福岡校 現在の医学部入試合格状況

校舎長の伊藤です。

現在、福岡校では3月1日に行われる藤田保健衛生大学の後期受験に向けて、直前対策講座を行っています。
これまでの受験で、残念ながら合格まで届かずに悔しい思いをしたゼミ生たちは、職員や先生方に心境を打ち明け、相談をする中で、いち早く気持ちを切り替える事が出来、今までの受験で培った経験を後期試験で活かすべく毎日懸命に頑張っています。
3月2日からは近畿大学医学部後期対策も始まります。みんな最後の最後まで諦めずに頑張ろう!

また、来年度入試に向けて富士学院で勉強を開始する生徒達も続々と増えてきています。
富士学院では、勉強開始と同時に各科目の先生が学習状況について個別に面談を行っていますが、入試で結果が出なくて落ち込みがちの生徒も、この面談の中で元気づけられ希望を見出し、表情も変わってきます。学習のアドバイスを受け、個々の状況に応じた課題を受け取る時の表情はやる気に満ち溢れ、目も輝いてきます。今の気持ちを決して忘れずに頑張り抜いて欲しいと思うと共に、来年の入試で栄冠を勝ち取れるように、職員・講師全員でバックアップしていくと改めて決意をし直す瞬間です。

さて、今回は福岡校の今年度私立医学部入試の合格状況をお伝えしたいと思います。2月24日までの一次合格者はのべ77名、最終合格者は現時点で36名、その他に補欠の生徒が24名いますが、多くの生徒が補欠順位も良く繰上合格が期待できる生徒がまだたくさんいます。
内訳としましては、地元の福岡大学医学部の合格は11名で補欠が1名、そして久留米大学医学部の合格は9名で 補欠が5名となっています。福岡大学と久留米大学は、補欠を頂いた生徒全員が、例年であれば繰上合格となっている番号を頂いています。
その他の大学では、愛知医科大学の合格は1名で補欠が2名、金沢医科大学の合格は4名で補欠が3名、藤田保健衛生大学の合格は1名、川崎医科大学の合格は3名で補欠が6名、兵庫医科大学の合格は2名で補欠が4名、近畿大学医学部の合格は4名、帝京大学医学部の合格は1名、そして東京医科大学・昭和大学医学部・東海大学医学部の補欠繰上待ちのゼミ生がいます。

医学部合格の栄冠は、我々富士学院の講師・職員にとって最大の喜びです。最終目的は医師になり、医療の現場で活躍していく事ではありますが、まずは医学部合格という目標に向かって頑張り抜き、成長していく中で、医学部での大変な勉強についていくための準備が出来、医師になる上で必要な資質を磨く事にも繋がっていきます。
その頑張りや成長のために不可欠なもの。それは「医師になる覚悟」だと心から思います。
医学部合格を勝ち取った皆さん、医学部に入学してからが本当のスタート。これからも「医師になる覚悟」をしっかり持って、良医に向かって頑張っていきましょう。私達も全力で応援します。そして今後、後期試験に向かって頑張っている生徒のみなさん、まだまだチャンスはあります。最後まで頑張り抜くことは“合格”を含め多くのものを必ず手に出来ます。その事を信じて最後まで“全力”で頑張りましょう!

いろいろな願いを込めて・・

福岡校教務課の園田です。

2月頭に東京にて対策講義を行いました。その際に、帝京大学の6年生になるOB生が、国家試験前でとても忙しいにも関わらず、対策会場のホテルに来て、後輩たちを励ましてくれました。毎年のように来てくれる生徒なのですが、年々いい表情になって、立派な青年に成長する姿を見せてくれ、嬉しい限りです。その生徒は、入学式の際に総代として挨拶という大役を務め、その後も、優秀な成績を収め、順調に頑張ってくれています。

それと、もう一人、同じ帝京大学に進学したOB生の事を思い出しました。よく努力していた生徒なのですが、センター試験の後、逃亡して、行方が分からなくなり、皆で慌てふためて探しまわった事をよく覚えています。。
最近電話で話したのですが、今やそのOB生も、研修医としてERで活躍をしており、本当に立派になったなー!と嬉しく思いました。

