埼玉医科大学・獨協医科大学の
入試担当者
をお迎えし
2019年度入試の総括
2020年度入試(推薦・AO・一般)についてお話しいただきます。

特に非公表の内容が多い推薦・AO入試についても出来るだけ詳しくお話しいただく予定です。
説明会の後、富士学院による医学部合格のポイントについても解説を行います。
また、各大学の担当者や富士学院との個別面談も可能ですので、
この機会に推薦・AO入試や一般入試をお考えの方はもちろん、
高2生、高1生、保護者の方も、是非お気軽にご参加ください。


出願資格


埼玉医科大学
推薦入試出願資格

※昨年度のものです
※専願制:合格すればその大学へ必ず入学をすることが条件となります。

【一般推薦枠10名(指定校含む)】

1. 普通科・理数科・外国語科出身者。
2. 全体の評定平均値が4.0以上で、かつ数学・理科・外国語の評定平均値が
それぞれ4.0以上の現役生、又は1浪生。
3. 合格した場合入学を確約できるもの(専願)。

【埼玉県地域枠18名(指定校含む)】

1. 普通科・理数科・外国語科出身者。
2. 全体の評定平均値が4.0以上で、かつ数学・理科・外国語の評定平均値が
それぞれ4.0以上の現役生、又は1浪生。
3. 合格した場合入学を確約できるもの(専願)。
4. 「埼玉県地域医療枠医学生奨学金」の貸与を受け、
卒後埼玉県並びに本学が指定する医療機関又は特定診療科に医師として勤務すること。

【特別枠2名】

1. 普通科、理数科、外国語科の出身者で現役生、又は1浪生 ※評定平均値の条件はない。
2. 英語資格検定試験の好成績【英検1級、TOEFL(ITP・PBT)600以上、TOEFLiBT100以上、TOEFLCBT250以上、
TOEIC900以上、IELTS7.0以上など】、あるいは科学オリンピック等に参加し好成績を納めた者
【日本数学オリンピックの予選合格者、全国物理コンテスト(物理チャレンジ)の1次合格者、
化学グランプリの1次合格者、日本情報オリンピックの予選合格者、日本生物学オリンピックの予選合格者、
日本地学オリンピックの予選合格者、高校生科学技術チャレンジの入賞者、日本学生科学賞の入賞者】、
またそれらと同等の入賞実績のある者。
3.合格した場合入学を確約できる者。(専願)なお、高等学校長が推薦できる人数制限は設けない。


獨協医科大学
推薦入試出願資格

※2020年度のものです
※専願制:合格すればその大学へ必ず入学をすることが条件となります。

【公募制(地域特別枠)10名 ※指定校制との併願可。】

1. 卒業後、北関東3県(栃木・群馬・茨城)、埼玉県及び福島県いずれかの地域で医師として
医療に従事する意志のある者
2. 北関東3県(栃木・群馬・茨城)、埼玉県及び福島県の各県内高等学校
(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)を卒業見込みの者
あるいは、本人もしくは保護者が、平成29年4月1日から引き続き当該地域に在住している者
(この場合は住民票を添付してください)
3. 合格した場合、必ず入学する者
4. 高等学校を令和2年3月卒業見込みの者
5. 在学期間(第3学年については1学期)を通して成績が全体の評定平均値4.0以上であること
6. 本学の医学教育に耐え得る心身と医師を志すにふさわしい資質を有する者
7. 学校長が推薦し得る者


獨協医科大学
入学試験の変更点

・1浪まで可能だった推薦入試出願資格が「現役生」のみに変更。
・センター利用入試で2次試験の「小論文」が廃止 他

詳しくは当日の説明会にてご説明いたします。ぜひご参加ください。


プログラム

12:30〜 開場・受付
13:00〜13:50 埼玉医科大学入試説明会
(埼玉医科大学入試ご担当者)
14:00〜14:50 獨協医科大学入試説明会
(獨協医科大学入試ご担当者)
15:00〜15:30 医学部合格のポイントについて
(富士学院 教務課)
15:30〜 個別相談会
個別相談は随時行っております。
ご希望の方はお気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。

