「医師になりたい」という気持ちを「何としてでも医師になる」という覚悟へ

校舎長の伊藤です。

4/11に開講したH27年度のゼミも、早いもので2ヶ月が経とうとしています。
生徒たちは、先生方の情熱溢れる授業を毎日受講しながら、毎週土曜日には担当する各科目の先生方がクラス毎に作る「週テスト」を受け、授業内容の定着度を確認しつつ、日々頑張っています。浪人生活は大変なことが多いですが、受験勉強は、人間として大きく成長できるチャンスと捉え、「医師になりたい」という気持ちを、「何としてでも医師になる」という覚悟に変え、共に日々成長していきましょう!

さて、6月1日から、富士学院福岡校では「第一回チーム会議」を始めています。
このチーム会議は、生徒それぞれの学習面・生活面の現状を生徒本人と、担任の先生・各科目の担当講師・教務担当職員で共有し、今後の学習の方向性を検討し、受験戦略を練る大事な場です。

現時点での乗り越えるべき課題は、生徒一人ひとり違います。会議の中で、時には先生から信頼関係に基づいた上での厳しい言葉もありますが、生徒たちはその言葉を真摯に受け止め、今後の決意に変えていっています。このチーム会議は生徒個々に行い、授業の合間の時間を利用して、7月上旬まで続きます。そしてこの間で、各チームの絆が更に強まり、生徒にとって今後の厳しい受験に向けての大きな支えとなってくれると信じています。

現在、各大学のH28年度入試の変更点について、続々と情報が入ってきています。
その一例ですが、地元の久留米大学医学部では、H27年度から新たに実施となった一般推薦入試の定員が約5名から約10名へ増員となります。これにより地域枠推薦入試と合わせて推薦の定員が約25名となり、推薦入試での合格のチャンスが更に広がりました。

このような最新の入試情報や医学部の現状も含め、富士学院各校舎では、様々なイベント・セミナーを開催して医学部を目指す生徒や保護者の方を応援しています。福岡校の予定は以下の通りです。現役生の医学部受験に向けての各種相談も含め、お気軽にお問い合わせください。

6月14日(日)    「吉田たかよし医師による講演会」
6月21日(日)    「久留米大学医学部推薦入試セミナー 及び 進学相談会」
7月5日(日)    「私立医学部・医科大学推薦入試合同説明会」
7月12日(日)    「国公立医学部推薦入試セミナー 及び 進学相談会」
7月26日(日)    「国公立・私立医学部面接対策セミナー」
8月2日(日)    「医学部を目指す中高生のための保護者セミナー」

詳しくは、福岡校イベント情報 にてご確認下さい。

皆様にお会いできる日を楽しみにしています。