今年、合格した生徒達も彼らのように成長していってくれると信じています。
立派なドクターになることを願って…

後期試験に向けて、戦っている生徒達へ。
過去に、前期試験で1次も来ていなかった生徒が、後期試験で、埼玉医科大学の1次合格、最終的に、近畿大学の後期で見事合格!!!という事がありました。本当に苦しかったと思いますが、毎日のように学院にきて、努力に努力を重ねていた生徒でした。その時は、やっぱり最後の最後まで何が起こるか分からない!と心底思いました。

今も学院では、続々と嬉しい知らせが届いております!
心身共にきつい日々が続いていると思いますが、最後の最後まで諦めず、自分を信じて走りぬいてくれる事を願って…

【写真】
追伸:2月は、梅が見ごろです。

 

合格発表を受けて

こんにちは。福岡校教務課の竹本です。
2月に入り、一般入学試験の合格発表が相次いでいます。
福岡校でも正規合格を勝ち取った生徒が続々と出てきました。

各大学の合格発表を受け、福岡校の玄関には、各大学の一次合格者・最終合格者の名前を掲示しています。実際、試験を終えて学院に帰ってきた生徒は、玄関にある合格者の掲示をまじまじと見ていきます。

中には、仲間の名前を見て「くやしい・・・」と言葉にする生徒もいます。
同じように一年間頑張ってきて、悔しくないはずはないですよね。
その後、その生徒は見事正規合格を勝ち取り、自分の名前を合格掲示に載せています。
仲間の健闘を目の当りにすることで、自分を奮い立たせ、最後の最後まで切磋琢磨している姿は、本当に逞しいです。これから後期にかけて、このような生徒が続くことを信じています。

以下が後期の日程です。

2月15日(日)埼玉医科大学
2月28日(土)昭和大学
3月1日(日)藤田保健衛生大学
3月7日(土)関西医科大学
3月8日(日)近畿大学
3月10日(火)大阪医科大学

後期試験を迎え、精神的にも肉体的にも疲れがたまってくる頃でしょうが、
わたしたち職員は、受験を終えて帰ってくる生徒を笑顔で迎え、最大限にサポートしていきます。

頑張る全受験生へ心からのエール

こんにちは、教務課の長谷川です。

2月の中旬に入り、私立医学部の前期試験がほぼ終了し、各大学の合格発表が順次通知されています。
現在一次試験で結果が出た生徒には、二次試験対策を一人ひとりに行っており、正規合格のうれしい通知も続々と届いています。また現時点で結果がまだ出ていない生徒たちの反応は様々で、後期試験に向けて気持ち新たにさらに一生懸命頑張っている生徒もいれば、やはり一年間頑張ったからこそ落ち込んでいる生徒もいます。
教務課職員として生徒のサポートをしていく上で、生徒へかける言葉選びにはとても慎重になります。同じ言葉でも生徒の状況によっては、励みになる場合もあれば逆にモチベーションを下げてしまう場合もあります。些細な一言でも、その生徒の支えになればという思いをいつも心がけています。今の時期は特にその意識が高くなり、表情をみてから言葉をかけるべきかどうか躊躇うときは、心の中で応援しています。

しかし現時点で結果が出なくても、まだチャンスはあります!あるアニメにもありましたが、諦めたらそこで終わりです。後期試験の出願が今からでも可能な大学は、

・昭和大学(出願締め切り/2月19日(金))

・藤田保健衛生大学(出願締め切り/2月20日(金)郵送必着)

・関西医科大学(出願締め切り/2月26日(木)消印有効)

・大阪医科大学(出願締め切り/2月27日(金)消印有効)

・近畿大学(出願締め切り/2月27日(金)消印有効)です。

二次試験に臨む生徒、後期試験に臨む生徒、がんばる全受験生へ心からエールを送ると共に、笑顔で春を迎えることを心より願っています。

生徒への様々なサポートについて

福岡校教務の市川です。

福岡校では、多くの生徒が私立大学医学部の一次試験の受験が終わりました。そして現在はまだ結果が出ていない生徒を中心に後期試験に向かい、みんな真剣に勉強に励んでいます。学院では後期試験対策として直前対策講座を行っており、2月15日(日)の埼玉医科大学の直前対策講座が2月9日から始まりました。

