思いをひとつに

福岡校 教務課の竹本です。

さて、17日(土)、18日(日)のセンターを皮切りにいよいよ一般入試がスタートしました!
受験生のみなさんは、それぞれいろんな思いを胸に、まさに今、このときも闘っていることでしょう。
富士学院の生徒も、必死で闘っています。と同時に、先生方も全力でサポートにあたってくださっています。

受験生のみなさんは、今まで以上に体調管理に気を付けたいものです。とは言え、この時期の体調管理は本当に難しいですね。
急激に寒くなったり、また不安や焦りなど精神的なものも当然あるかと思います。
寝る間も惜しんで勉強したい気持ちも痛いほどわかりますが、これまでの頑張りをしっかりと発揮するために、本番直前は、十分に栄養と睡眠をとって挑んでくださいね。

富士学院の生徒の健康を1年間支えてくださっていたのが、学院の食堂のみなさん。
毎日、朝・昼・夜と栄養のあるおいしい食事をつくってくださいました。
生徒たちが1年間まっすぐ勉強に取り組めたのは、食堂のみなさんのおかげでもあります。

写真は先日、鏡開きの際に生徒・先生方・職員に振る舞われた“ぜんざい”です。
鏡開きの際に、食堂のみなさんが作ってくださいました。

ぜんざいをいただきながらの休憩時間は、ほんのわずかな時間ですが、
入試へのラストスパートを戦友と共に全力で走り抜ける生徒たちにとって、貴重な息抜きの時間になったことでしょう。わたしもいただいたのですが、ほっとする優しい味でした。
必ず、生徒たちのパワーになっています。

受験は長期戦です。
学院の思いはひとつ。わたしたち教務も生徒たちと思いをひとつに、最後の最後まで生徒たちの力になれるよう、共に闘っていきます。