イメージ画像


要 項

日時

8/25(日)13:00〜

定員

30名 ※お申込は先着順でお受け致します

参加費

無 料

対象

2020年度私立医学部受験(埼玉医科大学・獨協医科大学)をお考えの方、その保護者の方
※将来受験をお考えの方も受付いたします。
※できるだけご本人も一緒にご参加ください。

参加特典

参加者全員に2020年度大学案内パンフレット及び
国公立・私立医学部最新入試情報「これ一冊」を差し上げます。
※1世帯につき1セット限りとなります。


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
圧倒的な合格実績!
選抜制をとらずに毎年2人に1人以上が医学部医学科に進学
(2019年度医学部医学科専願者実数333名中173名合格!
(2018年度医学部医学科専願者実数297名中164名合格!
ポイント 2
2019年度私立医学部医学科合格者実数157名!
これまでに埼玉医科大学獨協医科大学の合格者をはじめ、
難関の慶應義塾大学東京慈恵会医科大学日本医科大学にも合格者輩出!
ポイント 3
非公開の入試情報にも強い!
これまでに蓄積された豊富な入試情報と分析力!
ポイント 4
随時個別相談会を実施!
各大学入試ご担当者と直接面談が可能
ポイント 5
東京や大阪、名古屋、福岡など全国8校舎直営校による
スケールメリットを生かした最新の医学部入試情報の取得をはじめ、
様々な入試情報入試データを生徒一人ひとりに具体的に生かせる学習環境
お電話からのお申込みはこちら
東京十条校:0120-02-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院の入試説明会は
ご参加いただいた皆様から
高い評価をいただいています!

  • お陰様で、有意義な時を過ごさせていただきました。
  • 大変話もわかりやすかったです!!天候悪い中、迷いましたが来て良かったです!!
  • 今度の機会で、本人も是非参加させたいと思います。

アンケート画像

2019年度医学部医学科に
見事合格!
お喜びの声を一部ご紹介します。

埼玉医科大学合格(一般)
M・Tさん
富士ゼミ生
富士学院はその人のペースや性格を尊重して合格に導くための道のりを考えてくれる塾なので、自らの意思で浪人する人が通ってほしいです

私は現役の時に全落ちしてすぐに親に連れられて富士学院を訪れました。親が浪人することが決まる前から訪れていた上で薦めてきたことと、先生や教務課の方と生徒の間の壁を感じないところが今まで通っていた塾と違って良かったことから、富士学院で浪人する事を決めました。

1浪目は、理科の成績が足りていない知識を吸収したことによって少し伸びましたが、英語は文法に対する理解が浅いまま、数学は自分の勉強の仕方が間違っている事に受験直前になって気付く、そんな状態で受験を迎えました。奇跡的に福岡大学の早い番号の補欠をもらいましたが、その年の回りが悪く、結局回りませんでした。そして、1浪までと言っていた親がこの結果を考慮して2浪することを許してくれました。2浪目は、1浪目の時にできなかった課題にひたすら向き合って、成績は良くも悪くも自分の合格を保証してくれる訳ではないけど、とにかく上げていけば自信になると思い勉強しました。
結果的に6つの大学の一次を通過しましたが、前期の入試では正規合格をもらえず、後期の入試でやっともらうことができました。

私が富士学院で浪人して良かったと思うことは、

・ゼミを担当している先生が週に1回は夜の自習時間の時に質問対応出来るように残ってくれること
・自分のこれまでの勉強がなぜだめだったのか気付かせてくれること
・食事や外出に関する時間の規定がないこと

です。

私は気分屋の性格で勉強も食事も自分の好き勝手していましたが、これらのことが自分が決めたこととはいえ勉強が辛い・・なんて思わず楽しく勉強できたことに繋がっていたと思います。富士学院はその人のペースや性格を尊重して合格に導くための道のりを考えてくれる塾なので、自らの意思で浪人する人が通ってほしいです。私の場合は富士学院で浪人してなければ合格できなかったと断言するくらい、塾の先生と教務の方には大変お世話になりました。2年間ありがとうございました。

