お電話からのお申込みはこちら
東京十条校:0120-02-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

2019年度医学部医学科の
圧倒的な合格者実数


医学部医学科専願者実数
333名中173名合格!
内、私立医学部医学科合格者実数157名!
選抜制をとらずに生徒の2人に1人以上
医学部医学科に進学!
※一次・補欠は含んでおりません。

2020年度
私立医学部推薦・一般入試の最新の情報
様々な合格事例を含めた
合格のポイントを一挙に解説!


推薦入試

出願資格が限定されている推薦入試は一般入試と比べ総じて倍率も低く、
合格のチャンスが広がります。


AO入試

アドミッションズ・オフィスの略で、
大学が掲げるアドミッションポリシーに適合しているかどうかが最も重要になるAO入試。
総じて提出書類が多く、人物重視と言えども相応の基礎学力も問われます。
各大学がどのような人材を選抜しようとしているのか、
出願資格、選考方法も含めてしっかり把握することが肝要です。


一般入試

受験日程が合えば何校でも受験が可能な一般入試。受験日の重複が多い2020年度入試では、
出願大学の選定と受験日程の組み方も大事なポイントとなります。


医学部志願者数の減少傾向により
合格のチャンスが広がっている
私立医学部入試

私立大学医学部医学科においては、東北医科薬科大学(定員100名)、
国際医療福祉大学(定員140名、内留学生枠20名)が新設されたことも影響し、
志願者総数は6年連続で10万名の大台を超え、志願者総数・受験者総数ともに、高い水準で推移しています。
しかしその一方で2019年度入試では不適切入試の問題を受け、志願者数を大きく減らした大学もあり、
全体で一般入試・センター利用入試の志願者は2018年度(109,171名)より6,263名減の102,908名となりました。
また最近は景気が少し上向きになり、就職状況が好転してきた影響や、2018年問題(18歳人口の減少)の影響などにより、
2020年度入試は合格のチャンスが少し広がる入試となりそうです。


より優秀な人材を確保するため、
より多くの受験生に受験機会がある医学部受験

最近では大学側が学費を下げたり、推薦入試でも出願資格の枠が増えたり、
特待制度・奨学金制度を充実させ、少しでも多くの受験生に受験機会を与え、
より優秀な人材を確保しようと考える私立大学も増えており、私立専願の受験生だけでなく、
国公立大学を第1志望とする高学力層の受験生が私立大学を併願するケースも多くなっています。
いずれにしても医学部入試は、今後も高い難度を維持し、医学部を目指す戦いはこれからも厳しい状況が続いていく事が予想されます。
本年もまた、入試内容の変更を行う大学も多く、「最新」のそして「正確」な情報を得て、
その上で生徒の現状に合わせて対策を取ることが医学部合格の決め手となります。


私立医学部推薦・一般入試
最新の情報を入手し、
ライバルに一歩先んじる!

本セミナーでは推薦入試、一般入試共に2019年度入試の総括を行い、
2020年度入試の概要及び合格のポイントについて詳しく解説を行います。
ぜひこの機会をご利用ください。


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
圧倒的な合格実績!
選抜制をとらずに毎年2人に1人以上が医学部医学科に進学
(2019年度医学部医学科専願者実数333名中173名合格!
(2018年度医学部医学科専願者実数297名中164名合格!
ポイント 2
2019年度私立医学部医学科合格者実数157名!
難関の慶應義塾大学東京慈恵会医科大学日本医科大学などにも合格者輩出!
ポイント 3
高い合格実績に裏付けられた独自のノウハウ
偏差値だけでは計れない様々な合格事例を用い、合格を勝ち取るポイントを解説!
ポイント 4
非公開の入試情報にも強い!
東京や名古屋、大阪など全国8校舎直営校による
スケールメリットを生かした最新の医学部入試情報の取得をはじめ、
これまでに蓄積された豊富な「入試情報」と「分析力」!
お電話からのお申込みはこちら
東京十条校:0120-02-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


