朝のあいさつ・声かけ運動

福岡校 教務課の市川です。

新年あけましておめでとうございます。
年が明け、いよいよ2015年度入試に向けて勝負の月が始まりました。

福岡校では、4月より教務課職員・先生方で毎朝玄関前でのあいさつ・声かけ運動を行っています。
毎日生徒一人ひとりに元気に笑顔で声を掛けることで、生徒の勉強に向かう気持ちを奮い立たせると共に、こちらも「よしっ!今日も頑張るぞ!!」といつも気合が入ります。
1月に入り、連日寒い日が続きますが、毎日たくさんの生徒達が元気に挨拶を返してくれています。

さて、4月から始まった通常のゼミ授業が12月26日で終了しました。
現在は直前対策期に入り、各大学別の対策講義がスタートしています。
直前対策期は、大学ごとの直前対策講座をはじめ、各科目の入試頻出分野の確認、苦手意識のある科目においては少しでも苦手意識をなくし、自信をつけさせ、本番へのモチベーションを上げていくなど、受験に向けての最後の調整や追い込みを行う大事な期間です。
生徒一人ひとりの状況に合わせ、全体講義や個別授業、個別添削など、できる限りの手を打って入試本番に臨ませたいと思います。

センター試験、私立医学部入試開始まであと2週間を切りました。
生徒達の目の色も変わり、みんな必死で切磋琢磨しながら頑張っています。
そんな生徒たちが本番で一人も残らず100%の力が出せるよう、私達職員も最後まで一緒になって闘い、一人ひとりの生徒を全力で支えていきたいと思います。