平成27年度入試日程等について

教務課の高嶋です。今回は平成27年度入試日程等について詳しく説明したいと思います。

いよいよ平成27年度のセンター試験が迫ってきました。センター試験は1月17日(土)・18日(日)に行われます。
そして、私立大学医学部医学科はその2日後の平成27年1月20日(火)の愛知医科大学1次試験を皮切りに、21日(水)は岩手医科大学・兵庫医科大学、22日(木)は金沢医科大学・順天堂大学、23日(金)杏林大学、24日(土)北里大学と五月雨的に入試が行われていきます。そして、1月25日(日)は4校の1次試験が重なっています。近畿大学前期・藤田保健衛生大学前期・埼玉医科大学前期(この3校は昨年度も同一日でした。)に加え、川崎医科大学が加わりました。
また、31日(土)は関西医科大学・獨協医科大学、2月2日(月)が4大学、日本医科大学・福岡大学・東海大学1日目・帝京大学1日目、2月3日(火)が2大学、東海大学2日目・帝京大学2日目、など他の医科大学・医学部の1次試験と重複しています。
受験日が重なっている場合は、特に受験生は大学選択を十分慎重に検討しなければいけません。また、各大学の募集要項をしっかり把握し、出願書類等不備がないように注意して出願期間内に間に合うように出願する必要があります。

一般入試の出願締め切りが一番早い大学は愛知医科大学で本日の1月7日(水)〔消印有効〕が締め切りとなり、次に岩手医科大学1月8日(木)〔消印有効〕、順天堂大学1月9日(金)〔必着〕、兵庫医科大学・金沢医科大学1月13日(火)〔消印有効〕、近畿大学一般前期1月13日(火)〔消印有効〕、久留米大学1月15日(木)〔必着〕、また、1月16日(金)は川崎医科大学〔必着〕・聖マリアンナ医科大学〔必着〕・日本医科大学〔必着〕・埼玉医科大学〔必着〕が出願締め切りとなっています。センター試験後の1月19日(月)以降1月31日(土)までの間で出願しなければならない大学もあります。また、センター利用入試の出願締切りは、センター試験前日の1月16日(金)までの大学がほとんどですが、順天堂大学は一般入試と同じ1月9日(金)〔必着〕に、また、産業医科大学はセンター試験受験後の1月23日(金)〔消印有効〕としています。
また、2次試験日も他大学の1次試験又は2次試験との重複が多いので、大学の選択は2次試験日も念頭にいれて検討する必要があります。
なお、一般入試の後期試験も埼玉医科2月15日(日)・昭和大学Ⅱ期2月28日(土)・藤田後期3月1日(日)・関西医科後期3月7日(土)・近大後期3月8日(日)・大阪医科後期3月10日(火)の6大学で実施されます。後期試験は合格を勝ち取る最後のチャンスとなりますので、入試内容等十分把握し、準備しておく必要があります。

また、国公立大学の前期・後期の出願期間は、1月26日(月)から2月4日(水)となっています。各大学の募集要項で、締切日当日消印有効か必着かを確認し、間に合うように出願しなければなりません。前期試験は2月25日(水)・26日(木)、後期試験は3月12日(木) に行われます。

1月からの受験期は受験に向けて最後の仕上げの時期ですが、受験生として、学習に力を入れることは勿論ですが、出願準備、移動手段、宿泊先の手配なども遺漏なきよう進めなければなりません。富士学院では、一人一人の生徒毎にフォローする形で、この大事な受験期を充実したものにし、各生徒が最大限の力を発揮出来るよう導いていきます。