要 項

日時

9月8日(日)13:00~ 開場12:30

会場

富士学院 東京十条校

定員

30名

参加費

無 料

対象

2020年度私立医学部受験をお考えの方、及びその保護者の方
※将来私立医学部を目指す生徒・保護者の方も参加可能です。

参加特典

参加者全員に私立大学医学部の各種資料と
医学部入試に使える国公立・私立医学部最新入試情報「これ一冊」を差し上げます。
※1世帯につき1セット限りとなります。


プログラム

12:30〜 開場・受付
13:00〜 2019年度私立医学部推薦・一般入試の総括と
2020年度入試の概要及び合格のポイントについて
(富士学院 教務部)
14:00〜 個別相談会(希望者のみ)

私立受験セミナー イメージ画像

医学部を受験する上で
推薦入試は有利!

まずは以下の表をご覧ください。


私立大学医学部推薦・AO入試状況

年度 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 総合格者数 倍率
2019年度 482名 3,197名 6.6倍 3,145名 536名 5.9倍
2018年度 452名 3,118名 6.9倍 3,080名 481名 6.4倍
2017年度 450名 2,778名 6.2倍 2,731名 491名 5.6倍
2016年度 435名 3,086名 7.1倍 3,051名 490名 6.2倍
2015年度 425名 3,039名 7.2倍 2,988名 472名 6.3倍
2014年度 413名 2,895名 7.0倍 2,851名 449名 6.3倍


私立大学医学部一般入試
センター利用入試状況

年度 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 総合格者数 倍率
2019年度 2,969名 102,908名 34.7倍 95,235名 6,704名 14.2倍
2018年度 3,031名 109,171名 36.0倍 99,658名 6,087名 16.4倍
2017年度 3,024名 108,181名 35.8倍 99,664名 6,082名 16.4倍
2016年度 2,903名 105,855名 36.5倍 98,383名 6,211名 15.8倍
2015年度 2,796名 104,569名 37.4倍 96,547名 5,889名 16.4倍
2014年度 2,767名 104,144名 37.6倍 96,269名 5,579名 17.3倍


推薦入試受験をお考えの方へ

2019年度入試結果は志願者数、受験者数共に減少したものの、
一般入試は実質倍率14.2倍、また推薦入試(AO含む)は5.9倍という結果でした。
過去年度を見ても医学部を受験する上でいかに推薦入試が有利なのかがわかると思います。
2017年度の帝京大学の推薦入試(定員10名)導入に引き続き、
2018年度は聖マリアンナ医科大学が一般公募制(定員10名)、
大阪医科大学が「建学の精神」入試(定員3名)を導入、
また、2019年度は杏林大学がAO入試(定員5名)、東海大学がAO入試「希望の星育成」(定員5名)を導入、
そして2020年度は久留米大学の地域枠が2浪まで出願可能になり、定員が5名増、
福岡大学は推薦入試募集人員がこれまで30名から10名増の40名(※附属推薦7名含む)に変更になるなど、
推薦(AO)入試を重視する傾向が増々強まっています。
難関の医学部受験においては、この推薦入試を大きなチャンスと捉えて、積極的に利用することが大切です。


一般入試受験をお考えの方へ

上記の表を見てもわかるように、医学部入試は簡単に超えられる壁ではありません。
ただ、2014年度〜2019年度までの私立医学部医学科の一般入試の志願者数は10万名を超えてはいますが、
2019年度は不適切入試の問題を受け、志願者数を大きく減らした大学もあり、
過去5年の志願者増の流れが一旦ストップした状況となりました。
また、2021年度の大学入学共通テスト、2022年度から年次進行で実施される次期学習指導要領を控え、
現役生も浪人生も2020年の入試で進学先を決めねばならないという思いが強くなり、
来年度の入試が医学部を目指すラストチャンスと捉えて頑張っている受験生がこれまで以上に増え、
受験レベルそのものがかなり上がるのではないかと予想されます。