獨協医科大学合格(センター利用)
S・I君
富士ゼミ生
講師や職員との近い距離感、相談ができる環境、安心して勉強に集中できました

私は3浪してしまったのですが、毎年今年こそは合格するぞと決意していました。でも私は朝が弱く生活面に自信がなかったことから、勉強面以外でのサポートが充実している予備校を探していたので、富士学院を選びました。その選択は正解でした。入学して感じたことは、生徒と先生や教務の距離が近く、勉強面はもちろんのこと、生活面での不安なども相談できたので、安心して勉強に集中できたことです。また、ゼミ生が一丸となって勉強する雰囲気があったこと、時には自分のモチベーションが上がらない時もありましたが、周りのやる気に乗って勉強する気になれたと思います。私の合格は、運もありますが共に合格を目指す仲間たちや、サポートしてくださる先生方や教務、いつも見守ってくれた両親あっての合格だと思います。
富士学院は合格するまでしっかり面倒を見てくれます。先生方の用意してくださるレールの上をしっかり進めば必ず合格できるので、頑張ってください。

保護者の方からも
お喜びの声を多数頂いています!
一部ご紹介

2019年度
埼玉医科大学推薦入試合格
S・S様(お父様より)
富士学院は長女の成績を詳細に分析し、今後の展望を明確に示唆していただき安心しました。

富士学院にお世話になり、長女は1浪で埼玉医科大学に合格させていただきました。現役時代は8校の医科大学を受験しましたがすべて不合格、家族一同失意のなか予備校選びを始めました。いくつかの医学部専門予備校の説明会に出席しましたが、その内容は個人の体験談であったり、感性に訴えるものばかりでした。小生としましては、職業柄、客観的にデータに基づく見通しを伺いたかったです。一方、富士学院は長女の成績を詳細に分析し、今後の展望を明確に示唆していただき安心しました。また食事住居等生活面においてサポートしていただける事も、選択した大きな理由です。
長女は高校時代、生物部に所属し毎日活動しておりましたが、この活動が推薦入試の受験資格になるとは現役時代にはまったくわかりませんでした。この事をご教授していただけたことが今回の合格につながり、大変感謝しております。また7月の三者面談の際には“必ず合格させてみせます。”との力強い言葉を頂き安堵しました。
今回、医学部受験にはプロのノウハウが必要不可欠である事を痛感しました。小生の過去の受験の経験などまったく役に立たず、また医学部のハードルがこれほど上がっていたとは思いも知りませんでした。医学部受験を甘くみていたようです。油断していました。
長女にとって大変な一年間であったとは思いますが、これからの長い人生においてかけがえのない経験になってくれることと信じております。
最後に、受験に関わっていただきました多くの先生、スタッフの方々に深甚なる感謝の意を表します。ありがとうございました。


Q&A

Q
難関の医学部受験を突破するためにこれから何が必要でしょうか?
A.
医学部入試は情報戦です。
①まずは医学部の正確な入試情報を知る
②受験校を知る
③自分の得意・不得意科目を含めた現状の学力をしっかり把握する。
その上で目標に向けての具体的な方針が決まります。出願校が決まったら、あとは合格に向けてできる限りの対策をとることが合否の決め手となります。
Q
受験生でなくても中高生の参加は可能ですか?
A.
もちろんです。
難関の医学部合格を、更には医学部現役合格を目指すのであれば推薦入試を視野に入れることを含め、早い段階からの意識や準備は合格に向けての大きなアドバンテージとなります。本イベントが少しでも医学部受験への参考となり、意識を高める場になれば幸いです。


2019年度
医学部医学科専願者実数
333名中173名合格!
(実数合格率52%
生徒の約2人に1人以上が医学部医学科に進学!
※一次・補欠は含んでおりません。
※2019年1月開校の大阪校、十条校は含まれていません。


お電話からのお申込みはこちら
東京十条校:0120-02-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 東京十条校

医学部受験予備校 富士学院 東京十条校

〒114-0032
東京都北区中十条2-9-13
JR京浜東北線「東十条駅」南口から徒歩約2分
JR埼京線「十条駅」北口から徒歩約6分
フリーダイヤル:0120-02-9179
代表番号:03-5924-9179

ページトップ