緊張感・不安感は頑張っている証拠

校舎長の伊藤です。

平成27年度の推薦入試も結果が出揃いました。今日は福岡校の推薦入試の結果からご報告したいと思います。

福岡校からは、地元の福岡大学医学部に9名、久留米大学医学部に4名(全体では6名)、そして藤田保健衛生大学に1名、計14名の合格者を出すことができました。これらの結果は、推薦対策担当の先生方が過去の傾向に基づくだけでなく、出題の変化にも対応できるように準備をした対策講義や、ゼミの先生方や受験科目ではない理科の先生方からの激励や応援、精神的なバックアップを続けた職員達、そして何より通常の授業を続けながら、推薦対策の勉強を加え頑張り抜いた生徒達、その全員で勝ち取った栄冠であると思っています。残念ながら結果の出なかった生徒達も、今は一般入試に向け、気持ちを切り替えみんな頑張っています。推薦入試で頑張った結果は必ず一般入試につながりますし、過去にも一般入試でリベンジした生徒もたくさんいます。

さて、その一般入試に挑む福岡校のゼミ生たちは川崎医科大学・福岡大学・久留米大学・金沢医科大学のプレテストの結果をもとに、改めて学び直すポイントを明確にし、来たる入試に向けて準備をしています。平成27年度のセンター入試や私立医学部入試開始まで3週間を切り、学院としてもだんだん緊張感が増してきました。

このブログをご覧になっている受験生の皆さんや保護者の方々も不安と緊張が募っていることでしょう。でも、頑張っているからこそ、受験を真剣に捉えているからこそ、緊張し不安にもなるのです。「緊張感・不安感は頑張っている証拠」、このように思って下さい。
今まで頑張ってきたからこそ、ここから受験まで、そして受験期間中の頑張りが非常に大事になってきます。受験校に対してやるべき事、克服する事を明確にして具体的に対策を行っていきましょう。受験生に残された時間は皆同じ、その限られた時間を有意義にそして大切に活かして、共々に笑顔の春を迎えましょう!

福岡校blogを開設しました!

福岡校校舎長の伊藤です。

本日から福岡校ブログを開設しました。このブログでは富士学院福岡校の色々な出来事を各職員から皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、よろしくお願い致します。

福岡校は、来年の2月で開校20年目を迎えます。九州・山口地区を中心に医学部専門予備校としてこれまで、全国の国公立医学部に40名、私立医学部にのべ500名を超える合格実績があり、特に地元の福岡大学・久留米大学には200名を超える人材を輩出してきました。

その福岡校は20年目を迎えた今年の2月、博多駅筑紫口から徒歩約12分の瑞穂交差点近くに7階建ての待望の新校舎が完成し、新校舎には、図書コーナーや目標を常に意識するための入試情報コーナーや大学パンフレットコーナー、自学習室に隣接した質問コーナー、気分転換が図れる7F最上階オープンテラスに食堂を完備するなど、朝から夜10時まで勉強を続ける生徒たちの事を考えて、環境づくりに拘った校舎です。
この新校舎で、ゼミ生や現役生たちが受験に向けて毎日勉強に励んでいます。
年々難化する医学部受験は本当に大変です。そんな厳しい受験に挑み努力を続ける生徒達。それだけでも素晴らしい事だと私たちは思っています。そんな皆さんの「志」を大切にしながら生徒一人ひとりを大事にし、真剣に向き合いながら来年に迫ってきた受験に一人でも多くの生徒を合格させる為に私達も全身全霊を込めて頑張っていきます。