医学部志願者の減少傾向は大きなチャンスとなりますが、
だからといって医学部入試の難度が大きく低下するわけではなく、
今後も高い難度を維持し、医学部を目指す戦いは厳しい状況が続いていく事が予想されます。
この難関を突破するためには「正しい入試情報」を知ることが大切です。
大学には大学毎に求める人材像があり、入試の選考方法も様々です。
ただ、がむしゃらに勉強を頑張るだけではなく、自分自身がどういう医師になりたいのか、
医師になるという事はどういう事なのか、医師になってどうしたいのか、
こういう事を自分の中でしっかり考え、整理し、勉強に向かう事が大事です。


Q&A

Q
難関の医学部受験を突破するためにこれから何が必要でしょうか?
A.
医学部入試は情報戦です。
①まずは医学部の正確な入試情報を知る
②受験校を知る
③自分の得意・不得意科目を含めた現状の学力をしっかり把握する。
その上で目標に向けての具体的な方針が決まります。出願校が決まったら、あとは合格に向けてできる限りの対策をとることが合否の決め手となります。
Q
受験生でなくても中高生の参加は可能ですか?
A.
もちろんです。難関の医学部合格を、更には医学部現役合格を目指すのであれば推薦入試を視野に入れることを含め、早い段階からの意識や準備は合格に向けての大きなアドバンテージとなります。本イベントが少しでも医学部受験への参考となり、意識を高める場になれば幸いです。

富士学院の受験セミナーは
参加者の方から
高い評価をいただいています!

アンケート画像

2019年度私立医学部医学科に
見事合格した東京校在籍の生徒から
たくさんの喜びの声が届いています!
その一部をご紹介します。

2019年度
埼玉医科大学推薦入試合格
富士ゼミ生 Y・Sさん 前橋女子高校
富士学院ではどんなに初歩的なことを聞いても誰も馬鹿にせず、丁寧に教えてくれました

私が富士学院を選んだのは、少人数制の授業を行い、質問しやすい環境が整っていたからです。富士学院の授業を受ければ受けるほど、現役時代の理解の浅さを痛感しました。また、わからないものがあれば、いつでも徹底的に質問できたのもよかったです。どんなに初歩的なことを聞いても誰も馬鹿にせず、丁寧に教えてくれました。
生活面においても、寮や食事がそろっていたので、勉強に打ちこむことができました。また事務の方々は受験の相談に親身になってのってくれたり、日常のおしゃべりを一緒にしてくれたりしました。教務の方々が精神的に支えてくれたように感じます。
今回、私は埼玉医科大学に推薦入試で合格することができました。教務の方々に、部活動の活動実績がこの入試の受験資格に該当することを教えて頂けたので、受験することができました。教えて頂くまでは、この入試のことを知りませんでした。改めて医学部受験において、情報の大切さを感じました。この情報力の高さは、医学部専門予備校で生徒とのコミュニケーションを大切にする富士学院ならではだと思います。
最後に、今の私があるのは教えてくれた多くの先生、支えてくれた事務の方々、私の受験に関わってくれた全ての方々のおかげです。本当にありがとうございました。

2019年度
北里大学医学部推薦入試合格
個人指導生 K・T君 高輪高校
私にとって富士学院で受けた英語の授業は刺激的で新鮮でした。

私は、高校3年生の春から富士学院で週に1回の個別の英語の授業を取っていました。1コマでも授業を取れば、模試を無料で受けられ、個別ブースを使用できるので活用しました。
私にとって富士学院で受けた英語の授業は刺激的で新鮮でした。高3という時期に基礎を1からやり直したので、早く演習をやりたいという焦る気持ちもありましたが、学び直したことで英語の見方が180°変わり、モチベーションUPに繋がりました。
他にも、推薦入試の直前には無料でグループ面接の対策と小論文や調査書の添削をしてもらいました。本番さながらの面接対策をすることで、緊張感や面接の進行のやり方などを体感することができました。個人的には添削されたものを模範解答に沿って書き直すという作業はとても効果的でした。
最後に、医学部を目指す方にこれだけは忘れないで欲しいことがあります。それは貴方だけで戦っている訳ではないということです。医学部に入った後は勿論、予備校にも多額のお金が必要で、それを支払うのは貴方の両親です。お金以外にも多くの両親のサポートが必要になります。つまり貴方だけではなく両親も貴方と一緒に戦っているということです。これだけは忘れずに受験勉強に励んで欲しいと思います。

