お電話からのお申込みはこちら
岡山校:0120-9179-00
9:00〜22:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)

島根大学医学部学校推薦型独自
小論文・面接試験を徹底攻略!

島根大学医学部学校推薦型選抜Ⅱ(一般枠)の募集定員は25名以内で、
大学入学共通テストの前に大学独自の個人面接と小論文試験があり、
共通テストの結果を含めた総合判定で合否が決定します。
学校推薦型選抜Ⅱの小論文では、理科の科学論文による出題を論述式で解答します。
近年、小論文の出題範囲が多岐にわたり「感染症、ワクチン、自閉症、災害医療、長寿社会、命の選択」などの
テーマを総合的に問われており、問題に提示された図表を読み取る力も求められます。

本講座では、例年高い合格実績を誇る医学部受験のプロ講師によって分析された過去の出題内容をもとに、
本番同様の小論文プレテストを行い、その後の解説授業で論述式の実践的な解答方法を学びます。
最後の面接指導では、実践練習を通して特に重要なポイントを一緒に確認します。
ご希望の方は個別に対応することも可能です。まずはぜひこの機会をご利用ください。


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
圧倒的な合格実績!
選抜制をとらずに毎年2人に1人以上が医学部医学科に進学
(2022年度医学部医学科専願者実数466名中267名合格!
(2021年度医学部医学科専願者実数448名中249名合格!
(2020年度医学部医学科専願者実数403名中205名合格!
(2019年度医学部医学科専願者実数333名中173名合格!
ポイント 2
2022年度岡山校1校舎だけで医学部医学科専願者55名中
島根大学はじめ32名が医学部医学科に合格!(合格率58.2%)
ポイント 3
数多くの医学部合格者を輩出してきた岡山校精鋭のプロ講師陣が徹底対策!
ポイント 4
小論文及び、本番同様の緊張感の中で行う模擬面接対策を実施。
お電話からのお申込みはこちら
岡山校:0120-9179-00
9:00〜22:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)


要 項

日時

10/30(日)9:15〜※開場 9:00〜

※オンラインによる受講も可能です。詳しくは校舎までお問い合わせください。
※文部科学省発表の学校における新型コロナウイルスに関する衛生管理マニュアルを引照し
徹底した感染症対策を行っています。

会場

富士学院 岡山校

定員

10名

参加費

面接対策・質問対応込 33,000円(税込・昼食付)
※学院専用食堂をご利用いただけます。

対象

2023年度
島根大学医学部 学校推薦型選抜Ⅱ受験生


プログラム

スケジュール ※当日、時間割を変更する場合があります。

9:00〜 開場・受付
9:15 島根大学医学部 学校推薦型選抜Ⅱの概要
9:30〜12:00 小論文プレテスト
12:00~13:00 昼休憩(昼食付) ※学院専用食堂をご利用いただけます。
13:00~14:00 小論文 解説授業①
14:10~15:10 小論文 解説授業②
15:20〜 面接指導(希望者のみ/各20分)
17:00〜 終了予定 ※時間割が変更になる場合があります。

※面接指導待ち時間の間、会場内で自学習が可能です。

イメージ画像


出願資格
※昨年度のものです


ー要点抜粋ー 学校推薦型Ⅱ
(大学共通テストを課す)

  • 専願制(合格者は、いかなる事由があっても入学を辞退できない。)
  • 募集人員 25名以内
  • 全体評定 4.3以上
  • 高等学校又は中等教育学校を令和3年3月に卒業した者及び令和4年3月卒業見込みの者
  • 数学ⅢAB、物理・化学・生物(うち2科目)、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅱの履修者
  • ※久留米大学特別枠推薦型選抜、福岡県特別枠推薦型選抜との併願は可。
    ただし合格はいずれか一つのみ


昨年度の受験概要

  • 【第1次選考】
    学校長推薦書、調査書、自己推薦書による書類選考
    (※志願者が募集人員の4倍を超えた場合に実施 ※11月中旬)
  • 【第2次選考】
    12月上旬実施の個別学力試験(小論文・面接)と、
    1月中旬実施の大学入学共通テストの総合点にて選考
  • ※本学医学部医学科学校推薦型選抜(一般)、福岡県特別枠推薦型選抜との併願は可。
    ただし合格はいずれか一つのみ

富士学院に相談して本当に良かった!
岡山校個人指導生の
合格体験記の一部をご紹介

2022年度 島根大学医学部 学校推薦型選抜合格
Y・S君
岡山操山高校
最後まで諦めない気持ちと医師になりたいという気持ちがあれば合格は出来ます!

推薦入試合格を知った瞬間は本当に嬉しくて泣いてしまいました。それと同時になぜ合格出来たのか不思議でした。(今でも不思議です(笑))ただ一つ言えるのは、この合格は周りのサポート無しでは得られなかったということです。学校や塾に行かせてくれた親、学校・塾の先生、そして一緒に受験勉強を頑張った友達には感謝の思いでいっぱいです。これから新たな地で、新たにスタートを踏み出すわけですが、この感謝の気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。私は共通テストで8割を余裕で切っているにもかかわらず受かってしまった身ですので、勉強方法については割愛します。医学科受験者にしては国語・数学・英語・理科・社会の5教科の点が全体的に少し足りなかった私でも、1つだけ医学科受験者の中で上位層に入るのではないかと自負している分野があります。それは“気持ち”です。私は高校1年生から最後まで結局D判定かE判定しか出ませんでした。高校3年生の受験期には医学科を受けるか本気で、迷ったこともありました。それでも医師になる夢を叶えたいという思いが最後に自分を後押ししてくれ、医学科受験を再度決意し直し、勉強に励みました。その結果、共通テスト2週間前のプレテストよりも本番では70点も上がりました。(70点上がっても8割はありませんでしたが…。)最後まで諦めない気持ちと医師になりたいという気持ちがあれば合格は出来ます!!(私がそれを証明しました。(たぶん…。))皆さんも“気持ち”を強く持って勉強頑張ってください。夢は叶う!!絶対叶う!!です!

