デュシェンヌ・スマイル

学務課の日高と申します。

時の経つのは早いものです。来年度の受験まで約6ケ月強となりました。
受験勉強というものは、趣味で行う勉強などとは異なり、やるべき課題が沢山あるので
『本当に大変』だと共感します。勉強を継続していく中でどんなに優秀な生徒でも、時にはやる気が出ない時があると思います。

そんな時、わずか30秒でやる気が回復できる極め付けの方法があります。それは「デュシェンヌ・スマイル」と呼ばれる「作り笑顔」を浮かべることです。
この作り笑顔は、フランスの神経内科医『デュシェンヌ』が発見したため、この名がつけられました。

「デュセンヌ・スマイル」とは、①口角(唇の両サイド)を上げる ②目尻にシワを作る この2つの条件を満たした笑顔のことです。お金も、時間もかかりませんので、ぜひ試してみてください。

カリフォルニア大学(米国)のグループが実験をやったところ、デュシェンヌ・スマイルを作ると、それだけで脳が前向きな状態に変化し、やる気が出やすくなることが判明したということです。
通常、脳の中で感情が先に生じ、表情はその結果として顔面に表れてくるということですが、デュシェンヌ・スマイルだけは因果関係が全く逆で、例え無理に浮かべた作り笑顔であっても、脳に前向きな感情が生じるのだそうです。アメリカではメンタル面の健康を守るトレーニングに応用されているようです。

明るい気持ちを維持し、丁寧な取り組みを継続していきましょう!