2019年度
国際医療福祉大学医学部合格
富士ゼミ生 R・K君 駒澤大学高校
普通の予備校ではありえないほど面倒見が良い富士学院の環境が、私を医学部合格に導いてくれたのだと確信しています。

私の高校は大学の附属高校だったため、ほとんどの生徒がそのまま大学にもち上がるということに加え、自身が現役時代は文系だったということもあり、医学部合格への道は中々厳しいものでした。一浪目は宅浪で、どのような参考書を使えばいいのか、どのように勉強を進めていけばいいのかと悩む時間も多く、地方の医学部の補欠合格にとどまってしまいました。そして二浪目が決まったとき、もう一年宅浪を続けようかそれともどこかの予備校に通おうかと悩んでいるときに富士学院をネットでたまたま見つけました。入塾するかは決めていませんでしたが、次の日さっそく説明を聞きに富士学院に行ってみることにしました。そして実際に来てみて思ったことは先生たちがとても熱くて、生徒が合格するために必要なものを備えてくれているということでした。私はその日に入塾をきめ富士学院で一年頑張ることを決心しました。富士学院で勉強を始めてみると最初の説明で聞いていたよりも充実度が高いことに驚きました。毎日どの先生も丁寧に質問に答えてくれて、普通の予備校ではありえないほど面倒見が良いと感じました。この環境が私を医学部合格に導いてくれたのだと確信しています。
ここからは受験勉強についての話をしたいと思います。受験勉強で大切なことはできるだけ多くの赤本の問題にふれ、毎日コンスタントに勉強を続けるということです。赤本は受ける大学だけではなく、受けない大学の問題も解いてみるのが良いと思います。私は富士学院にある赤本の数学の問題は解ききったと思います。ただし、自分の受ける大学と傾向が明らかに異なるようなものは解く必要はないと思います。今年医学部受験をする方達は毎日こつこつと勉強を続けて頑張ってください!

2019年度
日本大学医学部医学科一般入試合格
個人指導生 Y・K君 暁星国際高校
最後まで諦めずに受験勉強を続けられたのは富士学院と出会えたからだと思っています。

私が富士学院でお世話になるようになったのは、英語の個人指導をしてくださった先生の勧めからでした。私は薬科大学を一度卒業しているので化学や生物には自信がありましたが、数学や英語に関しては少なくとも6年以上は手をつけていなかったので、最初はひどい状態でした。しかし、先生方の丁寧な指導のおかげで成績は徐々に伸びていきました。また、「点数が取れているからOK」ではなく、「本当に理解ができているのか」を重点とした授業のおかげで理科系科目の更なる自信にもつながりました。しかし、その年は結局一次通過のみで二次通過には至りませんでした。翌年は家庭事情もあり、働きながら受験をするという形を取りました。そんな私を富士学院の先生方は最後までサポートしてくださり、そのおかげで正規合格を頂くことができました。
医学部予備校はあくまで勉強をする場所という認識でしたが、富士学院はそういった点からも他の予備校とは違った心のサポートをしてくれていたのだと感じています。最後まで諦めずに受験勉強を続けられたのは富士学院と出会えたからだと思っています。本当にありがとうございました。

保護者の方からも
喜びの声を多数頂いています!
その一部をご紹介します。

2019年度
埼玉医科大学推薦入試合格(富士ゼミ生)
S・S様(お父様より)
富士学院は長女の成績を詳細に分析し、今後の展望を明確に示唆していただき安心しました。