保護者の方からも
たくさんの感謝の声をいただいています。
一部ご紹介します。

2022年度
島根大学医学部医学科学校推薦型選抜(一般枠)合格
R・S様(お母様)
富士学院は娘の可能性を最大限に引き出してくれる環境でした。

国立大学の推薦にも実績のある富士学院に高校3年の夏からお世話になりました。現役時代は、推薦対策の小論文を指導していただいていましたが、共通テストを含め、医学部を受けるには、学力的に歯が立たず、私立も一次合格もできない状態でした。浪人が決まり、娘の少し控えめな性格上、少人数制で、しっかり質問などしやすい環境が良いと思い、改めて富士ゼミ生としてお世話になることになりました。校舎長が、(うちは、家族みたいなもんですから)と言われた言葉のとおり、学院はとてもアットホームな雰囲気で、娘の性格を見抜いて先生方も対応してくださり、教務の方にも、本当のお姉さんのように接していただき、まわりで一緒に頑張る仲間に励まされ、孤独な浪人生活のはずでしたが、居心地よく、精神面でも、かなり助けていただきました。勉強面も、国立大学を受けるには、学力的に厳しく、とにかく主要4教科をかためることが大事と、教務の方にも先生にも、強くアドバイスされました。社会や国語は、秋からでもその気になれば大丈夫といわれ、不安はありましたが、私立医学部コースに入ることになりました。それからは、徹底的に4教科の基礎固めを授業の復習を中心にやっていました。ついていくのに必死なようでしたが、わかりやすく教えていただき、遅くまで質問にも丁寧に対応していただいていたので、わかることの喜びを感じながら勉強しているようでした。
夏以降、受験校を検討する段階になり、やはりもう一度第一志望の国立大学を推薦から挑戦したいということになり、9月から社会と国語を個人指導で入れていただくことになりました。主要4教科の入試レベルの問題も始まり、さらに教科も増えて、てんてこまいな様子でした。自分で赤本などする時間もほとんどなかったようですが、授業で出される内容を徹底して復習していました。その結果、私立も数校正規合格をいただき、念願の国立も、推薦で合格をいただくことができました。娘にとっては、以前からの第一志望の学校でしたが、その夢を手に入れることができたのは、富士学院で、徹底的に基礎を学んで、正しい方向で効率のよい勉強をさせていただいたからだと思います。娘の可能性を最大限に引き出してくれる環境でした。ここで努力したことは、今後の苦難を、乗り越える上でも良い人生経験になることと思います。富士学院の皆様、本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。


Q&A

Q
他校でも面接指導は行われていますが、富士学院は何が違うのですか?
A.
面接試験の本質は、受験生の「スキル、考え方、人間性、これまでの生き方、今後はどうか」などその人そのものの内面や本質を見ていくものだと考えています。よく「こういう質問にはこう答えた方がいい」などのマニュアル的な答えを暗記させるようなケースがありますが、そのようなテクニックに頼ると実際の質問で面接官の意図とは微妙に違う答えになったり答えに詰まったりして、評価を大きく下げるケースがよくあります。富士学院の面接指導は「質問の意図を知る」「自分の言葉でしっかりと答える」「私はこういう人間である」というコミュニケーションの基本をしっかりと指導し、その上で受験する大学に沿った正しい面接対策を行っています。
Q
面接が苦手で本番だとどうしても緊張してしまいます。
どう対策すればいいでしょうか。
A.
面接対策を個人で行うことは困難なので、本番同様の環境で練習を行うのが最適です。また面接試験は大学によって求められるものが全く異なりますので、上記述べた事に加え、受験する大学に関する過去のデータに基づいた正しい具体的な面接の練習が必要です。富士学院では過去の受験生の聞き取りや最新の情報を分析し、本番同様の環境で模擬面接を行い、一人ひとりに具体的なアドバイスを行います。その結果、本番でも全く緊張せず臨めて合格を勝ち取ることができたと受講生から喜びの声をいただいています。


2022年度医学部医学科
最終合格のべ431名

※推薦含む、一次・補欠含まず

医学部医学科専願者466名中
実数で267名合格(実数合格率57.3%)
国公立医学部医学科専願者43名中
37名合格 合格率 86%

2022年度岡山校1校舎だけで
医学部医学科専願者55名中
島根大学医学部はじめ実数で32名合格!
(実数合格率58.2%

さぁ
あなたも富士学院のプレテスト・対策講座を受けて
合格への第一歩を踏み出そう!

お電話からのお申込みはこちら
岡山校:0120-9179-00
9:00〜22:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)

富士学院 岡山校

医学部受験予備校 富士学院 岡山校

〒700-0027
岡山県岡山市北区清心町3-27
JR「岡山駅」西口 徒歩約7分
フリーダイヤル:0120-9179-00
代表番号:086-214-5870