教務課では、生徒が勉強に集中して取り組めるよう日頃、様々なサポートをしていますが、その中のひとつとして、受験会場への飛行機などの交通機関の手配や宿泊の手配も希望により行っています。保護者の方からの要望で、生徒分だけではなく付き添いで行かれる保護者の分も併せて手配をするケースもあります。宿泊施設は出来るだけ受験会場に近く、受験日当日スムーズな移動が出来ることを考え手配をします。また出発前には試験会場までの行き方を記した行程表やホテル案内を一緒に渡すことで、初めての土地でも不安が無い様に心掛けています。

埼玉医科大学後期対策に続き、藤田保健衛生大学後期対策、大阪医科大学後期対策と学院では最後まで生徒をサポートしていきます。一年間頑張り通してきた生徒達が最後まで諦めず挑戦する姿を、私も最後の最後まで応援していきたいと思います。

 

上手くいく時もそうでない時も

教務課・友田です。

受験生達も一次試験を通過すると、どこかホットした顔をしますが、気合を入れなおして2次に挑む生徒達を見ていますと、とても頼もしい顔をしています。「絶対に合格してやる」という気迫に満ちた姿です。若者は気づかないうちにぐんと成長をし、こんな時にそのことを垣間見せてくれるものだと気づかされます。

さて入試の合否もPC等の発達で各大学のHPにより一瞬に把握できる時代です。そんな中、古風に電話で合格の報告をしてくれる生徒・保護者様がいます。最高に嬉しい報告です。
その反面、受験移動中にもかかわらず「結果が出ませんでした。」と報告をくれる生徒もいます。なんと逞しく力強い精神力をもった生徒かと感動すら覚えます。けじめをつけて次に向かう姿勢は立派だと思いますし、別の意味で一つの成長を遂げた姿を見せてくれた生徒です。先生に色々と相談をし、アドバイスを受ける中で、必ずや何かを掴んで次に繋げてくれるのではないでしょうか!
受験も後半戦入りました。頑張っている受験生のみなさん!平常心で『その時』に挑んでください。

地元の久留米大学・福岡大学の1次試験

福岡校校舎長の伊藤です。

昨日2月1日は久留米大学医学部の一次試験、いよいよ私立医学部の後半戦が始まりました。そして今日は福岡大学医学部の受験日です。現在17:00、校舎には生徒は誰一人いません。そんな中、先生方は受験を終えて帰ってくる本学会場受験者たちの受け入れに向けスタンバイしてくれています。

昨日の久留米大学医学部入試は、志願者2,020名。H26年度が2,107名でしたので、昨年より87名少ない志願者数となりました。(H25年度は1,785名。H25→H26は322名増)
お昼休みに激励に行き確認したところ、本学会場志願者数は1,140名でしたので、東京会場は880名。東京会場は1,000名までしか受験できなく、1,001名以上の場合は東京会場志願でも本学受験となると聞いていましたので、受験生全員が希望の受験会場で受験が出来、安心しました。

富士学院福岡校は月曜から土曜は22時まで、日曜は19時までの開館時間ですが、昨日は久留米大学の受験を終えて、自己採点と全科目総出の質問会という特別な日でした。夕方から福岡校で待機してくれていた先生方・職員のもとに、受験が終わって生徒が戻り始めたのは18時頃でした。その後、自己採点に取り組む生徒や先生の顔を見てすぐに質問を開始する生徒、学院にいつもの活気が戻ってきました。そして全員が翌日の福岡大学受験に向けて思い思いの準備を行い、気がつけば21時になっていました。

そして迎えた本日、福岡大学医学部の一次試験。志願者は2,862名。H26年度が2,841名でしたので、微増の志願者数となっています。(H25年度は2,832名。H25→H26は9名増)昨日と同じように激励に行き確認したところ、本学会場志願者数は1,233名でした。
英語が終わってのお昼休みで、生徒それぞれが受験の出来について伝えてくれます。うまくいかなかった生徒も「1限目に躓いても2限目から!」と切り替えて、受験会場に戻っていきました。

受験を通し、受験前とは別人のように逞しくなってきた生徒たち。受験を終え校舎に戻ってくる生徒に会うのが楽しみです。

医学部受験は医師になるための大きな試練だと思います。今の頑張りは必ず今後に活かされます。

みんな頑張れ!今の自分を乗り越えよう!