富士学院にお世話になり、長女は1浪で埼玉医科大学に合格させていただきました。現役時代は8校の医科大学を受験しましたがすべて不合格、家族一同失意のなか予備校選びを始めました。いくつかの医学部専門予備校の説明会に出席しましたが、その内容は個人の体験談であったり、感性に訴えるものばかりでした。小生としましては、職業柄、客観的にデータに基づく見通しを伺いたかったです。一方、富士学院は長女の成績を詳細に分析し、今後の展望を明確に示唆していただき安心しました。また食事住居等生活面においてサポートしていただける事も、選択した大きな理由です。
長女は高校時代、生物部に所属し毎日活動しておりましたが、この活動が推薦入試の受験資格になるとは現役時代にはまったくわかりませんでした。この事をご教授していただけたことが今回の合格につながり、大変感謝しております。また7月の三者面談の際には“必ず合格させてみせます。”との力強い言葉を頂き安堵しました。
今回、医学部受験にはプロのノウハウが必要不可欠である事を痛感しました。小生の過去の受験の経験などまったく役に立たず、また医学部のハードルがこれほど上がっていたとは思いも知りませんでした。医学部受験を甘くみていたようです。油断していました。
長女にとって大変な一年間であったとは思いますが、これからの長い人生においてかけがえのない経験になってくれることと信じております。
最後に、受験に関わっていただきました多くの先生、スタッフの方々に深甚なる感謝の意を表します。ありがとうございました。

2019年度
金沢医科大学AO入試合格(富士ゼミ生)
T・I様(お父様より)
もし富士学院に通学していなかったら合格を手にする事が出来なかったと思います。本当に感謝しております。

医学部受験を経験した事の無い私は、医学部を目指す娘に、親として何か出来る事は無いかと考えました。医学部は他学部と違い医学部受験に特化した勉強をしなければ合格は難しいと聞いていたので不安でした。色々と探した結果、出会ったのは富士学院でした。文系科目が得意であった娘を、理系科目主体の医学部受験で闘える土俵まで引き揚げるのは大変な事だったと思います。途中で挫折しそうになる娘を富士学院では勉強だけでなくメンタル面でのサポートもして頂きました。娘にとって富士学院での受験勉強は人間性も成長させて頂き、医師となった時どうあるべきかも学べた本当に有意義な浪人生活となりました。また医学部受験に関する情報量も多く、娘の得意科目から最適な大学そして受験方法を御指導して頂きました。もし富士学院に通学していなかったら合格を手にする事が出来なかったと思います。本当に感謝しております。有難うございました。

2019年度
福岡大学医学部医学科一般入試合格(富士ゼミ生)
Y・N様(お母様より)
ずっと昔から知っているかのように包み込んでくれた先生方との出会いは、息子の人生の宝物です

感謝の気持ちでいっぱいです。
初めて会った年輩男性が、息子をずっと昔から知っているかのように包み込んでいくのを呆然と眺めたあの日から、あっという間の1年でした。先生方との出会いは息子の人生の宝物です。また、苦しい時期を共に過ごした親友と同じ大学に進学することになったのも、富士学院のお陰だと感謝しています。
熱く温かいご指導に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

2019年度医学部医学科の
圧倒的な合格者実数


医学部医学科専願者実数
333名中173名合格!
内、私立医学部医学科合格者実数157名!
選抜制をとらずに生徒の2人に1人以上
医学部医学科に進学!
※一次・補欠は含んでおりません。

お電話からのお申込みはこちら
東京十条校:0120-02-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 東京十条校

医学部受験予備校 富士学院 東京十条校

〒114-0032
東京都北区中十条2-9-13
JR京浜東北線「東十条駅」南口から徒歩約2分
JR埼京線「十条駅」北口から徒歩約6分
フリーダイヤル:0120-02-9179
代表番号:03-5924-9179

ページトップ