博多祇園山笠

福岡校教務課の満園です。
博多の街は7月1日から駅や繁華街・商店街などに「福を招く縁起物」として、
飾り山笠が建ち、祭りらしい雰囲気になっていました。
追い山笠ならし、集団山見せなどを終え、今日7月15日午前4時59分から、
博多祇園山笠のクライマックスである「追い山」が行われました。
7つの山笠が櫛田神社を5分おきに出発し、博多の街を舁き回り、
須崎町の廻り止めまでの約5kmのコースの所要時間を競い合い、
「オイッサ、オイッサ」の掛け声がこだまする、
水法被・締め込み姿の男達の勇ましい祭りでした。
午前6時過ぎには、全てが走り抜け、まだ梅雨明け宣言は出てはいませんが、
福岡は夏一色になった気がします。

4月11日の開講から、あっという間の3か月でした。
8月8日からは夏期講習を迎えます。
夏の粘りが志望校合格に確実に繋がります。
夏に踏ん張った分だけ、精神的なスタミナと学力の底力がつきます。
将来、医師となり、ふと自分の受験生時代を振り返ったときに
「あの頃が一番取り組んでいた」と自信と誇りを持って思えるような、
医学部受験生として有意義な夏を過ごしていきましょう!

来春を決める夏、そして自分の一生を決める夏。
これから先、過ごす時間は全て、試験当日の入試問題に取り組む自分の為に、
来春の自分の為に、そして医師として活躍する未来の自分の為に!