな内容に厳しさを感じながらも、手応えを掴んできていますし、2浪生以上の生徒達も、これまでの不十分だった点を克服しようと、来春の合格へ向け、決意も新たに力強く学習に取り組んでいます。この春の悔しかった想いを糧とし、来春の輝ける合格を目指し、日々成長しようという意気込みが感じられ、頼もしく思っているところです。

富士ゼミでは、開講から約4ヶ月の前期は、主に入試に通用する基礎力の養成を図る、言わば、入試への土台作りの期間です。この期間においても、生徒一人ひとりの状況をしっかり分析しながら、苦手分野の克服を含め生徒毎の指針を明確にし、生徒を中心としたチームで情報を共有しながら指導を進めています。各科目とも学力別クラス編成で、少人数での授業を行い、講師と生徒が、お互い目を見て真剣勝負の授業、そして、学科の授業に加え、毎週1回小論文の授業もあり、総合的な実力養成にも努め、医師になる準備を進めています。

また、学院には週に1度リフレッシュタイムがあります。このリフレッシュタイムは6月下旬までは、学院近くの公園にて、体育を行っています。授業では科目別学力別クラス編成となっており、クラスの生徒達はお互い切磋琢磨しながら学習を進めていますが、体育では自分の好きな競技をクラスの枠を超えて行っています。お互い体を動かす中で、気の合う友人もでき、気分転換も図れる良い機会となり、また、生徒同士や職員・講師とのコミュニケーションを図る場となっています。7月以降は、夏の暑さも厳しくなる頃ですので、将来、医師になるに相応しい豊かな人間性を磨いていく契機ともなればと、有意義な時間にしていくよう様々な企画を行っていきます。

そして、現役の個人指導生達も真っ直ぐに勉強に向かっています。日々の学校での授業、そして課題に加えて、体育祭などの行事もこなし、夜遅くまで富士学院で個人指導を受け、自宅に帰る現役生達。毎日本当にお疲れ様。彼らの現時点で乗り越えるべき壁は一人ひとり違うからこその個人指導。それぞれの指導目標達成に向け、担当講師と共に私も応援しています。

長年、受験生を見てきましたが、富士ゼミ生や現役個人指導生のみならず、受験生にとって残された8ヶ月間、その一日一日が勝負である事を自覚した受験生はやはり大きく成長します。翻って、我々職員・講師も生徒共々、日々成長していけるよう努めなければとの思いを強くする今日この頃です。